80 :以下、5ちゃんねるからVIP がお送りします: 2020/02/23(日) 20:04:12.721 ID:sR8eE8+gp.net. エルフ軍とドワーフ軍の戦いが始まるがオークの大軍勢が突然現れた。 急遽エルフ軍とドワーフ軍は協力することになる。 一方ドル・グルドゥアではガラドリエルが出現したサウロンと対峙していた。 「ホビット 決戦のゆくえ」ネタバレなし感想 9月 22, 2015 (c)2012 warner bros. entertainment inc. and metro-goldwyn-mayer pictures inc. なぜビルボは選ばれた? サルマンはいつ裏切った? 前編につづき『ロード … ドワーフのイメージが定着したのはやはり「指輪物語」や「ホビットの冒険」から . 意外と知られていないドワーフのルーツや特技、ヒゲがあると伝えられる女ドワーフの実態など。. 昔からあるこの代表的なアメリカの作品はSF映画です。ゴジラがエンパイアステートビルに上り騒ぐシーンはか... サイモンは人間だったはずサイモン・ルイスはクラリー・フレイの幼馴染で、クラリーと一緒に行動するうちに... キキ、一人立ちを決意物語は、主人公のキキが草原でゆったりとラジオを聞いている場面から始まる。ちらほら... 1993年、ソマリアで決行されたアメリカ軍特殊部隊タスクフォースの捕獲作戦。30分で終わるはずの作戦は、ヘ... 1978年からイギリスのBBCのラジオドラマからスタートし、その後は小説版、テレビ版、ゲーム版、コミ... 「やたらと捕らえられてしまうドワーフ」「いろいろな種族から嫌われているドワーフ」「「さけ谷のエルフ」と「闇の森のエルフ」」「タウリエルをめぐるキーリとレゴラス」等、ピーター・ジャクソンの映画ホビット 竜に奪われた王国を実際に観たレビュアーによる長文考察レビュー『ドワーフ族の難とそれにかかわるエルフ族』を掲載しています。レビューンは、作品についての「理解を深める」ことができるレビューサイトです。登場人物の台詞の意味や、シーンの意図など、レビュアーによる独自の解釈や深い考察がされた感想を多く掲載しています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 映画ホビット三部作シリーズって面白いのかな?という人のために三部作すべて観てロードオブザリング三部作もすべて観てる僕が感想を書いています。... 「シングストリート未来へのうた」って面白いのかな。 という人のために「シングストリート未来へのうた」を観た()が感想を書いています。 この「シングストリート未来へのうた」の感想記事を読んでいただくと、自分の趣味に合うのか... エドワード・スノーデン。 ちょっと前にニュースなどで話題になった人物ですよね。 政府の機密情報を暴露したことで有名な人です。 映画「スノーデン」まあまあ面白かったですね。 スノーデンの恋人リンゼイ・ミルズが、本当にス... 実写版「斉木楠雄のΨ難」最初は制服の緑色のインパクトに慣れなかったですが、そのうち慣れてきて見れるようになってきました。 実写版「斉木楠雄のΨ難」はくだらないことを面白いと思えるかどうかで評価が分かれるコメディ映画です。 シュー... 映画「マグノリア」って面白いのかな。 という人のために映画「マグノリア」を繰り返し観た管理人シエン(@tetete437)が感想を書いています。 この「マグノリア」の感想記事を読んでいただくと、自分の趣味に合うのか面白い... 「キャストアウェイ」を観るかどうか決めるために参考になる感想を掲載。どんなストーリーなのか、観終わるとどういう気持ちになるのか感動できるのかといったことが分かります。これなら観てみようかな観ないでもいいかなどを判断できるレビューです。. 『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』徹底解説その5 〜よくある質問・後編〜 16:『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』コラム . この映画の中でドワーフは3回も捕らえられてしまいます。前作の「思いがけない冒険」でも、トロールに捕まり危うく食べられそうになったのをビルボに助けられますが、ここでも3回のうち2回はビルボに助けられます。, 「闇の森」を歩いている中、ビルボが方角を確かめに木の上に上っている間に、蜘蛛に襲われ糸でぐるぐる巻きにされてしまいます。蜘蛛の毒にやられているのかみんな糸に絡まったまま大人しくしています。エルフの道を外れてしまって幻覚に惑わされていた分、いつもの戦いができなかったのでしょう。もどってきたビルボが剣「ひとさし」を使って次々とドワーフたちを助けていきます。蜘蛛の糸から逃れたドワーフたちは正気を取り戻し、次々と蜘蛛を倒していきます。, 蜘蛛と戦っている途中に「闇の森のエルフ」が蜘蛛を倒しに参戦します。しかし、仲の悪いドワーフとエルフです、普通に助けてくれるだけでは終わりません。結局そのままエルフによって牢屋に閉じ込められてしまいます。エルフの王スランドゥイルは「はなれ山」の財宝を狙っており援助を申し出ますが、ドワーフが「はなれ山」を奪われた時スランドゥイルに助けを求めましたが、助けるといった約束を果たさずドワーフの国が滅びてしまったため「信用できない」と援助を断ってしまいます。エルフに捕らえられた時、指輪で姿を隠していたビルボが逃げ道を確認してから助け出します。ワインの樽に乗って逃げ出すアイデアは誰も思いつかなかったでしょう。, バルドの忠告を聞かずに武器を武器庫に押し入り盗もうとしたところを、捕らえられてしまいます。このときはビルボも一緒に捕まってしまいますが、捕らえたドワーフが「はなれ山」の王の息子トーリンだと知ると、人間の統領は金に目がくらみ援助を聞き入れます。最初は盗人扱いしていた統領ですが、出発するときは一転して盛大に見送っています。この時は人間が欲深かったことが幸いだったようです。, 勇敢で陽気なドワーフですが、どういうわけかほかの種族からは嫌われていることが多いです。熊に変身できる獣人のビヨルンは自分の屋敷に逃げ込んだドワーフ一行をもてなしはしますが、身勝手でがめついドワーフは嫌いだといいます。助けたのはドワーフよりもオークの方が嫌いだという理由からだったようです。, エルフにも嫌われていますが、全部が全部ではありません。エルロンドやタウリエル、ガラドリエルは友好的ですが一般的なエルフは嫌っているようです。お互い欲深いことが原因だったようですが・・・。, 礼儀を知らなかったり、ガサツだったり欲深いことが嫌われている大きな要因のようです。しかしいったん好きになるとほっとけない種族らしくビルボやガンダルフ、エルフ族でもタウリエルは彼らを助けるために力を果たします。, 「裂け谷のエルフ」は闇のもの以外には友好的であるのに対し、「闇の森のエルフ」は戦闘的です。大きく分けると白魔術を使い戦うのが「裂け谷のエルフ」で、弓や剣を用いて戦うのが「闇の森のエルフ」と考えてもよいでしょう。, 「裂け谷のエルフ」であるエルロンド卿やガラドリエルは、王の墓でサウロンが復活する際、白の魔法使いであるサルマンやガンダルフとともに闇のものと戦っています。エルロンドは剣で戦っていますが、亡霊を相手に戦うことができるのは魔力があるからではないでしょうか。しかし、裂け谷を訪れたドワーフやビルボたちに対して好戦的な態度ではありません。どちらかというと友好的で特に何の見返りがなくても手助けをしてくれていました。, 一方「闇の森のエルフ」はドワーフたちにとても好戦的です。弓や剣を使い戦いを行います。レゴラス、タウリエル、スランドゥイルが「闇の森のエルフ」で武術に非常に長けています。身のこなしも軽く、ドワーフが樽に乗って「闇の森のエルフ」の館から逃げるときに、レゴラスはドワーフたちの頭を足置き場にしてオークたちと戦っていました。, ドワーフでトーリンの甥であるキーリは、エルフの女戦士であるタウリエルに好意を寄せます。タウリエルもキーリのことは気になるようで、逃げたドワーフを捕まえるために追ってきたはずなのに、オークに襲われそうになっているキーリを助けたり、オークの毒矢によって死にかけているキーリをバルドの家で薬草と癒しの呪文を用いてなおしたりしています。一方同じようにタウリエルに好意を抱いているのはレゴラスです。彼はスランドゥイルの息子で、エルフの中ではあまり地位の高くないシルヴァン・エルフであるタウリエルとは身分違いの恋となってしまう上に、タウリエルはレゴラスに対し特に好意を抱いている様子はありません。しかし一途なレゴラスは、スランドゥイルの命令に背きドワーフを助けるために城を出たタウリエルを追って、自分も城を出ていきます。タウリエルは近衛兵としての自分を気に入っているだけだと言っていましたが、どう考えても好きだからとしか思えませんね。, 前作「ホビット 思いがけない冒険」に続く物語前の作品は観たけれども、この「ホビット 竜に奪われた王国」を観たころには内容はすっかり忘れていて、観ていないも同然のような気がする。そもそも「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは本で読んでその世界観には魅力を感じたのだけれども、いかんせん昔のイギリス英語の翻訳だからか文章が回りくどく、なかなか頭に入ってこないその描写にイライラして読むのを止めた記憶がある。その後映画を観たので、こういうことだったのかと本だけ読んだのではわからなかった頭の中の空白が埋められたような気がした。それのスピンオフ(と呼ぶべきか?)なので、この「ホビット」シリーズが出たときには飛びついたのだけど、実際には「ロード・オブ・ザ・リング」ほどの深さはないように思う。でも深さを感じないかわりに、純粋に娯楽として楽しめるところが多い。今回の「竜に奪われた王国」では、樽に乗って激流...この感想を読む. 『スノッリのエッダ』の著者スノッリ・ストゥルルソンは、ドヴェルグについては、闇のエルフ ... ホビットの冒険. Copyright© waqwaq , 2020 All Rights Reserved. ドワーフ 出身地を問わず短くシンプルな北方系。 名前の例は下部の表参照; エルフ 出身地を問わずシンダール語 名前の例は下部の表参照 "c"は常にカ行、"r"はやや巻き舌気味に発音。母音はほとんど短母音 … 「ウォールストリート」って面白いのかな? という人のためにで「ウォールストリート」を観た()が感想を書いています。 この「ウォールストリート」の感想記事を見ていただくと、自分の趣味に合うのか面白いのかが分かりますよ。 ... フリーダムライターズの動画を無料視聴で見る方法。ネット配信サービスでフルで観れる。, 名前はニックネームでもOK。 「名前」「メールアドレス」「サイト」入力なしでもコメントできます。 コメントは管理人の承認後に表示されます。, ケイト・ブランシェット演じるエルフの奥方ガラドリエルの活躍が見れて、うれしかったですね。, 「ホビット決戦のゆくえ」ではガラドリエルがオークを一瞬で葬ったり、強敵サウロンを退けるほどの力を発揮していて、その力の凄さを見れて満足でした。, アニメ映画「聲の形」ネタバレなし感想 泣ける名作 ちゃんと聞く・話す大切さが将也と硝子の物語で分かる傑作. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 北欧神話のドワーフのルールは巨人ユミルの死体から生まれた、なんとウジ虫。神々が人間に似た容姿と知性を与え、ドワーフとなります。地中や穴ぐらを住まいとし、魔力のある武器や宝物を造る技を有します。闇の妖精であるドヴェルグは太陽の光を浴びると石になると伝えられています。, 『スノッリのエッダ』の著者スノッリ・ストゥルルソンは、ドヴェルグについては、闇のエルフ(デックアールヴ)、または黒いエルフ(スヴァルトアールヴ)と称し、そうでないエルフを光のエルフ(リョースアールヴ)と区別しました。, 空には「アルフヘイム(エルフの故郷)」と呼ばれる土地がある。「光のエルフ」と呼ばれる人々がそこに住んでいる。しかし、「闇のエルフ」は地下に住み、外見は彼らと違っているが、中身はもっと違っている。光のエルフは太陽よりも明るいが、闇のエルフはピッチ(コールタール)よりも黒い。, 伝承されるドワーフは3歳で大人となり、7歳では老人。外見は醜く、老人のようなしわがれた皮膚、立った姿勢でいると腕が地面に付くほど長い体型。女性は存在せず、新しいドワーフは石から作られると伝えられています。, 今あるドワーフのイメージは「指輪物語」や「ホビットの冒険」の作者J・R・R・トールキンの創作で出来上がりました。, ドワーフは架空世界である中つ国において鍛冶を司る神格アウレによって作られました。けれどアウレには生命を与える力はなく、中つ国唯一の神であるエル・イルーヴァタールにドワーフを造ったことを告白し、イルーヴァタールはそれを許し、ドワーフに生命を与えました。, 容姿 ー 平均身長120cm~150cm程度。男女共に鬚を伸ばし、編み込んでいることも多い。ドワーフ以外の種族には、外見でドワーフの男女を判別するのは難しい。, 性格 ー 頑強で、執念深く忍耐強い。他人を簡単には信用しないけれど、本質的には誠実。, 寿命・結婚 ー 寿命は平均250歳前後。身体は3、40年程で成人となりますが心身ともに成熟するのは100歳頃。婚姻の適齢期も同様で、90~110歳の間に第一子をもうけます。死期を向かえる直前に老化が加速するのが特徴。, 住居 ー 地下や山岳をくり貫いて造って住居とします。中には都市の様相を呈することもあり、その入り口は閉まっていると目に見えず、秘密を知らなければドワーフ自身でも出入りできない仕組みであることが多い。, 特徴 ー 他種族に対しあまり親密とは言えず、エルフに対しては昔から不信感を抱いている?。ドワーフの多くは鍛冶や石工を職業とし、匠の技として卓越した技術を有します。礼儀正しく誠実ですが、協調性に欠けるところがあり、大酒飲みで意地汚いところもあります。優れた職人であると同時に勇敢な戦士(斧やハンマーが主武器とされることが多い)でもあります。, 地下の洞窟など暗闇でも目が利き、方角を見失うことがなく、またそれに倦むこともないのが特徴。, 特技 ー 採掘と工芸の技術に長け、見事な武具や美しい装飾品を作り出し、魔法の力を込めることも可能。特に石の扱いにかけては並ぶものがないと賞賛されます。ミスリルはドワーフ達がモリアで見つけ出し、その扱いに熟達した金属。, 白雪姫のクリムの初版本は1810年、なんと200年という年月ドワーフは子供達に親しまれる妖精です。, ドワーフのイメージは最古のTRPGであるダンジョンズ&ドラゴンズからも定着しました。, ホビージャパン ダンジョンズ&ドラゴンズ プレイヤーズ・ハンドブック 第5版 ボードゲーム 4981932023267, 指輪物語(1)新版 旅の仲間 上 1 (評論社文庫) [ J.R.R.トールキン ], ドワーフでまずイメージするのが「ロード・オブ・ザ・リング」のギムリ。エルフの見目麗しいレゴラスとのユニークなコンビが微笑ましく印象に残ります。, なんとなく好好爺(気のいいおじさん)っぽくって身近にこんなキャラがいても退屈しなくて楽しいかも。近すぎるのはシンドイかもしれませんが。, 2周年を機に、サイト名も『waqwaq』となってスタートです! より上質・良質なコンテンツ造りを目指します! 今後ともご贔屓ください!!.