作中で明確な説明はないが、100点クリアによって支給される強力な武器の一つだと推測される。. 『gantz』(ガンツ)は、奥浩哉による日本の漫画作品。漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2000年 7月13日発売の31号から連載を開始、2006年から隔週で連載され、2013年6月20日発売の29号 …

gantz(ガンツ)の強さを議論の上考察し、ランキングにしました!果たして最強は桜井弘斗か?イヴァ・グーンドか?また岡八郎の順位は何位なのか?gantz強さランキングをお楽しみください!ネタバレにご注意ください!

岡八郎がイラスト付きでわかる! 岡八郎とは漫画「gantz」に登場するキャラクターである。 cv:ケンドーコバヤシ(gantz:o) 概要 ガンツミッション100点クリアを7回も達成している大阪チーム最強の男。天然パーマで精悍な顔つきをしている長身の青年。普段は銀行員で髪形が七三分けである。 更に、それらを状況に応じて使い分け駆使する優れた判断能力、強敵の弱点や特徴をいち速く察知して対抗策を打ち立てる明朗な分析・解析能力、そして抜群の高い戦闘技量を有する。

「GANTZ(ガンツ)」はアニメ化、映画化もされた人気漫画で2016年には累計2100万部を突破しています。, 2016年には3Dアニメ化、2018年には舞台化もされており、ゲーム、パチンコなど他メディアに世界が広がり続けています。, 連載開始から20年が経ちながら、いまだに現在も「GANTZ:G」「GANTZ:E」とシリーズは続いています。, 『【GANTZ(ガンツ)】』の大ファンであり、毎月100冊以上の漫画を読んでいる筆者が徹底解説!, この記事を読めば、『【GANTZ(ガンツ)】』の理解が深まり100倍楽しめること間違いなし!, 「GANTZ」は死んだはずの人間たちが謎の球体GANTZのミッションを受け、宇宙人とバトルを繰り広げるSFアクション漫画です。, 高校生の玄野計(くろの けい)と加藤勝(かとう まさる)はホームから落下した人を助けるため線路に出て、電車に轢かれて死んでしまう。, 生き残ったのは玄野、加藤、自殺した少女岸本恵、犬、バトルを1年前から繰り返して戦いに精通している中学生“西(にし)”だった。, 生き残った者はGANTZから採点され、手数が100点になると、生き返ることができるのだ。, 玄野と加藤は元の生活に戻ったが、岸本は家に帰ると蘇生したホンモノの自分がいたため、家に戻ることができない。, 玄野は欲望に耐えきれず岸本の巨乳をもみしだくが、その時、再びGANTZへの転送が始まった。, >『【GANTZ(ガンツ)】 1巻~最新刊』を今すぐ”試し読み” ※↑ページが移ったらアイコンの”試し読み”をタップ, 『ebookjapan』は安心のYahoo!系列の電子書籍サービス!今なら無料初回ログインで、6回使える50%OFFクーポンがもらえます。, 第1位 マンガワン 累計2千万DL突破の王道マンガアプリ!大人気メディア化オリジナル作品多数! ●今なら初回ダウンロードで50話分無料 ●毎日8話分を無料で読める, 第3位 マンガTOP アウトローやグロ・ホラー系など迫力抜群の刺激的な青年マンガを多数配信! ●初回ダウンロードで20話分無料 ●毎日9話分を無料で読める, NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ, 第4位 ヤンジャン! ヤンジャンの名作から最新作まで豪華ラインナップが続々配信!集英社の鉄板マンガアプリ! ●作品ごとに23時間に1話ずつ無料 ●連載中の最新話も発売日に最速配信, 登場した時は癒やし系の外見で、さわやかな笑顔とゆっくりした歩き方で、とても強そうには見えません。, さらに、西を攻撃する一体目の田中星人を強化スーツを着た加藤が抱きしめると、ヘルメットから鳥型の生き物が「ギュエエエ」と言う叫び声で飛びだしてきます。, 実写の田中星人調べてみたけどめちゃめちゃキモ怖いな pic.twitter.com/8E4GYbaiiJ, 髪の毛をヘルメットにしているのは田中星児さんの若い頃のヘアスタイルがおかっぱ頭が特徴だったことと、1970年代にチョコボールのコマーシャルに出演していたからです。, 赤い柄のボーダシャツはヒット曲「ビューティフル・サンデー」のジャケット写真の衣装が元になっています。, アニメ版では田中星児さんやチョコボールの販売元の森永製菓への配慮か、鈴木星人に変更され、服装やヒナのデザインも変更されています。, 中身はまだ成長しきっておらず、ヒナ鳥か鶏のような顔をしていて、翼も成長しておらず、空も飛べません。, ロボット型の外見が外装で、加藤がサバ折りのように身体を抱きしめると、頭のヘルメットの部分から中身が飛び出ました。, 地球上では、鳥の姿だと生存できないためにロボット型のシールドに身を包んでいるようです。, ヒナの時代はチョコボールのキョロちゃん型で、ロボットの回りを歩いたり、肩にのったりしています。, それがまさに最終形態で、空を飛べる翼もあるし、アパートを倒壊させる破壊力を持っています。, 両足で人間を掴んで飛び上がる力があり、暴走族沼田を掴んだまま空中に上がり、地面に叩き落としました。, それと比べると田中星人は箸休め的なお笑い要素の高い敵で全体の敵と比べると下の上、中の下クラスの強さに思えます。, 「GANTZ」作者奥浩哉先生は1967年生まれで、その年代の人は誰でも知っている歌手でした。, 田中星児さんの曲「ビューティフル・サンデー」は大ヒットし、紅白歌合戦にも出場しました。「お母さんといっしょ」の初代歌のお兄さんとしても活躍しています。, 映画版で田中星人が戦っている時にラジカセから流れてくる楽曲は「切手のないおくりもの」で、NHKのこども向け歌番組「歌はともだち」で作られた名曲です。, 映画版では田中星人は単体のロボットであり、暴走族4人組と佐藤政信とサダコは登場しませんでした。, 西は周波数を変えて透明になる技術を持っていましたが、田中星人には通じませんでした。, 西は田中星人の顔面にパンチを見舞いますが、もみ合っているうちに強化スーツが壊れてしまいます。, 加藤は田中星人をサバ折り状態にして圧迫すると、ヘルメットから中身が飛び出し数秒のうちに死にました。, ミッションが終了したと勘違いした暴走族の西川がエリアを飛び出し、頭が吹っ飛んで死亡。, 残りの数体が加藤一人に襲いかかった時、今回から参加した北条政信が一体を捕まえてサバ折りに。, ところが、亮がおしっこをしたくなって強化スーツを脱いで全裸でいる時に田中星人に発見されました。, おばあちゃんは最後の力を振り絞って、亮をかばうよう背中を向けますが、田中星人は容赦なく2人に向かって、放射弾を放ちました。, 学校の不良対策のために強化スーツを持ち帰った玄野は強化スーツを部屋に置いて来てしまいました。, やけくそになってボロアパートニ階に潜入する玄野でしたが、田中星人の最終形態のラスボス一体と、無数の田中星人に取り囲まれます。, 自動車のボンネットで田中星人の馬乗りパンチを食らった西を、加藤が駐車場のニ階から飛び降りて田中星人を西から離します。, ●玄野計 パシリ38点:パシリのあだ名は暴走族の命令に従ったからでしょうか?ラスボスや多数の田中星人を倒しました, “FODプレミアム”は2005年にフジテレビが始めた動画・電子書籍サービスで、ユーザー数300万人、有料会員80万人、アプリDL数1,000万件の業界最大規模の利用数です。, 今なら『2週間無料トライアル』に登録すると、通常月額888円が完全無料で期間中に最大1,060ポイントもらえます。, 登録はアカウント作成と決済方法を選ぶだけで2~3分程度、安全かつ簡単で面倒な入力はありません。, 一歩成長した玄野と加藤は強敵、おこりんぼう星人、あばれんぼう星人との戦いへのぞみます。, >『 漫画タイトル 1巻~最新刊』を今すぐ”試し読み” ※↑ページが移ったらアイコンの”試し読み”をタップ, 『【GANTZ(ガンツ)】』のようなアクション系の漫画が好きな方はこちらの記事もオススメです。, 第3位 マンガTOP アウトローやグロ・ホラー系など迫力抜群の刺激的な青年マンガを多数配信! ●毎日9話分を無料で読める ●初回ダウンロードで20話分無料, こんにちは、当ブログの運営者よしま@といいます。 昔から面白いマンガに出会うと時間を忘れて読んでしまう。 小さい頃からマンガが大好きです。>プロフィール詳細はこちら. 『GANTZ』(ガンツ)は、奥浩哉による日本の漫画作品。漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2000年7月13日発売の31号から連載を開始、2006年から隔週で連載され、2013年6月20日発売の29号まで連載された[1]。, 奥浩哉の代表作。2004年にテレビアニメ化、2011年に実写映画化、2016年にフル3DCGアニメーション映画化[2]、2018年1月には舞台化され上演された[3]。2017年11月時点で、累計発行部数は2100万部を突破している[4]。, 作者が高校時代から暖めていた、『必殺仕事人』にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語[5]を描いた青年漫画。石森章太郎原作のTV番組『がんばれ! 大木のように太い両腕と顔全体を覆うマスク、後頭部から出ている多数の長いケーブルが特徴的。肘に仕込まれたジェット噴出による加速パンチとブレード。掌から繰り出される衝撃波など、多数の武器を搭載している。またケーブルを接続することで、巨大ロボットの操縦か可能になる。 gantzの登場人物(ガンツのとうじょうじんぶつ)は、漫画『gantz』(集英社『ヤングジャンプ』連載)及びそれを原作とする小説版・アニメ版・映画版に登場する架空の人物について説明する。.

©Copyright2020 今、パチンコに未来はあるのか?.All Rights Reserved. 謎の球体gantzによってねぎ星人との戦いを命令され、戦闘の場に転送されていく。 未知の敵との戦いにとまどい、一人、また一人と命を落としていく。 玄野と加藤は部屋にあった強化スーツと銃を武器にネギ星人を倒した。 !ロボコン』のガンツ先生がGANTZの名称の由来であり、ガンツの採点シーンもガンツ先生がロボコン達の行動を採点するシチュエーションのパロディである[6]。, 「日本人に馴染むSF」を目指した、現実と非現実が交錯する世界観、不条理とも言える死と隣り合わせの緊張感、個性溢れる登場人物などが人気を集めている。作者は「正義とは何なのか?」「正義はあるのか?」というストーリーの図式は『GANTZ』のテーマでもあるという[7]。, 前作『01 ZERO ONE』に引き続き、原稿はCGによって制作されており、作者は「3D漫画」と称している。ShadeやPhotoshop等のグラフィックソフトを駆使して背景や効果が精密に描画されている。作者いわく3D漫画のために顔しか手で描いていないと誤解されることが多かったが、実際にはロボットやスーツなどはスタッフの技術では誰も作れないため、作者が手描きで描いている。大阪編のハードスーツもすべて手描きであり、「一生懸命描いたのにCGだと思われているところはがっくり来ました」と述べている[8]。, カタストロフィ編の展開はハリウッド映画『インデペンデンス・デイ』の影響を受けており、「実は『GANTZ』のカタストロフィ編は『僕なりのインデペンデンス・デイ』をやりたい!という挑戦でもあるのです。僕にとっては、そのくらい理想の映画です。」と述べている[9]。, 最終回の展開はテレビアニメ『無敵超人ザンボット3』の影響を受けており[1]、同作の最終話へのオマージュとなっている[注釈 1]。, ある日、高校1年生の玄野計は地下鉄のホームで小学生時代の親友だった加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は線路上に落ちた酔っ払いを助けようとするが1人では抱え上げられず玄野に手伝いを求める。2人はホームに戻り損ね、線路に進入してきた電車に轢かれて死んでしまう。次の瞬間、彼らはマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められていた。部屋の中央にある謎の大きな黒い球。彼らは、その「ガンツ」と呼ばれる球に、理由もわからないまま星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと強制的に転送されていく。, ガンツのミッションを繰り返すうちに玄野はガンツでの戦闘に生き甲斐を感じ始め、加藤は星人を倒すことに躊躇し後手になりながらも参加メンバーの生存を優先する。しかし、そうした2人の行動が結果的に玄野以外全滅という最悪の事態を招く。ただ1人生き延びた玄野は日常で恋人・小島多恵に生き甲斐を見出すようになりガンツからの解放を決意、ミッションでは加藤の意志を反芻しながら参加メンバーを引っ張っていく。次第にメンバー間には協調性が生まれ、情報交換や訓練を経て徐々に生存率も上がっていった。その一方で、ミッションエリアが都市部へと近付くにつれて[注 1]、星人側にガンツの存在が認知されるようになり[注 2]、被害はミッションとは無関係な一般市民にも及び[注 3]、さらにガンツのルールも曖昧になりはじめる[注 4]。, そしてついに100点獲得者が続出するまでになり、加藤は再生され、玄野はそれまでの活躍からメンバーの後押しもありガンツから解放される。記憶を消されて解放されたことで普通の高校生として再び生き始めた玄野だったが、その存在はガンツの重要人物として星人側にも知られており、自宅を襲撃され殺されてしまう。玄野という精神的支柱を失い、ガンツの仕組みそのものに疑問を抱き始め消極的になっていたメンバーに対して、加藤はミッションに巻き込まれた一般市民の救出に奔走する。弟・歩のもとへ帰るため、そして玄野を再生するために身を挺して戦う加藤に感化されたメンバーの協力もあり、玄野は無事に再生される。玄野の再生に歓喜するのも束の間、ガンツを独自に調べていた西丈一郎から「カタストロフィ」の存在を示唆される[注 5]。, 漠然とした不安を抱えたまま再びマンションに集められると、部屋の明かりは消え、ガンツも故障したかのように様子がおかしくなっていた。転送先では多国籍のチームが混戦を極め、玄野たちも苦戦を強いられるが、半ば強制的にミッションは終了し、ガンツの球には「おわり」の文字が表示される。そして空が赤く染まり「カタストロフィ」が始まる。それは今までの局地的なミッションとは異なり、もはや星人による大規模な侵略戦争だった。一般市民が屠殺や鑑賞用として捕獲されていく中、ガンツメンバーは装備を使って迎え撃つ。玄野は捕らえられた多恵を救う過程で初めて星人と意思疎通を行い、加藤たちガンツメンバーは「真理の部屋」へと転送され、それぞれガンツの真実を知る。, その後、玄野は自爆覚悟の星人から名指しで決闘を挑まれ最後の戦いに向かう。残っていたガンツメンバーの加勢に助けられながら、星人の額に玄野自ら突撃し止めを刺して倒す。しかし残っていた星人が自決し自爆装置を作動させてしまい、転送が間に合わず飛行ユニットで帰還、玄野と加藤は不時着し海を漂流する。浜辺に漂着すると2人は気を失い倒れかけるが玄野は多恵、加藤は歩に抱き支えられる[注 6]。, キャラクターの一部は、実在の有名人や映画の主人公をモデルにしている。以下主要人物の概要を記述する。, 作中の軸となるキーアイテム。世界各地に存在し、その正体、目的が一切不明の直径1mの謎の黒い球体。各地で呼び名が異なり、東京では「ガンツ」[注 7]、大阪では「黒アメちゃん」、ガンツ制御者たち(通称「財閥チーム」)は「ブラックボール」などと呼ぶ[注 8]。本項では便宜上「ガンツ」で統一する。, 球体内には人工呼吸器に似た器具を取り付けられた全裸の男性が座っており、この人物をガンツと呼称する場合もある。通常の音声会話などのコミュニケーションを取ることは不可能だが、一定の要望に対しては応答が得られることがあり、男に音声で要請し耳孔に指で刺激を加えると、今までの戦死者のリストや100点獲得時の特典等の情報を球体表面に表示させることができる。なお、この男に対する物理的な攻撃は一切の効果を持たない。, 死んだ人間・動物を蘇らせ、「星人」と呼ばれる正体不明の怪物と戦う任務(ミッション)に強制的に参加させる。なお、ガンツの招集を受けた人間は、厳密には蘇っている訳ではなく、死亡した人間(オリジナル)を元に複製されたコピー体である。ゆえにオリジナルの個体とは別人であり、オリジナルの方は既に死亡している。これはミッションにより死亡・再生した人間も同じである。登場人物の西はこれを「ファックスから出てきたコピー」と表現している。ごく稀にオリジナルが生きていて、同一人物が2人存在するという現象が起こる場合もある。, ミッション参加者は「あだ名」で表記される。あだ名は主に身体的特徴や行動、職業、名前や雰囲気で付けられる。, ミッション中、一般人がガンツミッションの存在を感知した場合、その人間を標的とするミッションが新たに追加されることがある。そのミッションで抹殺された人間はメモリーに加えられ、後に再生することもできる。再生した場合、ミッションメンバーだった場合は以降のミッションにメンバーとして加えることができ、ガンツにターゲットとして指定されていた一般人の場合は記憶を消された上で再生させられる。, ガンツに要請する事で、世界各地に点在しているガンツを通じ、他の地域で活動しているチームと通信を行う事が可能。互いの同意があれば、他地域へメンバーを転送、もしくは他地域からメンバーを転送させて連れてくることも可能である。, なお、オニ星人のミッションの途中から、一般人に対する不可視効果と時間制限が解除され、ミッションをクリアするには星人を全滅させることが絶対条件となっている。また、ぬらりひょんのミッション後半ではミッションフィールドが縮小され、それにより敵との交戦が不可避となった。, 星人を1体倒す、もしくは転送させるごとに点数が加算される。1体あたりの点数は一定ではなく、種族や個体によって広範な格差がある。累積点が100点に到達すると以下の3つの特典が提示され、100点分の得点と引き換えにいずれかを選ぶことができる。, ガンツに表示されるメッセージに使われる手法。基本的に丁寧語と乱暴な言葉を繋げている他、「り」「ス」など一部の仮名文字は左右に反転した鏡文字になっていたり、明朝体と手書き文字が混じっていたりする。この手法に使われる法則は以下の通り。, ドイツにある大企業。会長はハインツ・ベルンシュタイン。黒い玉の製造工場を所有し、フリーライターの菊地がこの人物と会見したことにより、ガンツが人間の手によって作られていることが判明した。通訳のセバスチャンが菊池に語ったガンツの概要は、「今まで行われたガンツのミッションは、世界各地の会員(有名な政治家、俳優、王族などがいる)に映像としてリアルタイムで配信され、賭けの対象になっていた」というものであった。ベルンシュタインには脳に障害を持つ娘がおり、3歳まで音を発しなかった。だが、ある日突然謎の数字の羅列を発し始め、ベルンシュタインが学者や暗号解読のプロフェッショナルに解読させたところ、それが1つの言語であることが判明した。ベルンシュタインは傾きかけていた会社を立て直す方法を示していることを見出だし、その後この数式を元に傾いていた会社は危機を脱し、会社の規模を10倍以上へと拡大させていった。そして、娘が示した数式を元に科学者・技術者達に作らせたものがガンツおよびガンツウェポンであり、それは世界各国の各地に配備された。このガンツやその目的(異星人を迎え撃つため)は隠す必要が無いとしてマスコミに情報を開示したが、CNNと英国放送協会(BBC)が取材に来たものの、CNNは取材をやめ、BBCは「エイプリルフールに流す」と言っていたとのこと。, ガンツは巨人族(異星人[注 9])の侵略に備え、マイエルバッハの工場で量産製造された兵器のひとつであり、正式名称は単純に「ブラックボール」。この呼称はブラックボールを制御する権限を持つ、世界中の中枢組織(財閥等)に共通する。ブラックボールは日本や世界各国の各地に配備されており、玄野たち東京チームが「ガンツ」と呼んでいる黒い球体は、世界中に多数存在するブラックボールの一個体にすぎない。その未知なるテクノロジーは宇宙の彼方で巨人族の侵略を受け、これを撃退した異星人が地球に向けて発信したメッセージからもたらされたものだった。異星人のメッセージには自分達が撃退した巨人族が地球に向かっていること、およびそれに立ち向かうための兵器と転送システムの設計図が含まれていた。なお、ガンツ(ブラックボール)の中に入っている人間は全て、そのテクノロジーを地球に発信した異星人の「通訳」として、ランダムに選ばれた人間の複製(クローン)である。, ミッションの標的となる人間以上の身体能力を持つ生命体。ガンツのミッションでは「◯◯星人」という名称が付けられている。言語を解する星人は人間を指して「現地の生物」と呼ぶ。星人の中には吸血鬼達のように、元は人間だったものも含まれている。星人同士が互いの存在を感知している場合があり、種に関係なく星人間でのコミュニケーションが可能な「共通言語」と呼ばれる音声に依らない特殊な意思疎通法が存在する。また、地球人と同様に人語が使える星人も存在する。普段は地球人に存在が悟られないように体を透明あるいは擬態している。物語の終盤、彼らが他の惑星から地球へ移住して来た本物の異星人であることが明かされた。, 場所は文京区羅鼎院(らていいん、実在しない)。メンバーは15人、内、新メンバーは9人。, 場所は小島多恵宅近辺。メンバーは14人。ゆびわ星人ミッション完了直後に急遽追加された特殊ミッションで、標的は星人ではない。, 場所は豊島区池袋駅周辺。メンバーは17人、その内、新メンバーは5人。本ミッション中盤以降制限時間や一般人に対する透明状態が無効で一般人にガンツメンバーとオニ星人の姿が普通に見えるようになっている。, 単行本ではぬらりひょん率いる妖怪の宇宙人を星人百鬼夜行と書かれている。場所は大阪市中央区道頓堀。東京メンバーは15人。内、新メンバーは5人。オニ星人編に続き一般人に対する透明状態が無効で一般人にガンツメンバーと妖怪の姿が普通に見えるようになっている。制限時間は無いが時間経過でエリアが狭まって行き、必然的に宇宙人との交戦を迫られる。第2部最初のミッションであり、また、東京ガンツチーム初の東京近郊以外でのミッションである。伝承などに伝えられる妖怪によく似た姿をしている。, 最後のミッション。場所はイタリア。東京メンバーは12人。大阪でのミッションと同様、他のガンツチームも参加。外国からの参加チームも多数あり、多国籍入り乱れる乱戦状態となる。ガンツはバグを起こしたように文字化けし、ミッション開始前の音楽もぶつ切り、部屋の電気は消えている等、今までのミッションとは違う様相を見せる。また、このミッションは最後まで行われず強制終了となる。採点も最後まで行われる事は無く、100点クリア者への報酬も途中でガンツがダウンしたため全員には行き渡っていない。, 場所はどこかにある10階立ての雑居ビル。メンバーは7人、その内、新メンバーは6人。, ラストミッション終了後、空が一面血のように赤く染まり、世界各地に謎の飛行物体が出現。上空から次々と降下する巨大兵器群と空を覆う飛行物体によって、アメリカ合衆国、中国が壊滅する。その脅威は日本にも到来し、東京、大阪、福岡、広島など日本各地で攻撃が始まる。圧倒的な戦力を持つ文明の前に自衛隊も一方的な敗北を喫する。侵略の理由は、彼らの住む惑星が何世代も昔に消滅し、スペースコロニー内の都市での生活を強いられていた為、それを解決する為に地球へ移住してきたとされている。カタストロフィとは、彼ら巨人達による全世界同時襲撃、すなわち「地球への侵略戦争」の事である。一旦は圧倒的な軍事力で地球を蹂躙し尽すも、ガンツチームが対抗して彼らのコロニーに乗り込んでいる隙に地球人と和解したかのようなプロパガンダを放送し、以後表向きは攻撃しない姿勢を取っている。これにより全ガンツチームは風評被害の的にされ、大多数の地球人をも敵に回す事になってしまう。, メンバー全員に無条件で提供される装備で、ガンツスーツ、コントローラー、Xガン、Xショットガン、Yガン、ガンツソードがこれに該当する。ミッション内容の提示がなされた後にガンツ本体の左右と背面が勢いよく開くとそこはウェポンラックとなっており、左右ラックには武器、背面ラックには、そのミッションに召喚された者たちの着用するスーツの入ったアタッシェケースが収納されている。スーツは全員分が用意されているが、武器は全員フル装備で賄えるだけの数は無い[注 20]。なお、これらのアイテムはミッション終了後にガンツの部屋から持ち出す事が可能だが、ミッションへの転送時に所持していなければ丸裸での戦いを強いられることとなり、それは死を意味する[注 21]。また日常生活においての使用も、ガンツの機密保持に関わらない限り可能である[注 22]。銃はいずれもトリガーが2つあり、上のトリガーがロックオン用、下のトリガーは発射用となっている。, 100点メニューの2を選ぶことで提供される殺傷力や機動性の高い装備。劇中では「より強力な武器」と呼ばれる。, 桜井弘斗・坂田研三が使用する能力。能力は能力者から伝授される形で身につく。謎が多く、作中でもその原理は解明されていない。また、伝授の際には能力者の脳の一部を移植する必要があり、桜井もいつの間にか「視床下部と大脳基底核の一部をちょっぴり」移植されている(坂田の発言より)。, 彼らの能力は、手を触れずに対象物を浮遊・移動させたり、Xガンのように対象物の内部を透視・目標部位を破壊するものがある(セバスチャンはこれらの超能力と似た現象を菊池に披露する)。ミッションにおいては星人の心臓を握りつぶし、人間や人型の星人は脳血管を切るなどして倒している。超能力を使う度に鼻などから血が出る描写が多く、超能力を使えば使うほど内臓に負担がかかり、自分の内臓はもはや老人と同じであると坂田が説明している。また、ガンツの転送でも超能力による内臓へのダメージを消去することは出来ない[注 25]。カタストロフィ編では桜井が巨人への復讐心に燃えるのを皮切りに、ガンツスーツでも防げない巨人の電撃をバリアのようなもので防ぎ、巨人族の巨大な身体をノーモーションで捩じ切り、数人の巨人族を一度に殺害するなど劇的な能力向上を果たす。さらに、巨大ロボットに乗せられた際には、その手を介して敵の巨大歩行兵器をバラバラに破壊している。, 実写映画第2作『GANTZ PERFECT ANSWER』公開を記念して西丈一郎を主役にした読み切りスピンオフ作品『GANTZ/NISHI』が2011年5月12日発売の週刊ヤングジャンプ24号に掲載され、『GANTZ PERFECT ANSWER』のDVD・BD版封入特典として今作を収録したコミックスが封入された。その後『GANTZ:G』がミラクルジャンプにて2015年12月号から2017年3月号まで連載された。原作の奥浩哉がストーリーとネームを描き下ろし、イイヅカケイタが作画を担当[16]。全3巻。, 江戸時代を舞台とした『GANTZ:E』が週刊ヤングジャンプにて2020年6・7合併特大号(2020年1月9日発売)から連載開始した[17]。作画は花月仁が担当。『GANTZ』の時代劇とネット上で話題となり、Twitterでトレンド入りした[18]。, 『週刊ヤングジャンプ』公式サイトにてVOMIC化され、2011年1月17日から順次公開、配信中である。「VOMIC」とは、漫画の絵に画面効果を加えた映像に声優が声をあてたオーディオドラマの事である。, 2004年に放送され、第1期はネギ星人篇・鈴木星人(田中星人)篇をフジテレビで、第2期は仏像篇とアニメオリジナルストーリーの玄野星人篇をAT-Xで放送した。なお、第2期は放送局を変えて再開されている。監督の意向により、ガンツの方針が変遷してゆくチビ星人編とそれ以降は省かれており、ストーリーの細部を変えつつオリジナルシナリオを追加して締めくくった形となっている。また、原作者の要望により、登場人物達の内面を掘り下げる試みもなされていて、その点でもストーリーの細部が変えられている。, 第1期『GANTZ 〜the first stage〜』は、2004年4月10日から6月22日の間、フジテレビで放送された。全11話。フジテレビの規制により一部シーンがカットされ、本来の13話分を11話に再編集されており、一部、残酷シーンなども修正が施されている。それらはDVD化の際に補完された。DVD版は、全13話ノーカットバージョン。監督の板野はトークショーなどで、「自分の表現したかったことは、DVDを見ればわかる」とコメントしていた。, 第2期『GANTZ 〜the 2nd stage〜』は、同年8月26日から同年11月の間、AT-Xで放送された。全13話。残酷描写などが第1期より増えているため視聴年齢制限が掛けられた。, 監督は佐藤信介、玄野計役に二宮和也、加藤勝役に松山ケンイチで実写映画化されている。PART1『GANTZ』が2011年1月29日、PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』(ガンツ・パーフェクトアンサー)が2011年4月23日に公開された。, 『GANTZ:O』(ガンツ オー)は、2016年10月14日に公開されたフル3DCGアニメ映画[22]。本作は、原作の「大阪編」を中心に描かれる[22]。英語吹替版は第29回東京国際映画祭でのみの上映[23]。興行収入は3億円[24]。, 加藤勝は弟の誕生日にバースデーケーキを買って帰る途中、東京・新宿の地下鉄で通り魔事件に遭う。加藤は怪我人を助けようとするが通り魔にめった刺しにされ、気づくとガンツと呼ばれる黒い球が置かれたマンションの一室にいた。そこには死んだものが集まり、制限時間内に異星生物を全滅させるというゲームをさせられるという。黒い球は銃とメンバー用の身体強化スーツが入ったケースを出し、ぬらりひょんをやっつけにいけと命令する。加藤は先にこの部屋に来ていた中学生の西丈一郎や、アイドルのレイカ(下平玲花)や中年男性の鈴木良一から説明を受け、とりあえずスーツを着てこのサバイバルゲームに参加することにする。, 加藤たちは大阪の道頓堀に転送される。そこには東京だけでなく大阪のチームもおり、いずれも既にこのゲームをクリアしてより強力な武器や乗り物を手にしている猛者たちであった。一般人が襲われているから助けようとする加藤に対し、レイカと鈴木は危険だから大阪チームに任せようと渋る。加藤は二人の静止を振り切り一般人を助けようとする。それを見た大阪チームの山咲杏から、ギゼンシャ星人とからかわれながらも、加藤は一般人の救出に奔走する。, 大阪チームは順調に敵を倒していくが、強力な敵・天狗に室谷信雄が殺され、ボスのぬらりひょんには島木や、大阪チーム最強の男・岡八郎も敵わず殺されてしまい、絶対的なピンチに陥る。ぬらりひょんには、意識外の攻撃(不意打ち)しか効かないと知った生き残りのメンバーは加藤が囮役になり、狙撃する作戦に出る。囮役である加藤は両足を切断され殺されそうになるが、杏がかばって死亡する。加藤はなんとか力を振り絞り、Zガンを連射してぬらりひょんを倒す。, マンションの一室に再び転送された加藤は、100点を取りガンツのボーナスメニューで杏を生き返らせる。その後レイカや鈴木は加藤が過去に、東京チームで戦っていて100点メニューで一度自由になった参加者であったことを語り、加藤は弟の元へと帰り、物語は幕を下ろす。, 『「GANTZ:L」‐ACT&ACTION STAGE‐』のタイトルで舞台化され、2018年1月26日から2月4日まで天王洲 銀河劇場で上演された。[25], ネギ星人編・あばれんぼう星人・おこりんぼう星人編・和泉による新宿虐殺までが描かれているが時系列や人物設定はアレンジされており玄野・加藤・和泉は大学生、西は高校3年生の設定になっている。坂本・小池・高橋・矢野は舞台版オリジナルキャラ。メディア化作品の中では初めて和泉紫音が登場する。[26], 長い連載の割にあっさり終わったため、インターネット上で読者に酷評されたことは作者も認識しており、後に連載する『, この時、頭が左右に別れて切れていた為、右目と左目から氷川に向けて目の前で放たれた光線が同じ方向に真っ直ぐ放たれなかった為、余計に状況が悪化したが、氷川は若干汗を流して動揺しながらも簡単に避けた。, ミッションの時間帯はいずれも夜だが住宅街、神社、ビル街、幕張、六本木ヒルズ前、池袋駅、道頓堀、トレヴィの泉と夜でも人通りが多い区域に変わっていく。, ねぎ星人~あばれんぼう星人・おこりんぼう星人まではガンツチームが奇襲した形となっており、チビ星人~オニ星人は事前にガンツチームを待ち構えていたような描写がされている。吸血鬼に至ってはミッション外に積極的にガンツメンバーを襲っている。, ガンツメンバーと星人は不可視になっているだけで、現実世界に存在するため物理的に接触が可能。むしろ一般人からは見えないため危険である。, ルールはあくまでミッションを通して独自に把握したもので事前の説明は一切ない。ガンツメンバーもしくは星人の全滅が前提の為、戦況に応じて改変されていた模様。, 『GANTZ/MANUAL』158頁によると、必要な栄養素はネギだけで賄える体質だからだとのこと。, 警備員の一人は吉川のガンツソードによって死亡するが、もう一人はそうした描写が無く、死亡したのかその場から離脱したのか不明。, 100点メニューから得られる強力な武器は100点未達成のメンバーには所持する権利が無い。だが本来の所有者が死亡したり、戦闘不能になった場合は所持・使用が可能。, 他人のスーツを着用しても効果は無く、後に自分のスーツが転送されてくることなど無いため、転送時には所持が必須である。, 西や和泉は必ず持ち帰り、常に私服や学生服の下に着用し、ミッション外での襲撃に備えている。長くミッションに参加していると星人(吸血鬼等)に顔を覚えられてしまうため、ベテランメンバーにはこうした危機管理が必要となってくる。, ガンツメンバーは生体情報をリアルタイムで発信し、その情報をもとに転送(再構成)されているため、転送の度に若返る等の現象は起きない。, プレスリリース:大ヒットコミック『GANTZ』の初舞台化決定!豪華キャストでおくる迫力のステージ, “「すこしふしぎ」なジュブナイルを目指して作品を作っている 「GANTZ:O」原作者・奥浩哉さんにインタビュー”, http://gigazine.net/news/20161006-gantz-o-hiroya-oku-interview/, https://natalie.mu/comic/pp/inuyashiki_pact/page/2, 江戸版GANTZ連載開始でファン大歓喜 / その名も「GANTZ:E」ヤンジャンでツキイチ連載, ヤンジャン新連載、まさかの『GANTZ』時代劇で話題 題名が最後判明で驚いた読者続出, “インデックス、『GANTZ/XAOS』『真・女神転生 DEVIL COLLECTION』など計5タイトルのサービスを終了”, “河北麻友子、英語で声優初挑戦「感情入れやすかった」 『GANTZ:O』ヒロイン役”, https://www.oricon.co.jp/news/2079236/full/, https://mantan-web.jp/article/20171117dog00m200028000c.html, 累計2100万部の大ヒット漫画「GANTZ」初舞台化決定!豪華キャストでおくる迫力のステージ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=GANTZ&oldid=80143381, ミッション開始直前に死んだ人間・動物の中から複数が選ばれ、マンションの一室に転送される。既存メンバーがいる場合、新しく転送される者が0の場合もある。この時点でミッション参加者の頭蓋内には小型爆弾が埋設され、事前に負っていた怪我や傷、病巣などは全て消失する。前ミッションの残存メンバー達もまた、同様に転送されてくる。壁やドアに接触することはできず部屋の外へは出られない状況に置かれる。なお、ミッション参加者の身体に接触して一緒にガンツの部屋に転送されることにより、非死亡者でもガンツメンバーとして認識されミッションに参加することが可能である。, 全員の転送が完了すると、数分後に球体から音楽が流れるが、都市により違いがある模様。東京では「, ガンツの表面に、いい加減な日本語のメッセージが浮かび上がった後、標的である星人の容貌と特徴、好きなもの、口癖などが表示される。情報それ自体は間違いではないものの、ミッションを達成するのに必要な情報としては圧倒的に不足しており、表示された標的以外の個体が多数出現することが多い。, ガンツの左右側面・裏面が引き出しのように開き、裏からはメンバー全員分のスーツの入った, 全員が星人の生息するフィールドに順次転送される。その際ガンツに口頭で要請すれば、転送の順序を指定することができる。, 出現する星人を制限時間内に全て倒す。ミッション中、一般人と遭遇する事があるが、一般人はミッション参加者と星人の姿を, 星人を殲滅、もしくは制限時間が経過すると、ガンツの部屋に再転送される。フィールドでの負傷者は負傷する直前の状態で転送されるが、死者は転送されず、頭蓋内爆弾が爆発する。負傷者は怪我の度合いによって傷だけ修復される場合と、主に致命傷を負った者は負傷直前の状態まで遡って転送される場合がある。そのため、後者の場合は負傷後の記憶がない状態で転送されることになる。, 生存者が全員転送されると“採点”が始まり、倒した星人の強さに応じた点数が各メンバー毎にガンツの表面に順次表示される。ただし、星人を全滅させずにミッションを終えた場合は倒した数に拘らず得点は0であり、以前のミッションでの得点も抹消される。さらに次回のミッションにおいて必要獲得点数に下限が設定され、達成できなければ死ぬとされる。, 採点が終わるとドアに触れられるようになり、ガンツの部屋から出て日常生活に戻ることができる。その際、銃やスーツを持ち帰ることも可能だが、これらの武器を衆人環視下において武器の全体像が視認可能な状況で使用すると、頭蓋内爆弾が起動し脳を破壊される。なお、ミッション外においても星人と遭遇する事があるが、この場合は何体倒しても得点にはならない。, 一定期間が経過すると、ガンツの部屋に呼び戻されミッションが始まる。ミッションは不定期に行われるが、招集されるのは概ね夜間である。転送される直前には寒気や耳鳴りがするほか、部屋への転送中は, 玄野が吸血鬼達との戦闘で死亡したのではなく、GANTZ:Oでは冒頭のミッションのボスであるオニ星人と相討ちにより戦死したことになっている(オニ星人との交戦場所も池袋から渋谷に変更されている)。, 加藤が千手観音戦で死亡した後に再生する形でミッションに復帰したのではなく、通り魔に殺されガンツの部屋に転送されたことになっている。, GANTZ:Oでの加藤にはGANTZのルール等の知識がなく、他のGANTZメンバーの助言を通して一からGANTZのことを知っていく構成になっている。これは原作を読んでいない人にも世界設定や本作を理解し楽しんでもらうための配慮である。, 東京メンバーの内、風大左衛門、桜井弘斗、坂田研三、稲葉光輝、コウモトタケシ、開開、吸血鬼の2人が登場しない(ただし一部のキャラはゲスト出演している)。, 大阪メンバーの内、眼鏡の高校生、桑原和男、花紀京、中山美保、山田スミ子が登場しない。, 銃の設定が一部変更されている。Xガンの射程距離は短くなっており、また弾切れ(エネルギー切れ)の概念も追加されている。, 大阪のGANTZメンバーだった老人と老婆と子供の三人は一般人になっており、老人の持ち物もXショットガンからデッキブラシになっている。.