映画「ひみつのアッコちゃん 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ひみつのアッコちゃん のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。  爆弾騒ぎで何故か猫になって周りの大人たちを誘導しますが、別に普通に人間に変身して「爆弾がある!」と教えた方が早いんでないの? 子役だった吉田里琴ちゃんがすげえ美人になってる 41コメント ... ひみつのアッコちゃんの時が天使すぎる ... 7 名無し募集中。。。 2019/06/21(金) 17:38:12.33 0.  それに冬休みの塾を休みたいからって、親戚のおばさんに変身して「アッコは外国に行った」と塾を休みますが。何で塾はよくわからない親戚のおばさんのいう事を信じてしまうんだろうと。実家に電話すればすぐばれることだと思いますが、そこらへんはいいんだろうか。  身体は大人でも心は子どもということを表現しているとは思いますが、ガンガンため口でグイグイと行動する主人公が見てて不快に感じてしまうという。元も子もないことだと思いますが。

『映画 ひみつのアッコちゃん』と『今日、恋をはじめます』マンガ実写化がだれ映で得票が多いのは変わらず。 ここまで実写化が続くといい加減原作漫画ネタが切れると思うのだが、2013年はついに『究極! と思ってしまう。誰に向けて作られたものなのかわかりにくい映画でした。  とはいえ、大杉蓮さん最高な映画です。, このブログを読んでくれた人が「あいつが言ってたから見てみよう」とどこかの誰かの気持ちを動かせるような文章を書いていきたいです。, 映画『ひみつのアッコちゃん(2012)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ, ひみつのアッコちゃん(2012)の概要:鏡の精からもらった魔法のコンパクトで大人に変身したアッコは、ひょんなことから化粧品会社でアルバイトを始める。失敗続きのアッコだったが、ピンチに陥った会社を救うために奮闘する。綾瀬はるか主演作品。.

Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. Copyright © MOVIE WALKER Co., Ltd. All Rights Reserved. 『映画 ひみつのアッコちゃん』 2012年8月29日 ヤクルトホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)) 『映画 ひみつのアッコちゃん』 を試写会で鑑賞しました。 なんか久しぶりのヤクルトホール...2ヶ月くらい行ってないよな。 Copyright (C) 2020 GYAO Corporation.  そして主人公たちの会社を乗っ取ろうとする悪役会社も、わかりやすさ優先のいかにもな会社で凄いことになってます。「ある超大国の陰謀」で爆弾騒ぎ。この後、悪役たちの存在が消えてしまうのも問題だと思いました。一瞬でもいいからその後を映してほしかったです。 映画 ひみつのアッコちゃん(2012)の映画情報。評価レビュー 1235件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:綾瀬はるか 他。 「テクマクマヤコン~」「ラミパスラミパス~」の呪文(じゅもん)でおなじみ、赤塚不二夫の国民的人気コミック「ひみつのアッコちゃん」を実写映画化。    そして1番の魅力であるはずの魔法のコンパクトがあまり有効に使われていないのが面白味を感じることができなかったです。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。, 【お知らせ】11月16日(月)~11/17(火)の間、メンテナンスのためパソコン版Yahoo!映画で一部機能(Myムービーのレビュアー機能)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。. 原作にないオリジナル・ストーリーですが、赤塚不二夫先生がお創りになった独特の世界観が、損なわれることなく如実に再現された「名作」に仕上がっています。 しかし、配給会社が「舞台挨拶付き完成披露試写会」を「女性限定」で実施してしまいました。これでは、所謂「コア・ファン」の足が劇場から遠のきますから、興業「収入」が伸びなくなるのも致し方無いと思います。 配給会社は、興業にて「致命的な過ち」をしでかし、「名作を台無しに」してしまいました。, 時間つぶしに観た映画でしたが、いつのまにか引き込まれちゃった!綾瀬はるかが可愛い!大人女子もハマるラブストーリーでした。, ひみつのアッコちゃん大好きです。小学生の女の子が大人の姿になるという設定なので映画館で、たくさん笑わせてもらいました。綾瀬はるかさんも可愛かったです☆☆またもう一度みたい映画です♪, あっこちゃんは、背伸びしたい気持ちが強い、小学5年生の女の子。学校でいじめっ子と喧嘩して、お父さんからもらった大切な鏡を壊してしまいました。悲しんだあっこちゃんは家の庭に鏡のお墓を作ります。その日の夜に鏡の妖精が現れて、鏡を大切にしてくれたお礼に、あっこちゃんに綺麗な鏡をくれました。なんとそれは、なりたいものになれる魔法の鏡なのでした。大人になったあっこちゃんは、デパートの美容コーナーでお化粧をしてもらいます。そこにちょうど通りかかった化粧品会社「赤塚」の企画部社員岡田将生。営業トークで「うちの化粧品はいかがですか」と聞いた岡田君に対して、あっこちゃんは、「かわいくない」と一刀両断。彼は面食らいますが、素直な意見を言うあっこちゃんを貴重に思い、バイトとして採用します。実は岡田君は「赤塚」の上層部によく思われておらず、どんなに化粧品のアイディアを出しても受け入れられない状態でした。そこから、岡田君とあっこちゃんが協力して、上層部と戦っていきます。そのうち二人には恋が芽生えて・・・。でもあっこちゃんは小学生で・・・。て感じです。岡田君かっこいいです。, 最近は怪物くんとかこち亀とか実写化してるので、このくらいではとりあえず驚きはない(笑)ストーリーはオリジナルでアニメや原作とは無関係。小学生のアッコちゃんが魔法で大人になり、大手化粧品会社に潜り込む展開。ただこれ、1988年に公開されたトムハンクスの「ビッグ」って映画にそっくり。小学生視点で、何度も仕事を失敗したりトラブルを解決したり。筆頭株主に挨拶して総会で暴動が起きるような骨太の描写もある。メルヘンチックな雰囲気は抑え目。ただ時折顔を見せる幼稚なギャグがなんともアホらしい。大人向けなのか子供向けなのか、その辺中途半端すぎる印象。あれ、カブとかよし子さん出てこないの?と思ってたらそれはサリーちゃんだった(笑), 今さらですが、今年観た中で一番つまらなかったのでw 記念に書いときます…と思ったら、予想以上に、レビューの評価高いのねなかなか、みなさんとは感性が合わないようでwまず、トム・ハンクスのビッグを観た人なら、まっ先に、それが思い浮かぶと思いますこれはアニメのアッコちゃんとはまったく異なる、ビッグの少女版のようなストーリーですただ、基本的な構想は、ビッグよりも良いんですよね…特に他人や動物に変身できるというのは、応用の効く要素ですしでもね…なんだか、失敗してるんですよwまず、これって、誰に観せたかったんでしょ?子供向けだとは思うんだけど…だとしたら、このストーリーで良かったんだろうか?子供が大人の世界に関心や憧れを持つ…ていうのは、普遍的な要素だとは思うんだけど、その山場の一つが株主総会とかって、これで子供は喜ぶの?M&Aとか株主総会とか、それって大人が好むサクセスストーリーだと思うんだけどねえ恐らく、子供も大人も取り込もう…って考えが、こういう、チグハグな脚本や演出になっちゃったんじゃなかろうか(少なくとも見た目は)成人している女性が、株主総会で「学校の○○先生が言ってました~」とか、どうなの?wビッグでも、大人が観るには気恥ずかしいシーンがあったりしましたが、この映画は、それをはるかに超える気恥ずかしさですそれに、せっかく、単純に子供→大人の変身じゃなく、もっと使える能力を持ってるんだから、フルに活用して欲しかったただ、綾瀬はるかのファッションショーにしてしまうなんて…おいしいコンテンツの無駄遣いですね随所に光るシーンがあっただけに、もったいない…ひたすら、もったいないお化けが出そうな映画です ガックシ, 綾瀬はるかと岡田将生主演ではありますが、子供(小学校高学年~中学生)でも楽しめるように作られています。実際、本作を見に行った日は観客の殆どが親子連れ。本作で描かれる大人の世界は、大人向け映画としては単純ながら、ものづくり、経営、資本、(社員の立場での)仕事といった、企業社会の骨組みそれぞれにまつわる問題をドラマに織り込む丁寧さ。親子で楽しむ映画としては、とても良く出来ていると思います。劇中、アッコちゃんが考案した商品企画が悪い人たちに狙われるいきさつも、科学的に説得力のある背景が用意されていて、事前リサーチの丁寧さが伺えます。それにしても綾瀬はるかという人は、普通の人間じゃない役(ロボット、刺客、アッコちゃん)が本当にハマり役。大柄にも関わらず身のこなしが軽いので、本格的に体鍛えてアクションデビューもして欲しいところ。演劇ファンには、ワンシーンずつながら、大杉連さんと内田春菊さんの「なり切り」演技も見所です。鹿賀丈史さんの、(恐らく本作が親子向けであることを踏まえた)適度に分かり易い演技、あのバランスは見事でした。ひとつ、気になるのは本作の終盤からエンディングが、続編無しを宣言するような展開になっている点。シリーズ化して、いろんな役者さんに、(変身後の)アッコちゃんを演じてもらったら、演劇的にも面白かったと思うのですが・・・, 面白いです。工場爆破などいくつかのエピソードには物語的なツッコミどころ満載ですが、とにかく、赤塚不二夫の漫画の実写映画化ということで。とにかく、アッコちゃんが履歴書に書く学校名がバカボンのパパの出身校のとなりにある早稲田大学の算数学部とは、「赤塚不二夫」愛に溢れている一例だと思い、映画館の中で、一人喝采を叫びました(心の中で)。, 意外に、大人の女子も楽しめますね。とくに、子供の時にアニメで見ていた世代に。観ると、社会人になってから、忘れてしまっていた事を思い出します。もちろん、子供の女子にもオススメ。これはトキメクだろうなぁ。, 予想に反して、良かったです。女の子の憧れのコンパクトも、呪文も、懐かしのアニソンも往年のファンを大事にしている感じがあります。笑いもあるし・・早稲田大学算数学部にはハマリました。子役の吉田里琴ちゃんかわいいし、良かったです。ただ鏡の精の香川照之は、ミスキャス。気持ち悪いです。小学校の先生ももう少しインパクトが欲しかったかも。この手の映画には、夢やロマンスが必須だと思うのですが、ふたりの年齢差が17歳は、離れすぎ。再会後の恋の発展が想像し難い。原作の設定の壁が高かったんですかね・・。, 綾瀬はるかが幼くなったらこんな感じ! ひみつのアッコちゃん大好きです。 小学生の女の子が大人の姿になるという設定なので 映画館で、たくさん笑わせてもらいました。 綾瀬はるかさんも可愛かったです☆☆ またもう一度みたい映画です♪ Copyright © 2019 梅桃電影記 All Rights Reserved. 映画【映画 ひみつのアッコちゃん】感想 ... 子役の子もハマっていて楽しめました。岡田将生さんは相変わらずの爽やかさだし、何と言っても大杉蓮さんが爆笑もののお芝居をしていて最高でした。 All Rights Reserved. 「映画 ひみつのアッコちゃん」に関するTwitterユーザーの感想。満足度83%。総ツイート17,950件。10歳の小学生・加賀美あつ子(綾瀬はるか)。ある日鏡の精から“魔法のコンパクト”をもらい、22歳の大学生に大変身! 大好きなメイクやオシャレのし放題で「オトナってサイコー! 今は吉川愛だろ . DVD&Blu-ray発売記念!スペシャルサイト「#フクシマフィフティと311」で、あなたの声を聞かせてください。, 短歌から生まれた映画『滑走路』。社会問題に切り込む本作を、精神科医の分析などにより徹底的に紐解く!, 今年はリアルとオンラインで行われる第33回東京国際映画祭!注目映画や豪華イベントを徹底特集. 「テクマクマヤコン~」「ラミパスラミパス~」の呪文(じゅもん)でおなじみ、赤塚不二夫の国民的人気コミック「ひみつのアッコちゃん」を実写映画化。魔法のコンパクトで小学生から22歳の大学生に変身してしま... コミカルで明るく何より綾瀬はるかさんが可愛くメルヘンな設定で下手したらぶち壊してしまいそうな世界ですが綾瀬さんの魅力で十分持っていると思いました。子役の子もハマっていて楽しめました。岡田将生さんは相変わらずの爽やかさだし、何と言っても大杉蓮さんが爆笑もののお芝居をしていて最高でした。, ただ気になる点も多く、まず小学5年生のアッコちゃんが魔法のコンパクトで大人になり悩める会社員と出会ってアルバイトとして会社を再建していくという流れですが。 ?「美少女すぎる」と話題の子役との意外な関係とは?, 綾瀬はるかはパティシエ、岡田将生はサッカー選手に変身!コスプレでの登場に会場から大歓声, 1食300円以内!鮭の塩焼き、唐揚げ、卵焼き…井ノ原快彦が作るホッとする手作り弁当たち, 御年90歳でも健在ぶりを見せつける、“クリント・イーストウッドの軌跡”を35mmフィルムで堪能!, アン・ハサウェイが『魔女がいっぱい』で魅せる新境地!“悪役“挑戦にR・ゼメキス監督の評価は?, 北村匠海と小松菜奈が『さくら』号泣シーンの舞台裏を語る「泣きすぎて、顔が動かなくなってしまうシーンもありました」, 互いのキャラへの愛が爆発!『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【後編】, 「鬼滅の刃」ヒロインにハーレイ・クインも!ハロウィンを沸かせた美麗コスプレ20連発, 「バチェロレッテ・ジャパン」本編最終話の新トレーラー解禁!クライマックスに波乱の予感?, 「月刊シネコンウォーカー」のニュースやコラムがウェブでも読める!バックナンバーのお申込みも. 綾瀬はるかさんがアッコちゃん。面白いに違いないと視聴したが...脚本がひどい。せっかくの良い俳優さんが台無し、完全に俳優... 原作が漫画だし、設定を知っているので、ハチャメチャ前提で観ました。想像通りハチャメチャなんだけど、綾瀬はるかさんが中和し... 『映画 ひみつのアッコちゃん』は、魔法のコンパクトで大人に変身する少女と、彼女のピュアな言動に振り回される青年のファンタジックでキュートな物語。主演の綾瀬はるか、岡田将生が撮影現場での思い出を振り返った。, 「Yahoo!映画」はYahoo!