一つが、オンラインサロンプラットフォームを利用する方法。もう一つは、プラットフォームの設計から行なって、サロンを展開することです。, 現在、もっとも一般的なオンラインサロンの展開方法です。 創業1950年の70年近く続いているパン屋さんは、20... こんにちは、NEKAGOです。 今、オンラインサロンというサービスが注目されています。 「最近、オンラインサロンってよく耳にする!」 「いまやっているセミナーやイベントが楽になりそう!」 オンラインサロンになんとなく興味はあるけど、具体的になにをやっているのかやどういうメリットがあるのかまでしっかりとは把握していないのではないでしょうか。 中田敦彦さん(オリエンタルラジオ), 各サロンは、月額会費制となっており、会費を払った入会者は、Facebookのグループに入るという流れが主のようです。, 参考までに、主な著名人のオンラインサロンは、現在このような状況です。(2019年8月調査時点), 箕輪さんは、この動画で、 こんにちは、nekagoです。今回は、一大ブームを起こしているオンラインサロンについて、日本で流行っている理由と、海外では流行っておらず、なぜ日本独自のものとなっているのか考察していきたいと思います。オンラインサロンとは概要オンラインサロン 結婚へ向けた恋愛やライフスタイルも含め、素敵な男であるための情報を配信するWEBメディアです。, 著名でなくても、優れたスキルや知識があれば、オンラインサロンを主宰して、会員を集めることができます。, サロンを行うために必要な動画ストリーミングサービスと決済・顧客管理です。また、顧客登録には、FacebookなどのSNSアカウントが利用されます。, プラットフォームを利用するにあたり、手数料が発生します。また、プラットフォームに登録するにあたり、事前審査が必要となります。, よほどの事情がない限りオンラインサロンプラットフォームサービスを利用するのが賢明といえるでしょう。, 金額面のハードルが低いことはもちろん、ひとまず試してみようという感覚で気軽に参加してもらえます。, コンサルティングや習い事のように、先生方のビジネスではなく、参加者の存在が価値になります。そ, オンラインサロンで展開するコンテンツも重要です。せっかく見込み客を集められても、価値あるものを提供できなければ退会してしまいます。お金を払ってもらえるようなコンテンツを準備しましょう。, コンテンツを提供できないことも失敗の原因の一つです。初めは良いものを提供できても、次第にネタ切れということもあります。継続して提供できるかもポイントの一つです。, 会員の見込み客や、価値あるコンテンツを提供できる体制が整っていれば、オンラインサロンは有力な収益源になります。, 美人と結婚するための出会い・アプローチ方法を解説!美人と結婚するメリット・デメリットも紹介. 2018年7月、西野亮廣(キングコング)のオンラインサロンが会員数8,000人を突破する(2018年7月21日時点で国内最大) 2019年4月、朝日新聞社A-portが「A-port オンラインサロン」を開始、 佐藤優 もサロンを開設したことで話題となった。 多くの起業家がオンラインサロンを開催している一方で、敷居が高いと感じる人も多いでしょう。, ここではオンラインサロンのメリット、手続き方法、失敗しないコツなどをまとめていきます。, オンラインサロンに興味がある人も、これからオンラインサロンを始めようとしている人も、参考にしてくださいね。, 言い換えれば、興味のある会員だけが集まる、クローズドな内輪のコミュニティなのです。, オープンスペースでは話せない内容も、オンラインサロンでは気にせずに話すことができます。, FacebookやGoogle+が主体なので連絡は簡単に取れますし、コンテンツ内容に関しても自分の意見を出すことが可能です。, ファンからしてみれば、有識者と近くでやり取りができる上に、情報を提供する有識者から見ても、ファンに対して真摯に向き合っていけるコミュニティなのです。, ブログにはコメント機能がありますが、交流目的ではなく質問・感想・意見を伝えるための場所です。, また、ブログは誰でも読めるように書かれていますし、メルマガも希望者には無料で提供する仕組みです。, 交流という要素があることで、サロンに「所属している」という意識を満たすことができます。, FacebookなどのSNSで直接コンテンツを提供することは、好ましくありません。, 月に何度かのセミナーや勉強会も開催され、動画や音声を収録することで、当日参加できなかった参加者にもコンテンツを提供することができます。, 参加者同士でプロジェクトを進めたり、特定のテーマでグループを作ったり、参加者が中心となって活動を行います。, オンラインサロンに参加することでコミュニティが人がり、テーマによってはビジネスパートナーや著名人といった、様々な人に出会う可能性を秘めています。, クローズドな環境で興味のあることについて思う存分話し合うことができるので、同じ方向を目指している人に出会うチャンスでもあります。, オンラインサロンはその道のプロフェッショナルやそのテーマに興味のある人が集まる場所です。, 例えばブログのオンラインサロンでは、ブログの書き方はもちろん、ホームページの作り方まで教えてくれます。, オンラインサロンにはビジネスだけでなく、趣味や特技などの分野でも多くの種類があります。, 自分の知識を共有して、参加者と共に高めていくことができるのが、オンラインサロンのメリットです。, オンラインサロンのプラットフォームは「DMMオンラインサロン」「シナプス」「サロンド」「レジまぐ」などがあります。, 交流のための機能としては、「Facebook」または「Google+」が使われています。, 開設したいオンラインサロンの概要が固まったら、プラットフォーム内の「申請フォーム」から応募します。, その時にプラットフォーム側から「実績や人を集める力があるのか」を問う、様々な質問があります。, あまりに連絡がない場合は、あなたにはサロンを開設する資格がないと思われている可能性があります。, その場合は、再度申請できますが、内容を練り直して認めてもらえるようにしなければなりません。, 実際にサロンを開設する人がどんな人物なのか、これは実際に会ってみなければ分かりません。, ですから面接の際は、服装や身だしなみには細心の注意を払って、言葉遣いなども気を付けましょう。, 合格した場合は、後日担当者から契約書が送られてくるので、署名・捺印をして返送しましょう。, この段階でやらなければならないことは、具体的にいつサロンをスタートさせるかを決めることです。, オンラインサロンの会員サイトの管理画面のログインIDとpassが送られてくるので受け取ります。, ログインするとブログの記事作成画面のような画面が出てくるので、順番に入力していきましょう。, オンラインサロンをメインコンテンツにするのではなく、フロントエンドとして活用してください。, オンラインサロンは会員の中からビジネスパートナーなどを見つけて、さらにビジネスを大きくしていくことができるからです。, オンラインサロンを開設する段階で、バックエンドにつなげることを考えながら構成を考え、参加者を集めてスタートさせましょう。, オンラインサロンを開設するにあたって、交流していく中で大切にしたいのは「信頼関係を築く」という部分です。, 最初はあなたや、あなたのコンテンツに興味が合って集まったとしても、信頼関係が築けなければ、参加者の心は離れてしまいます。, 例えば参加者を募る時は対応が良かったのに、実際に入ってみたら不愉快な態度を取られたなど、あってはならないことです。, また本来提供する内容と、実際の内容に差異がある場合も、参加者は裏切られた気持ちになるでしょう。, 満足のいく情報やコンテンツを提供できているか、どうしたら信頼してもらえるかを常に考えて行動すべきです。, 参加者はあなたのファンであったり、あなたの展開する情報に興味が合って集まっています。, そんなユーザーとテーマに取り組むことで、内容の魅力があがり、唯一無二のコンテンツになっていきます。, 価値のある情報はあなたが1人で作るのではなく、その業界の質の高い人材を集めることで自然と出来上がっていくのです。, 会員限定の情報が提供されるので、機密性が高いですし、誰とも知らない相手に誹謗中傷されることもありません。, オンラインサロンを開設するためには、プラットフォームに申込み、審査を受ける必要があります。, 人柄やサロンの内容など詳しくみられることもあるので、軽い気持ちで始めるのではなく、テーマを絞って何をしたいのかを明確にしましょう。, オンラインサロンを元にファンを増やすことで、あなたの価値を高めることができれば、さらに大きなビジネスに発展させることも可能です。, 【2017年版】仕事をスピードアップして人生を2倍楽しむ4つの方法と効率化ツール10選, 【業務効率化のアイデア】残業しない私が実行している効果的な事例を3ステップで紹介!, 【マインドセットの真の意味とは】思い込みを変え21日間でビジネス成功思考を手に入れる方法. この会社は、カスタマーサクセス(顧客満足度の向上)を目指しているのではなく、エンプロイーサク... こんにちは、NEKAGOです。

つれづれ/趣味 2018.1.7 あの、目的・益を追求することに疲れました。これは無意味な記事です。 つれづれ/趣味 2020.1.25 素直さと合理性は比例するんじゃないか?って話; 海外旅行記 2015.8.4 初めての海外旅行の終わり (インド旅行記23) お知らせ 2015.9.15 オンラインサロンは、【1(主催者)対 N(参加者)】の関係を作るのではなく、 海外は、多くの企業が成果主義を採用している為、

© Copyright 2016 The Lead Biz.リービズ. この記事では、何かと話題の「オンラインサロン」の決済システムの作り方と開設方法について説明して行きます。, また、「オンラインサロン」を立ち上げるために必要な、月額課金ができるツールなどについても、オススメのモノをいくつかご紹介して行きます。, ですので、これから「オンラインサロン」をスタートさせたい方は、是非とも最後までじっくりと読み進めてみてください。, 「オンラインサロン」とは、SNSなどのソーシャルネットワーク上に設置された、オンライン上で人と人が交流するコトができるコミュニティーです。。, 同じ趣味や目的を持つ参加者さんが集まるように、提供者があらゆるサービスやコンテンツをサロンメンバーへと提供するのが定番のフォーマットです。, ほとんどの「オンラインサロン」が、会員制のオンラインコミュニティーの形を成しています。, ですので、希望のサロンメンバーになるためには、そのサロンのオーナーへと希望者が申請を出した上で、メンバーとして承認してもらう必要があります。, そのため、無料ではなく、有料会員制を取っている「オンラインサロン」が数多く存在しています。, このように、「オンラインサロン」は会員制のオンラインコミュニティーの形を成しているので、サロン自体がクローズドの環境となります。, そのため、「オンラインサロン」のメンバーとして入会すると、メンバー限定のコンテンツを楽しむコトができたり、メンバー同士とサロン内にて交流するコトができます。, このように、サロンメンバーでないと得られない体験や交流があるので、その体験を目的として有料の「オンラインサロン」へと入会する方がとても多いです。, 「オンラインサロン」へ入会すると、このように会員制のオンラインコミュニティーに属するコトができます。, そのため、単発のセミナーやイベント等とは異なり、有料の「オンラインサロン」は、月額課金制の「サブスクリプション」となっている場合が多いです。, ですので、「オンラインサロン」の提供をスタートする場合には、月額課金制のオンラインコミュニティーであるコトを理解しながら、その特性を活かした仕組みづくりが必要になります。, そこで、続きましては、「オンラインサロン」の始め方と開設方法について、詳しく解説を進めて行きます。, 「オンラインサロン」は、今とっても旬なビジネスモデルの1つなので、「オンラインサロン」をスタートさせようと行動に移す方は少なくありません。, ですが、「オンラインサロン」の提供をスタートするためには、事前に準備をしておく必要がある項目が以下の3つあります。, 「オンラインサロン」にて、実際にサロンメンバーが交流する場所として、「プラットフォーム」を設置する必要があります。, 「プラットフォーム」と聞くと難しいイメージがあるかもですが、以下の2つのツールにてグループを作成するだけなのでとても簡単です。, どちらのツールも、無料でアカウント作成やグループ作成ができるので、「オンラインサロン」をスタートする際は、どちらか選んで「プラットフォーム」を設置しておきましょう。, 「オンラインサロン」をスタートする際には、事前にそのサロンの料金体系と規約ルールなどの仕組みを作っておく必要があります。, 一度「オンラインサロン」をスタートしてしまうと、料金体系や規約ルールなどの仕組みは、後で変更するコトがとても難しくなります。, ですので、「オンラインサロン」をスタートする前に、しっかりとよく考えた上でこれらの仕組みを完成させておきましょう。, 「オンラインサロン」をスタートする際には、事前に「決済システムの構築」を行なっておく必要があります。, なぜなら「オンラインサロン」は、入会金や月会費などの入金のチェックを、サロンメンバーの数だけ頻繁に行う必要があるからです。, ですので、サロンメンバーが増えてくると毎月の入金確認だけでも、非常に大変な事務作業となるため、できるだけ自動でラクに運営できる「決済システムの構築」がおすすめです。, さて、実際に「決済システムの構築」を行う方法としては、以下の2つの種類の方法があります。, そこで、以下に「自前」と「委託」の場合について、それぞれの「決済システムの構築」を行う方法をご紹介して行きます。, ではまず、「オンラインサロン」をスタートするために必要な「決済システムの構築」を、自前で作る方法について解説して行きます。, 「決済システムの構築」を自前で行うには、以下の2つの方法を活用する必要があります。, 「決済システムの構築」を自前で行うための、最もスタンダードな方法としてあげられるのは、「銀行振込にて入金確認を行う」という方法です。, 銀行口座さえあれば誰でも気軽に行うコトができるので、最も簡単でシンプルに導入できる「決済システムの構築」の方法となっています。, ですが、実際に運用して行くとなると、サロンメンバー全員の入金確認を行う必要があるため、「オンラインサロン」での運用としては、かなり手間がかかる面倒な方法となります。, 「決済システムの構築」を自前で行う、もう1つの方法としてあげられるのは、「PayPalにてクレジットカード決済を受ける」という方法です。, 多少難しい設定が必要になりますが、PayPalアカウントを作成するコトで、サロンメンバーからのお支払いをクレジットカード決済にて受けるコトが可能になります。, また、「オンラインサロン」の運用の際に便利な「月額課金」を行うコトも可能になるので、サロンメンバーが毎月支払いを行う手間を省くコトができます。, さらに、入金があるたびにPayPalからメールが届くので、入金チェックの手間を省くコトができるので、「オンラインサロン」の運用にとても向いています。, このように、「オンラインサロン」の運用に必要不可欠な「月額課金」の設定をPayPalにて行う方法については、以下の記事にて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。, 「オンラインサロン」を運用するために、PayPalにて「月額課金」の仕組みを構築するには、少々複雑で面倒な設定が必要となります。, ですので、やり方が分かっていても、設定が複雑で面倒なコトを理由にして、なかなかPayPalを活用できない方も多い印象があります。, そこで、それらの面倒な設定をシンプルにして、PayPalでの「月額課金」の仕組みの構築をスムーズにする方法を1つお伝えします。, この「リザーブストック」に備わっている「契約サービス管理」という機能を活用すると、「月額課金」を含めたPayPal経由のあらゆる決済とシステムが連動します。, そのため、面倒な決済システムの構築や入金確認などの作業全般が、非常にラクでスムーズになります。, 以下の記事にて、「リザーブストック」の「契約サービス管理」という機能について、詳しく解説しているので、参考にしてみてください。, 【契約サービス管理】リザストでオンラインサロン・毎月払い・分割払いが可能な機能の使い方, では次に、「オンラインサロン」の決済システムを「委託」する場合の方法について、詳しく解説をして行きます。, 「オンラインサロン」の決済システムを「委託」する場合は、以下の2つの会社が提供する既存のサービスを利用する必要があります。, 「DMMオンラインサロン」は、日本最大級の「学べる・楽しめる」会員制コミュニティサービスとして、オンラインレッスンやファンクラブの新しいカタチを提供しています。, ですので、「オンラインサロン」に入会したい方だけでなく、「オンラインサロン」を運営したい方のために、決済システムや会員管理システムの提供も行っています。, 「DMMオンラインサロン」について詳しく知りたい場合は、以下のバナーより公式サイトへ飛びますのでチェックしてください。, 「CAMPFIRE」とは、元々は「クラウドファンディング」のサービスとして始まったとても有名なプラットフォームです。, ですが、「クラウドファンディング」の特徴と仕組みを生かして「毎月の支援」というカタチにて「オンラインサロン」の決済システムを提供しています。, 「CAMPFIRE」について詳しく知りたい場合は、以下のバナーより公式サイトへ飛びますのでチェックしてください。, これらの「DMMオンラインサロン」や「CAMPFIRE」については、「オンラインサロン」の決済システムの開設を無料で行うコトができます。, ですが、実際に「オンラインサロン」を運営して収益を獲得して行くと、売上に対しての手数料が必要になってしまいます。, また先にお伝えした「PayPal」についても、決済額に対して一律の手数料(3.6%+40円)がかかって来ます。, そこで、続きましては、これらの「オンラインサロン」に必要な決済システムについて、システムごとの手数料やメリットデメリットなどを比較して行きます。, これまでにご紹介してきた、「オンラインサロン」に必要な決済システムは、以下の5つです。, そこで以下に、これら5つの決済システムについて、手数料とメリット、デメリットについて比較して行きます。, これら5つの決済システムについて、手数料・月額利用料・メリット・デメリットの側面を、それぞれ表にして比較してみました。, この表を見るとわかるように、「DMM」や「CAMPFIRE」などに決済システムを「委託」する場合、10%〜20%と手数料が非常に高額になります。, そのため、「オンラインサロン」の立ち上げ初期については、「自前」で決算システムを構築するコトで、手数料を比較的に安くするコトができます。, ですので、銀行振込と「PayPal」の両方を活用しながら、「オンラインサロン」の運営を行って行くコトをおすすめします。, ですが、もしも「PayPal」の設定が面倒な場合には、PayPalとの連携がスムーズに行える「リザーブストック」の活用をおすすめします。, 月額利用料が必要にはなってきますが、「オンラインサロン」に必要な月額課金システム以外にも、以下のような様々な便利機能が付帯して来ます。, このほかにも、「リザーブストック」には、ビジネスにてフル活用できる様々な便利機能が沢山あるので、是非とも以下の記事を参考にしてみてください。, 「オンラインサロン」の運営が上手くいって、会員数が順調に増えている場合も、「リザーブストック」を決済システムと活用するとお得な計算になります。, なぜなら、「DMM」や「CAMPFIRE」は10%〜20%の手数料が必要なので、売上が増えれば増えるほどに手数料の額も大きくなって行きます。, 一方で「リザーブストック」の場合は、「PayPal」の決済手数料の3.6%+40円と以下の一律の月額利用料が必要になるだけだからです。, ですので、「オンラインサロン」のサロンメンバーがとても多い場合には「リザーブストック」にて「月額課金システム」を構築すると、「DMM」や「CAMPFIRE」よりもお得になります。, 「リザーブストック」にて、PayPal連携を簡単にできる「契約サービス管理」の機能については、以下の記事に詳しく解説してあるので、是非とも参考にしてみてください。, これまでに解説して来た内容を参考にすれば、誰でも簡単に「オンラインサロン 」の運営をスタートするコトができます。, そこで、さらに「オンラインサロン」を立ち上げたい気持ちを加速するために、以下に「オンラインサロン」のメリットについて、いくつかご紹介して行きます。, セミナーやイベントであれば、会場費や教材費などの初期費用がかかりますが、「オンラインサロン」であれば、オンライン上での交流が主になるので初期費用の心配がなくて安心です。, 初期費用の必要がなければ、スタートするリスクはほとんどゼロに近いので、「オンラインサロン」を初めてみたい場合は、勇気を出してチャレンジしてみると良いです。, 「オンラインサロン」は、会員数が何名であっても、基本的には提供するサービスの量は変わりません。, ですので、会員数が増えてもお仕事の負担はあまり増えるコトはないですが、売上に関しては雪だるま式に増えて行きます。, ですので、「オンラインサロン」の運営を念頭に置いて、会員数を増やす努力をして行くコトで、いかなるビジネスにおいても売上を底上げするコトができます。, また、「オンラインサロン」は基本的には「月額課金」の仕組みを用いてビジネスを運営して行きます。, 通常の場合は、起業をすると売上や収入が安定するコトは非常に稀で、1ヶ月毎に売上が大きく変動するコトは良く起こります。, ですが、「オンラインサロン」による「月額課金」の仕組みを充実させるコトで、不安定になりがちなビジネスの収益を、安定的に確保するコトができます。, ですので、是非とも積極的に「オンラインサロン」をビジネスにて拡大させて、収益の安定化を目指して行きましょう。, 実際に「DMM」や「CAMPFIRE」にて、既存の「オンラインサロン」の価格を調べてみると分かりますが、サロンによって価格が大きく異なる場合が多いです。, 500円や1,000円のサロンもあれば、5,000円〜10,000円などもあるし、もちろんそれ以上の高額な「オンラインサロン」もあります。, たとえどんな価格を付けたとしても、入会希望者がその価値を見出せさえすれば「オンラインサロン」の会員は増えて行きます。, ですので、自由な価格設定で楽しみながら、是非とも「オンラインサロン」の運営をして行きましょう。, 「オンラインサロン」のメンバーに対して、実際に対面できるイベントやセミナーなどの「オフラインイベント」を案内する場合があります。, 普段から「オンラインサロン」にて交流しているメンバーと、実際にリアルで交流できるチャンスをセミナーやイベントなどで提供してあげるコトで、それらのイベントへの集客につなげるコトもできます。, このように、「オンラインサロン」を主軸にするコトで、気の合う仲間と一緒にコミュニティーを拡大するコトで、さらに大きな収益へとつなげるコトも可能です。, この記事では、「オンラインサロン」の運営をスタートするために必要な3つのコトについて、まず解説をして来ました。, またさらに、その中でも大切なポイントとなる「決済システムの構築」について「自前」の方がお得になるというコトを伝えて来ました。, そして、「自前」で「決済システムの構築」を行う場合には、「リザーブストック」を活用するとPayPal連携などの面倒な設定がとてもラクになるコトもお伝えしました。, 「リザーブストック」は、月額利用料が必要にはなってきますが、「オンラインサロン」に必要な月額課金システム以外にも、以下のような様々な便利機能が付帯して来ます。, また、「リザーブストック」を活用して「月額課金システム」を構築する場合には、「契約サービス管理」という便利機能をフル活用して行きます。, 以下の記事にて、「契約サービス管理」について詳しく解説しているので、是非とも参考にしてみてください。, 2009年に起業し2016年に法人化しました。リモートワーカーとして全国を飛び回りながら好きなコトを仕事にして年商2000万円を実現しています。そのためのノウハウや集客メソッドを無料ブログとメールマガジンにてお伝えしています。, 【任意の入力項目の設定】リザーブストックで申し込み時に指定した情報の入力を促す機能, リザーブストックの基本的な活用方法について、30日間の無料のメールセミナーにてお伝えしています。 ちなみに、英語では「マスターマインド」と言うそうです。 DMMなどが展開しているこのサービスですが、実は主宰者になることで収入を得ることもできます。今回はそのオンラインサロンについて紹介します。, オンラインサロンとは、会員の方が月額の会費を払うことで参加できるWeb上のコミュニティのことを指します。コミュニティと聞くと、SNSの機能のように思いますが、SNSとの最大の違いはクローズドであることです。, そのため、会員にならないと、オンラインサロンで展開される情報やコンテンツを得ることができません。これが、オンラインサロンの価値の源になっているのです。, オンラインサロンの運営者になっているのは、作家や実業家、アスリート、アルファブロガーなど、特定の分野で著名であったり、優れたスキルや経験を持つ方々が中心となっています。また、複数のメンバーで主宰者となり、運営している例もあります。, 入会者からすると、こういった主宰者と密にコミュニケーションが取れるのもメリットになっています。クローズドだからこそ、交流しやすいという面もあるのです。, サービスとしては、2012年にシナプスがオンラインサロンプラットフォームを展開して以来、様々な企業が参入しています。現在は、先駆けになったシナプスを買収したDMMのオンラインサロンプラットフォームが比較的有名で、実業家の堀江貴文氏が会員2,000人ほどのサロンを運営するなど著名な存在になっています。, また、このオンラインサロンプラットフォームは、一般の人も利用することができます。著名でなくても、優れたスキルや知識があれば、オンラインサロンを主宰して、会員を集めることができます。これにより、会員からの月額利用料で稼ぐことも可能です。, このオンラインサロンですが、作り方には大きく分けて2つの方法があります。