インタビュイーが著名人の場合は、ユーザー層の拡大が見込める など 見方を変えると、これらのメリットを最大化できるように制作する必要があるということです。 インタ … 長すぎるコメントをそのまま使うのはおすすめできませんが、印象的な言葉や表現をそのまま使ってみると、個性が引き立つことがあります。, ・方法2.「なぜその行動をとったのか」背景に触れる インタビュー(取材)記事の書き方・まとめ方・構成について例文付きで解説しています。分かりやすく学べるように、実際にインタビュイーにインタビューしている様子を写真付きで紹介し … 読者の共感を得やすい 3. 歴史的な出来事の記事を書くのであれば、歴史の専門家に話を聞いたり、歴史文書を読んだり、歴史が起こった場所を訪れたりします。 もしあなたが取材を依頼され、インタビュー記事を書くことになったとします。そのときに、どのような準備を行い、取材対象者にインタビューをし、インタビューの内容を記事にしていくか、具体的にイメージできるでしょうか。 今回は、取材までの準備、取材当日の流れ、および記事の執筆の各段階において、必要となる準備や心構え、ノウハウを紹介します。この記事を一読し書き方のポイントを押さえることで、インタビュ… 社員インタビュー記事つくり方のコツとは|品質を上げる制作プロセス・魅力化する4つのポイントMARKENOTE 「読み物」として印象に残りやすい 2. スポーツ記事を書くのであれば、スポーツ選手にインタビューを行ったり、スポーツの歴史を調べたり、スポーツイベントに参加したりします。, ご覧の通り、リサーチの仕方は様々でインターネット上でのリサーチのみではありません。時間をかけてでもその主題を知ることはとても重要ですし、自分の足を使い、目と耳を使って収集した情報に基づく記事には説得力と読みごたえがあります。, 説得力のある序文で記事を書き出します。まず読者の心をつかむため、特に最初の文章は印象的に。 その後、事例や説明、解説、批判的な考えなどを用いて話を発展させます。 リサーチで入手した具体的な事例を効果的に使用しましょう。最後に読者が納得するように結論を書きます。, 語数にも注意しましょう。印刷物の記事には語数制限がありますし、ブログなどでも読み手の立場を考えて、あまり長すぎない、飽きさせない程度の分量に仕上げるよう心がけましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 著書:取材対象者が執筆した著書がある場合は、必ず一読しましょう。執筆されている著書が多数ある場合は、取材内容に近いものや、直近で発売されたものをチェックするとよいでしょう。, 新聞や雑誌の記事:著書と同様に、直近でマスコミに取り上げられたものがあれば、こちらもチェックします。, ブログ:取材対象者のブログがある場合は、こちらも一読します。著書に比べてより取材対象者の生の声を見ることができます。, SNS:Facebook・Twitter・Instagramで取材対象者のアカウントがあれば、こちらもチェックし、取材対象者が興味を持っていることを把握しておくとよいでしょう。また、取材開始前の話題として利用することもできます。, G(現在):取材対象者の紹介やイントロダクションとなる項目。現在取り組んでいること。, K(過去):学生時代までにやってきたこと、現在の業務に関わるようになったきっかけや動機。失敗談などの過去の出来事。, 取材時の会話内容を改めて聞くことで、話の内容への理解が深まるとともに、ニュアンスを思い起こすことができる。, 取材したときに取ったメモで書いていないことや、聞き逃したことを思い出すことができる。, インタビューした内容を印刷し読むことで、記事に使えそうな内容を整理することができる。. インタビュー記事は、人物への取材を通して得た情報を読みやすくまとめたものです。共通するメリットとして、次のものがあります。 1.

英語で普段ビジネスメールをよくやりとりしている方に教えていただきたいです。 社内報みたいなものを作っていて、海外オフィスの外国人社員にSkypeでインタビューする機会がありました(よくある「私の担当するお仕事は・・・」みたいなコラム記事を執筆します)。

ひとことで記事と言っても、あらゆる種類の記事があります。まず、書く内容がどのような種類に属しているのかを考えます。, 例えば、新聞や雑誌などのジャーナリズム記事は、読者にとってわかりやすく、誰が、何を、いつ、どこで、どうして、どのように起こったのかという事実を明確に記述する必要があります。事実を伝えるための記事なのか、それともある事実に対しての書き手の意見を述べるものなのかでは、スタイルが異なってきます。, 専門的な記事であれば、その分野の専門家が読者であり、一般的には専門機関や特定のパブリッシャーにより指定されたフォーマットに従って書かれています。, 批評記事には新聞や雑誌に掲載されている特集記事、書評、映画批評、レストラン評論などといった種類があり、それぞれの分野に合った書き方で書かれています。 批評記事でも専門記事として書かれている場合であれば、より学術的または理論的に書かれている記事もあります。, 専門的な題材や調査目的の批評記事であれば、文芸批評と言われる特別な種類の調査記事がよく参照されています。他にも、テクノロジーや新型車のレビューであれば、その製品や競合製品、市場などについてもリサーチする必要が生じてくるでしょう。, どのような種類の記事を書くのか明確になったら、その種の記事を読んでください。専門的な記事を書くのであれば、その分野のライティングスタイルについてよく理解し、 また特別な雑誌やサイトの記事を書くのであれば、その雑誌のことをよく知っておく必要があります。それらライティングのガイドラインをよく確認しましょう。, 記事を書くにはその主題について精通していなければいけません。そこで入念にその主題についてリサーチを行います。専門家でさえ書き出す前に主題についてリサーチを行います。リサーチでは次のようなことを行います。, 旅行の記事を書くのであれば、旅行場所についてよく調べます。 他サイトと差別化できる独自のコンテンツを作りやすい 4. インタビュー記事は、人物や企業の魅力を伝えるコンテンツとして、多くのオウンドメディアに活用されています。採用PRに役立つ社員インタビュー、商品・サービスの活用事例、販促やブランディングを目的にした企画など、さまざまな切り口があります。, しかし一方で、インタビュアーのスキルやセンスによって、記事の品質に差が出やすい傾向があります。ここでは、インタビュー記事の作り方を基礎知識・実践編から、「面白さ」を引き出すスキルアップ編まで解説していきます。, インタビュー記事は、人物への取材を通して得た情報を読みやすくまとめたものです。共通するメリットとして、次のものがあります。, 見方を変えると、これらのメリットを最大化できるように制作する必要があるということです。, インタビュー記事には大きく3つの形式があります。記事の目的やコンセプトに合わせて、最適な伝え方を選ぶことが効果を高めるポイントです。一つずつ解説していきましょう。, オウンドメディアでもっともポピュラーなスタイルが、「質問→回答」の流れで進んでいく対談形式です。, インタビュイーは一人の場合もあれば、複数にすることもあります。複数の場合は、座談会のような雰囲気を作ることもできます。, インタビュイーが自ら語るスタイルで構成するのが、一人称形式です。コラムやエッセイをイメージすると分かりやすいでしょう。, 「だ・である」調、「です・ます」調のほか、少し砕けた口語体で書くなど、文体によって柔らかさや親近感を調整できます。, 取材で得た情報をもとに、取材者の目線からまとめたものがルポタージュ形式です。報道などに用いられるスタイルです。, ルポタージュ形式は取材者の目線で書くため、客観性や分析力が重要となるコンテンツに適しています。ただし、読者に親近感を与える効果は小さくなります。, ここからは実践編として、インタビュー記事制作の重要ポイントを実際の流れに沿って説明していきます。, インタビュー記事の品質を大きく左右するのが事前準備です。これを入念に行うことで、取材時に的確な質問を投げられる、インタビュイーからうまく話を引き出せるといったことが可能になります。, インタビュー記事を企画するときは、「目的→企画内容→インタビュイー選定」の順に具体的にしていきます。, まずは、「誰に向けて」「何を伝えるか」、インタビュー記事の目的を明確にします。例を見てみましょう。, 目的が具体的になると、どのような内容で構成すべきか、記事全体の方向性が明らかになります。, 目的が定まったら、次に企画内容を決めます。「目的を果たすために、どのような要素が必要になるのか」という観点から考えると整理しやすくなります。, 企画内容が具体的になると、「誰に(インタビュイー)」「何を聞くべきか(質問項目)」、インタビューの全体像が見えてきます。, 採用系では自社の社員や経営層、活用事例では導入企業やユーザーが主な取材対象です。著名人や話題性のある人物へのインタビュー企画であれば、PV増やSNSの拡散も期待できます。, インタビュイーを選定したら、取材のオファーを行います。社外の方にインタビューする場合は、次の項目を記載した依頼文書を用意しておくとスムーズです。, インタビュイーによっては謝礼や報酬が必要になるケースもあるので、事前に調べておきましょう。, 事前準備のなかでも、インタビューの中身に大きく影響する工程が事前リサーチです。インタビュイーについて下調べをしてから、取材に臨むのが原則です。事前リサーチをすることで、次のようなメリットがあります。, リサーチではHPやブログ、書籍などをチェックして、以下の情報をできる限り集めておきましょう。, 60分の取材であれば、必ず聞きたい質問を5つ程度、時間が余ったときの予備の質問を合わせて10個ほど用意しておきます。実際には、すべて聞くことは難しいですが、多めに用意しておくと安心です。, 質問項目は、インタビューの目的・企画内容に照らし合わせながら作成していきます。実際のインタビューの流れを想像しながら作ると、整理しやすくなります。, 質問項目をまとめたら、インタビュイーに「質問予定項目」として事前に共有しておくことをおすすめします。, どんな質問を受けるか事前に分かると、インタビュイーはあらかじめ話す内容を整理できます。取材者にとっても、進行しやすくなるというメリットがあります。, インタビュー時間は限られているため、取材当日は段取りよく進めることが重要です。押さえておきたいポイントを、インタビュー前・中・後に分けて説明します。, インタビューを行う場所に到着したら、メモ帳(またはPC)・ボイスレコーダーを用意しておきましょう。, インタビュイーによっては、余計なことを話してしまわないか不安になり、踏み込んだ話を避けてしまうケースがあります。記事内容は掲載前に確認できること、後で修正・編集もできることを伝えておくと、安心して話をしてくれるようになります。, 万全に準備を整えていても、実際の取材では想定どおりに進むとは限りません。インタビューが始まったら、臨機応変な対応が重要になります。スムーズに進行するために、次の2つのポイントを押さえておきましょう。, インタビュイーとは初対面となるケースが多いでしょう。インタビュイーが緊張している場合は、できるだけ早い段階で話しやすい雰囲気を作ることが必要です。, 基本的なテクニックとして、相手の話をうなずきながら聞く、「~ということですね」のように相手の話を繰り返すという方法があります。重要なのは、どんな話にも「肯定する」姿勢を見せることです。, 自分の話を肯定的に聞いてもらえると、人は気持ちよく話すことができます。場のムードが良くなると、普段は話さないような裏話をしてくれることもあります。インタビューでは「聞き上手」が鉄則と心得ておきましょう。, 質問をしても、相手からなかなか答えを引き出せないこともあります。そんなときは、「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」をうまく使い分けましょう。, 例えば、オープン・クエスチョンで相手が答えに窮してしまったときは、「それはAということですか?それともBですか?」というように、クローズド・クエスチョンに変えてみましょう。, ABどちらにも当てはまらない場合でも、そこから会話を広げることができます。インタビュイーが答えやすい聞き方を心がけることも、話を引き出す重要なポイントです。, インタビューが終わるとインタビュイーの緊張感がほどけて、くつろいだ雰囲気のなかで会話が弾むことがあります。思いがけず本音の部分を聞けることも少なくありません。終了後も取材は続いていると考え、気を抜かないようにしましょう。, 最後に記事内容のイメージをすり合わせておくと、ライティングの方向性をつかみやすくなります。取材に協力していただいたお礼も忘れずに伝えましょう。, 取材が終了したら、ライティングに入ります。ここでは、インタビュー記事のまとめ方を順に説明していきます。, 録音した音声データを書き起こします。その場の流れを振り返れるよう、省略せずにすべての内容を書き起こしましょう。, 文字起こしは地道な作業ですが、書き起こす過程であらためて重要ポイントが整理されたり、インタビュイーの人柄が表れている言葉が見つかったりします。記事の構成を考えながら文字起こしをすると、ライティングの効率化も図れます。, まずは取材した内容を整理してタイトルと見出しを作り、全体の流れが分かる構成案を作ります。, ポイントは、「読者が違和感を持たずに読める順番になっているか」「印象に残るストーリー展開になっているか」、この2つです。, 取材では話が前後することが多いので、聞いた順番に構成する必要はありません。また、インタビュイーから聞いた内容をすべて書かなくてもかまいません。, 逆に、テーマとは直接関係ない話でも、インタビュイーの人柄がよく分かるエピソードがあれば、入れてみても良いでしょう。, インタビュー記事では、導入文で「誰が何について語るのか」、登場人物を明確にしておきましょう。インタビュイーの略歴や現在のポジション、記事のテーマ・ポイントなどの前置きがあると、読者はスムーズに内容を理解できます。, インタビュー記事では、話し言葉を書き言葉に換えることが必要です。文字起こしの段階では話し言葉になっていますが、そのまま記事にすると、文法的に問題があったり一文が長くなったりして非常に読みにくくなります。, 臨場感を伝えるため、あえて砕けた口語表現にすることもありますが、その場合も、文章としての読みやすさを意識して書きましょう。, インタビュイーは考えながら話していることが多いため、抽象的な表現になったり、言葉を何度も変えたりしながら会話が進んでいくことがあります。その場で話を聞いている取材者は理解できても、そのままの言葉では読者に伝わりにくいことが多々あります。, この場合は、読者が理解しやすいようにインタビュイーの表現を言い換えたり、補足したりします。ただし、インタビュイーの意図やパーソナリティとかけ離れないように注意しましょう。, ライティングが終わったら、校正・校閲を行います。とくにインタビュー記事では、インタビュイーが過去を思い出しながら話すこともあるため、事実と若干異なっている可能性もあります。, 例えば、「あの時点でトップシェアだった」という話があった場合などは、情報の裏取りが必要です。年号や数字に関わる情報はとくに注意して、正確性を保つようにしましょう。, ここでは、スキルアップ編として、インタビュー記事の魅力をアップするコツを3つ紹介しましょう。, インタビュー記事では、読み物としての面白さや印象に残るストーリー性が重要になります。そのため、記事中に「起承転結」が盛り込まれている必要があります。, 話の順番はテーマ・内容によって変わってもよいのですが、起承転結のいずれかの要素が欠けると、ストーリーとしての物足りなさや違和感が出てしまいます。構成を考えるときに、すべての要素が入っているか留意すると自然な流れを作ることができます。, 事実や結果だけが書かれているだけのインタビュー記事では、読み手を惹きつけることはできません。インタビュイーがどのような状況下で、何を考え、どう判断したのか。具体的なエピソードがあると、記事に物語性が生まれます。, 取材をするときは、記事のテーマを象徴するようなエピソードを聞き出すようにしましょう。, 抽象的な答えしか返ってこない場合は、「どんなシーンで、そう考えたのか」質問を変えてみます。ストーリーとして見えてくるところまで、掘り下げてヒアリングするのがポイントです。, キャラクターの個性が出ている物語は読者を惹きつけます。これと同じで、インタビュー記事もインタビュイーのパーソナリティが感じられると、読者の共感を得やすくなります。, ・方法1.インタビュイーの言葉をそのまま使う テーマを象徴する出来事や興味深いエピソードを聞けたら、「そのとき、どう感じたのか」「なぜその行動をとったのか」聞いてみましょう。気持ちの変化や背景を入れることで、人柄が伝わりやすくなります。, インタビュー記事にありがちな課題は、ありきたりな内容になってしまうことでしょう。これを解決するのが「ストーリーメイク力」です。インタビュー記事の難しさも、まさにこの点にあります。, ストーリーは、インタビュアーが何に着目して、どんな話を聞きだすかによって変わります。, つまり、インタビュアーは取材の段階で物語の構想を練りながら、臨機応変に質問を重ねる必要があるわけです。「どんなストーリーを作るか」この点を意識しながら取材を進めると、独自性のあるインタビュー記事を作ることができます。本記事をぜひ参考にしてみてください。, ※社員インタビュー記事について詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてみてください。 士業のビジネススキル ©Copyright2020 先生ビジネス百科.All Rights Reserved. 批評記事には新聞や雑誌に掲載されている特集記事、書評、映画批評、レストラン評論などといった種類があり、それぞれの分野に合った書き方で書かれています。 批評記事でも専門記事として書かれている場合であれば、より学術的または理論的に書かれている記事もあります。

参考 社員インタビューの質問集|採用PRの記事品質がアップするヒアリング方法MARKENOTE. © 2020 abcompany inc. All rights reserved. 要約は、難しいと端から倦厭されがちです。しかし、いくつかのステップを踏み、しっかりとコツを抑えれば、実は簡単にできるようになります。要約ができれば、人前で話をする時にも自分の考えを端的に伝えられるようになるので、コツを押さえて苦手意識を無くしましょう。 社員インタビュー記事つくり方のコツとは|品質を上げる制作プロセス・魅力化する4つのポイント. 参考 2018.06.22 kitagawa, もしあなたが取材を依頼され、インタビュー記事を書くことになったとします。そのときに、どのような準備を行い、取材対象者にインタビューをし、インタビューの内容を記事にしていくか、具体的にイメージできるでしょうか。, 今回は、取材までの準備、取材当日の流れ、および記事の執筆の各段階において、必要となる準備や心構え、ノウハウを紹介します。この記事を一読し書き方のポイントを押さえることで、インタビュー記事が難なく書けるようになります。, まず、取材の依頼があるということは、記事が掲載される媒体が必ずあります。そのため、掲載される媒体が既にある場合は、必ず目を通しておきましょう。掲載媒体の過去のバックナンバーを一読し、記事の分量・書き方(ですます調、である調など)などをあらかじめ押さえておきます。特集記事や、新たに作成される媒体の場合は、依頼元の方(編集長など)とやり取りを行い、不明な部分について具体的なイメージを合わせておきます。, また、掲載される媒体の読者層、他の記事(連載や特集など)の特色、掲載される時期などを考慮したうえで、メインとなる読者層、記事を通じて伝えたい内容をあらかじめ想定し、具体的にしておくとよいでしょう。, 取材対象者があらかじめ決まっている場合は、取材対象者についてできる限り下調べを行います。あらかじめチェックする主な情報源として、以下のものがあります。, これらの情報源をできる限りチェックし、取材対象者への理解を深めながら、取材当日の質問項目を挙げていきます。, 取材対象者の下調べのときに挙げていった質問項目を、あらかじめ整理しておきます。整理することで、質問の順番を考えたり、質問の優先度付けをしたりすることができます。整理する方法はいくつかありますが、お勧めするのは「G(現在)」「K(過去)」「G(現在)」「M(未来)」の時系列順で質問事項を構成していく方法です。例えば、以下のようになります。, このように整理するメリットとして、取材対象者への質問がしやすいことや、この順番で記事にしていくことで、記事としての体裁を整えやすく、書きやすいことがあります。, また、整理した質問事項を取材中に見られるようにしておくことで、質問したい内容を伺い忘れてしまうといったアクシデントを防ぐこともできます。併せて、あらかじめ取材前に質問案をお伝えできると、取材対象者側でも質問内容への回答を準備することできます。そのため、質問案を送付できるとより良いです。, 取材対象者の発言を交えながら記述する形式です。書き手の考えや想いを伝えやすいです。反面、取材対象者の発言は多く入れられないため、適切にピックアップする必要があります。, 取材対象者が一人称で語る形式です。インタビュワーの発言が入らないため、取材対象者の発言がより直接的に伝えることができます。反面、インタビュワーの発言が入らないことから、書き方を工夫する必要があり、他の形式と比べて難易度が上がります。, インタビュアーが質問をし、取材対象者が質問に応えていく形式です。インタビューの臨場感を伝えやすいです。反面、質問項目や順番を間違えると取材対象者から話が聞き出せない、記事の内容が深まらないことになります。, どの形式にも一長一短があるため、自分で形式を決められる場合は、掲載媒体にふさわしい形式を選びます。また、依頼元からあらかじめ指定される場合は、どの形式でも書くことができるよう、あらかじめ具体的なイメージを持っておくとよいでしょう。また、あらかじめ依頼元とイメージをすり合わせておくとよいでしょう。すり合わせを行うことで、納品後の原稿イメージのずれを小さくすることができ、手戻りの発生を抑えることができます。, インタビュー当日は、約束の時間に遅れないよう取材先に訪問します。取材対象者と面会したら、世間話などでアイスブレイクをしていきます。話題はなんでもよいですが、今日の天気や取材先に到着するまでに見聞きしたこと、あるいは取材対象者のブログやSNSを話題にしてもよいでしょう。場が和んできたところで、ICレコーダーの利用を了承いただき、本格的なインタビューを始めていきます。, 事前に準備した質問項目をもとに取材対象者へ質問し、深い内容を聞き出せるようにします。以下に挙げた方法を使うことで、より深く話を聞き出すことができます。, 今~とおっしゃっていましたが、私はそうは思えません。なぜそのように考えるのでしょうか。, また、取材が終わりICレコーダーを止めた後は、取材対象者も緊張から解放されるため、思わぬ本音が出てくることもあります。ICレコーダーを止めたあとも取材が終わるまでは、取材対象者の話を慎重に聞くようにしましょう。, インタビューが終わったら、原稿を書く前の下準備を行います。まず、ICレコーダーの音声データや撮影した画像データがある場合は、最初に必ずバックアップを取るようにします。不測の事故でデータがなくなったからといって、もう一度取材をすることはできません。そのため、データのバックアップは重要な作業です。, バックアップが終わったら、まずは音声データの録音内容から文字起こしを行います。文字起こしを行うのは時間がかかるため大変ですが、以下に挙げるようなメリットもありますので、原稿を書くことに慣れないうちは文字起こしを行うことをぜひお勧めします。, 文字起こしが終わり、記事を書くためのネタが揃ってきたら、記事の執筆にとりかかります。文字起こしした内容を清書し読みやすくするとともに、話がつながり読みやすくなるように順番を考慮していきます。また、取材対象者が繰り返し発言されていた内容やキーワードがあれば、これらを軸に記事を書き構成していくのがよいでしょう。, 記事を書きながら、タイトルや小見出しも考えていきます。その場合も、取材対象者が繰り返し発言されていた内容やキーワードをもとにしながら、端的に内容を示せるものをつけるのがよいでしょう。記事の掲載媒体にもよりますが、10字から15字程度で1行に収められる文字数が目安となります。, 原稿を一通り書き上げたら、原稿を校正していきます。まず、日本語として正しい文章になっているかを確認しましょう。具体的には、以下の点に注意して原稿を見直します。, 一文が長くなると内容が通じにくく、読者も読みにくいです。2つ以上の文章に分けたり、余分な修飾語を削除したりすることで、見やすくしていきましょう。, 特に長い文章になると、主語と述語だけの簡潔な文章にしたときに、意味が通じない内容になることがあります。文章の長さと合わせてチェックしていきましょう。, 特に読点(、)の位置が正しくないと、意味が通じなくなったり読みにくくなったりします。また、極端に読点が多い文章や少ない文章についても同様です。, 例えば「大きな森の木の下で」といった、助詞の「の」が3つ以上続く文章は、読者側で複数の解釈をされてしまいます。複数の解釈がされないよう、助詞を正しく使ったり、場合によっては適切な言葉で言い換えたりするとよいでしょう。(例:大きな森の木の下で→大きな森の中にある木の下で), 業界特有の専門用語やカタカナ用語は、読者層の大半に通じないと考えたほうがよいでしょう。一般的に使われるわかりやすい言葉に置き換えましょう。(例:デフォルト→初期設定、最初の状態), なお、記事の掲載媒体が業界誌・専門誌の場合はこの限りではありませんが、それでも相応の配慮は必要です。, 二重否定など否定表現が多く用いられる文章も読みにくいものとなります。言い換えできるかどうか検討してみましょう。(例:できないわけではない→できるかもしれない), 原稿のチェックを終えたら、取材対象者に原稿のチェックを依頼します。後日、チェックされた原稿が取材対象者から返ってきたら、指摘された箇所を修正したうえで、依頼元から指定された納品期日までに、原稿を納品します。, 依頼元に納品したあと、依頼元から加筆・修正の依頼がくる場合があります。依頼があった場合、指摘された内容を確認し、加筆・修正を行いましょう。もし、依頼元から指摘された内容が書き手側の意図と異なるような場合は、修正点を指摘した意図を依頼元に確認したうえで、修正を対応するかどうか決めるとよいでしょう。, 修正対応が完了したら、記事が掲載されるのを待つのみです。記事が掲載される雑誌の発売日、またはWeb媒体への掲載日が決まったら、取材対象者にお知らせしておくとよいでしょう。お知らせしておくことで、取材対象者がSNSで取り上げてもらえるかもしれません。, 取材および記事を書く作業は、最初はなかなか大変だと思います。しかし、取材中は取材対象者と1対1で話をすることができることから、見方を変えれば、大変有意義な時間を取材対象者と共有することができるとも言えます。, また、自身が書いた記事が掲載されるのは嬉しいものですし、これが掲載誌の販売部数やWebサイトのページビューの向上につながれば、依頼元にとっての成果となり、リピートで新たな仕事につながる可能性も出てきます。, よい取材は、ご自身の成長やスキルアップにもつながるものとなります。良い取材および記事の執筆ができるために、本記事が一助となれば幸いです。.