ローズ、ロース、ローゼ、ロゼ ファミリーネーム、女 【映画】 《The ~》ローズ 米1979年. デリケートゾーンの黒ずみは他人と比べることがないため、自分の黒ずみの色や度合いがどのくらいなのか、普通はどのくらいの色なのかわからないですよね。デリケートゾーンの黒ずみの色や男性がどう思っているのかについて詳しくお話します。 Rose and the Ring 【著作】 《The ~》バラと指輪 英1855年《著》ウィリアム・M・サッカレー(William Makepeace Thackeray) rose apple 《植物》フトモモ. くっつく名詞の性に関わらず、単語の形はrose(ローズ)から変化しません。簡単ですね。「ピンク色」と言いたい場合は、rose(ローズ)を男性名詞として使います。, ちなみに、rosâtre(ロザートル)は「鮮やかではないピンク色の」という意味を持つ形容詞です。, また、roser(ロゼ)は「ピンク色にする」を意味し、rosir(ロズィール)は「ピンク色になる」を意味する動詞です。, ビビッドなピンクから柔らかいピンクまで、ピンクはニュアンスが多様な色です。「淡いピンク」を表現したい場合は、, rose clair(ローズ クレール) rose acacia 《植物》ハナエンジュ.  / 次ページ Roseとは。意味や和訳。[名]ローズ( 女子の名) - 80万項目以上収録、例文・コロケーションが豊富な無料英和和英辞典。 ちなみに、 rosâtre(ロザートル) は「鮮やかではないピンク色の」という意味を持つ形容詞です。 また、 roser(ロゼ) は「ピンク色にする」を意味し、 rosir(ロズィール) は「ピンク色になる」を意味する動詞です。 ピンクに関するさまざまなフランス語の表現 同業他社さんから、製作物のみのご依頼をいただくことが多い弊社です。その中で圧倒的に多いのが、カルプ文字の製作。「カルプ」というのは発泡させたプラスチックで、厚みのある文字を安価に製作できる素材です。何故に「カルプ」という名前なのかといいます バラのあずまや. ロゼとは。意味や解説、類語。《ばら色の、の意》淡紅色の葡萄酒 (ぶどうしゅ) 。赤葡萄酒と同様に仕込んでから、白葡萄酒のように果汁のみを発酵させて造る。ロゼワイン。バンロゼ。→赤葡萄酒 →白葡萄酒 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。 へ, 変化形 : rise , rises , rising , risen / 《複》rosesイディオムやフレーズ : come up smelling like a rose, 《植物》バラの実、ローズヒップ◆濃い赤から紫色をした、ロサ・カニナ(Rosa canina)やロサ・マハリス(Rosa majalis)などのバラに付く小さな実。ハーブティーやジャムなどに使われるが、戦時中にはビタミンCを取るために食べられたこともある。, 語学学習のアルクのサイトがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書『英辞郎 on the WEB』。大学生やビジネスパースンから翻訳家、医療・製薬業関係者の方々まで幅広くお使いいただいております。, 「英辞郎 on the WEB Pro」「英辞郎 on the WEB Pro Lite」は、アルクのメールアドレスIDでお使いいただけます。, 《the Rose Bowl》〔ボウル・ゲームの〕ローズ・ボウル◆1902年に始まった、アメリカ最古のボウル・ゲーム。◆, 《植物》カサゴケ◆ハリガネゴケ科カサゴケ属のコケ類の総称だが、学名Rhodobryum roseumのカサゴケを指すことが多い。葉の先が放射状に広がったロゼット(rosette)になっているために、この名前が付けられた。.

ロゼワイン(仏: vin rosé ヴァン・ロゼ)は、ピンク色のワインのことである。ロゼはフランス語で「バラ色」の意味で、少しオレンジがかった濃いピンクを指す。ロゼワインには「玉ねぎの皮のような」と表現される明るい色から淡い朱、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いのものがある。ごく淡いピンクのワインは、英語で blush と呼ばれることもある。, 初期の赤ワインは、現在のロゼに近かったと考えられている。現在は色を濃くする技術が発達している。, 一般に長期熟成は行われない。ロゼワインは新鮮なフルーツの香りが残るさっぱりした味わいのものが多い。味は辛口から甘口のものまであり、よく冷やして白ワインに近い温度で飲まれる。, ロゼワインは、フランスでは、夏の風物詩である。夏になると店頭に多く並ぶ。赤ワインや白ワインと比べ安価なものが多い。, フランスのロゼワインで有名なのは、コード・デュ・ローヌのタヴェル(Tavel)である。濃いオレンジがかったピンクの辛口で、ロゼワインの中ではこくがある方である。, ロワール地方のロゼ・ダンジュー(アンジュー・ロゼ)は、明るいピンクでほんのりと甘い。カベルネ・フラン種で作られる辛口のカベルネ・ダンジューもある。, AOCを持つ栽培地域で最もロゼの生産量が多いのはプロヴァンスである。コート・ダジュールと呼ばれるこの地方の海岸は、避暑地として有名であるが、プロヴァンスのロゼは価格も安くさっぱりした味わいのため、「ヴァカンスのワイン」と呼ぶ人もいる。バンドール(Bandol)、ベレ(Bellet)、パレット(Palette)などの村名のついた高級ロゼワインもあるが、生産量は非常に少ない。, ボルドー、ブルゴーニュでもロゼワインは作られており、それぞれボルドー・ロゼ、ブルゴーニュ・ロゼのAOCが存在する。また、それ以外の格付けで作られるロゼワインも存在する(マルサネのロゼ等)。, シャンパーニュにも生産量は少ないが、ロゼがある。シャンペンは祝儀に使われることが多く、いっそうそれに華やかな雰囲気を演出するため、ロゼの需要が多い。, ポルトガルの「マテウス・ロゼ」(Mateus Rosé)は単一銘柄としては世界で最も売れているワインで、日本でも以前から「入門用」ワインとして知られている。淡いピンクで軽い甘口、平たい瓶に入ったワインである。ただし、ポルトガルでは、ロゼはすべて“Vinho de Mesa”という最下級のワインとされており、上級・高級品はすべて赤か白である。, アメリカでは、ロゼワインはブドウ品種の前に「ホワイト」をつけて呼ぶこともある(例:ホワイト・メルロー)。 rose tendre(ローズ トンドル), などと表現することができます。いずれも「柔らかい」「優しい」「明るい」「薄い」などの意味を持っています。, 薔薇はフランス語でrose(ローズ)と言いますが、ご存知の方は「ピンクのバラ」はどうなるか気になったのではないでしょうか。, 詳しくみると、1つ目のroseが「薔薇」にあたる女性名詞で、2つ目のroseが「ピンク色の」にあたる形容詞です。同じスペルの単語が2つ連続して並ぶので変な感じがしますが、このように表現します。, 水玉(ドット)は多くの場合1つだけではないので、pois(ポワ)は複数形になります。, 「ピンク」も「薔薇」もフランス語では同じrose(ローズ)なんですね。薔薇というと、どちらかと言えば赤色などのイメージがある日本人にとってはやや混乱させる単語ですが、正しく覚えましょう。, その他の色に関する単語や表現は以下の記事でまとめています。ピンク以外の色についても気になる方は、こちらを見てみてください。, 「水色」はフランス語で…bleu clair(ブルークレール)の意味は?色に関するフランス語の単語. rose arbor. アメリカのロゼワインで一般的なのは、ジンファンデルを使用した「ホワイト・ジンファンデル」である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロゼワイン&oldid=74491524. ロゼワイン(仏: vin rosé ヴァン・ロゼ)は、ピンク色のワインのことである。ロゼはフランス語で「バラ色」の意味で、少しオレンジがかった濃いピンクを指す。ロゼワインには「玉ねぎの皮のような」と表現される明るい色から淡い朱、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いのものがある。ごく淡いピンクのワインは、英語で blush と呼ばれることもある。 ちなみに、ロゼのスパークリングワインは 「ロゼスパークリングワイン」 と呼ばれます。 また、ロゼという言葉は、フランス語で『バラ色』の意味を指します。 このバラ色は、少しオレンジがかった濃いピンク色をのことを表しています。 ・該当件数 : 835件  → ページ下部 rose pâle(ローズ パール)