stream

理事会等における遠隔会議の実施ガイドライン . startxref

h��[�n[��� � endobj "�":��X�0��� ��b�RK�vw;�# �IOb�ɘG��,��^D�'g�e�H���gS4!�Ҝ h�bbd```b``�"'��?

年10月18日理事会制定 平成. ���Ș��/�o��ϡ���9��M�׋��lz|O� �N��fUlVѮ�M���2>�Ŧ=�D�� ~Vp̓���gڨGyyL��.

<< /W [ 3 [ 500] 11 [ 500] 12 [ 500] 16 [ 500] 17 [ 500] 20 [ 500] 21 [ 500] 23 [ 500] 24 [ 500] 25 [ 500] 26 [ 500] 27 [ 500] 36 [ 500] 37 [ 500] 38 [ 500] 39 [ 500] 40 [ 500] 42 [ 500] 44 [ 500] 45 [ 500] 48 [ 500] 51 [ 500] 54 [ 500] 55 [ 500] 56 [ 500] 58 [ 500] 60 [ 500] 61 [ 500] 68 [ 500] 69 [ 500] 71 [ 500] 72 [ 500] 74 [ 500] 75 [ 500] 76 [ 500] 79 [ 500] 80 [ 500] 81 [ 500] 82 [ 500] 83 [ 500] 84 [ 500] 85 [ 500] 86 [ 500] 87 [ 500] 88 [ 500] 91 [ 500] 92 [ 500] 93 [ 500]] /DW 1000 /Type /Font /Subtype /CIDFontType2 /BaseFont /AAAAAA+MS-Gothic /FontDescriptor 160 0 R /CIDSystemInfo << /Registry (Adobe) /Ordering (Identity) /Supplement 0>> /CIDToGIDMap /Identity>> / 157 0 obj <> 運用マニュアル 1.WEB会議システム「Zoom」の設定マニュアル (パソコン版) (スマートフォン用) 2.WEB会議システム「Zoom」の会議参加方法マニュアル (パソコン用) (スマートフォン用) 令和2年4月24日作成 栃木県医師会 . 0000000868 00000 n

����pP����t���I�aK�mL'���i��H��m7�$���$��d�h���Vp"��"`tU1��U5�8��"1t�I��l�`���ծ����v �,R�iZ�����1W:�z~���j+)"��?���m`��Qq�wgޞ�d(B����n*�����5p��x#�&�J�����D�C��+$��- K6zߴ�yiL��%�sfw�jޓ���x��T���ܺ��N��'CI��_�'aU���!Y��>�ۼ���������i|���7Q�[� endstream �|7 �?d2~?�&�]���>��S�w�9#��t]���R�*p8���r��=:�]�Z;�[ 0000000637 00000 n Web会議システム運用規則 (目的) 第1条 本規則は、2020年4月7日に発令された緊急事態宣言に伴い、本マンションの役員の健康を守るため、Web会議システムを用いた理事会を運営し、理事会活動を維持することを目的とする。 (Web会議システム) endstream 149 0 obj

<< /Size 162 /Prev 900670 /Root 150 0 R /Info 148 0 R /ID [ <4B863FA82268E7875886D971507947CB> <4B863FA82268E7875886D971507947CB>]>> 年 4月14日改正. かれた部会のWeb会議システムを利用した会議への出席については、第1号 から第5号までの規定を準用する。 資料41-2. うちの課でもウェブ会議をやってみたい! そう思って情シスに相談したら、「セキュリティの関係でダメですね」と言われてしょんぼりしていませんか? はたしてその「セキュリティの関係でダメ」は本当でしょうか? 今回はウェブ会議とセキュリティポリシーの関係を掘り下げてみます。 平成.

R� �d�h��%`Fw �xb%�Ͳ�7,���H��������8$��2�����'� J/ %PDF-1.4

149 13 271 0 obj <> endobj

Web会議導入後にやるべき2つのステップ. Copyright © My Best Pro All rights reserved. 285 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<8E9AF6A82B00564D971580D22F6175B8><860B2D686E0C48478BA052F8B0A59044>]/Index[271 31]/Info 270 0 R/Length 86/Prev 499463/Root 272 0 R/Size 302/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream この他にも先日β版がリリースされたStrapなど、今後さまざまな便利ツールが生まれてくることを予想しつつ、常に最良のツール選定をしていきたいと思っています。, 要望をもとに草案を考え、ディレクターを中心にルールをブラッシュアップ。どんな会議環境にしていきたいかを、みんなで話し合って決めました。リモートワーク以外でも使えるルールが詰まっています。, リモートワークが長期化するなか、これまで社員が抱えていたオンライン会議への要望を取りまとめて改善する必要が出てきました。LIGのWeb事業部では、暗黙のルールを言語化しつつ、社内ヒアリング、情報収集などを行い、上記のようにルールを策定しました。, 今後もストレスなくやり取りができる環境をつくることの重要性が高まってきています。この機会に環境整備やツール選定、ルールづくりを行ってみませんか。災害時や緊急事態への備えにもなります。, LIGでは、これからもリモートワーク環境を向上する取り組みを紹介していきたいと思います!, 頂いたご意見への回答は行っておりません。 151 0 obj 24.

会議システムの画面を表示.

委員の事務室. Web. 0000000015 00000 n Web会議システム運用規則 (目的) 第1条 本規則は、2020年4月7日に発令された緊急事態宣言に伴い、本マンションの役員の健康を守るため、Web会議システムを用いた理事会を運営し、理事会活動を維持することを目的とする。 (Web会議システム)

うちの課でもウェブ会議をやってみたい!そう思って情シスに相談したら、「セキュリティの関係でダメですね」と言われてしょんぼりしていませんか?はたしてその「セキュリティの関係でダメ」は本当でしょうか?今回はウェブ会議とセキュリティポリシーの関係を掘り下げてみます。, 正確には「情報セキュリティーポリシー」ですが、単に「セキュリティポリシー」と呼ぶことが多いです。今回は「セキュリティポリシー」で統一します。セキュリティポリシーは、自治体が保有する情報資産を守るため、各自治体がそれぞれの実情に合わせて自ら策定する決めごとです。したがって法令で定められたものではありません。セキュリティについては、さも「国が決めているからどうにもならない」という雰囲気を醸し出す情シスがいるかもしれませんが、それは「そう言っておけばおとなしく黙るだろう」という期待が込められたブラフにすぎません。ではなぜ「国が決めている」という雰囲気を醸し出すのでしょうか。それは「国が決めている」が半分正解だからです。セキュリティポリシーの体系は、「基本方針」「対策基準」「実施手順」の3層構造になっています。, このうち「基本方針」と「対策基準」を総称してセキュリティポリシーと呼び、セキュリティポリシーを策定する際の参考として、総務省からガイドラインが公表されています。このガイドラインを指して「国が決めている」という情シスがいるのです。ガイドラインについてもっと詳しく知りたい方は、ガイドラインの本文をご覧ください。, このように、セキュリティポリシーには参考とするガイドラインが存在することから、記載されている内容が自治体によって大きく異なることはないと思われます。したがって、ここから先はガイドラインから引用しています。, セキュリティポリシーのうち、全ての情報システムに共通のセキュリティ対策を定めたのが「対策基準」です。この対策基準の中にウェブ会議に大きく関係する記述があります。「約款による外部サービスの利用」です。, この規定では、以下の2点が求められています。①約款による外部サービスの利用に関する規定の整備②機密性2以上の情報を取り扱わない, Zoomに代表されるウェブ会議サービスを利用するには、サービス提供者が示す約款(規約)に同意する必要があります。約款は不特定多数を対象としたもののため、いかなる損害に対しても補償しない等の規定が設けられていることが一般的です。つまり、約款による外部サービスを利用するときは、サービス停止のリスク(突然使えなくなっても支障がないか)や、データの取り扱いに関するリスク(会議中に使用したデータが漏洩しても支障がないか)を考慮しなければなりません。このため、ガイドラインでは約款による外部サービスの利用に関する規定の整備と、機密性2以上の情報を取り扱わないことが求められているのです。, 情シスがウェブ会議はダメだと言う理由がおわかりいただけたでしょうか。まとめると次のような理由だと言えます。, ①総務省のガイドラインに基づいて策定したセキュリティポリシーにおいて、「約款による外部サービスの利用に関する規定」を整備しなければならないが、その規定を整備していない。②約款による外部サービスの利用では、機密性2以上の情報を取り扱ってはならないが、ウェブ会議において機密性2以上の情報を取り扱わないことを確認するのは困難, ①については、すでに規定を整備していれば問題ありませんが、ウェブ会議を対象とした規定を整備済の団体は少ないのではないでしょうか。また、規定を整備しなければならないのは情報セキュリティ管理者(=各所属長)ですので、規定の整備自体は正確には情シスの仕事ではありません。ただし、規定を整備しなくてはならない情報セキュリティ管理者との調整や、場合によっては情シスで包括的な規定を整備することも考えられますので、情シスが渋る理由になるかと思います。, 問題は②です。仕事で扱う情報のほとんどは機密性2以上の情報です。さらに人の顔は個人情報とされていますから、職員ならまだしも、外部の人が参加するウェブ会議は、顔が映っただけでアウトということになります。この機密性2以上の情報を扱えないとい点が、情シスの腰を引かせる一番の原因でしょう。, ダメだという理由だけを明らかにしても問題の解決にはなりませんので、次回はどうすればOKになるかを考察したいと思います。, コミュニケーション(疎通)とは相互に意思を伝達する技術であり、ダイアログ(対話)とは相互の合意目標を発見する工程である。いかに言葉巧みで表現豊かでも、伝達や合意を成し得なければ児戯に等しい。我々はそもそも「人は100%完全に理解できない」「人同士はわかり合えない」という前提のもとに、表現の一意性とアフォーダンス(導脈)を高め、地道に一つずつ合意形成するしかないのだ。, NPO法人 Digital Government Labs 代表理事 / 総務省地域情報化アドバイザー / 元COBOLer.

0000000788 00000 n

156 0 obj 12/08, 11/10 endstream endobj startxref

stream

本書は、「正直、まだ導入を決めかねている...」という企業担当者さまのために、知っておくべきテレワークの「これから」をまとめました。, このようなポイントの他、2020年に入ってから感染症の影響でテレワークを導入した企業の最新事例など、今後の組織体制でつい真似したくなるようなヒントも紹介しています。 << /Type /Catalog /Pages 146 0 R>>

0000000585 00000 n 参考2.

Web会議のイメージ. trailer

h�b``�```�g`e`xP� Ā B�,@ȡ���;��4��& P �g`/��y��,�A��������#���2fcp]��!��#X�{�R �D���! 返信の必要なお問い合わせはこちら, 株式会社LIG TEL : 03-6240-1253111-0056 東京都台東区小島2-20-11LIGビル 1F受付.

テレビ会議・web会議の「利用規約」とは pcで各ソフトウェアをインストールする際に必ず表示されるのが「利用規約」です。 これに同意しないとインストールすることができません。 ライセンス規定や製造物責任を意識した免責条項などについて書かれるのが通例です。 301 0 obj <>stream Web 会議ソフトウェアの接続テストやWeb 会議のリハーサル等を行う必要がある場合は、申込書に 記入したWeb 会議開始時間の30 分前から実施してください。 2. %%EOF 総務省LAN.

9�ɴ;������L!r�/?/�:RP{ �-���7�r��ܲ��#U�:�zI��!^[_*��i�e�l� c� ~x���$�u��=ޅx��ϥ]�콵�[�>����BY\͗S�.ݔ�IK'�ѹm�l0b�v����`�kNb��,b\�!��|�Xq�C���f$����!�n sp�ȷ�E�����lw԰p+9GJb̔�Sb �RB&�T�}K�,�J�M���;�Cիj�E�H�"R2��D�Id���� !k

ここではWeb会議システム導入後にやるべき2つのステップを紹介していきます。Web会議システムも気になっている方は是非参考にしてください。 ステップ1 必要な機器を手配し備えておく ぜひ、ご活用ください。, Web会議システムとは、パソコンやタブレット、スマートフォン端末などを通してインターネットを使い、遠隔地にいる相手とコミュニケーションを取ることができるITツールです。, 端末に内蔵されたマイクやカメラの映像・音声を、インターネットを使ってサーバーに送り込むことで、遠隔地にいる相手に情報が共有され、まるで実際に対面しているかのような臨場感のある通信が行える仕組みになっています。, もともとWeb会議システムは、日本全国における慢性的な労働人口の減少や働き方改革の推進の影響を受け、テレワークなどオフィスへの出社を必要としない多様な働き方の拡大によって注目を集め始めました。, インターネット環境さえあれば時間や場所を選ばない会議形態のため、テレワークで働く社員との打ち合わせや、遠方に居るため直接には会えない顧客との商談、また社員へのオンライン研修・面談など、多様なビジネスシーンで柔軟に活用できます。, ICT環境が整備され、どこでも仕事ができるようになった現在。昨今では感染症対策のために、Web会議とともにテレワークを導入する企業も目立ちます。関連記事「5分でわかる『テレワーク』とは?導入検討する方に事例を元に解説」は、テレワーク導入に必要な基礎事項を全てまとめているので、宜しければご覧ください。, 無料版と有料版で利用できる機能は異なりますが、Web会議システムには、映像と音声を届けること以外にもさまざまなお役立ち機能があります。下記では一般的なWeb会議システムに備わっている機能を簡単に紹介します。, ・外出中や移動中など、声を出しづらい状況や周りに声を聞かれたくない状況にある人でも、会議に参加できる, ・ツールを所有していない人でも、招待用のURLを送信することで、簡単に会議に参加することができる, 画面越しとはいえ、Web会議も対面で行う会議と行うことは同じです。そのため、実際に紙の資料を共有するのと同様に、自身のパソコン画面を相手に共有して、画面にメモを入れながら説明することも可能です。, また、チャット機能は相手の音声が聞こえづらくなった時の呼びかけや、相手の発言中に意見を述べたい時などに役立つといえるでしょう。, 録画機能が搭載されているツールを導入すれば、それが会議の議事録になるため、全員が会議に集中することができます。多機能を駆使することで、さらに臨場感のある会議を行うことが期待できるのではないでしょうか。, Web会議は、対面でのコミュニケーションを長い間当たり前としていた企業にとっては未知のもの。そのため、Web会議システムのツールを選ぼうとする前に、知っておくべき基本事項を7つ説明します。, テレビ会議とWeb会議は、どちらも遠隔コミュニケーションを行うためのテレワークツールです。しかし、規模感や利用場所、必要なデバイスなどが異なります。, Web会議とは映像(ビデオ)と音声を送信することで遠方の相手とのコミュニケーションを可能にするツールです。この点はテレビ会議と同様ですが、Web会議の最大の特徴は、手持ちのパソコンやスマートフォンでいつでもどこでも会話に参加できること。1対1のミーティングや社内会議、面接には最適でしょう。, 一方で、ファイルサイズの大きな画像を共有できなかったり、複数拠点での通信には弱かったりといったデメリットもあります。, テレビ会議は専用機器・専用回線を利用するため、より高画質でクリアな音声・映像をリアルタイムで配信することができます。そのため、遠く離れていても、まるで一つの同じ部屋にいるかのような臨場感を出すことが可能です。, 一方で、利用場所が専用機材(スピーカー、マイク、リモコンなど)の置いてある会議室などに限定されてしまうため、移動中に気軽に使うことはできません。, このように、Web会議とテレビ会議では、そもそも利用目的が異なることがわかります。, 「スマートフォンやモバイル端末からいつでも会議を行える」という手軽さが、テレビ会議システムにはないWeb会議システムの魅力といえるでしょう。, テレビ会議とWeb会議のより詳細な違いや活用事例については、「テレビ会議とは? Web会議との違いやよくある疑問を徹底解説」でお伝えしています。ぜひ合わせてご覧ください。, Web会議システムは、パソコンもしくはモバイル端末やタブレットなど、インターネットに接続可能なデバイスから、情報を蓄積するサーバーへアクセスすることで、情報のやり取りを行なっています。, 接続形態としては、「サーバーを自社内と自社外のどちらに置いておくか」で分けられます。サービス提供元が管理するサーバーへアクセスする「クラウド型」と、自社のネットワーク内に設定したサーバーへアクセスする「オンプレミス型」の2種類です。, 自社の規則やニーズによって、どちらのタイプを導入すべきかも異なってきます。関連ページ「『クラウド型』と『オンプレミス型』の違いについて」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。, Web会議システムには、無料版と有料版があり、主にサポートの種類や使い勝手が異なります。, 多拠点の利用ではなく、1対1のコミュニケーションにだけ利用したいケースや、とにかくお金をかけたくない場合は、無料版のWeb会議システムが適しているでしょう。, 対して、セキュリティ面で不安を抱えたくない人や、遠隔会議の環境を導入していない相手とも会議を行いたい人、またサポートが充実しているサービスを選びたいといった場合には、有料版のWeb会議システムをおすすめします。, 無料版のWeb会議ツールであれば、導入予算はかかりません。ただし、無料である分、通信速度や参加人数に上限があったり、セキュリティレベルが低かったりという欠点もあるので注意しましょう。, 有料版の場合は、サービスにより導入費用が大きく異なります。例えば5,000社以上の導入実績を誇るWeb会議システム「V-CUBE ミーティング」では、他社ツールと比べて比較的低コストで導入が可能です。, しかし、「有料のツールを導入したいが、コスト面に不安がある」という企業は少なくないでしょう。, そこで、中小企業を対象として、ITツールを新しく取り入れようとしている企業の導入費用を援助するために、経済産業省による「IT導入補助金」も実施されています。, 詳しくは公式サイト、もしくは中小企業向けにテレワークの助成金・補助金制度を解説した関連記事「感染症対策にも役立つ、テレワーク助成金制度をわかりやすく解説」をご覧ください。, 例えば東京本社の会議室で、3人が一つのデバイスから会議に参加している場合は、1ライセンスの計算となります。, 一般的なWeb会議システムでは、この同時接続する最大拠点数分の契約がタイプ毎に異なります。, ポート制は、同時接続数によるライセンス体系です。参加人数は関係なく、同じタイミングで繋ぐ端末数(パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ会議端末からの接続)でライセンス数が決まります。, ID制は、個人IDによるライセンス体系です。会議主催者がIDを契約することにより、IDに紐づく個人のWeb会議室が付与され、会議主催者が招待URLを送ることによって利用が可能となります。, 例えば、社員AがWeb会議に参加するためのURLを発行し、それを50人に配ったとしましょう。この場合のライセンスのカウントは「1」になります。会議に何人参加していようとも、会議のオーナー権限がある個人のみがライセンス対象となるからです。, 少人数や小規模でのWeb会議システムの利用を検討している場合や、外出の多い営業職など、一部の社員のみで利用をするケースにおすすめです。, Web会議システムには、ネットワークを通じて手軽に会議が行えるメリットがある一方で、セキュリティ対策がしっかりしていないと、ネットワーク上での情報漏えいやウイルス感染といった問題が生じるリスクと背中合わせでもあります。, そのためWeb会議システムには、カメラやマイクから取り込んだ音声・映像の会議データを暗号化させ、通信帯域を圧迫しないように圧縮した状態にして、送受信する仕組みが備わっています。, 自社でWeb会議システムの導入を検討する際は、下記のポイントが備わっているか必ずチェックしましょう。, 参加者のデバイスを特定するIPアドレスを開催者側で指定することで、自社とは関係のない第三者による不正アクセスを防ぐことができます。, なお、基本的にはシステム側だけではなく、使用端末自体のセキュリティを担保することが運用の前提となります。社員それぞれが持ち歩くデバイスに、セキュリティソフトのダウンロードやウイルス対策を施すよう、社内で管理を徹底しましょう。また、情報遵守のルール決めなど、社員一人ひとりの意識向上も必要です。, 絶対に漏えいしてはならない機密事項を扱うのであれば、そもそもインターネットを介すWeb会議そのものの利用を諦めた方が懸命かもしれません。, 特に、Web会議システムをテレワーカーとの連絡や打ち合わせに使う場合、よりセキュリティ対策を意識する必要があります。関連記事「テレワークのセキュリティ対策に必要な7つの施策とツールを解説」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。, 以下では、実際に導入を検討したいおすすめのWeb会議システムを5つ紹介します。紹介しているツールはどれも高品質で、国内外に多くのユーザーを持つものを厳選しています。, 対象企業:小規模企業~大手企業、自治体、大学など規模や業界問わずさまざま価格: オープン価格, 「V-CUBE ミーティング」は、Web会議システムの基本機能を取り揃えているのと同時に、低価格・高品質であることはもちろん、「導入のしやすさ」が優秀なツールです。またシンプルなデザインなので見やすく、サポートが充実しているので、誰にとっても使いやすいといえるでしょう。, ▼V-CUBE ミーティングが選ばれる理由・アンケート機能や録画機能、外国語のリアルタイム翻訳機能など、便利機能が充実・株式会社シード・プランニング「2019 ビデオ会議/Web会議の最新市場とクラウドビデオコミュニケーションの現状」で13年連続国内シェアNo.1・IPアドレス制限を設定することで、無料ツールにはない強固なセキュリティを確保できる, また、最大100拠点との同時通信が可能な上に、他の遠隔会議との連携も充実しています。, 既にテレビ会議システムを導入済みの企業は、V-CUBE ミーティングと連携させることで、複数人が在席している会議室と一個人とで繋ぐことも可能に。さらに、パソコンやタブレットがない人に対しては電話番号での招待メールを送ることで、電話会議との連携をさせることもできます。, 有名なWeb会議システムには海外生まれのツールが多い中、V-CUBE ミーティングは国内で5000社以上に導入されている安心と信頼のツールです。V-CUBE ミーティングを導入し、実際にコスト削減や業績の向上に繋げた企業事例も多くあります。詳しく知りたいという方は、無料でDLできる資料「V-CUBE ミーティング」をぜひお読みください。, Zoom ミーティングは、世界各国75万以上の企業や組織で利用されているWeb会議サービスです。, 通信速度が比較的低速なネットワーク回線でも途切れにくく、音声の途切れがほとんどありません。, Web会議の開催にライセンスを取得する必要があるのは主催者のみで、参加者は会議アドレスへ招待されることで、ブラウザから誰でもWeb会議へ参加できます。, 13年連続Web会議の国内シェアNo.1(※)を獲得しているブイキューブが提供するZoom ミーティングの有料版では、ミーティングの映像や音声を録画・録音してクラウド保存しておくことが可能です。, 投票機能やユーザー管理機能もついており、ビジネスシーンでも快適に利用することができるでしょう。, また、プランに問わずメールでのサポート体制を提供しています。エンタープライズプランでは企業に合わせて導入・運用を支援してくれるなど、利用者に最適なサポートが充実しています。, ※「2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向」調べ.