い意思を感じる猫, 猫の伸びきった寝姿に驚きの声, 上野動物園でゾウの赤ちゃん誕生, 「暖房まだ?」ウサギが無言の圧, 猫によるベッドの間違った使い方, 掃除機は絶対許さない会の姉妹猫. バルテリ・ビクトル・ボッタス(Valtteri Viktor Bottas, フィンランド語に近い表記では「ヴァルッテリ・ボッタス」、1989年 8月28日 - )は、フィンランド出身のレーシングドライバー。. バルテリ・ビクトル・ボッタス(Valtteri Viktor Bottas, フィンランド語に近い表記では「ヴァルッテリ・ボッタス」、1989年8月28日 - )は、フィンランド出身のレーシングドライバー。, 2007年以降、フォーミュラシリーズの下位カテゴリーで実績を上げ、2013年より「ウィリアムズF1」の正ドライバーに昇格。2017年からは「メルセデスAMG F1」のドライバーを務めている。, 6歳でレーシングカートを始め、レースキャリアをスタート。2008年ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーでチャンピオンを獲得。, 2009年から2010年の2年間はF3に参戦。ユーロF3では両年ともシリーズ3位に入った。またマスターズF3にも両年とも出場し2年連続で優勝した。, 2011年はGP3に出場。初参戦の年にチャンピオンに輝いた。また、この年にもF3に数戦出場した。, ボッタスは母国フィンランドの先輩であるミカ・ハッキネンの元マネージャーだったディディエ・コトンが経営するエイセズ・マネージメントと契約し、ウィリアムズ役員(のちメルセデスチーム代表)のトト・ヴォルフからも財政的な支援を受けている。, 2010年と2011年はウィリアムズとテストドライバー契約を結び[1][2]、前述のとおり、他のカテゴリーと並行してつつも、F1参戦の準備を始める。, 2012年はテストドライバーから昇格し、リザーブドライバーとして契約[3]。GP2やフォーミュラ・ルノー3.5などでレースを走ることはせずF1のみに活動を絞り、ウィリアムズチームに常に帯同し第2戦でブルーノ・セナのマシンでフリー走行1回目を担当し初のF1セッションに参加。以降もフリー走行を複数回担当し腕を磨いた。シーズン終了後、ウィリアムズとの間で2013年のレギュラードライバーとして契約したことが発表された[4]。, 2013年のウィリアムズはマシン開発に失敗し苦しい戦いを強いられたが、カナダGPで予選3位を獲得して評価を高めた。以降は後方に埋もれて入賞は第18戦アメリカGPのみだったが、チームメイトのパストール・マルドナードを殆どの場面で上回り、翌年もウィリアムズのシートを勝ち取った[5]。, 2014年からはフェリペ・マッサがチームメイトになった。メルセデスエンジンにスイッチしたこともあり開幕前のテストから高い戦闘力を示していたが[6]、シーズン当初は不運やウェットでのパフォーマンスの低さなどもありなかなか結果を出せずにいた[7][8]。しかし、第8戦オーストリアGPにてポールのマッサに続く予選2位・決勝では初表彰台となる3位に入った。その後も勢いに乗り第9戦イギリスグランプリでは予選14番手スタートながら追い上げて自身最高位の2位表彰台を獲得、第10戦ドイツグランプリでは2度目のフロントローとなる予選2番手からスタート、トラブルによるクラッシュで後方からのスタートとなったルイス・ハミルトンの猛追を抑えきって2戦連続2位フィニッシュとなった。その後はクラッチトラブルによるスタート失敗などもあり初優勝はならなかったものの19戦中入賞17回(うち表彰台6回)という抜群の安定感でポイントを積み重ね、2014年の未勝利のドライバーでは最上位となるランキング4位でシーズンを終えた。, 2015年もウィリアムズより参戦。しかし、開幕戦オーストラリアGPは背中の痛みを訴え欠場する[9]。第2戦マレーシアGPから復帰すると[10]、第7戦カナダGPではキミ・ライコネンのスピンもあってシーズン初表彰台を獲得した。その後もコンスタントにポイントを稼ぐが、その後の表彰台は第17戦メキシコGPのみに留まった。最終的にはなんとかチームメイトのマッサを上回ったものの、ライコネンとのランキング争いに敗れてランキング5位でシーズンを終えた。この年、同郷のライコネンの後任として一時はフェラーリ入りの噂も囁かれたが[11]最終的には2016年もウィリアムズに残留することとなった。また、ライコネンとはフェラーリでの後任説の他、ロシアGPやメキシコGPでの接触[12]、終盤はランキング4位争いなどなにかとライコネンと縁があるシーズンとなった。, この年もウィリアムズより参戦。序盤は前年とほぼ同じ位置におりカナダGPでは3位表彰台を獲得した。しかし、中盤戦に進むにつれてフェラーリに追いつくどころかレッドブルやフォース・インディアに追い越され、ポイントを獲得するのが精一杯という状況になっていった。最終的に3年連続でチームメイトのマッサをランキングでは上回ったが、ランキング8位と不本意な形でシーズンを終えた。, 当初は2017年もウィリアムズより参戦することが発表されていた[13]。しかしチャンピオンチーム、メルセデスのニコ・ロズベルグが引退したことによりロズベルグの後任として2017年1月17日、メルセデスより参戦することが発表された[14]。, 開幕戦オーストラリアGPでは移籍後の初レースで3位表彰台を獲得。第3戦バーレーンGPで自身初ポールポジションを獲得するも[15]、決勝はタイヤウォーマーのトラブルもありペースが上がらず3位に終わる[16]。つづく第4戦ロシアGPにて3番手スタートから好スタートを決めトップに立つと、フェラーリのセバスチャン・ベッテルを抑えて自身初優勝を飾った[17]。, 第9戦オーストリアGPでは自身2度目のポールポジションを獲得すると[18]、そのまま逃げ切り初めてのポールトゥーウィンを果たした[19]。サマーブレイク後の第12戦ベルギーGPからはチームメイトに対して見劣りするレースも目立つようになった。しかし、チームのコンストラクターズタイトル確定後の第17戦から復調し、最終戦アブダビGPでは自身初のハットトリックでキャリア3勝目をあげて2017年シーズンを最高の形でしめくくり、チームメイトのルイス・ハミルトンとベッテルに次ぐドライバーズランキング3位となった[20]。, シーズンを通してハミルトンが調子を崩したり下位に沈んだ際にもしっかりと予選、決勝共に上位につけて、リタイヤしたのはスペインGPのみ[21]と安定した成績を残してコンストラクターズタイトルの獲得に貢献した。シーズン最後の3レースでは誰よりも多くのポイントを獲得するなど自身の力量を証明したシーズンであった[22]。, 開幕戦オーストラリアGPでは予選Q3でクラッシュした影響で、ギアボックス交換による降格ペナルティも受けて決勝も8位フィニッシュ。第2戦バーレーンGPではベッテルを仕留めきれず2位に終わり、第3戦中国GPでもアンダーカットを成功させてトップに立つが、セーフティカー導入の際にピットインしていたダニエル・リカルドにパスされて2位。第4戦アゼルバイジャンGPでは優勝目前でデブリによるパンクでノーポイントとなるなど、開幕フライアウェイでは苦しんでいたハミルトンを凌駕する走りをしながら優勝を逃すレースが目立った[23]。, 第8戦フランスGPではスタート直後にベッテルに当てられて表彰台を逃し、第9戦オーストリアGP予選では今シーズン初めてのポールポジションを得たものの、決勝ではリタイヤに終わり「運がなさすぎて悪い冗談のよう」[24]とまで言い放った。このリタイアによりタイトル争いから事実上脱落し、第11戦ドイツGPでチームオーダーに相当する指示を受けたことをきっかけにハミルトンのサポート役という役割が明確化していくこととなった。, ハンガリーGP及びイタリアGPではハミルトン優勝のための援護射撃というチームプレーに留まっていたが、第16戦ロシアGPでは今季2度目のポールポジションを獲得し、レースでもメルセデスが優位性を築いたにもかかわらず、タイトル争いを優先するチームオーダー厳守を命じられて優勝を逃すこととなった。一方で本人はそうなることを覚悟はしていたものの[25]複雑な心境を抱えており[26]、ここまで幾度もチームオーダーを受けた影響もあり、ロシアGPでは終盤ファステストラップを叩き出す形での一種の抗議の意思を示し、そのフィニッシュ直後のパルクフェルメにおいて明らかに意気消沈した姿が映し出された。結果的にこれがチームのダブルタイトルを確定させる一因となったものの、この件についてはハミルトンもチームを批判[27]するほどであった。同GP後の記者会見において「もう、すべては終わったことだ。来年、頑張るよ」というコメント[28]を発し、ドライバーズランキングも日本GPまでは3位の位置であったが、それを表すかのように日本GPの2位を最後に失速。残りのレースも入賞はしたものの、表彰台に上がることはなく、終盤戦でライコネン、フェルスタッペンに先着されたことが響き、わずかな差ではあったが5位にまで転落してしまいシーズンを終えた。また、時のトップ3(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)の在籍ドライバーとしては唯一未勝利に終わった。, この結果について、ボッタス自身も「今の所、今季はワーストシーズンだった」と語った[29]。また、同郷の先輩のミカ・サロは「彼にとってほとんどすべてが悪い方向へと向いてしまっていた」「アゼルバイジャンでのバーストが無ければ様相は全く違っていた」とコメント[30]。トト・ヴォルフも不用意な発言[31]をしたこともあったが、「バルテリは不運に見舞われながらも、組織内における気力や考え方がマイナスになることを良しとしなかった」「ダブルタイトルはボッタス抜きでは有り得なかった」と擁護するコメントを発している[32]。また、タイトル獲得のためという名目で事実上ボッタスに犠牲を強いたチーム方針について内容は違えど批判[33]や皮肉を込めたコメント[34]が散見されており、他者からも間接的に擁護された形となった。, ドイツGPの直前にチームと2019年の契約と2020年のオプション契約を結んだことが発表され、2019年シーズンも同ドライバーラインナップで参戦する[35]。, 同体制で引き続き参戦。この年からハミルトンやベッテルのように髭を生やして参加した。, 開幕戦オーストラリアGPでは、ポールポジションは奪われたものの、スタートでトップを奪うとチームメイトのハミルトン(不調の原因として後にフロアにダメージが見つかった)に大差をつけたうえ、今シーズンから導入されたファステストラップポイントも得て、2シーズンぶり自身4度目となる優勝を飾った。チェッカーフラッグを振られた直後の無線では、放送禁止用語を言い放ち、勝利の雄叫びを上げる形で反論[36]。幸先の良いスタートを切った。第3戦ではシーズン初のポールポジションを獲得(決勝は2位表彰台)。第4戦ではポール・トゥ・ウィンの2勝目を挙げるなど、ここまではハミルトンと拮抗していた。, しかし、それ以降は第10戦イギリスGPのポールポジション獲得のように時折彼を凌駕する走りも見せているのものの、それを上回るハミルトンについていけず、差が広がり始める。そして、第11戦では天候に翻弄されレース終盤に縁石に乗り上げスピンし、今季初のリタイアとなった。エステバン・オコンとの交代が囁かれる中、サマーブレイク期間の8月29日、メルセデスは2020年のオプション契約権を行使し、同年までの契約延長を発表[37]。2020年シーズンもメルセデスから参戦する[38]。, 来季の参戦が保証されたこともあり、ここから持ち直したが、第11戦のリタイアと第12戦の接触が原因の8位入賞により、自力でのタイトル獲得が絶望的となり、ここからは前年同様チームプレーが目立つこととなった。きしくも前年同様第16戦ロシアGPにてハミルトン首位のワンツー体制のためのチームオーダーが出され、その仕事を完遂[39]。だが、前年と異なり、第17戦を3番手スタートからの優勝、第19戦をポール・トゥ・ウィンを挙げて今季4勝目を記録し、終盤で意地を見せた。そのかいもあり、ドライバーズランキング2位の座も一時危ぶまれたが、その座を死守することに成功。この年はいずれもキャリアベストとなるドライバーズランキング2位、シーズン4勝、326ポイントという成績を残した。またペナルティポイントを一切受けずにシーズンを終えた。また、好不調の波はあったがハミルトンの脅威として一定の存在感を発揮し暫定のドライバーズランキング首位に躍り出るなど、前年の不振から脱却したことを示し、来期に期待を持たせた。, 新型コロナウイルスの世界的な流行で4ヶ月近く開幕が遅れた中、開幕戦オーストリアGPではポールポジション(PP)を獲得すると、決勝ではチームメイトのハミルトンと接戦を演じつつも全周回でトップを守り2年連続の開幕戦優勝を果たした。だが、前年の開幕戦とは違い、マシンのギアボックスの問題を受けて一種のチームオーダーが出されたことで得た勝利であったため[40]、圧勝とは言えず不安を残した。それを表すかのように第2戦からハミルトンが本領を発揮して、調子を上げてゆくのに対し、自身は第3戦と第6戦はスタートミスが響いて3位[41]。第4戦はレース終盤に起きたタイヤのパンクによりノーポイント、第5戦ではPPを獲得しながらもレース戦略がかみ合わず3位に終わるなど彼との差を広げられ、レースによってはレッドブルのマックス・フェルスタッペンにも敗れる展開が続いている。第8戦イタリアGPでは序盤からマクラーレンやレーシング・ポイント勢に序盤から抑え込まれるレース運びとなるなど終始精彩を欠き、ハミルトンやフェルスタッペンがペナルティーやトラブルで下位に沈んでいたにも関わらず5位に終わった。自身が得意とする第10戦ロシアGPでは今季2勝目をあげるが、この勝利もハミルトンにペナルティが下ったことで彼が順位を落としたことによるものであった。第11戦アイフェルGPではポールポジションを獲得するが、決勝ではパワーユニットの故障により痛恨のシーズン初リタイアを喫した。, 第5戦前の8月6日に、チームはボッタスとの契約を2021年末までの契約延長を発表した[42]。, 2019年1月24日-26日、フィンランドラリー選手権第一戦、アークティック・ラップランド・ラリーへMスポーツより参戦(ラップランド・ラリーは毎年ゲストドライバーを迎えて行われる[43])。2018年型フォード・フィエスタWRCを操り、ステージトップを含む総合5位を記録した[44]。, 7月には、母国フィンランドを本拠地とするTOYOTA GAZOO Racing WRTが開発している、トヨタ・ヤリスWRCのテストドライブを行った。, 12月にはポールリカールで行われたエキシビションラリーにシトロエン・DS3 WRCで参戦し、キャリア初のラリー優勝を収めた[45]。, 05 ニコ・ロズベルグ / 06 ルイス・ハミルトン / 07 ティモ・グロック / 08 ジョルジオ・パンターノ / 09 ニコ・ヒュルケンベルグ, 10 パストール・マルドナド / 11 ロマン・グロージャン / 12 ダヴィデ・ヴァルセッチ / 13 ファビオ・ライマー / 14 ジョリオン・パーマー / 15 ストフェル・バンドーン / 16 ピエール・ガスリー, 10 エステバン・グティエレス / 11 バルテリ・ボッタス / 12 ミッチ・エバンス / 13 ダニール・クビアト / 14 アレックス・リン / 15 エステバン・オコン / 16 シャルル・ルクレール / 17 ジョージ・ラッセル / 18 アントワーヌ・ユベール, デビューイヤーの成績が4ポイント、ランキング17位(ポイントシステムの違いはあるので、一概に同じとは言い切れないが)。デビューイヤーの予選最高位は3位。ウィリアムズ在籍時の最高順位は2位表彰台。父親がフィンランド人。メルセデスに移籍した初年度のチームメイトは元チャンピオン。メルセデス移籍後に初勝利。, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/96631.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/138493.html, http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/147639.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/153799.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/155233.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/195041.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/195489.html, http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/202893.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/211567.html, http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/231166.html, http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/232460.html, http://ja.espnf1.com/bahrain/motorsport/story/234491.html, http://ja.espnf1.com/russia/motorsport/story/235146.html, http://ja.espnf1.com/austria/motorsport/story/237199.html, http://ja.espnf1.com/austria/motorsport/story/237276.html, “Abu Dhabi stats - Bottas and Alonso claim very different hat-tricks”, https://www.formula1.com/en/latest/article.abu-dhabi-stats-bottas-and-alonso-claim-very-different-hat-tricks.12Vtk5Vxqc6kCwcuu4qomS.html, http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/235606.html, https://f1.channel4.com/news/stat-wrap-abu-dhabi-grand-prix/, メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今季未だ優勝できていないことについて、失望と驚きを感じていると語った。, https://jp.motorsport.com/f1/news/Bottas-would-accept-Mercedes-team-orders/3168322/, ハミルトン「優勝してこれほど落ち込んだのは初めて」。ボッタスとの順位交代はチームの判断と明言:F1ロシアGP日曜, F1 Topic:議論が巻き起こったメルセデスのチームオーダー、過去に大きな批判にさらされたフェラーリとの違い, http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/247182.html, https://jp.motorsport.com/f1/news/bottas-explains-to-whom-it-may-concern-radio-message/4354740/, https://formula1-data.com/article/mercedes-confirms-valtteri-bottas-for-2020, http://web.archive.org/web/20180111170908/http://www.topnews.jp/2016/01/15/news/f1/133622.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バルテリ・ボッタス&oldid=80458162.