全部が全部、あてはまるわけではありません。 40%以上の方が、病院です 規定がはっきりしているんですね。よく知らなかったので、そういうこともあり得るということを認識しときます。 431, 介護施設等で、亡くなられる方って全体の4~5%なんですよ その代わり、有料老人ホームでは入居者各々の病状と意向に応じられるよう、主治医については入居者自身や家族にて自由選択が出来るホームが多いかと思います。 武谷 美奈子(シニアライフ・コンサルタント), 施設でお世話になっている方々に、「感謝の気持ちを込めて差し入れをしたい」と思う気持ちは、とてもよくわかります。実際に、差し入れを持っていったことのあるご家族もいらっしゃることでしょう。ですが、基本的に差し入れは必要ありません。差し入れの有無によって施設側の対応が変わることはあってはいけないですし、善意の差し入れという行為が、入居者の人間関係に影響を及ぼしたり、思わぬ事故につながったりと困った状況を作り出すこともあります。家族もそのことを心得ておく必要があるでしょう。, 最近は、施設の方針として、差し入れを辞退すると明確にしている老人ホームも増えています。理由は、それぞれの入居者への待遇に不公平さが出てしまうことを避けるためです。品物を受け取ってしまうと、ご家族にそのつもりはなくても、スタッフは良い対応をしなくてはと意識してしまうことがあります。また、差し入れが当然という空気になると、他の家族に余計な負担をかけることにつながります。そのような状況を作りださないことも施設運営の責任と言えます。差し入れを断られた場合は、すんなりと受け止めましょう。断るときはスタッフも心苦しい思いをしていますし、無理して受け取ることで上司に怒られてしまうなど、スタッフにとって迷惑となる場合もあります。, ご家族からの差し入れがあった場合に、気持ちを汲んでありがたく頂戴するという施設もあるでしょう。その場合は、負担にならず喜ばれるものを持っていきたいですね。よく選ばれるものとして、休憩時に食べてもらえるお菓子が一般的です。クッキーやお煎餅など、小さな個装になっているものであれば、スタッフで分けられますし、持って帰ることもできます。生菓子は避けて、日持ちのするものが良いでしょう。また、高額なものや金券などは、常識としてやめましょう。賄賂と誤解され周囲の人に不快感を与えますし、盗難など余計なトラブルの原因にもなります。, 差し入れの内容によっては、もらった方の持病や健康状態で体調を崩す原因になったり、誤嚥(ごえん)などの事故につながる、といったことが考えられます。特定の入居者だけに対する差し入れも、控えたほうが良いでしょう。何故なら、各フロアにおける人間関係に思いもしない影響を与えることがあるからです。, 「あの人はもらったのに自分はもらってない」、「自分がもらってお返しをしたいけれど、家族が持ってきてくれない」など、優越感や劣等感を植え付ける原因にもなり得ます。どうしてもお礼をしたいと思うときは、施設のスタッフに相談しましょう。ご家族に渡してもらうなどの配慮をしてもらえるかもしれません。, また、施設側が知らないところで差し入れのやり取りが行われた場合でも、何か起こったときに責任を問われるのは施設です。そのような事態になり得ることはしないということも、マナーと言えるでしょう。, スタッフに対しては、感謝の言葉をかけることが一番気持ちが伝わるのではないでしょうか。ご家族からの「ありがとう」という言葉は本当に嬉しいとよく聞きます。, 「こんなふうにしてくれて助かっている」など、具体的な行動に対して感謝の気持ちを伝えてみましょう。スタッフとしては、自分のしていることを理解して評価されたと喜びを感じ、仕事の張り合いが出るものです。また、施設にお任せするだけでなく家族が介護に対する協力姿勢を示すことも、スタッフにとってはありがたい心遣いだと言えます。頻繁に施設に顔を出したり、入居者本人の話をよく聞いてあげたりして、スタッフと本人をつなぐことも家族の役割と言えるでしょう。, 感謝の気持ちを品物に託して贈ることは、お中元やお歳暮など日本の文化や習慣でもあります。しかし、そこにはさまざまな状況に対する心遣いやマナーがあるからこそ、日本人ならではの美しい習慣となります。そう考えると、施設への差し入れは、さまざまな状況を踏まえると難しいものがありますね。善意の押し付けにならないためにも、施設の方針に従うのが一番と言えるでしょう。, ただ、施設を退去するときに、それまでのお礼として、スタッフの方々に差し入れすることは問題ありません。もちろん、品物は負担にならないものであることを覚えておきましょう。, 学習院大学卒 福祉住環境コーディネーター 宅地建物取引士 また、持参するならどんなものが喜ばれますか?, お世話になっている方々にお礼として、差し入れや手土産を持参したいという気持ちはありますよね。しかし差し入れについては、施設によって考え方や受け取り方が違います。場合によっては断られるケースがあることも心得ておきましょう。 また、「軽費老人ホーム」は「家庭復帰」が25.5%、「入院」が23.9%となっており、「有料老人ホーム」では「死亡」が54.4%、「家庭復帰」が14.0%となっている。(表17、図16) 表17 老人ホームの種類・退所理由別にみた退所者数 死亡していたので一番最初にした事は医師を呼んで診察してもらうと心筋梗塞との事で死亡診断書を書いてくれ なので、謝礼としてその神社の、”お札”を授受すれば良い。 104, さまざまな業界で活躍する“賢人”へのインタビュー。日本の社会保障が抱える課題のヒントを探ります。, 認知症や在宅介護、リハビリ、薬剤師など介護のプロが、介護のやり方やコツを教えてくれます。, 要介護5のコラムニスト・コータリこと神足裕司さんから介護職員や家族への思いを綴った手紙です。, 講師にやまもといちろうさんを迎え、社会保障に関するコラムをゼミ形式で発表してもらいます。, 漫画家のくらたまこと倉田真由美さんが、介護や闘病などがテーマの本・映画の作家たちと語り合う企画です。, 超高齢社会に向けて先進的な取り組みをしている自治体、企業のリーダーにインタビューする企画です。, 介護食アドバイザーのクリコさんが、簡単につくれる美味しい介護食のレシピをレクチャーする漫画です。, 認知症の母と過ごす日々をユーモラスかつ赤裸々に描いたドキュメンタリー動画コンテンツです。, 介護業界でカリスマの呼び声高い和田行男さんが“理想の介護”を語る動画コンテンツです。, 小規模多機能型施設・あおいけあを舞台に、“あたりまえの介護”を新米介護士が学んでいく漫画です。, ノンフィクションライター・中村淳彦さんが現場の最前線で働くゲストを迎える対談企画です。, 「賢人論。」125回(中編)三宅義和氏「言葉は発した本人に影響を与える。幸せな人生を送られるかは自分次第」, 第771回後期高齢者の医療費が一気に「2割」へ引き上げに!「受診控えで重症化するだけ」との批判の声も, 第949回介護ロボット導入による「人員配置基準の緩和」が提案されるも、事業所の7割が購入を断念, 第890回高齢になるほど重症化のリスクが高まるマダニ媒介性のウイルス感染症「SFTS」!夏場の農作業時は要注意, 第947回多くの介護事業所で経営状況が悪化!介護報酬改定の検討が続くも、財務省は引き上げを否定, ※入居に関する相談用のフリーダイヤルです。求人・入居者への連絡・電話番号等の案内は承っておりません。.