Finale for Windows ***DEV VERSION***, 〔OK〕をクリックして、〔配置〕をクリックします。これにより、この発想記号が各楽器に配置されます(「. ��.& �>;p����vېQ�e�%Y� endstream endobj 161 0 obj 311 endobj 79 0 obj << /Type /Page /Parent 65 0 R /Resources 80 0 R /Contents [ 86 0 R 100 0 R 102 0 R 104 0 R 106 0 R 110 0 R 112 0 R 135 0 R ] /MediaBox [ 0 0 842 1191 ] /CropBox [ 0 0 842 1191 ] /Rotate 0 >> endobj 80 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text ] /Font << /F1 97 0 R /F4 92 0 R /F5 88 0 R /G2 82 0 R /G3 83 0 R /G4 84 0 R /G5 91 0 R /G6 90 0 R /G7 108 0 R /G8 109 0 R >> /ExtGState << /GS2 126 0 R /GS3 125 0 R >> /ColorSpace << /Cs8 89 0 R /Cs9 81 0 R /Cs10 98 0 R /Cs11 93 0 R /Cs12 94 0 R /Cs13 96 0 R >> /Properties << /MC1 136 0 R /MC2 137 0 R /MC3 138 0 R /MC4 139 0 R /MC5 140 0 R /MC6 141 0 R /MC7 142 0 R /MC8 143 0 R /MC9 144 0 R /MC10 145 0 R /MC11 146 0 R /MC12 147 0 R /MC13 148 0 R /MC14 149 0 R /MC15 150 0 R /MC16 151 0 R /MC17 152 0 R /MC18 153 0 R /MC19 154 0 R /MC20 155 0 R /MC21 156 0 R /MC22 157 0 R /MC23 158 0 R /MC24 159 0 R >> >> endobj 81 0 obj [ /CalRGB << /WhitePoint [ 0.95045 1 1.08905 ] /Gamma [ 2.16942 2.16942 2.16942 ] /Matrix [ 0.41241 0.21265 0.01933 0.35762 0.71513 0.11922 0.18051 0.07219 0.95076 ] >> ] endobj 82 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Jun501-Bold-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 119 0 R ] >> endobj 83 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Jun101-Light-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 115 0 R ] >> endobj 84 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Jun34-Medium-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 131 0 R ] >> endobj 85 0 obj 48122 endobj 86 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 85 0 R >> stream

Finale for Windows, Finaleユーザーマニュアル Home スウィング. 最も一般的な慣習では、“スウィング”した8分音符を標準の8分音符として記譜して、楽譜の冒頭に(通常、最初のページに速度標語と共に)「Swing」と記します。Finaleは、この慣習に従って生演奏の採譜をおこなうことができます。注:〔Human Playbackスタイル〕で〔Jazz〕を選択すると、楽譜にスウィングのニュアンスが加わります。詳しくは〔プレイバック設定〕ダイアログボックスをご参照ください。, あらかじめ、3連符をどのように記述したいか(括弧やスラーをつけるかどうか等)を、設定しておいた方がよいでしょう。デフォルトの連符の表記法については、ファイル別オプション-連符をご参照ください。, 8分音符で書かれた楽譜をプレイバック時にスウィングさせるのは、プレイバック・コントローラーを使えば簡単にできますが、スウィングの割合やタイミングをより詳細に設定する方法が他にあります。, 純粋な3連符スウィングの場合、下の図のように、弱拍の8分音符を3連符の最後の1つとして演奏します。つまり、最初の8分音符は持続し、2番目の8分音符は遅らせます。〔発想記号〕ツールを使って、楽譜に書かれたリズムより演奏を早めたり遅らせたりすることができます。つまり、発想記号を使って8分音符の弱拍のアタックを遅らせることができます。発想記号を選択して、「どの程度遅らせるか」だけ設定します。, 純粋な3連符スウィングでプレイバックするには、スウィング値を「100」にします。もろちん、スウィングの程度に応じて様々な値を指定できます。通常は、テンポが速いほど小さな値にします(均等な8分音符になります)。テンポが遅い場合は、この値を大きくしてスウィングをより重くできます。, なお、この発想記号は〔速度標語〕のカテゴリに分類されていますが、一番上の五線のプレイバックにのみ影響します。すべての五線のプレイバックに反映させるには、下記の手順に従ってください。, 発想記号を使ってプレイバック時にスウィングさせるには、Human Playbackを〔なし〕に設定する必要があります。, 入力した数値はスウィングのウェイトを表します(100が標準です)。大きい数値を入力するほど、ハネた後の音符のタイミングが遅れます。, ここでは、スウィングしないものとして作成された楽譜を、プレイバック時にスウィングさせる方法を紹介します。リアルタイム入力時にスウィングさせた演奏を録音した場合は、そのスウィング感はそのまま取り込まれます。その場合は、〔クォンタイズ詳細設定〕ダイアログボックスで〔音価を保持〕にチェックが入っていること、また、〔プレイバック・オプション〕ダイアログボックスで〔録音された音価を再現〕にチェックが入っていることをご確認ください。こうして録音された演奏は、そのままのフィーリング(スウィングを含む)でプレイバックされます。, Human Playbackスタイルの〔ジャズ〕を選択するという方法でも(〔プレイバック設定〕ダイアログボックスで設定)、スウィングを適用できます。, Human Playbackで〔ジャズ〕等を選択すれば、スウィングが自動設定されます。〔古典様式〕や〔ロマン様式〕のようにスウィングを設定していないHuman Playbackスタイルでは、スウィングの設定はグレー表示になります。, 〔Human Playbackの部分適用〕ダイアログボックスを使用すると、曲の一部分に対してHuman Playbackのスウィングの解釈を適用することができます。スウィングを手動で定義するには、以下の手順に従ってください。, この解説では、拍子に2/4、3/4、4/4など、つまり“裏拍が8分音符”の拍子が使われていることを前提としています。例えば、2/2拍子などの場合裏拍は4分音符となりますので、プレイバックは期待しているような通常の8分音符のスウィングではなくなってしまいます。この問題を解決するには、〔MIDI〕ツールを使用する前に、拍子を“4分音符ベース”に変更してください。, 〔MIDI〕ツールを使ってプレイバック時にスウィングさせるには、Human Playbackを〔なし〕に設定する必要があります。, 171より大きな数字を入力すると、スウィング感はより付点8分音符+16分音符に近くなります。171より小さな数値を入力すると、より普通の8分音符に近いものになります。一般に、速いテンポでは小さめに、遅いテンポでは大きめに設定すると自然な感じが得られるでしょう。, ヒント: この〔MIDI〕ツールでのスウィングと、プレイバック・コントローラーのスウィング設定は、加算されてしまうため同時には使用しないでください。, Finaleユーザーマニュアル Home これも冒頭に「 swing 」とあり、先ほどと全く同じ譜面ですが、音源を聴いてみると、気付いてくれる人もいるでしょうか。 跳ねているリズムは同じですが、一つ前の音源とは微妙に跳ね具合が違っています。 本製品は、100base-tx/10base-tの自動認識ポートを16 ポート装備したファーストイーサネット・スイッチです。 各ポート間の通信はブリッジ機能で行うため、100Mbpsだけ o�������昍��� ���T`+��@�j2���WMʀ�#o��ߤ�~=!wүPn��E���)�Y�K�&K&���(��/նf�'9VZz�\�o1ބg��z�Y�#�v���ai%u �^~���� ��j�{����6��d����k|겧���-��,��N�����=P��r��MH|0 |`Kw=�EDkձiu� ��,�z��O��A7���{) ��j,xmu����]��w��V�:*�k�0 ��{�m���W. �TR�k� �ќvI3K>/����ă2" スウィング (swing) またはシャッフル (shuffle) は、リズムの種類である。ふたつの連続した音符のうち、初めの音符の長さを長めにとり、ふたつめの音符を短くする。 ジャズやブルースなど、おもにジャズの影響を受けた音楽で用いる。 バウンス (bounce) ともいう。 16分音符のスウィング. %PDF-1.2 %����

スウィング (swing) またはシャッフル (shuffle) は、リズムの種類である。ふたつの連続した音符のうち、初めの音符の長さを長めにとり、ふたつめの音符を短くする。ジャズやブルースなど、おもにジャズの影響を受けた音楽で用いる。バウンス (bounce) ともいう。対義語はストレートノート (straight note)、イーブン (even) など。直接的にはリズムの用語ではないが、ジャズにおいて「スウィングする」という語は、うねるような強いグルーヴ感を持った演奏に対する賛辞としても用いられる。, シャッフルでは、連続するふたつの音符のうちの初めの音符の長さは、ふたつめの音符に対して正確に2倍の長さをもつ。スウィングではふたつの音符の長さの比に厳密な決まりはなく、曲のジャンルや演奏のテンポ、または演奏者の好みに左右される。スウィングのふたつの音符の取り方は、速いテンポの曲ほど等分に近くなり、遅いテンポになるとシャッフルのように2対1の比に近付く傾向がある。, ダンスにおいて、スウィングやシャッフルは上述の揺らぎを保った4分の4拍子の楽曲を指す。記譜は、単純拍子で書かれ冒頭にスウィングやシャッフルを指示する標語を記す書法もあれば、複合拍子で書かれリズムを正確に記す書法もある。スウィングでは前者が多く用いられ、8分音符で書かれたリズムは上述の揺らぎをもって演奏されるものという暗黙の了解のうちに演奏される(特に標語による指示はない)。, 根本的なシャッフルのリズムは、最初の音符と真ん中の音符をタイでつなげた3連符からつくられる[1]。このリズムはブルースやロック、カントリーを含む多くのジャンルの音楽において用いられる[1]。, 多くのジャズ(特にスウィング・ジャズの時代以降)では、ふたつの連続した8分音符を等間隔に演奏せず、ふたつめよりひとつめをより長く演奏する。ひとつめの音符は、しばしばふたつめの2倍の長さ(つまり4分3連符+8分3連符)と考えてられているが、実際にそのように発音されることは少ない[2]。, スウィングのリズムはさまざまなジャンルのジャズで使われているが、ラテンジャズには通常用いられない。スウィング・ジャズやブルース、ビバップ、コンテンポラリジャズにおいては、スコアに「シャッフル」と明記されていない限り、スウィングのリズムとしてとらえられる。, 近年では電子音楽、とりわけドラムンベースやブレイクビーツなどでスウィングを持った楽曲も作られている。, Jazz Drummers' Swing Ratio in Relation to Tempo, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スウィング_(音楽)&oldid=76836107. 76 0 obj << /Linearized 1 /O 79 /H [ 2310 427 ] /L 540232 /E 309433 /N 2 /T 538594 >> endobj xref 76 86 0000000016 00000 n 0000002085 00000 n 0000002170 00000 n 0000002737 00000 n 0000002953 00000 n 0000003617 00000 n 0000003809 00000 n 0000003951 00000 n 0000004094 00000 n 0000004237 00000 n 0000004260 00000 n 0000052460 00000 n 0000052483 00000 n 0000053273 00000 n 0000053369 00000 n 0000053512 00000 n 0000053658 00000 n 0000054756 00000 n 0000054810 00000 n 0000054889 00000 n 0000055243 00000 n 0000055320 00000 n 0000056108 00000 n 0000056190 00000 n 0000056558 00000 n 0000104681 00000 n 0000104705 00000 n 0000152954 00000 n 0000152978 00000 n 0000187010 00000 n 0000187034 00000 n 0000212255 00000 n 0000212279 00000 n 0000212424 00000 n 0000212570 00000 n 0000236651 00000 n 0000236675 00000 n 0000258757 00000 n 0000258781 00000 n 0000261446 00000 n 0000262007 00000 n 0000262258 00000 n 0000262508 00000 n 0000262758 00000 n 0000263063 00000 n 0000266628 00000 n 0000266878 00000 n 0000267094 00000 n 0000267323 00000 n 0000268015 00000 n 0000268078 00000 n 0000268142 00000 n 0000268588 00000 n 0000268841 00000 n 0000269209 00000 n 0000269463 00000 n 0000269951 00000 n 0000270229 00000 n 0000270481 00000 n 0000270882 00000 n 0000305987 00000 n 0000306126 00000 n 0000306267 00000 n 0000306426 00000 n 0000306569 00000 n 0000306713 00000 n 0000306854 00000 n 0000306961 00000 n 0000307067 00000 n 0000307210 00000 n 0000307370 00000 n 0000307475 00000 n 0000307579 00000 n 0000307724 00000 n 0000307885 00000 n 0000308047 00000 n 0000308191 00000 n 0000308334 00000 n 0000308448 00000 n 0000308590 00000 n 0000308751 00000 n 0000308863 00000 n 0000309012 00000 n 0000309155 00000 n 0000002310 00000 n 0000002715 00000 n trailer << /Size 162 /Info 64 0 R /Encrypt 78 0 R /Root 77 0 R /Prev 538584 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 77 0 obj << /Type /Catalog /Pages 65 0 R /JT 75 0 R /Outlines 63 0 R >> endobj 78 0 obj << /Filter /Standard /V 1 /R 2 /O (Cx�8�!���z.u�$\(��ֳ�{㲤�QWj�) /U (S��_�g�k~��3K��ݐ EžOX�۩��) /P -12 >> endobj 160 0 obj << /S 171 /O 406 /Filter /FlateDecode /Length 161 0 R >> stream �$�9R"�L��ϵח7]�5j�=����Gj���8Ah�#\?R��Z�`��6�P�yl8q�R_�sU����ʫ��$ӭ��@�Kݎ��tg�� E��b2�I%�@��O���a���r�,�Y�kf�e\��1�����+BJz��6 L��`_M> ��@+�e� ��ϝ�Ya�s���m9Y��&�z�F 7"�\Ŀ����D��8(�K�݁k@�=" m��(o��.��,k 最も一般的な慣習では、“スウィング”した8分音符を標準の8分音符として記譜して、楽譜の冒頭に(通常、最初のページに速度標語と共に)「Swing」と記します。 Finaleは、この慣習に従って生演奏の採譜をおこなうことができます。