将棋棋士の在籍クラス(しょうぎきしのざいせきクラス)は、タイトルなどの称号や段位とともに、日本将棋連盟所属の棋士(現役)の序列・階層構造をなすものである。, 在籍クラスの制度は、かつて順位戦のクラス・順位のみであったが、1987年(1988年度)の竜王戦発足以降は竜王戦の組システムも新たに加わり、以降、両制度が並行している。なお、両制度とも1年に1期である。, 竜王戦(竜王ランキング戦)のクラスは1組 - 6組の6つがあり、番号が若い組に在籍する棋士ほど竜王挑戦権を得やすいシステムになっている。各組の定員は、竜王1名を除いて、1組 - 3組が16名、4組 - 5組が32名、6組は定員の規定なしである。上の組と下の組との間では、毎年、原則として4名ずつが入れ替わる。したがって、2組、3組では、1期(1年)で半数の顔ぶれが変わる。(以上、詳細は竜王戦 を参照。), 順位戦のクラスは、A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5つがあり、A級の優勝者だけが名人挑戦権を得る。したがって、順位戦初参加から名人挑戦までには少なくとも5年かかる。各クラスの定員は、名人1名を除いて、A級が10名、B級1組が13名であり、B級2組以下は定員が定められていない。上のクラスと下のクラスとの間の入れ替えは、A級とB級1組との間では原則として2名、B級1組とB級2組との間では原則として3名。そして、C級1組及びC級2組からの昇級は3名である。B級2組 - C級2組からの降級は、1期だけの成績不振ですぐに降級しない「降級点」のシステムとなっている。C級2組から陥落すると、順位戦に参加できないフリークラスとなる。(以上、詳細は順位戦 を参照。), なお、竜王戦も順位戦も入れ替え戦は行われず、同じクラスの棋士同士の対戦結果のみで昇級・降級が決まる(ただし、竜王戦については例外がある[1])。, 太字は現役棋士。「在」は今期在籍中、「継」は連続記録継続中。順位の「T」はタイ記録。, 竜王戦については、3組以下の棋士がその組のランキング戦で優勝し、さらに本戦トーナメントでも勝ち上がって竜王挑戦者となった場合は、竜王戦七番勝負で敗れても1組に飛び昇級する。この場合は例外的に、本戦トーナメントで他の組の棋士と対局した結果が、次期の在籍クラスに影響を与えることになる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=将棋棋士の在籍クラス&oldid=80329235, B級2組 - C級2組の*は降級点の数(B級2組・C級1組は2点、C級2組は3点で降級), 竜王戦の「自己最高」欄の「1組」と、「1組在籍期」欄に記した期は、竜王在位および第1期本戦シード(「1シ」と表記)を含む。, 順位戦の「次期」の順位の数字は、引退者もしくはフリークラス宣言者がいないと仮定したもの。昇級者の括弧は昇級者内の優先順位。, 第30期までの順位戦の期数は名人戦の期数に対して5期のずれがあり、第36期からそろえられた(第31-35期の順位戦は存在しない)。. Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. 将棋 棋士の在籍 ... 順位戦のクラスは、a級、b級1組、b級2組、c級1組、c級2組の5つがあり、a級 の優勝者だけが名人挑戦権を得る。したがって、順位戦初参加から名人挑戦までには少なくとも5年かかる。各クラスの定員は、名人1名を除いて、a級が10名、b級1組が13名であり、b級2組以下は … 近代将棋2003年3月号、鈴木宏彦さんの「妙手ポカ、いま昔」で、昭和60年(1985年)と平成14年(2002年)の名人・A級11人の平均年齢を比較している。1985年は45.4歳、2002年は34.9歳で、17年の間に10歳以上平均年齢が A級昇級時の年齢ランキング(若い順)1位18歳加藤一二三2位19歳谷川浩司3位22歳加藤一二三3位22歳中原誠3位22歳南芳一3位22歳羽生善治7位23歳塚田泰明8位24歳二上達也8位24歳芹沢博文8位24歳森内俊之渡辺明は25歳で、10位以内に入らず。 , このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. 第79期A級順位戦 >>名人戦棋譜速報トップへ | 順位順 |成績順| 名人 渡辺明 (36): 棋士名の下の日付は対局日です ヒューリック杯白玲戦・女流順位戦, プロ棋士・女流棋士へのお仕事依頼. 近代将棋2003年3月号、鈴木宏彦さんの「妙手ポカ、いま昔」で、昭和60年(1985年)と平成14年(2002年)の名人・A級11人の平均年齢を比較している。, 1985年は45.4歳、2002年は34.9歳で、17年の間に10歳以上平均年齢が若返っているというものだった。, 1985年は、大山康晴十五世名人(64)、二上達也九段(54)、有吉道夫九段(50)などが活躍しており、唯一の20代は谷川浩司前名人(23)。, 2002年は、最年長が青野照市九段(49)、次が谷川浩司王位(40)。唯一の20代は三浦弘行八段(28)。, 1971年から1985年まで平均年齢が上がっているのは、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、加藤一二三九段、二上達也九段、有吉道夫九段、内藤國雄九段などのA級常連組がいて、その棋士達の年齢とともに平均年齢も上がっていったからと思われる。, 1995年が1990年に比べ一気に若返っているのは、20代の増加によるもので、羽生善治竜王・名人(24)、森下卓八段(28)、森内俊之八段(24)、村山聖八段(26)。, 2002年が2000年比べ短期間のうちに平均年齢が2歳近く若返ったのは、加藤一二三九段の影響によるものだが、この時期に羽生世代が磐石のA級常連となる。, 2005年と2010年では、渡辺明竜王・高橋道雄九段・木村一基八段が森下卓九段、鈴木大介八段、佐藤康光九段と入れ替わった形。, 羽生世代の棋士(羽生名人、森内九段、郷田九段、丸山九段、藤井九段)、谷川九段、三浦八段、久保二冠がA級を固め、その年齢とともに平均年齢も上がっていったということがわかる。, 2011年は、佐藤九段・屋敷九段が藤井九段・木村八段と入れ替わり、全体合計で3歳上がる。これに1年が加わるので、2011年は2010年に比べ平均年齢が1.3歳アップすることになる。, 私は、名人・A級11人の平均年齢が、7~8年後には1985年の45.4歳を越す可能性が高いのではないかと感じている。, 「棋士野球部・キングスには、どんな棋士が参加していますか?また、実力はどのくらいですか?」, 「三番勝負の初戦を落として後のない先崎は、いささかハデな格好で対局場に現れた。『ジャンボ尾崎が着てるような感じの柄のシャツですよ』と聞いて、おおっ、と思う」. 日本将棋連盟の 名人戦・順位戦 のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。