肺がんは、大きく非小細胞がんと小細胞がんの2つにわけることができます。このうち非小細胞がんが肺がんの約90%を占めています。, 非小細胞がんのステージⅠ〜ⅢAにおいてリンパ節転移が少ない場合は、手術の適応となり術後に化学療法を行います。, このときの手術では、がん組織をすべて切除しますが、転移の疑われるようなリンパ節がある場合は一緒に切除します。, また化学療法は、手術前にがん細胞を小さくさせるために投与される場合と術後の身体にがん細胞が残っていることを想定して投与される場合の2つの方法があります。, 人間の肺は右と左に1つずつあります。肺がんは、どちらか一方の肺で発生したあと、大きくなり個数を増やしていきます。, ところが、肺と肺の間にリンパ節があるため、肺からがん細胞が一歩でも出てしまうと転移になります。, このようにリンパ節転移のあるステージⅢAとⅢBの場合は、手術が適応にならないために胸部への放射線療法だけか、または抗がん剤と胸部への放射線療法の併用になります。, このときの抗がん剤の一般的な組み合わせが、CP療法(カルボプラチン※1+パクリタキセル※2)、CD療法(シスプラチン※3+ドセタキセル※4)、CV療法(シスプラチン+ビノレルビン※5)です。, ※1 カルボプラチン:点滴静注、医薬品名はパラプラチン・カルボプラチン、プラチナ製剤として有名, ※2 パクリタキセル:点滴静注、医薬品名はタキソール、植物アルカロイド製剤として有名, ※3 シスプラチン:点滴静注・静注、医薬品名はランダ・ブリプラチン、プラチナ製剤でカルボプラチンの仲間, ※4 ドセタキセル:点滴静注、医薬品名はタキソテール、植物アルカロイド製剤でパクリタキセルの仲間, 肺がんが発見されたとき、すでにがん細胞がリンパ節または他臓器まで転移していると、手術が根本的治療にならず、ただ体力を衰弱させる治療になるために適応になりません。, このような病期にあたるのがステージⅢBとⅣになります。当然、ステージⅢBとⅣに残された治療は抗がん剤になりますが、がんを根っこから治す事は難しいです。, ステージⅢBとⅣは、抗がん剤が適応となる病期です。現在、抗がん剤を含めた化学療法の開発が進化しています。その化学療法とは、遺伝子変異をターゲットにする分子標的薬とがん免疫治療薬であります。, この治療を受けるには、まず入院して頂きがん組織を取り組織型を判別します。組織診断の結果から、非小細胞がんを非扁平上皮がんと扁平上皮がんにわけます。さらに非扁平上皮がんから遺伝子変異の発現の有無を検査します。, 遺伝子検査の結果、EGFR遺伝子変異が陽性の場合は、ゲフィチニブ※6、エルロチニブ※7、アファチニブ※8のいずれかの分子標的薬が有効になります。またALK融合遺伝子が陽性の場合は、アレクチニブ※9またはクリゾチニブ※10が有効になります。, ※6 ゲフィチニブ:経口、医薬品名はイレッサ、EGFRチロシンキナーゼ選択的阻害剤, ※7 エルロチニブ:経口、医薬品名はタルセバ、EGFRチロシンキナーゼ選択的阻害剤, ※8 アファニチブ:経口、医薬品名はジオトリフ、EGFRチロシンキナーゼ選択的阻害剤, 現在、遺伝子変異の有無により治療効果の高い分子標的薬が開発されています。しかし肺がんの約90%を占める非扁平上皮がんと扁平上皮がんのすべての遺伝子変異を調べ、新薬開発するまでには時間がかかります。, もともと人間は、がん細胞を攻撃するための免疫としてT細胞をもっています。これはがんにとって邪魔なものです。, そこでがんの表面にある手(PD—L1)がT細胞の表面にある手(PD−1)を握り、友好関係を結んでしまいます。, この手と手が握られているところを免疫チェックポイントと呼びます。この手を結ばなくするのが、免疫チェックポイント阻害剤になります。, この免疫チェックポイント阻害剤は、手術ができない非扁平上皮がんと扁平上皮がんの患者さんに新しい治療方法として使われています。, しかしがんの表面にあるPD−L1が発生していないと効果がうすくなるため、PD−L1が50%以上発生していない肺がんには免疫チェックポイント阻害剤ペムブロリズマブ※11を使用することができません。, ※11 ペムブロリズマブ:経口、医薬品名はキイトルーダ、保険適応はPD−L1陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌, 薬物療法しか選択肢のないステージⅣの患者さんは、一生抗がん剤を投与しながらがんとお付き合いして生きていくことが適切な表現になります。, 現在、がんの根治ができなくても長期に生存している患者さんが非常に増えてきています。それは遺伝子治療となる分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤などの新薬が登場しているからです。, まずはがんに罹った自分の病状をしっかり把握する事、つぎに自分がどういったステージであるかを理解することです。, 肺がんは、日本人のがん死亡者数のなかで男性が1位、女性が2位ともっとも危険な悪性腫瘍であります。このうち肺がんの末期といわれるステージⅣでは、5年生存率が4.4%と非常に低い数値になっています。これは全身にがん細胞が転移し、完治させるための確実な治療方法が少ないからです。現在、肺がんに対する治療としては、手術、放射線療法、化学療法などが中心で行われています。これらは、肺がんの進行度合いで区分された病期、すなわちステージⅠ〜Ⅳによって治療の組み合わせが異なってきます。それでは北海道大学病院呼吸器内科水柿秀紀先生に、肺がんのステージ分類とその治療選択について教えていただきます。. 肺にがん細胞ができる肺がん。そのステージ4と言えば、いわゆる末期の状態です。その段階では、余命はどの程度と言われるのでしょうか?, そして、手術の他にも治療薬であるイレッサなど、様々な治療法が確立されつつある今、その完治はできるのでしょうか?, 特にがんは進行するほど転移して全身に広がっていきますが、末期とも言われるステージ4のとき、そのがん細胞を完全に除去することはできるのでしょうか?, 末期のがんと言えども、やはり生きている以上楽しく、充実していたいものです。そのためには、質の良い生活を支える治療が不可欠です。, 最初に、肺がんステージ4での余命についてです。ステージ4はつまり末期の状態と言うことです。ここから完治することは相当希です。そして、その余命は非常に短いと言わざるを得ません。, より具体的に、5年生存率を使って述べましょう。5年生存率とはその名の通り、がんの治療開始から5年を生きられる確率のことです。症状や程度は人によって異なりますから、一概に余命がどのくらいであると断じることはできません。, 肺がんステージ4の5年生存率は、2014年のデータで4.7%となっています。ステージ1が80%を、ステージ2でも40%を超えていることを考えると、非常に少ない数値です。重症化すると、そのまま余命にも直結することが分かりますね。, 肺がんはがんの中でも全体的に余命が短い傾向にあります。あとで詳しく述べますが、ステージ4ともなると、完治の見込みは非常に低いです。患者には残された時間を考えることが重要ですね。, そして、その残された時間で治療をどうするのかも重要な問題です。次に、肺がんステージ4の治療法について、完治するのかどうかも併せて見ていきましょう。, まず完治についてですが、先にも少し触れておりましたが、肺がんはステージ4まで進行してしまうと、もう完治は難しいです。そして苦しい治療法を続けるか、生活の質を保つような方法へ切り替えるかという選択を患者に迫ることになります。, では実際の治療法を見ていきましょう。まず薬物療法、中でもイレッサを取り上げます。イレッサは肺がんに非常に効果的な薬として注目され、一時社会を騒がせたこともありますね。, これは抗がん剤と違って、がん細胞を狙って作用させることができ、正常な細胞への影響がない、まさに夢の薬だったのです。, しかし、イレッサは肺がん治療に最適な薬と目されていましたが、実は間質性肺炎を引き起こす副作用がありました。これによって死に至ることも少なくない、大きなリスクを孕んでいたのです。, そして、それだけのリスクを背負ってイレッサを服用しても、完治することはほぼできません。勿論機能はしていますので、他に選択肢のない人には、十分な検討を経た上で使われることもあります。, このような効果と引き替えに、リスクを背負う薬は肺がんの治療に多いです。抗がん剤もそうですね。このような薬を用いていくかどうかは、ステージ4の患者及びご家族が最終的に決めるべきことです。, また、薬物治療は長期的に行われますから、そのペースなども考える1つの要素になります。同じステージの肺がんの患者でも、ある人はイレッサを2日に1回にしてワクチンを併用、ある人は1日1回の服用で他の大きな治療はしない、といったように、それぞれの選択肢があります。, 自身の身体、経済力、様々な事情を鑑みて、また医師と相談して、自身に適した治療法を模索していきましょう。, また、前述の内容で抗がん剤の話が出ましたから、次はこの抗がん剤を用いる、化学療法のご説明をしていきましょう。, 化学療法とは、抗がん剤を使って行われる治療法です。抗がん剤にはがん細胞の増殖を抑える作用があり、手術のような局所的なものでなく、身体の広範囲にわたって作用することができます。, 抗がん剤は、多くのがんのステージで選択されますが、それだけで肺がんを根本からなくすことは不可能です。あくまでも進行を遅らせ、転移をとどめるものと考えた方が良いでしょう。, がんの根本的な完治が最も期待できるのは、がん細胞そのものを切除する手術では?と考える方も多いでしょう。最後にこの手術での治療法についても見ておきましょう。, 手術でがん細胞を全て切除すれば、完治に向かっていかないのか、そう考える人もいるかもしれません。実は、ステージ4は、もう手術ができない段階なのです。, そもそもステージ4とは、肺だけではなく他の部位にがんが転移している状態です。その状態でがん細胞を除去しようとすれば、何度も手術を行わなければいけません。それは患者の身体に、多大な負担をかけます。, ですから、肺がんステージ4の治療法では、抗がん剤治療や放射線治療が主に行われているのです。根治的ながん細胞除去、完治を目指す手術は行われません。, 繰り返しになりますが、肺がんステージ4では完治はほぼできません。ゆえに完治を目指した治療法ではなく、身体に負担をかけない、がんによる苦痛を減らすような治療法が行われるのが一般的なのです。, いかがでしたか? 肺がんステージ4、末期のご説明ということで、あまり明るくない記述ばかりで気が滅入ってしまいそうだったかもしれません。, ステージ4は、もうがん細胞が進行し、完治は難しい上に余命も短いというつらい事実に満ちています。しかし、それでも発覚した時点で命が尽きるわけではありません。そこから人生をもっと太く長いものにしていくことができるのです。, そのために医療があるのです。自分の人生を最後まで気持ちよく生きられるように、治療法をよく知り、選択していくことが、患者に必要なことなのだと思います。, イレッサも、その選択肢の1つです。個人的な意見としては、自分に今ある体力、その他の薬との兼ね合いをきちんと考えた上ならば、イレッサを使うことには問題がないように思えます。, 勿論自分だけでは分からないことですから、専門である医療スタッフときちんと相談して、治療していきましょう。, 肺がんステージ3の余命 生存率がヤバい! 元公務員、行政書士で投資家「天野ひろし」OFFICIAL BLOGSITE (株)天野 代表取締役【公務員の時に不動産投資を始め、現在年収4000万円】税金対策が得意, 公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野浩史です, 退職した現在は、投資とビジネスで年収5000万円を超え、数年の内に年収1億円が実現できるところまでになりました。, 今は私の主催するコミュニティのメンバー全員を100歳まで年収500万円お金を増やせる仕組みを作らせています 間もなく実現できそうです, 私の家系は癌家系です。私の両親、父方の祖父、母方の祖父、叔父3名全て癌で亡くなっています。, そのため私自身も早くに癌で死んでしまうんだなといつも思っていたところがあります。現在40代半ばなので、50代に亡くなるとなるともうすぐです。, 私は、両親が癌だと分かった時に、色んな癌治療の方法や、癌の薬を研究、勉強しましたが結局、何が一番癌治療としてよいのか分からず、結局病院の医者の言うことを信じて、癌治療をさせていたという感じでした。, 試したのは、「冬虫夏草」だったのですが、効くのか効かないのか分からないまま過ぎてしまったという感じでした。, その時も、陽子線治療というのは既にあり、当時6回の治療で200万円かかるといわれていましたが、それぐらいのお金はあるのですが、「陽子線治療」は初期の癌にしか治療効果がないということなので、両親は既に癌だと分かったときには、末期がん、ステージ4でした。, 陽子線治療は今では、保険適用となっていますので多くの方が助かるようになってきました。, その他ネット上で探したところ、「免疫治療」というのがあるところまで、気が付いたのですが、当時癌治療をお願いしていた担当の医師に相談したところ、効果はないと言われ、「ティーエスワン」という癌治療薬だけ飲んでいたという状態でした。, そんな現実を見て来て、自分も癌になってしまうと死んでしまうんだというのが分かったので、後悔しないために公務員を辞めて独立起業をしようと考えたのでした。, そして、私が生きている間に、私が得意な「お金を増やす方法」「お金を儲ける方法」を多くの私を頼ってくれる人に広めたいと思ったのでした。, ですが、私がそんな思いで、「ネットビジネス」の勉強のためネットビジネスの先生にコンサルタントをしていただき、教えてもらっている最中、先生のお友達で、末期がん、ステージ4の肺がんから、癌を完治させた人物を教えてもらうことができたのです。, その方の名前は「パンダ渡辺」さんです。名前は少しふざけていますが、本物のネットビジネスの先生です。, 末期の肺がん、ステージ4であったところから、完治することができたこの「パンダ渡辺」さんですが、どうやって末期がん、ステージ4の状態から完治させることが出来たかというと、「免疫治療」をしたからだったのです。, では、どんな治療だったのか、どんな薬を使ったのかというと、彼から教えていただいたのは「オプジーボ」「ヤーボイ」という薬の治療と、水素を使った治療、そして飲むものとして、ブラジル原産のお茶、「たひぼ茶」を飲んでいたということでした。, どれも聞いたことが無い名前のものですが、完治させたというのですからものすごい発見です。, そんなパンダ渡辺さんは現在癌も完治し、元気に生活していらっしゃいます。治療の間休止していた、ネットビジネスを教えることも再開されました。, また、彼としては5年間は癌の再発が無いか定期検診は続ける必要があると言っていましたが、本当に癌が治る時代になってきているのは驚きです。, 末期がん、ステージ4のがんが完治してしまう治療法ですのでみんなうけたいはずなのですが、この「免疫治療」を受けるのに治療費が1年間で4000万円かかるとのことでした。, また、癌が再発すれば同じだけお金が必要だということです。保険適用外のためどうしても高額になってしまうということでした。, この事実を聞いて、私は4000万円とにかく稼ぐことが出来れば、自分の命が助かることができるのでとてもうれしく思いました。, これを聞くと、市川海老蔵さんの奥さんにこの情報が届いていたらと思うと悲しくなります。, お金では命は救えないというような方がいますが、できるじゃないですか。と私は言いたいです。, 何でもそうですが、世の中手に入れる「情報」でお金持ちになったり、治らないとされてきた癌さえも治すことが出来るわけです。, お金が無くて苦しんでいる人、お金が無くて癌の治療を受けられずに亡くなっていく人、そういった情報を知らずに亡くなっていく人を一人でも多く減らすために、私は「お金を稼ぐための情報」「一流の情報」を手に入れ続け、私を頼ってくれる人に提供して、多くの人を幸せになってもらうことを生涯の目的にしました。, このサイト右上にあるMENUから「メルマガ登録」し、そのメルマガから私が公務員の時に副業の不動産投資だけで年収2000万円にし、2019年11月現在、年収4000万円にした「不動産投資情報」私の主催するコミュニティメンバーが成功している「仮想通貨」「FX」などでお金を増やす情報。私がどんどん収入を増やせている理由「お金を増やすための思考」を受け取れます, 「Baby steps to Giant strides(成功は小さな一歩から)」.