7位 山本(やまもと) 約109万人  9位 小林(こばやし) 約104万人

四十万(しじま)・八重樫(やえがし)・阿久津(あくつ)・一ノ瀬(いちのせ)・桐ケ谷(きりがや)・新渡戸(にとべ)・加賀美(かがみ)・一二三(ひふみ)・明日見(あすみ)・院瀬見(いせみ)・月之木(つきのき)・七ヶ扇(ななおうぎ)・綿帽子(わたぼうし)・七五三(しめ)・岩清水(いわしみず)・三日月(みかづき)・蜂須賀(はちすか)・北小路(きたこうじ)・五月日(ごがつひ)・飛知和(ひちわ)・苫米地(とまべち)・番匠谷(ばんじょうや)・下水流(しもづる)・八牟禮(はちむれ)・与謝野(よさの)・母良田(ほろた)・妻夫木(つまぶき)・五十里(いかり)・百目木(どうめき)・算用子(さんようし)

最初は、苗字から順番に書いて いきますね。 苗字1:近衛 苗字2:九条 苗字3:三条(転法輪) 苗字4:西園寺 苗字5:花山院 苗字6:大炊御門 苗字7:中御門 苗字8:坊門 苗字9:持明院 苗字10:園 苗字11:御子左 苗字12:日野 苗字13:勘修寺 苗字14:甘露寺 苗字15:葉室 苗字16:四条 苗字17:六条 苗字18:坊門 苗字19:水無瀬 苗字20:高倉 苗字21:竹内 苗字22:庭田 苗字23:久我 苗字24:六条 苗字25:中院 苗字26:西洞院 苗字27:安居院 苗字… 大(おおたお)・済(わたり)・縣(あがた)・膳(かしわ)・雪(すずき)・圷(あくつ)・白(つくも)・梵(そよぎ)・雷(いかずち)・免(ゆるす)・辺(ほとり)・円(つぶら)・面(ほおつき)・厨(みくりや)・皇(すめらぎ)・圓(まとめ)・缶(ほとぎ)・審(あきら)・傘(からかさ)・前(すすめ)・隣(ちかき)・朏(みかづき)・則(すなわち)・祝(ほうり)・漁(すなどり)・十(もげき)・神(かなえ)・台(うてな)・雄(おんどり)・禿(かむろ) 苗字にある程度規則性があることは先述したとおりですが、顔や現在の職業にまで特徴があるとの噂があります。詳しく見ていきましょう。, 食用の肉に関連する仕事に就いていることが多いようです。いまだに差別は残っており、働いている方を罵るような手紙が工場に届くこともあるそうです。, そのため、部落出身でこの関係の職業に就いている方は自分の職業をなるべく言わないようにするなど悲しい現実があります。, また、食肉処理の仕事以外にも、葬儀、皮革加工や汚物処理などの仕事にも多いとされています。, 同和地区の地名には特徴があるようです。関西地区では、水がつく地名が多いです。これは、元の部落が川沿いに住む傾向にあり、そこから地名がつけられたためと考えられています。, えたひにんの先祖を持つ人、部落出身の人は、「背が低く、ケチ」などネガティブな特徴があるとの噂がありますが、そんなことは全くありません。, 部落出身であろうがなんだろうが、見た目は遺伝子によるものです。生まれた場所によって変わることはなく、どんな場所が出身でも同じ人間であることに変わりはありません。, ただ江戸時代に存在した、えたひにんの身分の人々は単純にお金を持っていなかったうえに仕事をするのにも一苦労であったため、比較的質素な格好をしていたと考えられています。, えたひにんとはどういう人達だったのかここで改めて詳しく見ていきましょう。名前の由来、非人の種類等、学校ではまず習うことがない内容をまとめてみました。, えた(穢多)は江戸時代に使われた身分を表す言葉で、その時代ではもっとも下の地位の身分でした。漢字からもわかるように、「穢れ(けがれ)が多い」と書いて穢多です。, 諸説ありますが、その名前の由来は、「鷹の餌取(えとり)」とも言われています。これは鷹の餌として屍体を処理する仕事であり、この餌取と穢れの意味が合わさって穢多と呼ばれています。, この他にも単純に、死刑の執行等の穢れの多い仕事をする傾向にあるから穢多と呼ばれたという説もあります。, 非人(ひにん)には、2パターン存在していました。1つが「野非人」でもう1つが「抱非人」です。読みは、野非人(のひにん)と抱非人(かかえひにん)と読みます。, 野非人は、現代的に表現すると、路上で生活する人、いわゆるホームレスの人のことを指していました。年貢を収めることができなくなった病人は江戸の路上で生活していました。, 抱非人には4種類あります。⑴姉妹、叔母、姪と密通(不倫)をした者。⑵相対死(男女の心中)で生き残った者。⑶主人と下女の心中で生き残った主人。⑷15歳未満、無宿の子供で盗みをした者を指します。, 抱非人は穢多よりも上位の身分になります。その理由として、銭を支払うことで平民に戻ることができたからです。先述のように、抱非人は悪いことをしたので金(釈放金)を支払えば、平民になることができました。, これが、穢多と非人の最大の違いであり、非人が上位身分であるとされる大きな理由になります。注意点として、平民に戻れるのは抱非人のみです。, 穢多は住んでいる地域での物作りをしたり、それらを売ってお金を稼ぐことは禁止されていました。そのため、他の遠く離れた土地に出向き、使い物にならない牛馬を集めていました。, それらの肉を食べ、皮を剥ぎ取って革製品を作っていました。それ以外には、草履を作って生活していたとする説もあります。, 非人の仕事を簡単に言うと、犯罪人の管理です。牢屋敷への詰番、囚人の送迎・罪人の仕置きの仕事、刑場の管理等が挙げられます。, 仕事ではありませんが、生計を立てるための手段として、「物乞い」をすることができるのは非人と呼ばれる人達のみでした。他の身分のものがそれを行うと罪になりました。, えたひにんは「祭事厳禁」でした。神社で行われる祭事などの神聖な行事には、えたひにんは参加できなかったのです。理由は「髪が汚されるから」というものでした。, 穢多の人々は、動物を解体加工処理するという仕事を行なっており、これが仏教の教えに反するため、参加や祝いを悲しむことすら禁止されていました。, えたひにんはなぜ差別されていたのでしょうか?そもそも、必要だったのでしょうか?なぜ農民よりも下の身分が必要だったのか、見ていきましょう。, 人間や生物として生活している限り、「死」というものは避けることができません。えたひにんは、「死体を処理する者」としての役割を担っていました。, もし江戸時代に彼らがいなければ、いたるところが死体で溢れかえってしまっていたのです。, えたひにんの人たちは、仕事内容も、制約も他の人と異なっていたために、「住む世界の違う人(悪い意味で)」、「自分たちと同じ生活をしてほしくない」という思いが他の身分の人に生まれていたようです。, また、先述もしましたが、えたの仕事は、仏教の教えに反するため、宗教的に罰せられるべきとされ差別されていたとも言われています。, えたひにんが住んでいた地域をおさえていきましょう。東日本よりも西日本の方がその地域が多いと言われています。, 江戸時代に、えたにひんが多く住んでいた地域は西日本に固まっています。かといって、東京にないかと言われたら、それは違います。もちろん東京にも存在しています。. 明治24年4月23日 明治17年7月8日男爵→子爵 尾張徳川家 附家老: 名和長恭 (なわ ながゆき) 男爵 勲功 名和神社宮司 明治17年7月8日 先祖名和氏の南朝への忠節により叙爵。 難波宗美 (なんば むねよし) 子爵 公家 花山院流庶流300石 明治17年7月8日 南部利恭

歌手の一青窈さんの「一青(ひとと)」は苗字だったんですね!その珍しさに芸名だと思われていた人も多いのではないでしょうか。響きがかっこいい「一青(ひとと)」という苗字ですが調べてみると、母方の姓らしく母の出身地である石川県に地名としても存在するそうです。, 3位 榮倉(えいくら) 東(あがり)・田井等(たいら)・許田(きょだ)・本部(もとぶ)・安里(あさと)・平敷(へしき)・平安山(へんざん)・我謝(がしゃ)・前伊礼門(まえいれいじょう)・日屋根(ひやごん)・桑宮城(ぐしみやぎ)・仲村渠(なかんだかり)・謝花(じゃはな)・謝名堂(じゃなどう)・喜屋武(きゃん)・古波藏(こばくら)・有銘(ありめ)・喜友名(きゅな)・大工廻(たくえ)・安室(あむろ)・具志堅(ぐしけん)・志良堂(しらどう)・真喜志(まきし)・金城(きんじょう)・眞境名(まじきな)・根路銘(ねろめ)・我那覇(がなは)・比嘉(ひが)・安慶名(あげな)・勢理客(じっちゃく)・与那覇(よなは)・辺士名(へんとな)・与那嶺(よなみね)・知念(ちねん)・荷川取(にかどり)・南風原(はえばる)・東風平(こちんだ)・伊是名(いぜな)・東江(あがりえ)・勢頭(せとう)・島袋(しまぶくろ)・知花(ちばな)・当間(とうま)・当山(とうやま)・照屋(てるや), 勘解由小路(かでのこうじ)・蟋蟀(こおろぎ)・南足(きたまくら)・五月七日(つゆり)・今給黎(いまきいれ)・暉峻(てるおか)・甕(もたい)・御鱗(おいら)・槐(えんじゅ)・畔蒜(あびる)・酸漿(かたばみ)・纐纈(こうけつ)・雲母(きらら)・遠北(あちきた)・峠(はかた)・薬袋(みない)・与会(わたらい)・真郷名(まじきな)・大豆生田(おおまみゅうだ)・生田目(なまため)・青天目(なばため)・日新(すねお)・一(にのまえ)・二(したなが)・九(いちじく)・十(よこだて)・何(が)・四月朔日(つぼみ)・十一月二十九日(つめづめ)・八月一日(ほづみ)・五十殿(おみか)・貴家(さすが)・一口(いもあらい)・定標(じょうぼんでん)・善知鳥(うとう)