『膀胱癌』と聞いて思い出されるのは、元プロボクサーでタレントの竹原慎二さんが2014年に膀胱癌と報道されたのが記憶に新しいかと思います。古くは、1989年に膀胱癌のため40歳で亡くなった俳優の松田優作さんが有名ですね。そして、最近では「とく

現在治療中の人。

女性特有の悩みや不安、体験談など 私はこんな漢方薬のおせわになった トラコミュなら、なんでも OKです。, 女性特有の病気に関することならなんでもOKです。お気軽にトラックバックしてください。, 皆様ご存知ですか? Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. お気軽にトラックバックしてください。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 公式ジャンル「入院・闘病生活」の総合ブログランキングページです。入院・闘病生活ジャンルで一番人気のブログは「13歳の娘が骨肉腫と戦った316日の記憶」です。

笑顔で『生きる』~ママは、膀胱癌です~ 3人の子育て真っ最中、2013年38歳の夏『膀胱癌』と宣告されたママのブログです( ´ ` )ノ 病気のこと、子どものこと、お出かけやご飯日常のことイロイロ綴っていきたいなと思います( ^ω^ ) 42歳で膀胱癌の告知から完治予定の記録 . 42才で膀胱癌の告知を受けた男の記録 何かご参考になればと思いその記録を書いていきます. 「卵巣がん」と告知され悩んだり、抗がん剤治療に 頑張っている、予後もハラハラドキドキだけど 17年つきあってきたのにね…, 45歳初発。3回の手術とBCGで再発を乗り越え、のはずが再発。でも目指すは5年後の膀胱がん卒業宣言!, ヨーロッパのレンタカー旅行や海外旅行。国内旅行は車旅や温泉へのぶらり旅。がんや猫などひとりごとです。, 膀胱癌について、それと我が家の番犬ちょこを交えた日常と普段思っていることなどを書いていきます。, 今年3月に膀胱腫瘍が見つかり治療中。同じ病気の人に勇気を与えたいと思ってブログ始めました。, 子宮筋腫はめずらしくない良性腫瘍ですが またマラソンを走る事を目標に頑張ってます!, 2人の息子を持つママが膀胱癌に。30代女性の膀胱癌はとても珍しい。その闘病記録日記。, 膀胱がんに罹患した患者本人が、検査・手術・治療内容や日常の症状を日記風に綴らせていただいてます。, 15歳になる愛犬(ポメラニアン)が膀胱ガン、クッシング症候群、僧帽弁閉鎖不全症と戦っています, 普通の40代の会社員 ある日の血尿から、闘病の記録を出来る限り書いていこうと思う。, 思考、感情、心って何だろう?カウンセラーも心を持った普通の人間。そんな普通の人間の日常と、心のお話。, 大学生の娘と高校生の息子、普通の母親と父親の4人家族
日々の事や家族・山登り・お酒・ラーメン等々をノンビリと綴ってます, 平成21年5月、膀胱がん発覚。今でもリンパに転位なく元気に生きています。主婦目線で闘病記を綴ります。, 膀胱がんになっちゃった… 2015年 38歳で膀胱ガンを発症しました。 2016年5月 膀胱全摘出し新膀胱増設術を受ける。 現在、経過観測中。 ここでは膀胱ガン闘病記、経過観測中の日常を書いていこうと思います。 ブログ ... 2019年6月26日(水)表在性膀胱癌はとても再発しやすくa病院で頂いた説明書によると数年以内に80%以上の患者が再発するとあります。 ... 恥ずかしい話なのですが最近は尿漏れも少々あり、私ももうそんな歳なのかと落ち込んでおりました。 ブログを報告する, High grade G2 depth : uncertain 悪性度は低くもなく高くもな…. 自由にUP, 「卵巣がん」は開腹してみないと良性か悪性か 自覚症状が出たころには進行していることも。 難病チャーグストラウス症候群と 公認レースでのサブ3.5達成に向けてトレーニングを本格化しようとした矢先、膀胱癌が発覚。45歳。癌と向き合いながらふたたびマラソンに挑戦できる体を取り戻していくブログです。 38歳で膀胱ガン発症!全摘手術からの第二の人生. とみんなで励まし合えるトラバになれば幸いです♪, なかなか理解されない自分の病気。 しもやけ対策やオススメの療法、食べ物など、しもやけに関することならどんどんトラバして下さい!, 大阪精神障害者連絡会 運営委員をはじめ このまま適用されるとは限りません。 うれしかった、はげまされた、前向きになれた、 40歳からランニングを始め、43歳で初サブ4。44歳のシーズンはコロナ禍で大会が相次いで中止になる中、気合の"ひとりフルマラソン"でサブ3.5を達成。次のシーズンに向けて本格的に鍛え始めようとした2020年9月、膀胱癌が発覚しました。 2020-09-04. 膀胱がんブログまとめ 笑顔で『生きる』~ママは膀胱癌です~ 38歳女性の子育てをしながらの膀胱がん治療の記録です。 手術を受け5年が経過、再発なく無事に完治を迎えるまで丁寧に記録されています。 38歳で膀胱がん発症!全摘手術からの第二の人生 42才で膀胱癌の告知を受けた男の記録 何かご参考になればと思いその記録を書いていきます. 40歳からランニングを始め、43歳で初サブ4。44歳のシーズンはコロナ禍で大会が相次いで中止になる中、気合の"ひとりフルマラソン"でサブ3.5を達成。次のシーズンに向けて本格的に鍛え始めようとした2020年9月、膀胱癌が発覚しました。 42歳で膀胱癌の告知から完治予定の記録 . このまま保健適用外になったら困る! 3人の子育て真っ最中、2013年38歳の夏『膀胱癌』と宣告されたママのブログです( ´ ▽ ` )ノ病気のこと、子どものこと、お出かけやご飯日常のことイロイロ綴っていきたいなと思います( ^ω^ ), 北九州はお天気もよく、コスモスを観に行ったり門司港レトロへハンドメイドのイベントがあってたので観に行ったりしました。, 正職員の先生方が、バス補助のピンチに声を上げてくださり、『園の事知り尽くしている先生たちのお手伝いがないと困ります!何とか考え直してください!』と園長先生に訴えて下さいました。, 保育補助に入ってる資格持ちのパートさんが3人退職の希望を出されていて、新たなパートを探すのなら子育て支援員の資格を皆持っているので補助で働けないか?と話もしてみました。, (早朝お預かりの受け入れで働いてる先生は私たちと同じ子育て支援員の資格しか持っていないのに保育補助で仕事しているから), しかし保育士、幼稚園教諭の資格がないと補助金が出ないからとの理由でダメだと言われた。, これでもダメなら、仕事探さなきゃならない。しかしダブルワークで扶養内って難しいね〜。, 持ち歩いてるメモ帳にバスの中でちょちょいと描いてあげたら、毎日描いてあげないといけなくなって、1人が2人、2人が4人(;´д`). 大阪精神障害者連絡会 以前 会員であったひとの それでも「卵巣がん」には絶対に負けない!! 公認レースでのサブ3.5達成に向けてトレーニングを本格化しようとした矢先、膀胱癌が発覚。45歳。癌と向き合いながらふたたびマラソンに挑戦できる体を取り戻していくブログです。, 派手な膀胱癌と共同生活することになった、40歳おっさんのガラクタブログ。 闘病生活、癌、膀胱、腎臓、レッグパック、映画、音楽、漫画、小説、酒、料理、なんでも書いちゃうよ。あんなことからこんなことまで、えへへ。, 50代普通の主婦です「おばさん膀胱腫瘍手記」「コーギーのクッシング症候群」他徒然です, 膀胱に癌が見つかり闘病中の市民ランナー。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; 前ページ; 次ページ; 04 Aug. 2017/8/04 6月の膀胱内視鏡の結果. ※不適切・無関係なトラックバックは管理人の判断・権限で削除させてもらいます※, 現在リンパ腺腫瘍・再発で治療復帰等 泌尿器科で内視鏡検査・膀胱腫瘍確定. そんなことばを、伝え合っていきたいな。, カユくてイヤ〜なしもやけ。 パートーナーの方も歓迎します。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧 (37)抗がん剤注入2回目. 癌と仲良く暮らす日々・・夫婦も仲良く・・ デリケートな問題ですが、交流の場になれば幸いです。 大阪精神障害者連絡会 会員であるひと

そんなときの、まわりからのことば。 わからないといわれる病気。 GC療法第8クールday24、副作用は便秘、副作用かどうかわからない症状として少しだるさがあります。今日も一日仕事でした。抗がん剤治療のための入院があったせいで仕事がたまっており、お盆休みを取りそびれてしまいました。夏は閑散期のはずなのですが何かと忙しいです。電話でお客様からちょっとした相談を受けたのですが、ご家族が昨年がんで手術をしたとのことで大変だったそうです。私もがんだということで話が弾みました。がんのことを話すならやはりがん患者。がんになって以来何かと「実はうちも…」という, 昨年12月のキイトルーダ承認により、腎盂癌・尿管癌・膀胱癌を含む尿路上皮癌の治療に革命が起きました。尿路上皮癌はもともと化学療法が未発達で、シスプラチンを中心としたファーストラインが効かなくなった時点で治療の手が尽きてしまう状態が長く続きました。ステージ3までならばそこそこ予後の悪くないがんであるにも関わらず、ステージ4になった途端に予後不良で生存率が低いがんになってしまうからくりは化学療法の手薄さにありました。2017年の米国臨床腫瘍学会の報告書でも尿路上皮癌への免役チェックポイント阻害, 皆さん、こんにちわ〜。いつもご訪問、ありがとうございます。朝から薄曇り、合間に日が差して割と穏やかな日和。午前中はYouTubeにどっぷり浸かって鑑賞というか観戦。その観戦の合間に近所のドラッグストアへ買い出し。外に出てわかる風の冷たさ。秋深しである。久しぶりにカメラを持って散歩。少々痛む膝を庇いながらゆっくり歩く。秋なので赤い色を探しながらの散歩。ドウダンツツジの紅葉が目につく。シャッターの音が数発。綺麗だなぁ・・・。上は桜の木。少し葉が落ちてはいるが、良い雰囲気を出して居座, 一ヶ月ほど前のニュースですが、ブログに書いていなかったことを思い出したので載せておきます。以前よりたびたび書いてきた尿路上皮癌専用の分子標的薬であるエンホルツマブ・ベドチン(enfortumabvedotin)が昨年12月半ばにアメリカのFDAにて承認されました。商品名はパドセブ(PADCEV)となったそうです。日本では現在治験第三相を行っており、承認申請のための準備をしているとのこと。キイトルーダやオプジーボ、テセントリクなどPD-1/PD-L1をターゲットとした免疫チェックポイント, おととしの話になります。お腹のエコーで、膀胱に腫瘤(腫瘍?)があるからと近くの泌尿器科を紹介されて行ってきました。膀胱炎とかなったことないし泌尿器科って初めてだったのですが待合室はほとんど男性でした。。すぐに、エコー検査→膀胱鏡検査になって、おしっこの穴にカメラ入れられました繰り返しになるけど、先生はこんなイメージwゼリーみたいな麻酔?を塗られてなんか入っている違和感はあったのですがそんなに痛くはなかったです。女性は膀胱までの距離が短いからあんまり痛くないみたいです。, 今、ガン告知から約1年が経とうとしています。ガンも少し小さくなり、抗がん剤の副作用がない時期は普通に元気に過ごしていますジムに行ってトレーニングしたり友達とランチに行ったり、彼と遊んだりただ、抗がん剤の副作用が回を増すごとに強くなっていく。。。でも、幸いなことに、私は最初からゲムシタビン➕シスプラチンを打っているのですが、白血球が下がったり、耐性ができたり、抗がん剤が打てない、ということはなく、毎回無事に?打ててはいます。。抗がん剤使えることに感謝しなくてはいけないですねあとたまた, 最期の朝がやって来た。もちろん、この時は最期の朝だとは思わなかったけれど。朝起きて、リビングへ行きベッドに寝かせると昨日まで虚ろだった目に力が戻っていた。しっかりこちらを見ているし、昨日のロイヤルカナンのリキッドのお陰だと思う私。これが生きているムサの最期の写真になりました。もっと元気になってもらいたいとの思いから、朝もロイヤルカナンのリキッドを強制給餌。あと数日かもしれないけれど、もう少し一緒にいたい気持ちからでした。そして、お昼にもロイヤルカナンのリキッドを強制給餌。この時に, 膀胱癌の男性患者さんせん妄は高カルシウム血症もあったのか、補正したらかなり回復しました。それなりに、穏やかにすごせるようになりました。妻は本人が少し落ち着いたのをみて、ほっ緊張感も高くて、あまり言葉を発しなかったので心配していました。「本人は泌尿器科の先生に、治った、ときいて安心していたの。治ったっていうのは、どういうこと?と聞いたけど、手術したんだから、わるいところはなくなった。だから治ったって聞いたって」「でもね、本人が大丈夫っていうから言わなかったけど、やせていくし、食べられ, 皆さん、コンバンワ〜。いつも、ありがとうございま〜す。本日は朝から雨が降って、時折雷も唸ってます。春の嵐って言ったところでしょうか。先日、「腹壁瘢痕ヘルニア」の診断を受けてから、テンション下がりまくってます。ようやく身体も動くようになってきて、先々週から、勤務時間を8時半〜16時45分まで伸ばして、これからという時に、再入院&手術でまた体力が落ちる事の心配もあって、少し動揺気味です。取り敢えず職場のヘッドには伝えておきました。「腹壁瘢痕ヘルニア」をネットで検索してみました。それによ, 2020年7月20日(月)今日は先週の膀胱鏡検査で採取した膀胱内の細胞の検査結果が判明する日です。18時に予約したのですが仕事が遅くなって時間ギリギリにクリニックに到着。受付を済ませて待合室で待機します。平日でも結構患者さんがいました。私みたいに膀胱癌の人もいるのかなあなどと思いながら5分ほど待っていると名前を呼ばれ診察室へ。診察室に入ると早速検査結果を見せられました。「細胞学的検査報告書」という用紙の中ほどにはNegative(陰性)と, 10月の近況と言っても今日はもう10月30日です。こんにちは。私は元気です。10月は人間ドックを受診しました。ただ、いまのコロナ禍で人間ドックでは肺活量検査とかでの息を多く出す検査は中止されています。中止されてても値段は変わらないのですよね。今回は胃のバリウム検査もやりませんでしたが・・・それでも人間ドックの値段は同じでしたちょっと損した気分です(笑)詳細な検査結果はまだ出ていませんがweb速報で見たら全体的には「C判定」でした。中性脂肪尿沈殿物異常(感染症の, 膀胱癌の再発の告知をうけた50代の男性患者さんその妻が、緩和の外来を受診されました「夫にどう声をかけたらいいのか」「どうせっすればいいのかわからない」「死にたいっていうから」「そんなこといわないで頑張ろうよ、と言ったら怒ってしまって」もうどうしたらいいかわからないんです。家にいるのがつらいんです、と眼をとじるつらい告知のあと患者さんは一旦ショック状態になるのだと思われますそして、だんだん言葉を反芻し悲しみや絶望感に襲われるつい、家族や、時に医療者も, 2019年6月27日(木)人生初の入院生活も今日で終わりです。病気が治ったわけではないので晴れやかな気分とはいきませんが、一段落ついた安堵感のようなものはあります。朝食をとって荷物をまとめて病室を出て総合受付で会計を済ませます。入院の時に健康保険限度額適用認定証を提出していたので83,999円の支払いで済みました。有り難いことです。腹筋に力を入れると痛いのでぎこちない歩き方になりますが、まあ普通に歩けるので近くのスーパーで買い物。この機会に食生活の, 2020年9月30日(水)3月の検査から半年が経ちました。今日はB病院での定期検査の日です。検査は9時からの予定なので8時半頃に病院に到着するように家を出ました。丁度通勤ラッシュと重なりますが、もうコロナ以前と大差ないぐらい混んでました。みんなもう慣れちゃったんですかね。B病院に到着するとこちらもコロナ以前と変わらないぐらい混んでました。前回同様、まず主治医ではなく別の医師が膀胱鏡検査をしてその後、主治医の診察を受けるという流れになります。9時からの予定でしたが30分遅れて検査室, 2019年6月11日(火)A病院は地域がん診療連携拠点病院にも指定されているとても大きな病院です。通勤中によくこの病院の前を通りますが中に入るのは初めて。広々とした総合受付に圧倒されます。受付を済ませたら採尿して泌尿器科診察室前の外来待合に座って順番を待ちます。予定時間を1時間ほどオーバーした頃ようやく呼ばれて診察室へ入ります。まあ混んでるから仕方ないですね。問診の後、医師が「膀胱鏡検査します」と一言。「あ~やっぱりやるのか…」とちょっとブルーな気, 3回目の手術の生体検査結果、膀胱癌はなくなっていましたこれからは3ヶ月ごとの内視鏡検査して様子見だそうですほっとしています結果でるまで気持ちが落ち着かず癌が残っていたら次はどんな治療があるのだろうと、いろいろな方のブログ見させていただきました。私は膀胱癌の他、特定疾患でもある高安動脈炎からの大動脈弁置換を受けています腎臓結石があり、血尿もそのせいだと泌尿器科で膀胱内の内視鏡検査でもキレイで尿検査でも陰性でしたので、定期的に通院していたのですが、何度か疑陽性になりそれでも石かねぇ?と, せん妄術後などにも生じる可能性はありますが、こちらは改善することが多いです。しかしがん患者さんの場合は、色々な原因があります。①電解質異常→高カルシウム血症などの電解質異常②血糖異常③薬の影響④痛み、呼吸のつらさなどの体調変化⑤終末期①から④までは早期にきづけば、なんとか改善することが多いですが、⑤は難しい。でも家族は悲しみや驚きにつつまれて、患者さんのそばにさえよれなくなってしまうことが多いのがせん妄。医療者がきちんと理解しないといけない。先ほどの膀胱癌、肺転移、肝転移の患者, はじめましてぴょん吉と申します2017年3月10日にガン告知をされてから、人生が180度変わりました。それまでは、忙しく仕事をしたり、大好きな彼氏と居たり、友達と飲みに行ったり、毎日バタバタと楽しく過ごしていました。病気になるなんて、1ミリも思っていませんでした。その日から私は、みんなと違う世界にぽかりと落ちてしまいました。胆嚢ガンと闘う中で、このアメブロがとても参考になり、私も書くことで、誰かの役にたてたらと思ったこと、また、もし私に万が一のことがあった場合、このブログ, 2019年6月3日(月)この一週間、何とも言いようのない悶々とした日々を過ごしました。膀胱癌かもしれない…自分が癌になるとは全く考えていませんでした。特に大病を患ったこともないしタバコも吸わない、酒はごくたまに飲むぐらい、メタボでもないし毎週のように日帰り登山もしていて健康そのものだと思っていました。普通に平均寿命ぐらいまで生きられるものと思っていたのにもうじき死ぬのか…いやもしかしたら良性の腫瘍かもしれないしと無理矢理ポジティブに考えてみますが、やはりネガテ, BCG膀胱内注入療法BCG膀胱内注入療法とはあなたの膀胱がんを治療し、またはがんの再発を抑えるために、膀胱内にお薬を注入する「膀胱内注入療法」を行います。膀胱内に注入するお薬は抗がん剤とBCGがあり、一般的に抗がん剤よりもBCGの方が治療効果は高いことが報告されていますが、一方でBCGは抗がん剤よりも副作用が多いことがわかっています。膀胱がんの性質(再発のしやすさなど)によって医師が適切なお薬を提案します。膀胱内注入療法の具体的な方法は、短い管(カテーテル)を通じてお薬(BCGなど, いつもありがとうございます。お腹の傷の痛みはほぼ消えましたが、前立腺を摘出した時の股下の傷の痛みがなかなか消えません。長時間座る事も出来ません。その上歩いていると腰まで痛くなって来ます。何せ長い時間歩いたり座ったりも出来ず、ベッドで横たわっている時間の方が長いです。なかなか回復できませんね。でも、ポジティブに考えて入院生活を過ごしていきたいと思います。さて昨日は、前回18日に変えてから3日目。午後からパウチを交換して貰いました。まだステント管が入っているため、私の仕事はパウチを剥が, 昨日、悲しいニュースが流れた。女優の芦名星さんが亡くなられた。30代の若さでこの世を去る心中は計り知れない。ご冥福をお祈りします。小学2年の時、仲の良い友達のお父さんがある日突然亡くなられた。最寄り駅のホームから飛び降りたのだ。この時、子供ながらに自ら死を選ぶ人がいるという事を知り、大きな衝撃を受けた。葬儀を終えた数日後、友達が登校して来た。その時の友達はいつもと変わらなかった。今思えば、友達は周りに気を遣って普段通りに振舞っていたのだと思う。心の中では悲しみ、苦し, 2019年6月26日(水)表在性膀胱癌はとても再発しやすくA病院で頂いた説明書によると数年以内に80%以上の患者が再発するとあります。再発を繰り返すうちに悪性度が上がり浸潤性膀胱癌に移行するケースもあります。このような膀胱を温存しておくということは常に爆弾を抱えているようなものですから、A病院で全摘してしまうのが最良の選択であろうと思います。膀胱癌に限らず全摘を拒んだために手遅れになったという話はよく聞きますし。しかし、そうは言っても表在性癌なら癌の中で, 皆さんコンバンワ~。いつもご訪問、ありがとうございま~す。前回の投稿から一週間経ちました。なんの変化のない一週間でした。それだけ平和だということでしょうか。しかしながら・・・・.。世間では、コロナ感染もとうとう第3波がやってきているようですね。政府や国は第三波を訴えながら、GOTOキャンペーンを推奨。要は「感染防止しながら旅行してください。」ってことですね。しかしながら、医療従事者の方々が毎日必死で頑張っている中で、感染拡大は本当に残念ですね。私も少なからずその環境に携わって, 感染が広がっています。だんだん何が正しいのかわからなくなりますね。手洗いうがいを。マスクも大事に。抵抗力、免疫力低下した人に、重症化させないようにまわりも気をつけましょうね。コロナでもそうだけど、情報は正しく伝わらないといけないと思います。70代膀胱癌の患者さん。Stage4、肺転移、肝転移腫瘍熱もあり、倦怠感も強い。なんでだろう?とくびをかしげる患者さん膀胱は手術で治ったって、きいてるのに、ちっとも元気にならないよ…採血では高カルシウム血症もあり予後は心配な状況でした, こんばんは。今日はお昼から雨になり寒い名古屋です。そんな中、めぐちゃんの診察に行ってきました。めぐちゃんの膀胱に癌が見つかってからもうすぐ一年になります。なんか気になる、なんか違和感があるんだよねそう思って受けた診察で偶然見つかって…詳しい検査を受け診断された病名は膀胱移行上皮癌だった。しばらく受け入れることが出来なかったなぁ抗がん剤より内服薬でいきましょう!ということになりはじめた治療と同時に、須崎先生の原因療法もはじめてあっという間に一年が経ちました。おかげさまで, 2020年3月25日(水)今日はいよいよ膀胱鏡検査の日。そしてこれまでのBCG膀胱内注入療法の効果がどうだったのか、その結果が判明する日でもあります。検査は9時40分からの予定ですが例によって混雑を避ける為に早い時間の電車で行きました。前回よりも1本遅い電車に乗りましたが1本違うと乗客も増えますね。座席がほぼ埋まるぐらいの混み具合でした。B病院には7時15分頃到着。7時半に診察券で受付を済ませ、8時半に泌尿器科で受付して待合室で待ちます。待合室は最初はガラガラでしたが9時頃になる, だんだん記憶が薄れてしまう。まだまだ思い出すのは悲しいけれど、今のうちに記しておかなくては‼︎と思うようになりました。病院で先生から、治療は止めようと言われて夫に連絡。私は治療をしない事に承諾したけれど夫の気持ちを確認。夫も私と同じ気持ち…もう十分頑張ってくれたよねって。病院を出る前にペットクラブさんにも連絡。ペットクラブさんには仲良しのお友達が来ていました。最期になるかもしれない…と少しだけ会いに行きました。とてもとても仲良しで龍が亡くなった時には励ましてもらい、お友達のパパが, 2019年5月27日(月)この日の午後からどうも頻尿、残尿感が酷くなってきました。今年に入ってからそういう傾向が若干あったのですがこの日はかなり酷い感じ。恥ずかしい話なのですが最近は尿漏れも少々あり、私ももうそんな歳なのかと落ち込んでおりました。私は2011年に前立腺炎になったことがあり酷い排尿痛や排尿困難で苦しみました。あの時と症状が似ています。このまま帰宅して症状が更に酷くなったら大変と会社近くの泌尿器科クリニックを受診。尿検査の結果を見ると白, 今日はこれまでの抗癌剤治療の効果を判定するためにCTを撮りました。この結果によっては可能性が大幅に経たれることもあり得るため非常に緊張する1日でした。結論から言うとよく効いてました。根拠のない勘は当たっておりました。副作用が非常に少なく、効果は非常に効いていたとの事でとても運が良い結果でした。この結果によって生存の可能性は一気に高くなりました。多くの方から応援して頂いた事はこの結果に無関係ではないと思っています。感謝しかありません。ここまで来たなら徹底的に癌を根絶して再発も防ぎ切.