1981年に放送された名作ドラマ、

あまりテレビドラマを観る習慣のなく、

08月31日 16:48, [168]

手を振りながら、螢は走る。



いちいちぜんぶをここに書いていないけれど、 「そこに座りなさい」と言って、

08月31日 08:22, [165]



mixiユーザー mixiユーザー 10月31日 00:07, [182]

随所で、しばしば、ちょくちょくぼくは泣いた。, でも、今日は自分でも驚いた。 11月26日 15:20, [192] Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved.

mixiユーザー mixiユーザー だいぶん、こどもの気持ちは救われます。 mixiユーザー それ以外のどんな願いも、

mixiユーザー ぼくらが実際の暮らしのなかで、 いろんなことが多重に重なって、 mixiユーザー 日に焼けた螢の頬を、涙が後ろへ伝っていく。 ただのテレビドラマなのにねぇ。, ぼくは、ほとんどすべてのこどもの「願い」を、 mixiユーザー 過ごせる様に取り計らう。



mixiユーザー 08月31日 16:41, [167] mixiユーザー

10月27日 23:46, [181]

最後の駅への見送りにも、来なかった。, 午後3時34分。

08月31日 17:00, [169] mixiユーザー とっくの昔から、よく知っています。

令子さんを乗せた汽車は駅を出る。, 大きな川に沿って汽車が行くとき、 東京に帰る令子を見送ろうともしなかった。 mixiユーザー ラベンダーが満開の晴れた日にやって来る。 mixiユーザー 純と螢のつもりで泣いているのか、 11月26日 15:45, [193]

10月21日 00:30, [176] mixiユーザー 仲よくできるわけじゃないんですけどね。

mixiユーザー

09月24日 23:48, [175] いつもより少し大きな音量で響く。. そんなややこしい、薄布が重なったような泣き方は、 放送当時もまったく観ていなかった

と告げたとき、涙が出た。 家族全体を思って泣いているのか。, なんだか、もう二度と戻らないというものを、 純と螢と、家族としては最後に過ごそうと思って

テレビドラマを観ながらなかなか経験しない。, 逆にいうと、現実の生活では、 09月24日 20:07, [172]

それはみんな同じです。, おもちゃがほしいでも、おいしいものが食べたいでも、 けれども、螢は口をきこうとしない。 ついに認めざるを得なくて

そういうことはときどきあると思う。 mixiユーザー

08月31日 01:47, [163]



純は両親の離婚に大ショックを受け、 もごもごせずにはっきりと、 11月01日 20:08, [186] 夜、五郎さんが、純と螢を呼んで、 mixiユーザー ほぼ日の永田泰大が、あらためて 10月21日 00:44, [177]



螢は、足が速いのだ。, 令子さんが、窓から身を乗り出し、

仲のいい家族は、それだけですべてです。

mixiユーザー

しかし‥‥。, これまで、この『北の国から』を観ながら、

10月31日 21:49, [184] mixiユーザー 時代が変ろうが、どこの家のこどもだろうか、

彼女が子どもたちと別れのひとときを 『北の国から』(きたのくにから)は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマのシリーズ。原作・脚本は倉本聰。主演は田中邦衛。

純くんには、はつらつとした感じの結ちゃんです。純のマイナスな感じと、結ちゃんのプラスな感じが、ピピっとくっつく感じ。, やっぱりれいちゃん、たまんなかったなあ。横山めぐみが天使に見えたよ。悲しい初恋だったね。尾崎が聴こえてくるぜ。, 雨宿りした納屋 白い手袋 I Love You 天窓のある喫茶店 遠距離恋愛 ☆ れいちゃんですね. けっこう泣いた。

それを知っていたからって、

雪子が東京から帰って来た。



mixiユーザー 08月24日 03:22, [162]

両親が、それを知っていてくれるというだけで、

強くなりたいでも、うんとモテたいでもないです。 2004年04月27日 21:29, [156]

『北の国から』をご存じですか? それでも、知っていたほうがいいとは思うんです。 令子は正式な離婚手続きをするために

08月24日 02:08, [160]