ピアス穴の腫れとしこりは触らないで放っておくのが一番 . あなたのピアスホールが腫れて熱を持ったら. なるべく刺激せずに放っておくのが一番です。 耳たぶが厚くてズキンズキンする時は 触るとコリコリしていて、何よりボコッとした見た目が気になる、ピアスホールの「しこり」。, 「しこりがあるけどピアスは付けていいの?」「もしかして悪い病気なんじゃ?」「どうやったらしこりを治せるの?」, ということで、今回はピアスのしこりについて詳しくお話しします。しこりの原因と対処法を学んで安全にピアスを楽しみましょう!, しこりの発生原因のほとんどが、ピアスホールの内部で新しい皮膚がつくられているからです。, ピアスを開けた際に傷ついた細胞が固くなってしこりが発生している状態で、この場合は痛みや膿みが出ることはありません。, しかし、しこりが中々治らない・痛い・熱を持っている・膿みが出る等の症状がある場合は以下の原因も考えられます。, 粉瘤とは、皮膚の下にできた袋の中に、老廃物や垢がたまることでできるしこりのこと。 粉瘤はピアスを開けていない人でもできることがあり、別名「アテローム」とも呼ばれる良性皮膚腫瘍の一種です。, 基本的には痛みや出血がないので放置する人も多いですが、自然に治ることはありません。, 肉芽とは、体がピアスを異物だと判断し排除しようとして細胞が増殖してできるしこりのこと。, ピアスホールを斜めに開けたり、重たいピアスを着けてホールに負担をかけたりした場合に発生することが多く、見た目は赤っぽく膨れ、ぷっくり盛り上がって痛みや膿が出る場合もあります。, 肉芽は初期の小さなものであれば自然治癒するケースがほとんどですが、重症化すると自然治癒は難しく、炎症を起こして痛みが出ることもあります。, ピアスを外すことでピアスホールは塞がってしまう可能性が高いですが、症状が重い場合や、しこりを治すことに専念したい!という場合はピアスを外してしまいましょう。, しかし、せっかく開けたピアス。 「痛い思いをして開けたからピアスを塞ぎたくない」「ピアスを残したまましこりだけを治したい」とつい思ってしまいますよね。, そんなときは、ホールの負担になりにくいデザイン・素材のピアスに付け替えて、できるだけホールを休めましょう。, ガラスピアスは素材の特性上、汚れが落ちやすく金属アレルギーの心配がないため、しこりができて不安定なピアスホールでもつけることができます。, 新しい皮膚ができたことで発生したしこりや初期の肉芽は、特に治療をせずとも自然治癒が可能です。, 自然治癒は時間がかかる場合もあるため、もどかしい気持ちになるかもしれませんが、ひどい痛みや膿が出る等の症状がない場合は気長に様子を見てみましょう。, また、中には自然治癒を待ちきれずしこりを潰してしまう人もいますが、潰した傷口から細菌が入り込んで症状が悪化する可能性が高いため、しこりは絶対に潰してはいけません!, ホットソークとは、人の体液に近いものを患部にあてることで新陳代謝を促し、患部の治癒を早めるケア方法です。, しかしホットソークはやりすぎると、悪化する可能性があるので1日2回以上はしないようにしましょう。, 中々しこりが治らない場合や、痛みがひどい場合、またどうしても早急にしこりを取り除きたい場合は病院に行きましょう。, 受診する病院は皮膚科でOKですが、炎症を起こしていない状態のしこり切除は形成外科で行うのが一般的です。, 皮膚科の薬を使った治療だけで治る場合もあるのでまずは皮膚科に行って、それでも治らないなら形成外科で切除を考えるという順番がおすすめです。, しこりが炎症を起こしていないか、放置して大丈夫なのか、という判断はお医者さんに委ねたほうが確実ですし、もしもお医者さんで「様子を見ましょう」と診断されればそれだけで安心できるので、少しでも不安な場合は病院に行ってみましょう。, ピアスホールを塞いでかなり時間が経つのにしこりがなくならない!というケースも少なくありません。, そんな時、閉じたホールの上から再度ピアスを開けたくなるかもしれませんが、しこりの上からピアスを開け直すのはやめましょう。, しこりができている部分は通常の皮膚よりも固くなっているので、うまくピアッサーやニードルが貫通しない恐れがあります。, しこりの上からピアスを開け直しても、うまくピアッシングできず失敗する確率が高いです。, 基本的には痛まない粉瘤ですが、ピアスホールを開けて悪化すれば炎症を起こす危険性があるため、しこりの上にピアスホールを開けるのはやめましょう。, 今回はピアスホールのしこりについてご紹介しましたがいかがでしたか? この記事が、しこりで悩む方のお役に立てれば幸いです。, 丁寧にアフターケアをしていても、ピアスホールにしこりができてしまうことはあります。大切なのは可能な限りしこりの発生を予防することと、万が一しこりが発生したとき正しく対処できるよう処置方法を知っておくこと。, できる限りのセルフケアをして、もしも判断に迷ったり不安になったら病院を頼りましょう。, ボディピアスの正しい知識やピアッシング方法、時にはスタッフの近況など、ピアスにまつわる楽しい情報を発信していきます!.

ピアスでオシャレを楽しむ人が増える一方で、ピアスによる肌トラブルも多く起こっているそう。特に多いのが、ピアスホールの「しこり」です。これはいったい、何が原因なのでしょうか?ピアスによる肌トラブルを起こさないためには、どうしたらいい?今回は「ピアスホールのしこり」について解説します。, ピアスの穴あけは医療行為になるので、本来は医師等の医療従事者が行わなくてはいけません。しかし、市販されているピアッサーなどを使って、ご自身であける方もいらっしゃるでしょう。適切なアフターケア等ができていなかった場合、感染によって赤みや痛みを伴う「しこり」ができる可能性があります。また、特に異常はなくても「ピアスホールの周囲に新たに形成された皮膚組織」を、しこりと感じる方もいらっしゃるようです。, 垢(あか)や皮脂などの老廃物が貯留され、袋状になる(=しこり、腫瘍ができる)ことがあります。これを「紛瘤(アテローマ・アテローム)」と呼びます。, 粉瘤は体中のどこにでもできる「良性の皮下腫瘍」です。背中や頬、耳たぶにできやすく、ピアスホールの周辺にできることもあります。しこり自体に痛みはありませんが、細菌が入り込んでしまった場合は、腫れや痛みを伴う可能性も。しこりの大きさは数mmから数cmまでさまざまで、触るとクリクリとした感触があります。, 肉芽は「傷が正常に修復されるのに形成される組織」なので、特に異常なものではありません。ですが、何らかの原因で肉芽組織が過剰にできてしまい、ケロイドや肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん:ミミズ腫れのような傷跡)になることがあります。, ピアスをあけた部分(傷)にも肉芽組織は形成されるため、これがしこり(ケロイドや肥厚性瘢痕)になってしまう場合もあります。, 基本的に、自然治癒することはほとんどありません。大きさによりますが、抗生物質によって炎症を落ち着かせてから手術になることもあります(数mmの小さなものであれば、まれに自己治癒することも)。, 上述のように、肉芽は異常なものではありません。ただし、ケロイドや肥厚性瘢痕になってしまった場合は、テープ固定、ステロイドの局所注射、切除縫合など、症状に応じて処置を行います。, なお、感染が確認できた際は、抗生剤と消炎鎮痛剤を使用し治療します。抗生剤は、症状が軽減されたり、症状がなくなったりしたからといって、自己判断で服用を止めないようにしましょう。処方された量は最後まで服用することが大切です。, ケロイドは「できやすい体質」の方もいらっしゃいます。いったん治まっても再発することがあるので、医師と相談しながら治療を行うようにしましょう。, ピアスをあける際は、なるべく皮膚科や美容皮膚科などの医療機関で行うことをおすすめします。その際、ご自身が「ケロイド体質ではないか」、「金属アレルギーではないか」なども医師に確認するといいですね。, また、「ピアスをあけた後は毎日、消毒をしなくちゃいけない」と思っている方も多いと思いますが、基本的に消毒は不要です。むしろ、消毒をするために取り外しを繰り返すことで、手や耳の皮膚に付着している細菌がピアスホールの傷口に入り込んだり、ピアスの軸がピアスホールの上皮を傷つけたりし、そこから感染を来たす可能性が高くなります。消毒液が正常な細胞を傷つけてしまうこともあるようです。, ただし、もちろん「ピアスホールを清潔に保つこと」は大切です。消毒液ではなく、シャワーなどの水道水で「ピアスを装着したまま」洗浄するといいですね。ピアスホールが安定するまでは、なるべく触ったり、外したりしないようにしましょう。ピアスホールが完成しないうちにピアスの交換を行うと、新しい傷を形成してしまう可能性もあります。個人差があるので一概にはいえませんが、ピアスホールが安定するまでにかかる期間は「3カ月程度」と考えるとよいでしょう。その間は、あまり触らないようにしてくださう。, もし、ピアスをあけたあと、ピアスホールにしこりや赤み、痒(かゆ)み、痛み、膿みなどの異常が生じたら、できるだけ早く医療機関で相談をすることをおすすめします。自己判断による対応は、症状の悪化を招く恐れもありますよ。, キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、アプリ、ブログ、雑誌、フリーペーパー等への当社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断使用(引用・流用・複写・転載)について固く禁じます。無断使用にあたっては、法的措置を取らせていただきます。.