第125回(2002年) マンハッタンカフェ 第63回(2018年) ブラストワンピース 第13回(1972年) ショウフウミドリ

第37回(1992年) メジロパーマー 第107回(1993年) ライスシャワー

第28回(1987年) スズパレード 第48回(2007年) アドマイヤムーン 7月9日と7月10日に行われたセレクトセール2018では、今年1歳で上場された産駒24頭中23頭が売却され、税込み1億円超は12頭(2017年は23頭上場、21頭売却、税込で1億円超は9頭)だった[195]。, 2019年(平成31年、令和元年)は、アルアイン(大阪杯)[174]、グランアレグリア(桜花賞)[191]、フィエールマン(天皇賞(春))[181]、ラヴズオンリーユー(優駿牝馬)[191]、ロジャーバローズ(東京優駿)[191]、ワールドプレミア(菊花賞)[191][注 36]、コントレイル(ホープフルステークス)[197]が国内のGI競走に勝利し、グローリーヴェイズは香港ヴァーズで優勝した[198]。天皇賞(春)を制したことにより、種牡馬史上4頭目の八大競走完全制覇を達成し[199]、ホープフルステークスを制した事でスプリント戦を除く平地芝G1競走を完全制覇。また、海外調教馬のフィアースインパクト(Fierce Impact)が、トゥーラックハンデキャップ[200]とカンタラステークス[201]の2つのG1を勝利した。10月8日にダノンキングリーが勝利し、産駒によるJRA通算2000勝を史上最速で達成した(史上2頭目、9年3カ月17日)[202]。10月26日にセントオブゴールドが勝利したことにより、2015年2月7日から247週連続でJRAレースを勝利し、サンデーサイレンスの持つJRA記録(246週、2002年3月9日~2006年11月26日)を更新した[203]。この年は獲得賞金(76億8176万8000円)で自己最高を記録し[165]、8年連続でJRAおよび全国リーディングサイアーを、6年連続で2歳リーディングサイアーを獲得した。, 2020年(令和2年)は10月25日現在、コントレイル(皐月賞、東京優駿、菊花賞)[197]、フィエールマン(天皇賞(春))[181]、グランアレグリア(安田記念、スプリンターズステークス)[191]が国内のGI競走に勝利している。コントレイルは無敗で牡馬クラシック三冠を制し、親子2代で無敗の牡馬クラシック三冠を達成[204]。また、スプリンターズステークスを制したことにより、産駒初のスプリントGI制覇となり[205]、JRAの平地芝G1競走で産駒が制していないのは高松宮記念のみとなった[206](障害競走も含めると中山グランドジャンプの計2競走)。なお、NHKマイルカップは同年に新種牡馬デビューをしたリアルインパクト産駒のラウダシオンが制している[207]。, 2019年は例年通り2月のシーズン開始から交配を行っていたが、3月末になって首に痛みが出たため大事を取って種付けを中止した[208]。残りシーズンの種付けは行わず、翌春に誕生予定の産駒は20頭前後になる見通しとなった[208]。当初、首の痛みに対して検査、治療を試みたが痛みの原因が不明であった[209]。そのため、アメリカ合衆国から専門の獣医師を呼び、コンピュータ断層撮影 (CT)を行ったところ、頸椎に不具合があることが判明した[209]。7月8日・9日に開催されたセレクトセールにて検査を受けて、手術を実施することが公表された[209]。, 7月28日、患部の頸椎と頸椎の間を固定するという日本で初めての手術が行われ[210]、術後の経過は安定していたが、翌29日午前に突如起立不能の状態となった[211]。翌30日早朝のレントゲン検査で手術箇所とは別に頸椎骨折が判明[211]。回復が見込めないと診断されたことから、同日、安楽死の措置が執られた[211][212]。17歳没。, 訃報を受け、JRAは8月3・4日の新潟・小倉・札幌の第11レース[213]を「追悼競走」とし、「ディープインパクト追悼競走」の副題を付して開催[214]。全国の競馬場および東京競馬場内にある競馬博物館では記帳台と献花台が、全国のウインズ (WINS)およびGate J. 第141回(2010年) ジャガーメイル 第029回(1954年) ハクリヨウ 第097回(1988年) タマモクロス

第57回(2016年) マリアライト

第093回(1986年) クシロキング 第061回(1970年) リキエイカン 第18回(1998年) エルコンドルパサー 第16回(1971年) トウメイ 第147回(2013年) フェノーメノ 史上初の父子無敗三冠馬の偉業【菊花賞】, 【スプリンターズS】グランアレグリア飛んだ!4角15番手から完勝 ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇, 来年から皐月賞トライアル「報知杯弥生賞」が「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」に改称, ディープインパクトの死を池江泰郎元調教師が悼む 「何とか元気になってくれたらと思っていました」 : スポーツ報知, ディープインパクト擁する「社台スタリオンS」のスタリオンパレード開催!(Vol.1、新種牡馬写真), “ユタカが仏G3制覇! 松永幹厩舎の500万下条件馬ジェニアルでV | 競馬ニュース - netkeiba.com”, http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=140211, 香港移籍のディープ産駒・アキヒロ セン馬になり馬名もStimulation(興惑)に, 【JRA】2020年度の重賞競走について発表 富士SのGII昇格、「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」への改称など, ディープインパクトが教える“空を飛ぶ走り”のテクニック!-世界に通用する走りのテクニックとは?-, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ディープインパクト_(競走馬)&oldid=80448804, 金子真人「無敗の3冠制覇をあっさり成し遂げてくれたことには、とても感動しましたし感謝しています。最も感動したのは凱旋門賞で負けて帰国した直後のジャパンカップ、有馬記念を連勝してくれたことです。その直後、あまり前例のない4歳での引退種牡馬入り後も大成功してくれました。, 武豊「体調が良くないと聞いていたので心配していたのですが残念です。私の人生において本当に特別な馬でした。彼にはただただ感謝しかありません」「僕にとっても特別でヒーローみたいな馬でした。ありがとうと言いたい」, 池江泰郎「今朝、報告を受けてびっくりしました。とてもショックです。朝から報道機関から次々と電話がかかってきて、改めて偉大な馬だと感じました。社台スタリオンステーションで大事にされ、何とか元気になってくれたら、と思っていました。まだ17歳ですからね」「お父さんになってからも活躍馬を何頭も送り出し、私自身、一年一年が過ぎていくのが早かったです。やっぱり夢はディープの子供が凱旋門賞を勝ってくれることです」, 市川明彦「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬会を変えた馬です。それにしても、(亡くなるのが)ちょっと早すぎますね。長生きしてほしかったです。残念です」, 西内荘「僕の装蹄人生を変えてくれた馬。(初めて試した)接着装蹄のことを含め、ディープには感謝しかありません。ディープの後、あれだけの馬に出会えていません。超える馬に合っていません。僕の中で非常に大きな存在です」, 吉田勝己「ノーザンファームの過去の生産馬の中でも間違いなく最高の競走馬でした。種牡馬としても大成功を収めていただけに本当に残念です。心よりご冥福をお祈りします」.