黒バス

百物語組や、羽衣狐の復活の機会を潰してきたことからそれらの勢力に疎まれていた。リクオの幼少期に羽衣狐と百物語組の手で暗殺されており、物語本編では既に死亡している彼の死を境に、奴良組は徐々に弱体化している。彼の遺体は半妖の里に眠っている。回想や過去編のみ登場するキャラクター。, 上記にある通り、両親はぬらりひょんと珱姫。また、山吹乙女という妖怪の女性を妻としていたが、羽衣狐の呪いの影響から悲恋となり、離縁している。現代では若菜という女性と出会い、山吹乙女を失った悲しみを彼女の笑顔に癒され、結婚してリクオを授かる。 [ ], よくある質問・ご連絡はこちら迄

(雑誌/メディア掲載は許可無く行って頂いて構いません。削除依頼などもこちらへ) 呪術廻戦 ぬらりひょんの畏。認識をずらして発生した幻影で敵を惑わす能力。攻撃を避けたり、隙を突いて攻撃を行う。 「 鏡花水月 」 髪型はぬらりひょんや夜のリクオに似ている。

[ ハイキュー | 生前、息子であるリクオをとても可愛がっており、リクオには人と妖怪どちらの道を行くかを自身で決めて貰いたいがため、妖怪任侠世界の事を知らせない方針をとっていた。 信頼関係を築いた仲間妖怪の畏を借りることで強力な効果を得る「百鬼夜行の業」。詳細は鬼纏を参照。, ぬらりひょんの孫 ぬら孫 奴良組 鬼纏 田中樹 首無 毛倡妓(ぬら孫) 青田坊 黒田坊 河童(ぬら孫) 雪麗 リクオ「じーちゃんやとーさんが(名前)ちゃんを気にかけるのは何でなんだろう?」夜リクオ「オレの側にいてくれ ただ・・・・・・それだけでいいんだ」ぬらりひ... .私の周りには沢山の花が咲く___桜___山吹___向日葵.どの花も綺麗に咲いた.いつか________私の花も咲くのだろうか. カップリング

氷麗 占いツクール | 敵に妖銘酒を浴びせかけ、着火して焼き尽くす術。名前こそ似ているが、後述の明鏡止水との共通点は全くない。 ジャンル:恋愛 キーワード:ぬらりひょんの孫, 逆ハー、愛され, 鯉伴→生存 作者:あやなん ID: novel/ayana22213 シリーズ: 最初から読む 最期の望み 5 【ぬらりひょんの孫】 ( 10点, 32回投票 ) 「 明鏡止水 」 とある妖怪屋敷で三つ目の少女が産声をあげた。その少女は酷く家の従者に蔑まれていた。しかし、その少女を救ったのはいつかの友人達前世は鬼今世は妖怪として、、、どの様... どうもです。久しぶりに通知を見たら昔作った「ぬらりひょんの孫」の小説。お恥ずかしながら、自分の小説読んでまたまた, リクオ「ボクと一緒にいて?」夜リクオ「オレと一緒にいろ」ぬらりひょん(妖)「ワシのそばを離れるな」.

「 鬼纏 」 嵐小説 | プライバシーポリシー. 嵐小説 | 占いツクール |

| 奴良鯉伴 リクオの父親でぬらりひょんの息子。 350年前殺されたが、どこかで生きているらしい。人間と妖怪の血を持つ半妖である。 奴良リクオ 見た目は普通の男の子だが、実は妖怪ぬらりひょんの孫。

Twitter / @Yamanaka_D: 担当ディレクターにOKを貰ったので告知。弊社が開発に ...: 銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ぬらりひょんの孫&oldid=79678923, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム スターター Vol.2 鏡にうつる花 水にうかぶ月, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.1 リクオ、四国妖怪と対峙す, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.2 今へと繋ぐ そして遠野にて, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.3 漆黒の楽園へ, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.4 妖たちの宿願, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.5 因縁の系譜, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.6 輪廻の環 千年の闇, キャラクター公式データブック「妖秘録(あやかしひろく)」(2010年7月2日発売、, プロデューサー - 篠崎真哉、本安哲人(第2期)、古澤佳寛、米倉功人、高取昌史、大和田智之、曽田健夫、川村仁(第1期), 第2期 - 奴良魔京(集英社、東宝、読売テレビ、BS11、ポニーキャニオン、読売広告社), 第1話冒頭に、牛鬼と夜のリクオが捩眼山にて対峙する場面が登場する。そして原作2話を元にした話に続いていく。, 捩眼山での牛鬼とリクオの戦闘で、牛鬼が出した、リクオが殺してきた幻影の中にガゴゼはいない。また、リクオがその幻影を明鏡止水・桜を使うことなく倒している。, 四国八十八鬼夜行の犬神と犬鳳凰の最期が違う。また、針女が鉤針女と言う名前になっている。, 犬神が単独でリクオを狙った時の設定が違う。原作では生徒会選挙で全校生徒が集まっている体育館、アニメでは誰もいない旧校舎。, 針女が化猫組の妖怪和風隠食事処「化猫屋」で店員になり済まし、奴良組幹部の一つ目入道から奴良組に関する情報を聞き出し、その後、毛倡妓と一戦を交えている。.

お知らせ | 不具合報告 | ルール ] !俺からもう一つ、三代目に継ぐに当たって言う。俺はこの組を人に仇名す者を許さぬ、仁義に外れる奴は尚、許さん―そういう妖であれと言う人に尽くす妖怪である組に育て上げる!!それが、俺の百鬼夜行だ、いいな!!」, {幾物語}蒼時{大将}紅蓮{幹部}雹{幹部}風神・雷神{最高幹部}蒼時によって書かれた妖が百鬼夜行。百鬼夜行は筆に描かれた絵によって作られた組。300年前。まだ、奴良鯉伴が生きていた頃の時天河童組妖怪・天海(あまうみ)が奴良組幹部を務めていた時の頃幾物語は戦力を大幅に蓄えていた筆と半紙を用いて作られる妖達は、水に弱いとされ、奴良組と共にかつて人を救ってきたというそんな噂の途切れた現在、幾物語は冥土から何者かに復活させられ、悪事を働いているという噂が300年後の関東に流れているのだった「幾物語?まだ、鯉伴様が生きていた頃の話じゃ。私ら小妖怪のために戦ってくれた鯉伴様の背に一生付いていくことにした我ら一族は羽衣狐に大将を奪われ、途方に暮れていた。総大将が我らに住まう土地を与えてくれなかったら、我々は今頃、冥土に返っているとこじゃった。―リクオ様、鯉伴様並びにこの奴良組を苦しめた妖怪をどうか我らと共に戦ってくれ……。」午後8時を過ぎた時にじじいに連れられ、上り込んできた小妖怪に俺は協力を要請された。聞けば、そいつらは人間にも危害を加える妖怪だと言う。そして、この天河童一族は妖怪の中でも珍しい人に付く妖だという。人に住む土地を求め、人に恩返しをする、人を助ける妖怪。姿には驚かされ、逃げる者が多いが、それでも人を助ける仁義に合う妖怪共だ。俺は、幾物語を討つためにこいつらを引き連れ、長い戦いをすることになったのだった。, 魑魅魍魎の主奴良組三代目を継ぐ奴良リクオ人からも認められ、妖からも認められる存在奴良組任侠一家の跡継ぎ昼は人、夜は妖、二つの顔をもつ―半妖天河童一族に頼みを受け、俺は里に来ていた。「へぇ。ここが河童の里か。」「はい。西郷村河童の社にございます。」「おや。新顔さんかい?河童さん、今日のおかずの差し入れいかがですか?」「いつもすみません、赤宮おばさん。」人と妖が共存する里。そんな村には、こうして人間が妖怪に肩入れをしてくる。いわば、触れ合いなのだ。「へ〜、人間が妖怪に差し入れか。いいもんだな。」「はい。我々一族は、人と共に共存しています。」「悪くはないな。俺も半分人だ。人間の友達もたくさんいるし、信頼してくれる仲間もいる!―守らなきゃならないモノがあるしな。」そのために俺は、この組を継いだ。人に仇名す者は断じて許さぬと誓いながら。「おい、そういや、何か焦げ臭くねぇか?」「そうですか?」と、村の人間の住んでいる地域を見ると、火事なのか、黒煙が沸いていた。「まずい。あそこには、人間が!?」「赤河童様!」「うむ。人間を安全な場所へ逃がせ!」「はい!」下僕たちを率いて、彼は人間を安全な場所に避難させることにした。「なぜ?人の味方をする?我らは妖怪であろう?憎き、奴良組が妖怪の掟を塗り替えたのか?」「なんだ?お前は?」「俺は、幾物語組幹部荒神定臣!―畏の発動!紅蓮の風景!我が、風景画とくとご覧あれ!」絵に描いたと同じようになる風景を見たリクオは、刀を抜き、向かい討つ。「見せてやる、退魔刀の力!―畏れ纏う刃!畏刀!」刀を振り払う!すると、風景画のような景色が変わり、魔を抑えた。「何だ、その刀は……。陰陽師から貰えた刀か!ならば、もう畏れの解放をしなければ!―畏れの解放!風景・闇呑様!突如、空は闇に包まれる。そして、火災も甚大な被害になっていく。リクオの刀は空を晴らすことができるのだろうか?, 画材を使い、風景を操る妖怪。荒神定臣と名乗り、襲ってきた。「我が最強の風景画!敗れるか!?」「俺の畏れを見せてやる!―てめぇら、いくぞ!」これが俺の百鬼夜行だ!「畏れの発動!―明鏡止水・桜!」その波紋鳴り止むまで、燃えるが良い!「ほぉ?いい炎だ!しかし、俺の"炎"には敵わないな!―風景・山火事の舞!」「何!?」先程までの火災がひどくなり、犠牲者も増えてきた。辺りに止まる救急車の数がそれを物語る。「ちくしょう!」「……リクオ様」「どうした?奴良リクオ!―空も白んできたぞ?人間に戻る時間じゃないのか?」「黒ー!リクオ様を守れー!」日が昇るのを確認した首無が言う。「待て!俺ならまだやれる!―見せてやるよ、俺の最大の畏れを!交わる人と妖の血を!」「ふん!風景画!―邪心暗刻の柄!我が、最強なりて最大の畏れ!跪くがいい!」「誰が跪くかよ!お前に恐れなんて感じねぇ!見せてやる。これが俺の百鬼の業!名を御業という。―俺が人間だから成せる業だ!」「何!?こんな畏れ見たことねぇ!俺が消される!」未知なる畏れ!リクオの血に隠された血そして、脈討つ鵺切丸!, (もっと強くなりてぇ!)そう願う奴良リクオ。百鬼夜行を束ねる長として守るものを守りたくて人と妖の上に立ち、"魑魅魍魎の主"となるために「リクオ様が気を落とされている。どうしたらいいものか。何か策はないか?雪女。」「ん〜。リクオ様は人と妖を同時に守ろうとしているからね。昨日は、犠牲者も出ていたから相当気にしているみたいだし。全員無事だったことを報告したら、何とかなるんじゃないかな?」雪女は笑って見せた。奥の襖を開けたその向こうにドスの刃こぼれを確認するリクオがいた。「リクオ様、昨日出た犠牲者の人は軽傷で済みましたよ。皆様も感謝してました。」「本当?よかった。」「はい。」「そういえば、氷麗。昨日、祢々切丸が脈を討ったんだ。」「脈を?」「そいつぁ〜祢々切丸の思いの強さだ!俺に付いてこい。いいこと吹き込んでやるからよ!リクオ!¥, おじいちゃんは僕に昔話をし始めた。「わしがまだ大妖怪ぬらりひょんと呼ばれた400年前のことじゃ。羽衣狐との戦闘を終え、陰陽師から刀を譲り受けた時、鵺切丸と名付けられたその刀をわしは面倒で"祢々切丸"と呼んだ。その刀は陰陽師の想いが込められた刀―つまり、お前の意志が強ければ強いほど念が付けられる!力がつく刀なんじゃ!そこいら辺のぼんくら刀とは違うということを覚えておけ!それに秋房とか言う奴に打ち直してもらったんじゃろ?それで花開院1000年の想いが込められた刀じゃからのそれが鬼纏のような強さを誇るのじゃよ!わしが貰い受けたのをリクオの父親も使っていたからの〜。わしら3代の受け継いだ刀―それが祢々切丸!お前がこれからぶつかる鵺を切る刀じゃ!」「込められた想いか!俺が背負う想い!それが鬼纏のような強さを引き起こす動力というわけか!」, 百物語とよく似た幾物語彼らは百物語組の子孫、末裔のような存在そんな噂が広まっていた。幾物語に逢うと、その者の怪談が広がる。描く方の役割がいる。畏れを集め、恐怖に陥れようとしている。逢うと生きて帰られないとまで広まっている。「リクオ様!最近、我々のシマで変な噂が囁かれていますよ。」「その噂って何、黒?」昼間の屋上、昼休みの時間にこうして奴良組幹部たちがリクオの側近として付いている。「はい。実は最近"口裂け女"が囁かれているようです。マスクをした女の人が通行人に「わたし綺麗?」と聞き、そしてマスクを外し、「これでも?」と耳まで裂けた口を見せ、襲いかかる妖です。」「口裂け女。噂じゃ、三の付く場所にって!放課後、調査してみよう!」「はっ!」学校が終わり、その後調査に向かう。だが、外の雰囲気はいつもと違っていた。人通りが多い商店街も誰もいない。いつもはいるはずのジョギングしているおじさんすらいない。それだけではなかった。明らかに身長が高く、血のように赤い服を着た女の人がこちらに近づいて来る。「リクオ様!もしかするとこれが―」「ああ。そうかもしれない!―ちょっと!」呼ばれた女の人がこちらに振り向く。耳まで掛かるような大きなマスクをした女の人。間違いない。「ワタシキレイ?」確証は得られないが。確かに様子もおかしい。「は、はい……。」これで正しければ。「コレデモ?」聞いてきた。マスクも外した。間違いない!「リクオ様!間違いありません!」(日は落ちているな……)「ワタシキレイーーーー!」襲いかかる!「鏡花水月!」「?」幻影を見せる業。突然襲い掛かる妖怪には抜群の業である。「まず聞く!お前は人を襲う妖か?」「ソレガドウシター!人ヲ襲ウノニ何ガ悪イィィ!」「下らねぇって言いてぇんだよ!俺は人に仇名す者は許さねぇ主義でな!半妖な分、妖怪にも人間にも友達がいる!お前も元々人なら分かるんじゃないのか?」「知ルカアアアァアア!!!」「まあ、良い!お前にはこれを食らわせてうやるよ!人の想いだ!鬼纏 人の想い!」幾物語幹部 口裂け女 破滅「僕も恨まれたりはした。その度に、妖怪からも人間からも励ましてもらった!それを守るのが奴良組の長だ!口裂け女悲しい人だった……。―だけど、僕はそれよりも"幾物語"を許さない!」「畏れが消えただと〜!ふざけおって!奴良組、また幾度となく邪魔を……。」百物語のように怪談で畏れを集める妖怪。噺家が百物語を書いている。幾物語がいる限り、都市伝説も怪談も語られる。終わらない怪異!, 妖怪の力を高めるという赤い月。満月と新月に力を付ける妖怪―魔物がいる。満月組と新月組。彼らは光と影の関係であり、生活を共にしている。幾物語組に協力を強いられ、協力している話を耳にしたリクオは早急に会議を開いた。「てめぇらも分かっての通り、奴良組は今、幾物語との全面競争に入っている。だが、恐々とするな!相手はただの語り家だ!早急にぶっ潰して、彼らを解放しよう!―俺の側近共は、俺に付き戦え!その他武闘派は待機、面々との相手!状況に備えて各自行動を持て!―以上だ!」会議は3時間を掛け、終わった。「奴良組が動き始めました。」「まあ、待て。慌てるな!対応は出来ている!―次の怪異がな!」思った通り各自にばら撒かれた妖怪は、人間をあからさまに襲っていた。「明鏡止水・桜!」1人1人切るのは耐え難い。業を使い、薙ぎ払う。「きりがねぇ!黒、ここを任せる!―行くぞ!お前ら!」道に迫ってきた妖怪にリクオは気づかなかった。「呪いの吹雪!風声鶴麗!」氷麗が食い止める。「3代目!それほど慌てなくても……。」「ああ。すまねぇ……。」少し状況を理解し、冷静さを取り戻す。だが、それでも少し焦ることを忘れてはならない。そんな時携帯電話が鳴り響いた。『3代目!奴らの居所が分かりました。』「そうか!慎重に奴らを尾行しろ!」居所が分かってもこの状況は少しまずかった。妖怪の数。それに人間が取り込まれている。「リクオじゃまだまだ頼りねぇかい。わしがやろうか!」満月と新月はじじいも妖力を戻すわけか。「それがじじいの姿か!昔、夢で親父にも遭ったが相当似ているみたいじゃねぇか?―頼んだぜ!こいつら人間だからな!」「ははっ!何も殺すとは言ってないだろう!―行け!リクオ!魑魅魍魎の主まで辿り着け!」, 「満月と新月は我らに味方した。もはや無敵!」そう叫ぶのは組の長。満月と新月を味方に付け、逆らう。だが、それはすべての妖怪の力を引き出すだけのもの。賞杯に溺れているのだろう。「残念だが、お前らの組は崩壊する!この俺―奴良組によってな!―鏡花水月!」そこにいないのにいるように見据える幻影。幻影に惑わされ、そこにいると思わせる術。「この"業"主の父君も使っておったな!なるほど、血を継ぐ者か!―行け!満月、新月の僕どもよ!」「今なら奴良組も敵じゃねぇ!蹴散らせ!」「ふん!俺もお前らに畏れなど感じねぇな!ましてや蹴散らすこともできないだろう!俺がお前らを蹴散らすからな!―奥義!明鏡止水・斬!」遠野に半年通って身に付けたこの奥義。実際はイタクがこっちまで来たんだが。「何?父君も使わぬ業を、どこで身に付けた!?」「教える義理はないね!それとも親父の業をもう一度受けたいか!鬼纏・畏襲!恋紅の舞!」天邪鬼の畏れ!「何を!?―満月、新月の畏れ!月夜の果てに!」「リクオ!下がれ!―百花繚乱!黒!思い出せ!あのときの業を!」「はい。2代目鯉伴様!」, (……親父!?