- ステレオ放送以降使用されたもの。音程はステレオ放送タイトルバックに準じる。, 第1 - 12シリーズ、第15 - 18シリーズ:毎週水曜日21時 - 21時54分。, 1989年4月5日 - 10月4日、全26回(SP:#1・#26)、平均視聴率16.4%。, 1990年4月4日 - 9月19日、全25回(SP:#1)、平均視聴率18.2%。, 1991年3月27日 - 10月9日、全27回(SP:#1・#27)、平均視聴率18.1%。, 1992年4月8日 - 9月23日、全25回(SP:#1)、平均視聴率20.9%。, 1993年4月7日 - 10月6日、全27回(SP:#1)、平均視聴率18.1%。, 1994年4月6日 - 9月21日、全25回(SP:#1)、平均視聴率16.9%。, 1995年4月12日 - 10月11日、全25回(SP:#1・#25)、平均視聴率15.3%。, 1996年4月10日 - 9月25日、全25回(SP:#1・#25)、平均視聴率19.4%。, 1997年4月2日 - 10月1日、全26回(SP:#1・#18・#26)、平均視聴率20.1%。, 1998年4月1日 - 9月30日、全27回(SP:#1・#2・#26)、平均視聴率18.2%。, 1999年3月31日 - 9月29日、全27回(SP:#1・#27)、平均視聴率18.5%。, 2000年4月5日 - 9月27日、全26回(SP:#1・#25)、平均視聴率16.1%。, 2001年4月4日 - 9月26日、全24回(SP:#1・#24)、平均視聴率14.3%。, 2002年4月3日 - 10月2日、全26回(SP:#1・#26)、平均視聴率12.1%。, 2003年4月2日 - 9月17日、全24回(SP:#1・#24)、平均視聴率12.5%。, 2004年7月7日 - 9月22日、全12回(SP:#7・#12)、平均視聴率11.7%。, 2005年4月20日 - 6月29日、全10回(SP:#1・#10)、平均視聴率13.0%。, 第13シリーズ第1話「長崎平戸、オランダ橋の女!夫を尾行する妻の秘密…迷走する家族! 姉ちゃんの恋人で「マスクしてない」とか「コロナ禍なのに」とか言ってる人がいますが、わたし的には、コロナが終息?収束?(インフルエンザ的な位置付けになった)した感じに見えます。 先程みていました、いいドラマですね。

『はぐれ刑事純情派』(はぐれけいじ じゅんじょうは)は、テレビ朝日系列で、東映の制作によりシリーズ化された日本の刑事ドラマ。主演は藤田まこと。, 本項目では、連続テレビドラマ版および連続版終了後に制作されたスペシャル版、1989年に東映系で公開された劇場版のほか、エピソードの一つを篠崎好がノベライズ化した小説版(はぐれ刑事純情派-贋作画殺人事件、勁文社刊)を解説する。, 『特捜最前線』の終了と同時に枠を移したテレビ朝日と東映による刑事ドラマ枠(『大都会25時』『ベイシティ刑事』)が低調だったため、刑事ドラマの原点に立ち返る形で、同系列で放映された必殺シリーズ(朝日放送(ABC)、松竹製作)で人気を博した藤田まことを主演として開始したのが本作品である。開始当時は『あぶない刑事』『あきれた刑事』(共に日本テレビ)、『君の瞳をタイホする!』(フジテレビ)などの「トレンディ刑事ドラマ」の隆盛期であり、それと異なる作風で15.5%の平均視聴率を記録。1年のうち半年間放送という頻度でシリーズ化された。本作のヒットに伴い、藤田はそれまで出演していた『必殺シリーズ』から一時降板しており、藤田の90年代を代表する作品となった。, 内容は、渋谷区近辺を管轄する設定の、警視庁の架空の山手中央警察署刑事課(強行犯係主任)の「やっさん(安さん)」こと安浦吉之助刑事が、強い正義感と温かい心で、犯罪に苦しむ人達の事を常に考えながら捜査に当たっていく姿を描く。開始当時の刑事ドラマの主流だった拳銃の携帯や発砲、格闘シーンがほとんどなく、概して「捜査を通じて、犯罪の裏にある人間の弱さ、愚かしさを的確に見抜く」様が描写される。東映の白倉伸一郎は、『特捜』が脚本家や監督の個性を出していたのに対し、本作品は誰が担当しても定石を外れず見心地が保証されたシリーズであると評している[1]。, 開始時のキャッチコピーは「刑事にも人情がある。犯人にも事情がある。」、映画版では「無情の都会(まち)のハートボイルド」。藤田まこと演じる安浦吉之助刑事は、元国家公安委員長白川勝彦が、渋谷警察署の警察官達から違法不当な職務質問を受けた際、「これからの警察は『はぐれ刑事純情派』の安浦刑事のような警察官を育てて大事にしなければならないし、私がそういう制度を作らせたはずなのに、諸君らの行為は何事か」と関係者に説諭したほどの理想的警察官として描かれている。, レギュラーの出演者は、藤田まこと、梅宮辰夫、島田順司、眞野あずさの4人で、若手の刑事は栄転によって変わる。新藤刑事がクリフハンガーで姿を消し、第2シリーズから浅野刑事に替わるほか、14年目以降は殉職が増え、若手以外のメンバーも去るようになる。シリーズの長期化により「登場人物が3シリーズごとにひとつ歳をとる」とする設定となる。, 主題歌は一貫して堀内孝雄が歌唱を担当した。堀内自身もレギュラーシリーズのいずれかの回(劇場版も含む)に必ず一度出演しており、多くは出張捜査に出た安浦吉之助刑事を支援する地元所轄警察署の刑事役で、1度だけ本筋とは関係ない傷害致死事件の犯人役を演じた。, 第8シリーズまでフィルム作品で、1話ごとにVTRとフィルム2種類の完パケが存在し、前者は本放送、後者は再放送で使われる。第9シリーズ以降はVTR作品で、2005年のスペシャルドラマ版以降はハイビジョン収録。, 当番組はアメリカ合衆国ハワイ州でも放送されていた。その関係で、ハワイ州でも藤田まことの知名度は高い。娘と孫が在住していたこともあり、生前頻繁にハワイ州を訪れていた藤田は、当時のホノルル市長とも親交があったほか、現地の日本国語ラジオ局への出演や、シルバー・センター訪問なども行っていたとのこと[2]。, シリーズ終了後も地上波やBS・CSでも頻繁に再放送が行われている。なお、作品のソフト化は劇場版のみとなっている[3]。, オープニングテーマは変わらないが、エンディング曲は、堀内孝雄のその年の新曲を使うスタイルをとっている。これはプロデューサーの意向だったことが堀内孝雄のCDブックレットに掲載されている。, 堀内孝雄はNHK紅白歌合戦で、これらの主題歌を持ち歌として歌っており、ギネス認定された2003年の歌唱中には藤田まことが安浦刑事の衣装で登場し、最後には堀内の決めゼリフの「サンキュー」も叫んでいる。(この時、屋台のシーンに出ていた五木ひろしは「ふたりで竜馬をやろうじゃないか」を堀内孝雄と歌唱し、ファイナルにも未來貴子の兄役でゲスト出演している), なお、第1 - 3、5、6、8、9、11、16、17シリーズの主題歌には藤田まこと歌唱ヴァージョンも存在し[6]、そのうち、5と8は娘EMIKO(藤田絵美子)とのデュエットになっている。, シリーズのBGMを一貫して担当する甲斐正人によるテーマ曲は、タイトルバック用に4種類、本編中における犯人逮捕の際の格闘シーンでBGMに使われるフルサイズ2種類が存在する。, 第2シリーズから使用のテーマと第3シリーズから使用のテーマはアレンジは同じだが、演奏が若干異なる。この2曲は以降のシリーズにおいて不定期に交互使用されている。, なお、これらテーマ曲の主旋律を奏でるトランペットは、数原晋の演奏である。上記のほか、第2シリーズより本編中に使用されたスロータイプのフルサイズも存在する。このうちCD化されたものは(4)のタイトルバック用ステレオ音源のみ。BGMもCD化されていない。, 第17・ファイナルシリーズ以外は2クール放送。放送は基本的に第16シリーズまでは4月開始、9月終了となっている。1クール放送だった第17シリーズは7月開始、9月終了。ファイナルシリーズは4月開始、6月終了となっている。, レギュラー放送時より、いわゆる“再放送枠”(関東地方の平日午後2時、関西圏の平日午前10時)での再放送が行われ、放送終了後の現在でも不定期に行われている。地方局で繰り返し放送されている必殺シリーズと同じように、藤田ファンを増やしている(本人も公式ホームページで再放送についてコメント)。関西地区(ABC)では、2008年に同時間帯で首位に立っている。, ただし、関西地区では『全国高校野球選手権大会中継』や夏休みアニメ大会の放送時に再放送が休止となる。, その他、BS朝日でも2008年4月より再放送が行われている。テレ朝チャンネルでは2009年7月までに、第1シリーズから第8シリーズ、第12シリーズから第16シリーズが再放送されており、他のCS放送局では東映チャンネルが2011年8月より第1シリーズから順次再放送されている。, 本作品は、主に地上波の平日に再放送されることが多い為、編成上の都合でスペシャル版や、また新シリーズが始まる作品の再放送のスケジュールの兼ね合い、臨時ニュースなどで再放送が飛んでしまう回もあるが、編成上融通の利くCS放送や、また前述の地上波での再放送でも何度も飛ばされる回が一部存在する。そのような欠番扱いとなっている作品をこの項でまとめる。よって、ここで紹介されている作品が公式の欠番扱いという訳ではない。, あぶない少年III - ゴメンドーかけます - 明日に向かって走れ! まとめ. 「はぐれ刑事純情派 PART17」は2004年7月7日から9月22日に放送されていた関ジャニ∞の村上信五さんの出演ドラマです。, 村上信五さんが演じる真木大輔が巻き起こった事件を解決へと導いていく手助けをする姿が描かれています。, この記事では、村上信五さん出演ドラマ「はぐれ刑事純情派 PART17」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。, いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪, どこの動画配信サービスならドラマ「はぐれ刑事純情派 PART17」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。, ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「はぐれ刑事純情派 PART17」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。, ドラマ「はぐれ刑事純情派 PART17」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。, ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。, そこで、いくつか無料の違法サイトに「はぐれ刑事純情派 PART17」の動画がアップされているか調べてみました!, 結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「はぐれ刑事純情派 PART17」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。, 違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。, ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。, ドラマ「はぐれ刑事純情派 PART17」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。, 「はぐれ刑事純情派 PART17」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「はぐれ刑事純情派 PART17」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!, ご覧頂きましたように、無料サイトに「はぐれ刑事純情派 PART17」の動画はアップされているものの画質や音が悪いのが現状です。, 仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。, そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。, 先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、新品の「はぐれ刑事純情派 PART17」のDVDは取り扱いがありませんでした。, 「はぐれ刑事純情派 PART17」の、新品のDVDを一番安く購入したい方は他の通販サイトをおすすめします。, 1988年に放送されて依頼、幅広い層から根強い支持を集める刑事シリーズの第17作。厳しくも人情味あふれる山手中央署の刑事・やっさんこと安浦吉之助刑事が、持ち前の正義感あふれる人柄と粘り強さを武器に事件の真相に迫っていく。その過程で暴かれる人間の心の闇や葛藤、そしてそれを救済するやっさんの懐の深さが何よりの見所だ。毎回豪華なメインゲストを迎えての1話完結型で、誰でも気軽に見はじめられて気付いたら引き込まれる、不動の人気作となっている。, 安浦吉之助:藤田まこと