>>OBSのマイク設定方法を確認する!, ただ、その前に、テスト録画中のCPU使用率を確認するために「タスクマネージャー」を表示させましょう。, Windows10の場合、「Ctrl+Alt+Delete」の3つのキーを同時押しすると、Windowsのセキュリティのダイアログが表示されるので、「タスクマネージャー」をクリックします。, もしくは、画面下の黒い部分を右クリックする事でもタスクマネージャーを選択することが可能です。, するとタスクマネージャーを表示することができるので、「プロセス」のタブをクリックすると、以下の画像のように表示されます。, CPUが70%を超えてしまうと撮影画面がカクついたり、音声がおかしくなってしまうので、テスト録画時は赤枠のCPUの数値が70%以上にならないように確認していきます。, あと、録画した動画を見ながらカクつきが無いか、音量は大丈夫なのか確認していくので、録画の保存先を開いておくと作業がしやすいです。, OBSの画面の左上にある「ファイル→録画を表示」をクリックする事で、保存先を開けるので準備しておきましょう。, OBSの画面を見ながらゲームを操作し、タスクマネージャーのCPUを確認しましょう。, 基本的に何も動かさないとCPUは低くなり、ゲームのキャラクターを操作して画面を動かすとCPUが高まるので、実際に戦闘を行うなどキャラを動かしながら、CPUが70%を超えないかチェックしていきます。, もしも70%を超えてしまうと、録画した動画がカクついたり、音声がおかしくなるので注意しましょう。, 私のPCや設定方法の場合は、大体50%行くか行かないくらいに収まるので、これなら全然問題ありません。, ひとまずOBSの「録画終了」をクリックし、再び「設定」をクリックしてください。 check! !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? >>ゲーム実況で必要な機材と予算総額、おすすめセットを確認する!, まず最初に、高画質で録画することができると言っても、あなたが使用しているPCスペックによっては無理な場合もあるので注意が必要です。, 私が実際に使用しているゲーミングPCのスペックをお伝えしますとこのようになっています。, 特にCPU・GPU・メモリの3つに注目してほしいのですが、自分のゲーミングPCと似たようなスペックのPCをお持ちの場合は、これから解説する設定方法と同じように設定にしてもらって構いません。, ただ、私のゲーミングPCよりも低スペックなPCを使用している場合は、設定を下げる必要があるかもしれないので注意が必要です。, どの部分の設定を下げれば良いのかも解説しますので、1つ1つ設定方法を確認していって下さい。, まずはOBSにPS4やSwitchのゲーム画面を表示させる事ができていない初心者さんもいるかもしれないので、OBSにゲーム画面を映す設定を行います。, と、なってしまう方が非常に多いので簡単に解説しますが、キャプチャーボードとはPS4やswitch等の家庭用ゲーム機の画面を、PCに認識させて映す事ができる機材となっています。, 「PS4やSwitchからHDMIを直接PC(モニター)に差せばいいんじゃないの?」, と思う人もいるかもしれませんが、ゲーム画面を録画するのではなく、ただゲームをプレイするだけならこのやり方でOKです。, しかし、この状態ではモニターにゲーム画面を映せても、PCにゲームの映像や音声を認識させる事ができていないので、OBSにゲーム画面を映すことができず、録画する事ができません。, PS4やSwitchのゲームを録画したいのであれば、ゲーム画面や音声をPCに認識させるためにも、キャプチャーボードの使用は必須なので注意しましょう。, ちなみに、私の場合は「GC550」というキャプチャーボードを使っています。 @ikarushさんのツイート

さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中! WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。 check! ゲーム動画ランキング check! >>OBSのダウンロード方法&インストールのやり方を確認する!, その他ほPCやキャプチャーボードといった機材を準備していない方は、こちらのページを確認しつつ必要な物を準備してみて下さい。 check! ※録画終了をしてから設定しないと設定が反映されないので注意。, 現時点では「faster」を選択していますが、superfast~fastの間ならばそんなに画質に影響ないので、その1つ上の「veryfast」を選択し、「OK」をクリックします。, 再び「録画開始」をクリックして、ゲーム画面を動かし、タスクマネージャーでCPUの確認を行いましょう。, これでも70%を超えてしまうのなら、CPU使用のプリセットをもう1つ上の「superfast」に変更してください。, これでも70%を超えてしまうのなら、次はビットレートを12000Kbpsから下げます。, もしも7500Kbpsより下がってしまう場合は1080p/60fpsで撮影する事は諦めて、720p/60fpsに画質を設定します。, 「映像」をクリックし、出力(スケーリング)解像度を「1280×720」に変更しましょう。, このように1つ1つの設定を下げながら、CPUが70%以下になるように調整してください。, ちなみに、エンコーダを「NVIDIA NVENC H.264(new)」に設定すると、グラフィックボードでエンコードするので、エンコーダに「x264」を設定するよりもCPUにかかる負荷が少なくなります。 (現在このシリーズはGC550 PLUSという商品が主流です), 【6月10日24時間限定!5と0のつく日のエントリー&楽天カード決済でポイント7倍】【キャッシュレス5%還元店】AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス GC550 PLUS, ただ、これを使う場合はドライバーとキャプチャーソフトをインストールしないとOBSにゲーム画面が映らないので注意が必要です。, 同じものを購入した人や、すでに持っている人は以下の記事を参考に設定してみて下さい。 ー(更新版), エンドユーザー使用許諾契約書. check! OBS Studio(以下OBS)を使って、PCゲームを高画質に録画するにはどうしたらよいのでしょうか。このページで扱っているのは、 OBSで 「PC」ゲームを 録画する方法についてです。「TV」ゲームを録画する方法については、 check! 参照:【YouTubeヘルプ】アップロードする動画におすすめのエンコード設定, ゲーム実況動画を投稿するのであれば、720p~1080pあれば十分なので、赤枠の範囲内でビットレートを決めていきます。, 自分の場合は1080p/60fpsで動画撮影したいので、その場合のビットレートは12Mbps(12000Kbps)まで設定できるようになっています。 OBS Studioは主にライブ配信を行う際に使用されるアプリですが、ゲーム録画を行うことも可能です。今回はOBS Studioで高画質なゲーム録画を行う方法について、ご紹介いたします。 「OBS StudioでPS4やSwitchのゲームを高画質で録画したいけど設定方法がわからない…」, ちなみに、私自身「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営していますが、PS4のゲームを動画撮影をする時はOBSを使用しており、1080p/60fpsという高画質で録画することができております。, 特に重要な設定として、エンコーダをx264に設定すると、「NVIDIA NVENC H.264(new)」というグラボでエンコードするよりも高画質で録画できるので非常におすすめです。, なので今回は、実際の経験を元に、PS4やSwitchのゲームをプレイ時におすすめなエンコーダをx264に選んだ時のOBSの高画質録画設定方法について解説していきます!, ちなみに、OBS Studioをダウンロード&インストールしていない人は、そのやり方を解説した記事を作成しているので、こちらから確認して実際に導入してみましょう! ※グラフィックボード(GPU)が搭載されていないPCを使っている場合は選択できません。, 「x264」だと720p/60fpsまでしか録画できない状況でも、「NVIDIA NVENC H.264(new)」なら1080p/60fpsという高画質で録画できる可能性が高いので、こちらの設定を行うのもおすすめです。, ちなみに、エンコーダを「NVIDIA NVENC H.264(new)」に設定した場合の1080p/60fpsの高画質で録画する方法を解説した記事を作成しています。, PCゲームを録画する時におすすめの方法として紹介していますが、設定方法の部分だけ見てもらえれば十分理解できると思うのでチェックしてみて下さい。 このサイトはスキルもキャリアもないアラフォー底辺ニートのikarushが、「生活費をブログで稼ぎたい!」を念頭に更新している雑記ブログです。, 「誰かの役に立つ情報」を目指し発信していきますので、よろしくお願いします(*‘∀‘)ノ, 私はこれまで6年前の、Windows8が出た直後に使いだしたPCで動画編集などいろいろやっていたのですが、動作がめっぽう遅い!, 最近は動画編集のお仕事を在宅ワークで行っているのですが、動画編集ソフトの動きが悪い!ということがしばしばあり。, そんな訳で方々色々調べて、『OBSにて高画質録画するための設定方法』がわかりました!, そんな方々に今回は、OBSの設定をするだけで高画質動画の配信と同時録画がPC1台で出来る方法をご紹介します!, 今回のブログ内容ですがそもそもの初めは、自分で高性能ゲーミングマシンにてOBS録画したものが、ゲーム画面のビジュアルより大きく劣っているという現実からでした。, 当然「OBS 高画質 録画(配信)」などで検索し、有名ゲーム実況サイトや個人ブログなど見るのですが、更新日こそ最近ながらその内容は古いものばかり。, そんな中、とあるメディアさんの記事で設定を試したところ、高画質動画のYouTube配信と録画がPC1台で出来る1度にできたのです!, まずは設定方法をお伝えする前に、今回のブログに合わせて作成した動画をご覧になってください。, 今回の設定はNVIDIAグラフィックボードの『GTX(10~シリーズ)』と『RTX(20シリーズ)』を利用している方のみに適用されるものであるということ。, すべてのOBSユーザーに適用されればよかったのですが、今のところは上記2シリーズのみの設定のようです。, 利用しているPCは、現在ドスパラにて販売されている「GALLERIA XF」の基本モデルです。, ・CPU:Inter Core i7-9700K・メモリ:16GB・グラボ:GeForce RTX2070Super(8GB), OBSユーザーとして特筆すべきは冒頭の「エンコーダ:NVIDEA NVENC H.264(new)」ではないでしょうか。, これまでNVIDEA NVENC H.264(new)は画質が低いものとされ、エンコーダはx264が主流となっていました。, 私も以前のPCでの録画はx264にて録画を行っていましたが、NVIDIA GeForceのGTXシリーズおよびRTXシリーズで、OBSのバージョン23以降であれば、NVIDEA NVENC H.264(new)を利用しても画質低下にならないようです。, これはOBSのバージョン23以降で搭載された「Video Codec SDK v9.0」の機能を搭載した『新しいエンコーダである』NVIDEA NVENC H.264(new)が、GTXシリーズやRTXシリーズのグラボで「画像劣化を生まない」ものになっているということのようです。, これまでx264は高画質とされてきましたが、x264でエンコーディングするにはCPUパワーが不可欠なこともあり、「PC2台での高画質配信」が当然のものとして扱われてきました。, 今回(上記動画にて)ゲームプレイ&YouTub生配信&録画を1台のPCで行ったわけですが、超美麗動画であるかどうかはともかく、そこそこキレイな動画配信&録画ができた事は有益だと感じました。, コチラのエンコーダも、録画の時に設定したNVIDEA NVENC H.264(new)となっています。, また録画のレート制御はVBR(可変ビットレート)でしたが、配信のレート制御はVBR(固定ビットレート)となっています。, なおOBSバージョン23から新しくなったエンコーダ:NVIDEA NVENC H.264(new)ですが、x264がCPUパワーを使うように、GPU負荷が上がるそうです。, GPU負荷が上がった場合に発生する一番の問題として厄介なのはスタッター(いわゆるカクつき)です、, スタッターがどういうものか分からない方のためにも、掲載した動画に、スタッター(カクつき)が発生している動画を掲載しました。, 動画の詳細欄に「スタッター(カクつき)動画の紹介とOBS設定」の時間目次を載せましたので、そちらのクリック(orタップ)で確認いただけます。, このGPU負荷を軽減する対策としては「垂直同期(V-Sync)」の設定が良いようです。, 垂直同期(V-Sync)設定とは、ゲーム側で設定するfpsがディスプレーのリフレッシュレート(60Hzなど)を超過した際、その超過分をクリアにする機能。, ディスプレー側で表示できないフレームレートをゲーム側で発生させると、グラフィックボードではその超過分をGPU内部で処理。, もちろんOBS側のビットレートを下げることでも調整が可能ですので、この辺りご自身のPCに最適な設定を探してみると良いでしょう。, というわけで今回は、NVIDIA製GTX・RTXシリーズでのOBS高画質録画&配信設定の方法についてご紹介しました。, 詳しい設定の数値については、このブログ記事内の各見出しに画像を載せましたので、そちらを参考にしてください。, また今回ブログの内容をそのまま動画にしたものも用意しましたので、コチラの動画をご覧いただいてもブログ内容を理解いただけます。, なお今回のブログ記事作成に関して、以下の記事やブログを参考にさせていただきました。, 当ブログ記事の詳細や、もっと詳しい内容を確認したい方は、以下のリンクをご覧ください。, ASCII.jp:GeForce RTX&新NVENC、OBSで高画質ゲーム配信できるって本当?|最新パーツ性能チェック, ゲームの設定(オプション)に出てくる垂直同期(V-sync)とは? – BTO365.