学生ならまだしも社会人になると見る時間も限られてるのにこう何度もエラーが出て見れないとぼったくりに思える, ログイン後退会しようとしてもエラーになったり、退会ボタンが見つからず退会できませんでした。退会する→下にスクロールして次へのボタンを押すと、退会するというボタンが現れます。退会するのに1時間ほどかかりました。, 動画サイトなのに、時間帯によっては動画がスムーズに視聴できません。サービスの良し悪しを論ずる以前の問題です。いくらコメントや、その他の便利機能があったところで、肝心の動画が見れなければ何の意味もありません。人が離れていくのも当然の結果と言えますね。. 電子チケット販売の先駆者としてライブ配信、ストリーミングのチケットを販売するzaiko。 ... 配信. 無料とはいえ酷すぎ。, 他の方も書いてるようにボタンを押したら勝手に契約されてしかも990円引き落とされてびっくり 他の方のクチコミにも同様のアクシデントがある。 どうにも使い物になりません。 【ZAIKOトラブルについて①】ceroの配信で存在を知った人が多いであろうZAIKO。業界内で回って来る評判がとにかく悪いので不安だったものの、現状で有料配信ライブの手段が少ないため仕方なくshowmoreで使用したところトラブル続きで大揉め。続いて自分が関わってるSIRUP、s**t kingzの生配信も→, 「織田かおり 12th SOLO LIVE “PLAY”」ダイジェスト動画公開中✨https://t.co/xaJ0lFkh8x@ 2019/5/5(日)下北沢GARDEN‼️6/27(土)19:00〜、配信イベントにて全部見せちゃいます延期・中止になったカルカルイベの代替決定✨チケット販売はこちら→ https://t.co/qBWAsWaeQM よろしく❤️ #12th_kaori, 以下のダイジェストを見ればわかるが、画角がほぼ固定で元々は内部だけの資料用らしい動画とのことで、プラスして、配信の「ZAIKO」というプラットフォームが、なんかトラブルを抱えていそうな会社なので、見るのはやめておこう。, 追記(6月27日):視聴権を購入してないので見てはいないが、便所の落書きツイッターで検索して見てみたら、やはり「ZAIKO」の配信トラブルのようだな。, 【お詫びとお知らせ】本日19時から配信していた織田かおり12th SOLO LIVE “PLAY”Once Againが配信エラーで途中から視聴できなくなってしまいました。誠に申し訳ありません。現在原因を調べておりますので、今しばらく公式からのアナウンスをお待ち下さい。#12th_kaori, さらに追記(7月19日):私自身は、該当のライブ配信を見てないので、どれぐらいの障害が発生したのかは分かりませんが、織田かおりさんの「ZAIKO」というライブ配信プラットフォームを使用した6月27日の配信(7月19日現在は、詫びアーカイブも終わっている状態)ですが、以下の織田かおりさんの釈明の「LINE LIVE」を見ると、「ZAIKO」側サーバーは、終始、正常に動いていたそうで、織田かおり側の機材なのか回線なのか、あくまで織田かおり側の問題だそうです。(織田かおりさんの釈明動画は、1時間以上の長尺なので、頭から30分ぐらいしか見てません。), ということで、「「ZAIKO」のライブ配信はトラブル・障害がやばい」という私のnoteを含めたSNS上での批判や、ツイッター上にあげられた他の視聴者や、当事者・音楽関係者側による悪評・攻撃とかと、今回の織田かおりのライブ映像配信に関しては「ZAIKO」側サーバーに問題はなかったという「板挟み」で、織田かおりさんも非常に苦しそうですね。, 「織田かおり側の機材・回線」の問題で、誤って「ZAIKO」が責められてしまって織田かおりさん自身は「ZAIKO」に対して申し訳ないと感じていらっしゃるようで、再度、「ZAIKO」を使ってのライブ配信(リベンジ的な)を今日の7月19日にするようですが、「今日の配信が止まることなくうまく行って、他のライブ配信プラットフォームに、次は移行する」というのが、一番いいシナリオだと私は思うのですが、他のミュージシャン(星野源とか)の配信でも軒並み、トラブっている感じしか聞かないので、非常に心配ではありますね。, ライブ配信トラブルがあると、SNSでは当然のことながら悪評が立つので、その目立つ分を差し引いても、「ZAIKO」はトラブり過ぎだと、私は思います。, あまりにスムーズに見れるんで、サイサイのライブ配信があった、NTTドコモ系のサービス「新体感ライブ CONNECT」でツイッター上を検索しても、「CONNECT」サービス自体への感想(配信プラットフォーム自体については、良いというのも悪いという感想も、何にもないw)が全然ないですからね。「止まって見れない」とかその部分で引っかかって、苦情・悪評をそもそもライブ配信プラットフォームとしての「新体感ライブ CONNECT」については、投稿する人がいない・皆無ってことです。これが正しい、プラットフォームのあり方だと思います。, ライブ配信の「共時性」という点で料金を取っておきながら、「「詫びアーカイブ」でいいでしょ?」とかいう悪癖が蔓延するのは、駄目だと思います。もちろん、時間・予定が合わない人への「アーカイブ」サービスも、別途あってしかるべきですが、「アーカイブ」の意図の種類が違うわね、と思います。, まぁ、ライブ配信プラットフォームへの巨人「アマゾン・グーグル(ユーチューブ)・フェイスブック(インスタグラム)」の登場が待たれるところでしょうか?「ユーチューブ1強」のように、将来的には、結局、GAFAMやFAANGのような大手プラットフォームの寡占になってしまうのかな?, つべのスパチャって、めっちゃ、グーグルに抜かれるらしいですからね~(^^♪ いまさらながら、GAFAMやFAANGの株を、ワンタップバイで買っておこうかなと思わなくもない、私でした。, 織田かおりの過去ライブ配信のプラットフォーム「ZAIKO」、評判悪そうだな・・・(追記あり、7月19日さらに追記あり), 精神障害者。農学部・有機合成化学の大学院を統失で中退。 この記事では、そんなあなたに「ZAIKOのサービスの特徴や投げ銭について、投げ銭のメリットやデメリット」までお伝えしていきます。, ZAIKOとは、次世代電子チケット販売プラットフォームとして有名な、アーティスト向けのライブ配信プラットフォームです。, 有料のオンラインライブができるサービスとして非常に有名で、多くのアーティストが利用しています。, 新型コロナウイルスでなかなか外を出歩くことのできない昨今。家でもライブを楽しむことができると嬉しいですよね。, ZAIKOは家にいながら良質なライブ配信を楽しむことができ、革新的なサービスが話題となっています。以下ではZAIKOの特徴について詳しく紹介していきます。, 新型コロナウイルスによる「イベント自粛要請」がきっかけとなり開発され、無料が当たり前だったライブ配信を有料にするという革新的なサービスとして注目を集めています。, アーカイブの期間やコメントの有無、投げ銭など主催者側でライブの設定を自由に行うことも可能の新しいサービスです。, 視聴者は応援の気持ちを自由に表すことができ、主催者は、モチベーションアップはもちろんのこと投げ銭のタイミングを分析することにより視聴者のニーズを知ることができるようになります。, ZAIKOのチケット販売は日本語や英語、中国語、韓国語とあらゆる言語に対応しています。, 多くの提携メディアやオウンドメディアを通してオンラインで世界中の人々に向けてライブを発信することが可能です。チケット購入者とのやりとりも可能なため、より信頼度高くチケット販売ができます。, 投げ銭とは視聴者が感謝や応援の気持ちをお金や換金アイテムとして贈るシステムのことです。, 本来はストリートミュージシャンや大道芸人の素晴らしいパフォーマンスへの対価として少額の現金を投げ入れる行為のことを言いますが、最近ではインターネット上の行為としての意味合いが強くなっています。, ZAIKOで投げ銭があるメリットは配信者のモチベーションアップにつながることです。, 配信者は投げ銭を受け取ることで「もっと良質なものをファンに提供したい」とプロ意識を持って配信に臨むことができます。貴重な収入源にもなるのでより夢のために時間を費やすことも可能です。, 投げ銭をする視聴者側も、配信中に名前を呼んでもらえたり、新サービスをいち早く利用できたりとメリットがたくさんあります。投げ銭は配信者、視聴者どちらにとってもメリットの大きいシステムなのです。, 魅力的な部分の多い投げ銭ですが、投げ銭に注力しすぎるとトラブルの元にもなるので注意が必要です。, 配信者に対して予算に見合わない多額のお金を投げ銭してしまい払えないくらいの額の請求がきてしまうということもあり得ます。, また配信する側も、稼ぎたいからとお金に目がくらんでしまい過激な配信や迷惑行為になるような配信をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。しっかりマナーを守って風紀よく利用するようにしましょう。, ZAIKOの投げ銭はデジタルスタンプ式の投げ銭と配信チケットに上乗せする応援投げ銭の2種類あります。, チケットの売上金から利用手数料が引かれることはありませんが、投げ銭の売上金からは利用手数料20%が差し引かれるのでよく覚えておきましょう。なお差し引き分の金額は、売上金の受取申請の「総費用」から確認することができます。, Stickitsとは、ZAIKO独自開発のデジタルスタンプ式の投げ銭です。ライブ配信中やアーカイヴ視聴中に使用することができ、配信者の利益拡大につながります。視聴者はStickits を制限なくチケットページ内で購入することができるので、自分の予算に合わせてたくさん応援することが可能です。なお購入はクレジットカード決済のみとなっています。購入後はすぐに反映されるので配信中にたくさん投げ銭できるのは嬉しいですね。, 応援投げ銭は、配信チケット代金に気持ちをさらに上乗せして購入する投げ銭タイプです。配信中はライブに集中したいという人は、最初から投げ銭しておくことができるので配信中は気を紛らわすことなく応援することができます。, なお、上記で紹介した投げ銭機能以外にも外部のツールを利用して投げ銭を行うことも可能なようです。, ZAIKOで行われた、アーティストの大森靖子さんのライブにおいてDoneruという外部の投げ銭ツールが利用されたようです。, 秘密の接触SSS vol.1 / 2020.07.22 (水) / TOKYO, JAPAN | 大森靖子…, こちらのツールを使用すると、配信中に投げ銭されると画面にポップアップを出すこともできるようです。, 以下のようなアカウント毎のURLを概要欄に貼るだけで利用が可能なので、手軽に導入が可能です。, 具体的なDoneruの使い方については以下記事で解説しているので、興味がある方は読んでみてください。, Doneru(どねる)というサービスの使い方を知りたい Doneru投げ銭リンクの発行方法を知りたい ライブ配信とDoneruの連携方法は難しい?上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、Doneruというサービス[…], ※なお以下のように、TwitterなどのSNSにURLを貼るだけでも投げ銭を受けられるようです。, いよいよ15時からです(ง •̀_•́)ง#カドマ様のお戯れ#本日このあとすぐ!#ごーるでんぱーぷる #ごるぱ#ケープロ #KPRO #牧場JAMBOREE https://t.co/vVkWsEKU1p pic.twitter.com/BbrJi9d3JK, ZAIKOは自由度高く有料配信ライブをすることができます。配信者は、イベントやチケットの内容を細かく設定したりデザインにこだわったイベントサイトやチケットを作ることも可能です。, 視聴者の自由度も高く、配信中に投げ銭やコメントで配信者を応援したりと生のライブでは味わうことのできない面白さがあります。, 配信者も視聴者もそれぞれが自分のスタイルや応援の仕方を決めることができるため、自由な表現の場が生まれるでしょう。, 人気アーティストのライブ配信では、アクセス集中によりサーバーに負荷がかかってしまい「ログインできない」「配信が途切れてしまう」「視聴できない」というトラブルが起きてしまうようです。, これを受けてZAIKOは、サーバーを強化して安定したネットワークを作ることや、エンジニアのリソース拡充を今後の対策として提示しています。, サーバートラブルがあると楽しみにしていたライブ配信も台無しになってしまうので、今後のZAIKOのサーバー改善に期待しましょう。, ZAIKOは投げ銭機能を持ち合わせた「電子チケット制ライブ配信」を行うことのできるサービスです。2種類の投げ銭タイプがあるので、配信者に対する感謝の気持ちや応援の気持ちを表すことができます。リアルタイムで投げ銭をすることもできるので生のライブとはまた違うワクワク感を楽しめるでしょう。, 配信者側も投げ銭を受け取ることでライブに対するモチベーションがアップしより良質な配信を提供できるようになります。配信者にとっても視聴者にとってもメリットの大きいサービスなので、マナーや予算をしっかり考慮した上で効果的に活用していきましょう。, 【VTuber向け】YouTubeと同時配信&即時収益化できるMixTubeが革新的. 「操作性順」 報告されているクレームを一年近く放置しながら、ショップに勧誘させ、 作詞:Ayaka Miyake 作曲・編曲:mitsuyuki miyake、Carlos K. 作詞:Kanata Okajima 作曲:Akira Sunset、ulala 編曲:ulala、Akira Sunset. ぐっど葵 これを作為的にやっているようなので、悪意を感じるし、通常継続にあたいするサービスてまはなく、騙すようなやり方でしか収益をあげられないのでしゃうか。 バーレスク東京~live中継~ 2020-11-11 - 2020-11-20 . ZAIKOストリーミング ... [肉態] / [肉弾対閃] 第8回 肉態DUO ライブ配信. アニメファンなら満足のゆくものだと思います。 Sun, 15th Nov ⇨ Wed, 18th Nov. TOKYO, JAPAN. エラーと画面が固まってしまったりしたので電話しました。原因はテレビの中にあるネットフィックスに接続するサーバー?テレビの中?に問題があって再起動で直してもらいました。助かりました。 作詞:Akira Sunset 作曲:Akira Sunset、Carlos K. 編曲:Carlos K. 作詞:鈴木エレカ 作曲:鈴木まなか、Hiroki Sagawa、要田 健 編曲:要田 健, 作詞:Ayaka Miyake 作曲・編曲:ygarshy, PASSiON KiNG, 作詞:KEN THE 390 作曲:KEN THE 390、Shin Sakiura, 作詞:mitsuyuki miyake 作曲:mitsuyuki miyake、TAKAROT 編曲:TAKAROT, ♪ 花宮女子クライミング部[笠原 好(CV.上坂すみれ)、上原 隼(CV.石川由依)、四葉幸与(CV.鈴木愛奈)、杉浦野々華(CV.富田美憂)], ♪ A3ders![佐久間咲也、皇 天馬、摂津万里、月岡 紬(CV:酒井広大、江口拓也、沢城千春、田丸篤志)], ♪ 秋組 [摂津万里、兵頭十座、七尾太一、伏見 臣、古市左京(CV:沢城千春、武内駿輔、濱 健人、熊谷健太郎、帆世雄一)], ♪ 冬組 [月岡 紬、高遠 丞、御影 密、有栖川 誉、雪白 東(CV:田丸篤志、佐藤拓也、寺島惇太、豊永利行、柿原徹也)], ♪ Shuta Sueyoshi with Totoko♡Nya & 松野家6兄弟, ♪ フルーツタルト [桜 衣乃(CV:新田ひより)、関野ロコ(CV:久保田梨沙)、貫井はゆ(CV:白石晴香)、前原仁菜(CV:近藤玲奈)、緑 へも(CV:守屋亨香)], ♪ 荒垣城太郎(CV:浪川大輔)、レオナルド(CV:小野賢章)、南野鉄男(CV:梶 裕貴), ♪ Six Gravity[師走駆(梶裕貴)、睦月始(鳥海浩輔)、如月恋(増田俊樹)、弥生春(前野智昭)、卯月新(koyomi from 桜men)、皐月葵(KENN)], ♪ Procellarum[水無月涙(蒼井翔太)、文月海(羽多野渉)、葉月陽(柿原徹也)、長月夜(近藤隆)、神無月郁(小野賢章)、霜月隼(木村良平)], ※H Jungle with tのカバー 作詞・作曲:小室哲哉 編曲:OVERHEAD CHAMPION, ♪ Photon Maiden [出雲咲姫(CV.紡木吏佐)、新島衣舞紀(CV.前島亜美)、花巻乙和(CV.岩田陽葵)、福島ノア(CV.佐藤日向)], ♪ Happy Around! 本当に最低なクソ野郎でした。 「ラインナップ順」 【病気】統合失調症・糖尿病・高血圧・エビリファイ12の長期服用で遅発性ジスキネジアに

【アーカイブ購入可】TONE BASS Presents BINAURAL JAZZ STREAM vol.1【Binaural LIVE! vol.10】 2020-06-01 - 2021-06-01 また、作品の検索も他社と比べてやりにくく感じます。, メンテが1ヶ月に3-4回あり見れないことが多くありさらにサーバーエラーがなど多くそこで緊急メンテになりまた見れなくなる (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); よく止まる 画面が黒くなる Vol... 来たる11/25(水)、渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催される2マンライブ。出演する両者はヒップホップに軸足を置きながらも、ダンスミュージックからの強い影響を隠さずアウトプットしている。, 今回は記念すべき第10回目となる。予めInstagramから募った読者の質問の中からピックアップし、hakaseが回答していく。, 新型コロナウィルスの感染拡大に伴った営業自粛要請のダメージから、国内のライブハウスやクラブはさらに厳しい状況に立たされているというアンケート結果が発表となった。, 新型コロナ禍と共にあった2020年の音楽シーンだが、特にダメージを受けたのがライブシーン。ぴあ総研が試算した2020年のライブ・エンタテインメント市場規模は、これまでの予想より、さらに落ち込み前年の8割減となる見込みになることがわかった。, 今年2月にオープンしたばかりの下北沢のクラブ/ライブスペースのSPREADは、数回の営業の後、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛となった。, The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。, Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。, Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。, ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』の日本公開が決定 | Pharcyde、Wu-Tang Clan、A Tribe Called Questなど90年代の名曲をサントラに使用. Amazon.co.jpアソシエイトに参加。, SBI証券の米株取引、寄付き22時30分で指値が完全に約定する形で発注してて、約定の情報が返ってきてHPに反映されるのに、1分30秒ぐらいかかりますね。

退会アンケートへの回答ありがとうございました。 1時間24分の動画を見るのに約3時間かかって、まだ見終わらない。 ただし、画質はあまり良くありません。 料金は発生していないけど契約継続中になっている。 Amazonのカスタマーに問い合わせて返金対応してもらいましたが、かなり悪質 9月chu-z 配信live 「オンライン定期公演」のスケジュールをお知らせ致します。 生配信当日「特別vip席」を販売致します。 更に配信視聴チケット購入者より抽選で10名様をご招待! 是非!ご覧ください!! 【会場】某所 【配信】生配信 【ZAIKOトラブルについて①】 ceroの配信で存在を知った人が多いであろうZAIKO。業界内で回って来る評判がとにかく悪いので不安だったものの、現状で有料配信ライブの手段が少ないため仕方なくshowmoreで使用したところトラブル続きで大揉め。 NEW 「Apfel trio」2020 1st Live Concert. zaiko ライブ配信 電子チケット. この状態になるとテレビを再起動する以外に復帰の方法がなく、 世界的なパンデミックとなった新型コロナウイルスことCOVID-19。5000人超の死者が発生したイタリアを筆頭に全世界で深刻な被害が広がる中、感染拡大防止のため外出を避ける動きが活発化している。これらの影響を受けて、音楽業界を始めエンターテイメント産業全体がイベントの開催中止や延期を余儀なくされ、経済的にも大きな影響を受ける事態に発展した。ここ日本では先月26日より先週金曜まで外出、イベント開催の自粛が要請されていたものの、3月20日付の声明において「主催者がリスクを判断して慎重な対応が求められるとの見解が示された」として開催が主催者判断に委ねることが発表された。感染拡大が深刻さを増す一方で、内外に成果をアピールするがためだけの「対策」を打ち出すのみの現政権。イベントの開催中止、延期によって打撃を受けたアーティスト、ヴェニュー、プロモーターなどに対しても、損害に対する十分な補償が為されていないのが現状である。, もちろん感染拡大防止を第一に考えるのであればイベント等を中止、延期することが最良の選択であることは間違いないが、先述のように十分な補償が得られない以上開催に踏み切る他ないアーティストやヴェニューも数多く存在する。従来のライブ、イベントの収益が得られないことが死活問題となり得るからだ。, このような状況の中で広がりつつあるのが、無観客でのライブ、DJイベントなどをインターネットでストリーミング配信することだ。中止となった横浜アリーナ公演の代わりに無観客のライブをYouTubeで配信したBAD HOPや、電子チケット販売プラットフォームZAIKOを利用して有料電子チケット制のライブ配信を行ったcero、パソコン音楽クラブを招聘しライブ配信企画『MUSIC NON STOP!』をスタートした代官山UNITなど、新たな動きも増えつつある。しかし、小規模のヴェニューやインデペンデントなアーティストにとってはシステム面、また金銭面の問題でライブ配信の決行に踏み切ることも難しい。問題が山積する中、ライブ配信のノウハウについてこれまで様々なイベントでVJやライブ配信のエンジニアとして活躍してきた沼倉誠さん、そして実際に企画を行った代官山UNIT、ceroへの配信プラットフォームの提供を行なったZAIKOに話を訊いた。, まず沼倉さんは配信にあたり必要な機材として「ビデオミキサー1台とカメラ3〜5台、そして配信用のPC1台、途中でCMを挟んだり安定したフタ画をだす為のPC1台」があるとクオリティが高い配信をすることができると述べており、さらに「ビデオミキサーからPCに映像を入力する為のキャプチャーも必要で、今まではブラックマジックの機材が主流だったが、最近出たIOデータのものも、なかなかの安定度である」という。「ビデオミキサーは最近ROLANDから出たV-8HDのパフォーマンスが良く、スイッチングを他とはレベルの差を出したいのであれば、モニターも13〜15インチ程度のものを用意した方が」いいとコメントをしてくれた。もちろんアーティストサイドで、これらの機材を0から購入するのは更なるコストがかかるために、沼倉さんのような機材を保有しているスタッフが周りにいる方は聞いてみてはどうだろうか。また沼倉さん個人としては、東日本大震災の時に「ミュージシャンが日本を元気にするためにノーギャラでライブやったり。収益を全部寄付していた感情に近く、収入としては見込めないが、何もできない現状の暗い雰囲気を打破する為の協力をしたい」と話す。, また気になる音の部分については、「他の配信と差をつけるためにPAがいるならPAからのラインアウトと、エアー(マイク数台を準備)の音をミックスする為の機材と人員が1人」いればよりクオリティーの高いものになると話してくれた。また配信の画質についても「無線なのか有線なのか、ネットの速度に合わせたビットレート設定が重要」であり、ビットレートが低いとピアノの高音のようなものになると音割れするので、配信前にテストでベストなビットレートを探ることが大切だと述べた。配信においては、「可能な限り有線LANでやることを推奨、そのルーターから出るWifiを拾っていろんな人がインスタとかやったりすると回線が遅くなりコマ落ちの原因になるので配信中はスタッフはハコのWifiを使わないようにお願いしている」とも話してくれた。, 配信企画『MUSIC NON STOP!』を立ち上げた代官山UNITの代表の徳尾さんは、ライブハウスとして配信イベントを行うに至った経緯を、危機感と共にこう述べる。「事実上2月末から新型コロナウイルスでほぼ全ての公演が中止や延期という事態となり、現在もいつ再開出来るかもわからずアーティスト、主催者にとどまらず音響、照明チームに加え我々会場側も通常の仕事が全く出来ないという状況が続いております。人が集えないという状況下でできることは生のライブを配信するという選択以外にないと強く感じました。まず具体的な配信イメージや予算感、諸問題の確認と対策を行うため、アーティスト、オーディエンス、生ライブ配信に関わる全ての方々が納得のゆくクオリティを追求することを目的とし、テストケースとして主催し生ライブ配信するに至りました。また完全にアナログであるライブハウスをネットインフラ上につくることも大きな目的のひとつです」, またライブ配信には「率直に申し上げると、アーティスト、主催者、会場に加えライブに関わるすべての人が仕事に復帰出来るようになること、また、アーティストの音楽を待ち望んでいるオーディエンスに生のライブをお届け出来るのが最大のメリット」があり、「会場限定ではないので生ライブ配信で視聴できるオーディエンスの数が大幅に増えることや、新しく興味をもっていただける方々もたくさん出てくると思われ、コロナショックが収束したあともいままでいらっしゃらなかった方々が会場に足を運んでいただけるのではないか」とコロナウイルスの問題が収まった後もライブ配信のスタイルが、これまでになかったライブを楽しむための方法として定着するのではないかと期待を込める。「空気感や音圧といった会場特有のお届けが難しいのがデメリットといえばデメリット」だが、「映像を工夫することでむしろ会場では観ることが出来ない肉迫感をお届けできるのではないかと考えています」と表現方法も今後アップデートされていくと述べた。, 実際パソコン音楽クラブやBlack Boboiなどが配信を行なってみて、「想定外の良いリアクションを皆様からいただきました。不安だった映像品質も評判は上々です。この状況下、ミュージシャンや主催者の方々も非常に前向きにとらえていらっしゃるようだ」といい、「音響照明さんと同じように映像さんも会場側が手配することで費用も下がるし、打ち合わせの手間や時間も大幅に省ける」ので、配信のノウハウがないアーティストでも行えるような環境を用意していると話す。さらにリスナーやファンに対しても「この状況下でも音楽への興味を止めないようにしていただきたいのです。私達も創意工夫で生のライブを最善のかたちでお届け出来るように日々頑張っておりますのでぜひ気にとめて観ていただけるとありがたい」とコメントをしてくれた。, またceroの有料ライヴ配信を行なったプラットフォームのZAIKOは、配信を行うに至った経緯について「2020年に導入される"5G"による通信速度の発展により、これまでのリアルでのライブイベント参加とは異なった、全く新しいリッチな視聴体験がオンラインでできるようになるなど、以前から有料でのライブ配信の可能性を考え、開発を進めておりました。そんな中、新型コロナウイルスの感染拡大によってイベントの中止が相次ぎ、コロナウイルスによるイベント中止は損害保険の対象外である中、中止や延期の補填も一切議論されぬまま下された政府の自粛要請は、イベント事業の本質を無視したあまりにも一方的なものでした。強行的に開催すれば方々から叩かれる中、大手興行主の発表にならう形で中小規模のイベントも相次いで興行を中止。ZAIKOはそういった活動の場を失ったイベント主催者、出演者、スタッフの支援を目的として、電子チケット制のライブ配信機能の開発を急ピッチで進めた」という。, 有料配信に対しては「当初、政府からのイベント自粛要請により、多くのライブが無料で配信されており、有料でのライブ配信に対してネガティブな意見を受けることも覚悟しておりましたが、予想に反してファンやユーザーからはポジティブな意見が大半を占め、また無料でのライブ配信に対しての疑問を感じているユーザーも多く見られました。今回ZAIKOがスタートした有料でのライブ配信サービスは、アーティスト含むイベント事業者の危機的状況に対して、多くのオーディエンスが支援をしたいというファン心理を後押しする形となり、非常に大きな反響をいただいている」と、ポジティブな反応の多さに驚いているという。, アーティストや主催者側へのメリットとして、「イベント主催者側は、これまでのリアルでのライブイベントによる収益の他に、オンラインでのリッチな視聴体験を提供し新たな収益を生み出すことができると同時に、これまでイベントへの参加が難しかった遠方または国外のファンとのコミュニケーションや、会場の収容人数の問題もクリアにすることができると考えます。, また、Stickits(投げ銭)やコメント機能により、ライブコンテンツに対してのオーディエンスの反応を分析が可能となり、オーディエンスのさらなる理解を深めること」も可能でファンとの新しいコミュニケーションの形になりうるとも指摘している。さらにオーディエンス側にも「今回のような社会的な問題が起こった際に、進んでアーティストの支援を行うことができるようになり、さらには参加が難しかったイベントへのオンラインでの参加が可能になったり、オンライン限定でのリッチなコンテンツや、イベント会場とのインタラクティブな体験を享受できるようになるなど、多くの可能性を秘めている」と話す。, 合わせて収束後についても「コロナ問題の収束後も、ライブ配信を興行の一部として普及させることが今後の課題」といい、「今回の取り組みの中で、世界中にいるアーティストのファンが同じ時間、同じ空間をライブ配信を通して共有するというボーダーレスなコミュニティの存在を強く認識しました。ライブにはライブの良さがあるのは重々承知ですが、だからといってオンラインでのライブ配信をないがしろにする訳ではなく、逆にデジタルの強みを活かした楽しみ方を手助けできれば」と述べ、新しい可能性を現在の危機的状況の中でこそ定着させたいと意気込んでいる。, 最後にZAIKOを使用するにあたり、アーティストや主催者が用意するものとしては「優れたコンテンツ」と回答があり、「基本的にアーティスト側で撮影する動画を有料チケット内に埋め込まれたプレイヤーに反映させるのがZAIKOのシステムですので、撮影チーム、会場などは先方側でご用意いただく必要があります。ただライブ配信にもさまざまな種類があり、本格的な撮影機器を用いて作品的な演出をするものからスマホひとつで行うお手軽なものまで、イベントの内容に合わせた形で配信できるのが強みです。ライブ配信の日程が決まっている方はお気軽にお問合せいただければと思います。撮影チームや会場に関しても、弊社からご紹介させていただくことも可能です」と回答があった。, 長期化も予想されている新型コロナウイルスをめぐる状況の中で、ライブやイベントの自粛要請がなくなる日も先が見通せないのが正直なところだろう。そのような中で新しい可能性であり、今の状況への救いともなりうるライブ配信は、より広がっていくべきである。また現在も止むを得ず営業をしているクラブやライブハウスについても、こうした新たな方法を模索する一つのヒントになればと思い、この記事を執筆した。(山本輝洋・和田哲郎), 世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全80曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。, 藤原ヒロシが約3年ぶりのフルアルバム『slumbers 2』をサカナクションが主宰するレーベル・NF Recordsからリリースした。本作のベースになっているのはハウス、ダブ、ガラージ、レアグルーヴといったダンスミュージックだ。もちろん彼はそれらをリアルタイムで経験しているが、このアルバムには懐古主義な古臭さが一切ない。感じるのはむしろフレッシュな初期衝動で、ディティールにベテランならではの洗練さを漂わせる。このアルバムの制作について話を聞いた。.