ルシファーhは事前予習必須です。 で、募集のかけ方すら分からないというのは正直予習不足もいい所と見えてしまいます。 共闘募集の項目をHL、6人にして暫く眺めていると部屋の推移や募集の仕方が見えますし、重要な箇所は攻略サイトに載っています。 70%ルシのCTMAX

ルシファーhlの攻略メモになります。 いつも自分が使っている光の編成と、立ち回りで注意しているポイントを纏めておきます。 自分用の備忘録の意味合いが強いですが、クリアを目指している方などの参考になればなと思います。 1番が土なら、あとはどの属性順でもいい。パラロス受けが一番大変なので、グラビティ試行する際には、パラロス担当の人に必ず確認する。 ルシファーHARD(HL)初心者や、ルシファーの詳しいギミックについて知りたい方向けの動画です。分かりづらい点などありましたら、お気軽にコメントでご質問下さい。, ●開幕デバフ試行。本体へのグラビ・魅了・DATAダウン・累積攻防デバフが大切。 こんにちわmercyです。今回は前回に引き続きルシファーHLについてあれこれ考えてること、感じること等々を適当に書いていこうと思います。毎度のことですが特に参考になるわけでもなくあくまで個人の考えとしての記事なので読んだ後でそこは違うだろ〜?にわかか?みたいな苦情はやめてください。病みます…ということで本題, 今回の記事では光有利古戦場が近いこともあり、光でルシファーに行きたいと考える騎空士さんも多いと思うのでその方向けになるべく分かりやすいように自分の考えやルシファーのギミック等を書いていこうと思います。, 個人的にフンフ必須、ヴィーラ(無くてもいけるけどあった方が絶対良い)代用はペコリーヌ、銃ゾ?辺り、そしてノイシュ。ノイシュに関してはほぼ1000万試練+火力枠だし超限定だからないなら最終ソーンでも良いのかなとは思ったり。, ヴィーラの代わりに銃ゾを勧めたのは25%(別途解説)で落ちないから。ただそうなると庇うが無くなって主人公が庇うを持たざるを得なくなる影響でクリオが持てなくなるのでやっぱりヴィーラ(ペコリーヌ)は欲しいかな〜という感想です。, ただ全体でクリアオールは最低3人持っていればなんとかなるので身内でやる又は自発なら主人公が庇うを握って、闇、風、水にクリオお願いすればいいと思います。(ヴィーラいるなら主人公はクリオ・ディスペル・シールドワイヤのアビ構成), 取り敢えず代用キャラ云々は話したのでここからは今僕が使っているこの3キャラ達の主な役割を話していこうと思います。, 1アビ:lb回復性能全振りで大体5500回復(活性付与)+ストレングス。火力もあげれて回復もできるのが文句なしで強すぎる。使用感覚5ターンというのも早くて使いやすい。, 2アビ:弱体全回復+弱体up!これのおかげでイブリース(別途解説)を受けた味方に雑に主人公のクリオ投げれて自分の分のクリアをこれで補えるのが強い。全回復だから恐怖も裂傷も全解除なのが良き。, 3アビ:単体火力up!自動復活付与。主人公に付けとけばポースポロス(別途解説)を受けても最悪の事故は防げる。ルシファー初心者に優しいね。, 4アビ:誰か死んでたら全員復活させて全回復してガッツ効果付与。書いてあること頭おかしくて草。そんでこの4アビの役割は10%のパラロスを受けるために必須です。ただ試練を全解除してないとパラロスの後の無属性3回ダメージでどっちみちオワオワリなので光1000万の解除が難しいルシファー初心者の方はあんまり関係ないと思うなので4アビに関しては全回復又は事故死した味方の復活が出来る強いアビ!って感じで覚えてもらっていいと思います。, 1アビ・最強の庇う。これが強すぎるだけまじで…ルシファーの特殊をほぼこれ一つで完封出来ます。噂ではパラロス受けも出来るみたいですが怖くてやった事ないので、やるにしても慣れてからの方がいいと思います。まぁ困ったらこれ使っとけば死ぬことはないんじゃないかな〜?ただビット管理に関しては注意が必要。奥義で回復しますがこのビットに関しては攻撃するたびにクリ率upと闇属性に対しての与ダメ上昇とかいう別にいらんバフの為に消費されるので奥義打つタイミングも割と重要かも?まぁ大体あるからそんなに気にしなくてよし(多分), 3アビ・1アビ使ってないとゴミ。ただ1アビ使ってる時に使うとTA確定で奥義打ちやすくなるのでタイミング上手く合わせて使っていけば火力出てくる点に関しては強いと思います。, 1アビ・擬似ファランクス。ファラが回ってこなかったり自分がファラ打つまでのつなぎとして使うことが多いです。ただ50%カットなので自分のHPとかルシファーのCTとかよく見て使うこと推奨。, 2アビ・アビダメ闇属性防御ダウン。1000万試練の時に使うと良いんじゃないかな!以上, 3アビ・ノイシュを連れてくる理由。奥義火力上がるので実質バハムート。ただ使用時に聖槍が自身にないと全体バフにならないのでちゃんと聖槍があることを確認してから打つこと。先に2アビ使うと2アビで消費されちゃう点にも注意。聖槍に関しては奥義打てば付きます(開幕にもついてる), ちょっと終末五凸してたり中途半端にスキルレベル上がってますが、全部四凸で考えてもらって大丈夫です。, ルシファー行くぐらいならシュヴァ剣集まってると思うので特には突っ込みません。剣染めなので4凸したコスモス剣必要。ないならミトロン弓とかでいいと思う。ただそうなると一気にHP減るし火力も変わるのでなるだけ剣欲しい。グランデ頑張って♡, メイン黄龍槍なのは奥義性能上がる+奥義回しやすくできるので採用。多分みんなそうだと思う(知らんけど), メインシュヴァリエ四凸×フレルシフェル。ルシ持ってるならメインルシフェルでフレシュヴァリエでもいいけどそれならサブにルシ積みたいからシュヴァリエぐらい4凸してクレメンス。, 後はティアマト四凸とかも本当に有用な石が足りないならギリギリありだと思います。幻影でポースポロスorアキシオン・アポカリプスいなせる為。, それではここまで長々とルシファーに行くための最低限の装備準備について語ってきたのでいよいよルシファー攻略と行きましょう。, 色々語ることが多いのでまず初めにルシファー本体+黒き羽のトリガー云々特殊技について説明しよーかなと思いやす, このトリガー表に関しては@ai_yozakura_gbfさんのをお借りしました。ありがとうございます, てことでこれがルシのトリガー一覧です!!といってもルシに行ったことがない人は何が何だか分かんないですよね?ね?ある程度数こなしてる人からすると理解は容易なのですが初見の人はさっぱりだと思います。, ですのでここからはこのルシファーの特殊技やトリガー、気をつける点などを文章にして一つ一つ説明していきます。, まずルシファー戦が始まったらやることは黒き羽を削ること。もっと言えば羽を50%まで削ることを目標とします。, 味方単体にめっちゃダメージくらわしてくる+バフ全消去。ファラ受けすると死ぬのでファラ+庇うで100%カット。ヴィーラがいるならイーリアスマージで受けれます。又は幻影で避けれるのでこういう時風マグナは強いね。幻影あればファラなしでも通れるのでポースポロスなタイミングさあけ分かっていて幻影付けれるならかなり動きやすくなると思う。, ランダムな対象にランダム属性多段ダメージ+全体に恐怖、裂傷、行動不能付与(フンフ2アビ最強の場所), ファラ受けギリギリ出来ますがファラ受けできる特殊技の中でもダメージが痛いので高くHPを保ってる時のみ推奨します。基本ファラ庇う推奨。又はヴィーラ1アビ, ただこの特殊に関しては羽が50%(試練開始)になるまでなので受けても1回だけだと思われる。, これだけです。CTがMAXになり特殊を打つタイミングで「マルス」という特殊と「フィークス」という特殊を交互に打ってくるだけです。「マルス」が画像での「禁断の果実を付与してくる特殊」「フィークス」が「生命の果実を付与してくる特殊」になります。, 上の画像の1つ目。「福音の黒翼」これは開幕からルシファーについているバフで、これがついている状態だとルシファー本体に対しての攻撃が5万一律となり殆ど火力が出せなくなります。消去不可なのでディスペルも効きません。, そこで大事になってくるのが羽の特殊技です。この「福音の黒翼」というバフは試練開始(羽50%)になるまで羽の特殊技の度に消去→付与を繰り返します。ですので開幕にこのバフがついてる訳ですから「マルス」→消去「フィークス」→付与以後繰返しになります。, そのため理想としては試練開始までに「マルス」だけを受けて50%を迎えるのがBestです。万が一試練開始までに「フィークス」を受けてしまって「福音の黒翼」がついたままになっても羽撃破までに次の特殊技の「マルス」を受ければバフは消えます。以後試練が始まったあとは羽の特殊技を受けても「福音の黒翼」消えることはあってもがつくことはありません。, そして試練開始までの過程の中でもうひとつ大事なことが羽が70%になった時に発動する「セフィロト」です。, 70を踏んだ1人目のバフ全消去+ルシファーの弱体全リセット。そして「終末のカウントダウン」以後砂時計とします。をルシファーに付与します。砂時計に関しては上の画像参照。簡単に言えばルシファーに合計で6人殺されたら強制敗北です。, まぁ砂時計に関してはここではただのおまけです。問題はデバフもリセットされるので70を超えた時点でデバフがないときは一旦止まって風がデバフを入れ直すまで絶対に待機してください。じゃないとファラしてる状態でも通常攻撃だけでデバフ時の倍以上ダメくらいます。, 次に右腕が脱臼したところで試練開始〜羽撃破までの立ち回り等を話していこうと思います。, 試練開始は羽が50%になったら開始する訳ですが、この50%を踏んで試練を発動させる属性は基本的に火属性です。まずこの50%の試練を発動させるとルシファーの弱体が再度リセットされ踏んだ属性の味方のバフ全消去になりますがその代わりルシ本体の95、85、60の特殊が発生しなくなります。この特殊が発生しなくなるというのが重要で、火属性は他属性に比べてディスペルの数が特に不足してるのでルシが特殊を打つ度に上昇する赫刃レベルを下げる数が減る為に踏むのは火属性が鉄則という風習があります。赫刃レベルに関してついでに説明するとルシファーが特殊を打つ度に上昇するバフみたいなものでディスペルで解除できます。レベルが上がる事に火力が上がるので特殊を打たれたらすぐディスペルを打つようにしましょう。ギリギリLv2までは大丈夫ですがそれ以上はファラ貫通等どんどんやばいことになるので注意。, ルシファーのデバフがここでリセットされてるのでまず風が再度デバフを入れ直します。入れ直したら攻撃〜!!と言いたいところですが先程の70%の時と違うのは試練が発言してるというところ。, 試練はこちらの画像を参照。ここの8番目の試練にダメカを無視するという項目があります、ファランクス無視です。なのでデバフを入れて皆が殴り始める前にオバチェしてファラが適用されるようにしなきゃいけません。この役割は基本的に土がやります。オクトー強!!たまにニーアを入れた強強ハデスマンがやる時もありますが基本土です。これが失敗したらジ・エンド。土の役割重すぎて一生やりたくない。, てことでこのオバチェ試練を土が終わらしたらいよいよ殴る訳ですが正直1000万試練は後で良いです。理由として1000万試練は本体にダメージを出さなきゃ行けない訳ですが当然HPが減ります。そうなるとCTに関係なくルシファーのトリガーを踏み事故につながってしまいます。そのトリガーが95と85、ポースポロスとアキシオンです。CTに関係なく発動してしまうため予期せずHPを削られ準備もままならないため事故死…みたいなことに繋がるので1000万試練は羽撃破後を推奨します。ですのでルシファーHLを始める前にチャットで羽撃破優先と伝えておくといいと思います。, 万が一95と85を踏んでしまった場合は100%カット又はファラ庇うで逃げましょう。アキシオンでカット忘れをしてキャラを1人でも落としてしまった場合全自キャラに無属性3万が飛んでくるので絶対に100%カットしましょう。ポースは幻影可です。, それとこれは稀なのですが野良なんかをやってると試練始まった後に試練解除を優先して1000万試練をやっていく立ち回りの際に羽撃破がされないまま本体が75%まで削れる時があります。そうなった時に「無神論」というトリガーが発動して追加でランダムな属性が追加で1000万試練を強要(5分の時間制限あり時間で解除)される上に選ばれた属性以外のダメージが入らなくなるのでその点も含めて羽優先しましょう。, 羽撃破しても95、85のトリガーは変わらず注意です。75の「無神論」に関しては羽撃破してれば関係ないので忘れてください。, そしてここからは割と平和です。ルシファーは試練解除までが鬼門なので後は60のトリガーまでは適当に死なないように頑張ってください。, 60のトリガー特殊は「アキシオン」85のアキシオンとはまた別の技で全体ダメージなのでファラ庇うで受けきれません…だからここで100%カットする手段としてアテナを用います。ファラ+アテナ=, アテナがない場合は合体させてもらうか、本体が55%になるまで待ちましょう。55を切ったら元のCT技に戻ります。, そして60を受けたらまた平和ゾーンです。25%のゴフェル・アークまで死なないように削り切りましょう。, 25%のゴフェル・アークからは召喚不可+同種族が編成内にいた場合後ろのキャラが死にます。, 例えとして、主人公、ふんふ、リミヴィーラ、ゾーイという並びでいた場合はヴィーラとゾーイが星晶獣で被ってるので後ろにいるゾーイが強制的に死にます。この場合砂時計のカウントが進むので始まる前に申告しとくと, 仮にゴフェル・アーク前に砂時計のカウントが残り2又は1しかない状態でキャラが落ちてしまう場合は待機しましょう。そこは状況に合わせてメンバーと相談。, さあここからは終盤ゴフェルを受けた後です。25%以降はアーカーシャのようにターンが2〜4ターン周期で回るようになるので毎ターンCTが飛んでくる上にここでも20%、15%とトリガーがあります。, そのトリガーは「アキシオン・アポカリプス」ファラ受けできる特殊ではありますが赫刃レベルが一気に2Lv上昇するのでその点だけ注意。20%を受ければ15%までは発動しないのでスロウ・ディスペル入れながら上手くかわして削っていきましょう。それは15〜11%までも同じです。, 10%からはパラロス飛んでくるのでパラロスを回避する手段がない場合は待機してください。上手くいく部屋だと大体火と風が火力出してしばいてくれるます。試練全部クリアしてる場合はふんふ4アビで抜けれます。, 正直光でまだ全然数こなしてないから光がどうゆう動きをしていくのかの理解が足りてない点に関しては許してください。取り敢えずこんな感じだよ〜ってのが伝われば嬉しいです。, というかね伝えたいこと全然伝えれてないね。なんか雑だし疲れたしここらへんで許してください。, 〜ありませんか?って聞かれてないならないって言う!ファラ欲しかったりクリオ欲しい時は遠慮せず言う!ルシファーでの妥協した動きはそのまま死にます。では野良ルシでお会いしましょう, mercygfさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog I love Mr. Sakurai’s voice too. This site specializes in distributing game information. ブログを報告する. I think that’s possible if you can get strong support. *本体85%時特殊行動あるので、必ず「100%カット」する(アテナ拾うなどで), ●羽根の撃破を行う。この際回復したい人は羽根のCT技2週目を受けることで回復できる。 55%CTMAX これを見て、当時初心者だった僕は驚きました。 このページでは現在のグラブルにおける最高難易度マルチバトル「ルシファーH(ダークラプチャーHard)」にまだ挑戦したことがないルシH初心者向けにお勧めのキャラ編成や実戦での立ち回りを解説しています。, ※分速アップを考えているレベルのルシ中級者以上の方には大して参考にならない記事なのでそういう方は回れ右推奨, ルシファーは開幕に無属性3万ダメージを与えてくる「パラダイス・ロスト」を使用してくるのでHPを3万以上確保するのは必須。, しかしHPが3万をちょっとでも超えていればいいのかと言われると決してそんなことはなく、ルシH初心者がHP3万をちょっと超えた程度で挑んでもおそらくまともに動くのは難しいと思います。, ある程度動くためには主人公のHPは最低でも4万以上、理想を言えば5万ぐらい欲しいところ。, 守護系のスキルにかかる加護が倍になるので、片面より両面のほうがHPが高くなります(武器や石の編成は同じ)。, ルシファーは無属性(羽は闇属性)なので両面だと基礎火力はかなり落ちますが、ルシHはとにかく死なないことが一番大事なのでまずは火力より生存第一で編成を組むようにしましょう。, ・永遠拒絶の大鎌(終末武器) ・ブラフマンシミター(シヴァ剣)※3本前後 ・オールドエッケザックス(オッケ) ・バハ武器 ※マグナ編成 ・絶対否定の大鎌(終末武器) ・バルムンク(アグニス編成) ・パラスの剣(アグニス編成) ・ディアドリックハート(アグニス編成)※堅守大有り, ・永遠拒絶の杖(終末武器) ・オールドオベロン ※3本前後 ・バハ武器 ※マグナ編成 ・絶対否定の杖(終末武器) ・フィンブル(ヴァルナ編成) ・ウェルギリウス(ヴァルナ編成) ・氷晶杖(ヴァルナ編成) ・オベロン(ヴァルナ編成), ・永遠拒絶の竪琴(終末武器) ・ニーベルン・クリンゲ(ゴブロ刀)※3~4本 ・バハ剣(ヒューマン・ドラフ) ・絶対否定の竪琴(終末武器) ・裁きの鳴雷(ティターン編成) ・刃鏡片(ティターン編成)※リミ武器, ・永遠拒絶の槍(終末武器) ・春ノ柔風(四象武器) ・ティア斧orティア槍(攻刃無守護大)※最終手段 ・バハ短剣(ヒューマン・エルーン)※マグナ編成 ・絶対否定の槍(終末武器) ・虚無ノ哭風(ゼピュロス編成)※リミ武器 ・リユニオン(ゼピュロス編成)※リミ武器 ・サジタリウスボウ(ゼピュロス編成), ・永遠拒絶の剣(終末武器) ・シュヴァリエソード・マグナ(シュヴァ剣)※5本前後 ・絶対否定の剣(終末武器) ・アーク(ゼウス編成)※リミ武器 ・タミン・サリ(ゼウス編成)※キャラ無し武器 ・オーラフラジェルム(ゼウス編成) ・紅陽扇(ゼウス編成) ・永遠の知識求る竪琴(天司武器), 無属性相手の場合は基本天司武器は外れますが、羽に有利を取れる光属性だけはHP確保も兼ねて天司武器を入れることをお勧めします, ・永遠拒絶の太刀(終末武器) ・アビススパイン(アバター杖)※3~4本 ・バハ短剣(ヒューマン・エルーン)※マグナ編成 ・絶対否定の太刀(終末武器) ・ウン・ハイル(ハデス編成)※リミ武器 ・バブ・エル・マンデブ(ハデス編成)※リミ武器 ・マジェスタス(ハデス編成)※堅守中有り ・ヘルマニビス(ハデス編成) ・ディアボロスボウ(ハデス編成), 羽50%に到達すると始まる12の試練の中に1ターンの間に属性ダメージを1000万与えるというものがあります。, 基本的に奥義フルチェを撃って解除することになりますが、ルシファーは防御値が20と非常に硬いのでフルチェでも1000万ダメージを与えるのは簡単ではありません。, 1ターンに1000万を与えられるか調べる簡単な方法がトライアルの無属性(確定クリ編成でない場合は同属性)相手にフルチェを撃ってターンダメージが1000万を超えられるか確認する方法。, 防御値が防御デバフ皆無のトライアル=防御下限のルシファーなので、防御デバフが一切入っていない状態のトライアルにフルチェを撃つことで防御値20のルシファー相手に1000万ダメージを与えられるか調べることができます。, 確認時の注意事項 ・奥義に防御デバフがあるキャラは使用不可 ・ダメージアビリティは使用可 ・その属性以外の追加ダメージ等は最終ダメージから引く, 今は1000万試練の解除優先度はそれほど高くありませんが、さすがに野良にハナから1000万を解除することができない編成で行くのは寄生でしかないので少なくとも救援での参加を考えているなら1000万はクリアできる編成で行くようにしましょう。, ※キャラ名が太字のキャラは所持しているなら最優先で入れたい ※未所持キャラに関してはエア解説, ・アテナ(属性変換やガード・カットで味方全体の被ダメ軽減) ・アニラ(属性デバフ付与と味方全体のバフ・回復) ・ゼタ(ディスペルスロウ持ちかつ無属性200万試練担当可) ・エッセル(ラスト10%以下の吹き飛ばしに使える) ・フラウ(ディスペルと回復で安定度アップ), 属性変換やガードで味方全体の耐久性を大きく上げるアテナと属性デバフを大量に入れられるアニラは持っているなら最優先で入ってくるキャラ。, エッセルは最後の吹き飛ばしは非常に強力だが、代わりに道中動きにくくなるので一長一短という感じ。, ・エウロペ(被ダメ火属性変換で味方全体の被ダメ軽減)※リミテッド版 ・カトル(グラビとディスペル要因) ・リリィ(属性カットとクリア回復持ち) ・マリアテレサ(ディスペルと回復役) ・ウーノ(100カット持ちかつ2アビで1000万試練の難易度低下), エウロペ+リリィ編成で100カット無限ループができると事故要素が皆無に(カーオン石がなくても3凸火鞄で可能), ”誰かがグラビ持ってくるだろうから自分は持って行かなくてもいい”とみんなが思うとグラビゼロの楽しい楽しいルシHが始まりますw, ・オクトー(オバチェ解除要因)※未所持の場合申告必須 ・水着ブローディア(1アビの全体かばうで味方全体の被ダメ軽減) ・リミブローディア(2アビの無敵でパラロス受け) ・水着ヴィーラ(スロウとディスペルと回復がルシファーと好相性) ・カイム(ハイランダー編成のサブに入れて味方全体の耐久性アップ) ・サラーサ(無属性200万要因。他属性が無属性できるなら非推奨) ・ラブライブ1年生(キャラ不足の場合スタメン候補になるサイドキャラ), ニーアやノアなどオバチェ試練解除の手段が増えたとはいえ今でもオバチェ試練は土が解除するのが一般的なので、それを解除する為にオクトーは必須級。, ・ユリウス(対ルシファーにおけるデバフ役)※未所持の場合申告必須 ・アンチラ(全回復と3アビで弱体と耐久面を強力支援) ・シエテ(1000万試練突破と最後の吹き飛ばし要因) ・グリームニル(高火力かつスロウやガードで全体の安定感アップ) ・カッツェリーラ(属性変換や全体かばう付与で味方の耐久性アップ), ユリウス持っていないけど風でルシHをクリアしたいのであれば、それを明記したうえで自発してユリウス持ちの風をもう一人入れて風2人体制で行くのがお勧め。代わりに外す属性は水か光あたりが無難だと思います(火力に不安のあるメンツの時は光外しは羽でグダる恐れがあるので非推奨)。, シエテも25%待機から最後の10%を2連フルチェ飛ばしが非常に強いので特に野良なら必須級のキャラ。, ・フュンフ(回復といざという時の保険要因) ・ガイゼンボーガ(不死身で敵の多段攻撃を吸収) ・ノア(ディスペル要因かつパラロス受けやオバチェ代行も可能) ・水着ハルマル(無属性200万試練要因) ・リミヴィーラ(ディスペル要因かつマージでパラロス受けも可能) ・ゾーイ(3アビ効果中は通常攻撃をファラ無しで受けられる), ガイゼンボーガやノアもパラロス受けができるのでルシH適性はかなり高い。ただ後述のヴィーラ+ゾーイ編成と比べると少し慣れは必要。, ルシH初心者の方はゴフェルアークでカウントを1消費してしまいますけど、ヴィーラ+ゾーイ編成で常時マージorゾーイ3アビがかかった状態で戦うと非常に動き易くなります。, ・バレクラ(3アビでグラビと無属性200万試練) ・水着ゾーイ(コンジャクションでパラロス受け) ・ニーア(渇望による保険とオバチェ代行要因) ・レイ(CT調整無しでパラロス受け可能) ・シャレム(2アビでポースポロス回避と3アビで被ダメ軽減) ・ヴァンピィ(スロウとディスペル) ・フェリ(バレクラ不在時の無属性200万要因) ・ビカラ(バレクラ不在時の無属性200万要因), バレクラがいなくてもフェリ+ビカラ編成や3凸ミカエルで無属性200万試練は達成可能。, しかしバレクラ無しだと自分自身が動きにくくなる上に、ルシHにおいて重要なグラビの枚数が減ることになるので持っているのであれば最優先で入ってくるキャラ。, ルシファー本体の25%トリガー「ゴフェル・アーク」は編成内に同種族キャラがいる時、後ろ(右のほう)にいるキャラが即死します。, ゴフェルアークで倒された場合もルシファーのカウントダウンは進むので、なるべく種族被りはさせないように注意してください。自分が好きなキャラを使うためなどという理由で種族被りを発生させるのは論外です。, 種族被りの代表例 ・ヴィーラとゾーイ(ノアor水着ハルマル) ※星晶獣 ・シエテとユリウス ※ヒューマン ・オクトーとサラーサ(土が試練7をやる場合) ※ドラフ ・ヒューマンキャラとサブカイム ※ヒューマン, 救援に入る際はこれらのやむを得ないケースであっても、ゴフェルで1落ちすることを事前に伝達するようにしましょう。, もしこれを見てなに言ってんだこいつら?意味分かんねえってなる人は即退室してください。, 自発が風でユリウス無しだったりあるいは不慣れで自信がないという場合は風2人体制で行くという手も有効ですが、基本的に野良は6属性を揃える形が主流です。, 悪い例のほうは属性被りが多く発生している上にデバフ役として最も重要な風がいません。, オバチェに関しては光闇が代行することも可能ですが、光闇がみんなノアやニーアを持ってきているとは限らないので、風の他に土も基本的に必須枠となります。, 試練に関しては最重要試練である8(オバチェ)と11(パラロス)を誰も宣言していない時は絶対に出発しないこと。特に8のオバチェ試練が解除されないとクリアは絶望的となります。, 他は7(無属性200万)も解除されていないと光闇以外の4属性がキャラを落とす確率が上がります。, スロウは豊富だが耐久面やディスペルに不安がある属性なので、無理にクリアオールを入れようとせずにディスペルとかばうで安定を取るのがお勧め。, みんなの為にクリオ入れたけど耐えきれずにキャラ落としてカウント進めましたでは本末転倒。, カトル2アビ(グラビティ)はクールが長い上に試練中などは無暗に撃てないので主人公ディスペルは必須。, グラビティを入れるのが理想だが、マグナで耐久面に不安がある時は無理をせずかばうを入れるほうが安全。, ノアはともかくヴィーラはディスペルのクールが長くフュンフの奥義ディスペルも羽を倒すまでは本体に撃ちたくないので、主人公にディスペルは積んでおきたい。, 前半のOD特殊技「イブリース」の関係上、火土以外の4属性は基本的にクリアオールは必須枠となります。, ルシファーHLは羽のHPが70%になると「終末のカウントダウン」が発動し、それ以降はキャラが1人倒される度にカウントが1ずつ減っていき、パーティー全体で6人が倒されるとカウントがゼロになって「ジ・エンド」という強制全滅技が発動します(自分だけでなく他の5人も全滅する)。, ジエンドを発動させないようにするためには、絶対にキャラを落とさないという意識を6人全員が持つ必要があります。1人ぐらいキャラ落としてもええやろと安易に動くとその分失敗の可能性が上がります。, とにかくルシファーHにおいて最も重要なのは試練を解除することではなくキャラを落とさないことです。試練解除しました!フロント〇人吹き飛びました!では本末転倒です。, 仮にまだ担当試練解除できてないけどこれ以上動いたら死ぬかもしれないという時はその旨を伝えてそれ以上は絶対に動かないようにしてください。1000万試練程度であれば解除できなくてもそれなりに強いメンバーであれば問題なくクリアできます。カウントを減らされてジエンド発動されると他のメンバーが全員ソロで倒せる猛者だったとしても失敗になるので。, ルシファーは通常攻撃も非常に威力が高いので慣れない内は必ずファランクスを貰ってから動くこと。, なかなかファランクスが飛んでこない時もありますが、そういう時も焦って動いたりはせずに辛抱して待ちましょう。1回ぐらい素受けしても大丈夫だろと安易に動くと予想外の大ダメージを食らってパーティーが半壊したり最悪キャラを落としてカウントを進めることになります。, 特殊技は通常攻撃以上に危険な技が多く、ファランクスだけだとかなり痛いのでなるべくファランクスにかばうや30カット奥義等を重ねて100カットにしたり(属性変換+鞄カット等も有効)、光の場合はファラに加えてヴィーラのマージやゾーイの3アビなどで防御力を上げた状態で受けると安全です。特に通常特殊技のポースポロスはファラありでも2万以上のダメージを簡単に食らうので非常に危険です(ポースポロスは幻影でも回避は可能)。, 動画などではファラ無しでガンガン動き回ってる人もいますが、あれは熟練者がマジェスタス等の堅守武器でしっかり防御を固めた上での動きなので、間違ってもルシH初心者の方はあのようなムーブを真似したりはしないでください。, ルシファーは非常に火力が高くかつ防御値も高いので、デバフが入っていない状態で動くのは非推奨。, デバフリセットも複数回発生するので、リセットでデバフが消えた後は入れ直しされるまで動かず待機するようにしてください。, 上のSSのように風の人が弱体成功とチャットしたら動いても大丈夫です(試練開始の50%以外), 風がチャットしない人だったらログやアイコンでトゥルーインクワイア+(ユリウスデバフ)が入っているのを確認してから動く。, デバフリセットの発生タイミング ・羽70%到達時 ・羽50%到達時(試練開始) ・本体25%到達時 ・本体10%到達時, OD状態時に本体と羽のCTがMAXになると全属性カット無効の特殊技「パラダイス・ロスト」を使用してきます。, この技はファランクス等でダメージを軽減することができないので、受ける場合は全員に無敵(ノアや水着ゾーイやブローディアの2アビ等)を付けるか、あるいは属性変換した上でその属性を100%カットできる状態にしてから受ける必要があります。, まともに素受けすると壊滅する可能性が高いので、無敵や属性カットで受けられない時はブレイクするかODゲージがリセット(羽50%や本体25%等)されるまで待てばパラロスは使ってこなくなります。, 序盤に主人公のスロウ(シールドワイア)を無暗に使うとCTが揃いやすくなるので、スロウはパラロスが揃ってしまった時の緊急回避策として取っておきましょう。, 土属性はオバチェ試練(Ⅷ)を担当するのが一般的ですが、このオバチェ試練は失敗=即解散にもなりうる極めて重要な試練です。, 最近は火力インフレが進んだことやイキリ目的で序盤から爆走する人が増えたことで、試練開始までに土のフルチェ準備が整わずに失敗するという事例が増えています。, どんな部屋でも確実にオバチェ試練を成功させる為には開幕から奥義を封印するのがお勧め。, 開幕から一切奥義を撃たなければ4ターン目前後にはフルチェの準備が整うので、どんなに削りが早い部屋でも奥義ゲージが貯まらずオバチェ解除が間に合わないということはなくなります。, 試練が始まったら羽にフルチェを撃ち込んでオバチェ試練は解除完了。今は本体より羽に撃つほうが安定します。, ※羽優先ルートに関しては以下の記事を参照 【グラブル】ルシファーH羽優先撃破のススメ, 本体に撃つ必要がないので、マルスを受けて本体の福音の黒翼を解除するといった動きも不要。, 序盤は貢献度一切稼げませんが気にする必要はなし。羽削りは光闇あたりにでも任せておけばいいでしょう。, 試練開始前のOD特殊技「イブリース」で恐怖が付与されると奥義ゲージが貯まらなくなるのでそういう時は遠慮なくクリアオールを要求すること。, もし要求したのに誰もクリアをかけてくれずにそのまま試練開始まで削られてしまった場合は周りのメンツがクソだったと諦めましょう。土にはなにも責任はありません。, 試練Ⅷのオバチェ試練が残ったままだと全属性カットのファランクスが無効になるので解除されるまでは絶対に動かずに待機。, ただ野良だとチャットしない人も少なくないので、その場合はルシファーのアイコンをクリックして試練8が消えているか自分で確認してから動いてください。確認せずに解除されたと勝手に思い込んで動くと稀に解除されてなくて事故ることがあります。, 上のSSはパラロス受け宣言してた人が突然グラビを入れられたせいで失敗した時のもの。, パラロス試練を残したまま羽を倒してしまうと本体のOD特殊技「オービタル・ブラック」でファランクスのクールが延長されてファラが回らなくなるので失敗率が上がります。, パラロスを受ける前にグラビを入れられると上のSSのようにCT調整が狂ってパラロス受けが失敗するので、パラロス試練(Ⅺ)が解除されるまでは絶対にグラビは入れないようにしてください。, 水のカトルの場合2アビはグラビだけでなくディスペルも兼ねているので入れたくなるかもしれませんが、棘刃レベルが上がってきつい時はグラビ(ディスペル)を勝手に入れるのではなく解除されるまで一切動かずに待機してください。, 同種族殺し技である本体25%トリガー「ゴフェル・アーク」で落ちたキャラも当然カウントダウンの対象になります。, カウントが残り6であれば1つぐらい減っても特に問題はありませんが、上のSSのようにカウントが残り3以下になっている時は、「ゴフェル・アーク」でキャラ落ちする人は下手に動かずに一旦待機するのが無難。, ※キャラ落ちする人がそのマルチのメインアタッカーでその人が止まると討伐が絶望的といった状況であれば別, 本体の10%・3%トリガー技である「パラダイス・ロスト」はランダム属性99万ダメージを与えてくる100カット必須の非常に危険な技。, にもかかわらず10%あたりになるとシエテ砲やエッセル砲で吹き飛ぶ前提で安易に万歳突撃してカウントをゼロにするケースがよくあります(事故の可能性もある)。, 上のSSは残り4つあったカウントがリロった次の瞬間いきなりゼロになっていたという状況。, カウントが0になると本来4アビと3アビで2回撃てるはずのシエテ砲が1回しか撃てなくなる等して結果1~2%残しで失敗してしまう可能性があります。, 100%カットする手段を持ち合わせておらず10%を通れない時は万歳突撃してあとは任せた!ってするのではなく、カウントがゼロになるまで待機してそれから突っ込むようにしましょう。カウントがゼロになっていてもルシファーの残りHPが極僅かであればあなたの最後の一撃でトドメを刺せるかもしれません(事前に奥義封印しておいてフルチェを撃てる態勢だと理想)。, 現在主にグラブルをプレイ中。サプチケ・スキンとたまにスタレ買う程度の微課金ユーザー。, 騎空団「燃えるひよこ隊」の団長もやっています。 現在団員募集中なので興味のある方は気軽に声をかけてください。 ランク170以上で団と関わることのできる方ならどなたでも歓迎です!, グラブルの攻略ブログです。高難度マルチソロや装備編成に関する情報を発信していきます, https://broadappel.com/wp-content/uploads/2020/03/My-Project152.mp4.