不問.

1回のレッスンは60分です。  受験生を内面から変え、航空会社に好まれるように 既卒 (30) TOEIC. CAを目指している人なら各航空会社の募集要項に身長制限が設けられているのを知っている人も多いと思います。, では、身長が低いとCAになれないの?と思うかもしれません。「身長が低くてもCAになれますか?」という質問もよく受けます。, 立ち居振る舞いや英語力、コミュニケーション能力のように努力すれば身につけられる能力と違い、身長はどうしても変えることができないため、身長が低くいためにCA受験を諦めたという声も聞きます。, しかし、実は日本の航空会社の多くは募集要項に身長制限を記載していません。そのため、身長が低いからといってCA受験を諦めることはないのです。, ただ、外資系航空会社になると募集要項にもより細かな規定が記載されていることも多く、そこに〇〇cm以上と身長制限が書かれている場合がほとんどです。, それでは、実際にはどの程度の身長が必要とされているのか、CAの募集要項に記載されている身長制限の例を航空会社別にいくつかあげてみたいと思います。, これらを見てもわかるように外資系航空会社の多くは、女性CAの場合160cm前後、男性CAでは165cm以上の身長であることが求められています。, 募集要項に身長制限が記載されている航空会社の場合は、採用試験の前に身長を図り募集要項の身長に満たない場合、残念ながら次の過程に進めないというほどに身長制限を厳しくチェックしている場合もあります。, また、身長だけでなくアームリーチといって手を伸ばして届く高さの制限を設けている航空会社もあり、身長とアームリーチの両方を求められている場合には、さらに厳しくチェックされると思ってよいでしょう。, しかし、キャセイパシフィック航空や香港エクスプレスのように、アームリーチの制限はあるものの身長制限の記載がない場合には、身長が低めでもアームリーチができれば採用試験の過程を進めていくことができます。, 大韓航空やアシアナ航空では日本の航空会社と同じように身長制限の記載はなくなっており、身長が低いからといって応募できないということはありません。, また、日本の航空会社のCAの平均身長は160cmで、これは一般的な身長と言えます。, 中には153cmや154cmでCAとして乗務している現役CAもいますので、身長が低いからといってCAになれないということはないのです。, 多くの航空会社がCAの身長制限を設けている理由は、身長が低いと保安要員としてできない動作があり保安要員としての役目が果たせず、 乗客の安全を守ることができないからです。, 機内には緊急時に使用する非常用装備品があります。急病人の応急処置に使用する酸素ボンベや火災時に使用する防火防煙マスク、座席には備え付けられていない子供用のライフベストは頭上の荷物棚に、救命ボートは機内の天井など高所に収納されていることも多く、緊急時にはさっと手を伸ばして取り出さなければなりません。, また、緊急脱出時に非常口を開ける動作をスムーズに行うためにもある程度の身長が必要とされています。, ほかにも、乗客の手荷物を収納する際に身長が低いと荷物棚の奥まで整理ができませんし、離着陸前の安全確認の際には触手して荷物棚が確実にしまっていることを確認する作業が必要です。, 中には、CAのスタイルが良く見えるために身長制限があるのでは?と考える人も多いようですが、実はそうではなく、機内での安全上の理由と緊急時の対応を確実に行うために身長制限が設けられています。, 航空会社によっては募集要項をよく読むとそのように記載されている場合もありますので、どうして身長制限が必要なのかわかると思います。, 例えば、身長制限やアームリーチを設けているのは中型機や大型機を運航している航空会社がほとんどです。, 中型機や大型機はゆとりがあり広々とした空間を作るため荷物棚の位置が高く設定されています。, 手を伸ばして212cmと記載されているエミレーツ航空は超大型機A380を多数保有しており、その荷物棚やギャレーのコンテナ等に触手できるだけの身長が必要とされています。, 反対に、限られたスペースしかない小型機で運航している航空会社では高身長であると座席に座っている乗客に威圧感を与えてしまうため、身長が低めの人が好まれるという傾向もあります。, 例えば、日本の航空会社では小型機のみを運航しているANAウイングスやIBEXエアラインズ、JTAなどは155cm程度の身長でもCAとして乗務しています。, それまでの採用過程をスムーズに進めることができれば、よほど健康に問題がない限り身長が原因で不合格になることもありません。, 例えば、すらっとして見えるスーツや服装を選んだり、高めのヒールを履いたり、頭を小さく見せるためにショートやボブヘアにする。また、背筋を伸ばして姿勢を良くしたり、体力をつけたりして、全体のバランスを整え、身長が低いと思わせない工夫をしましょう。, 面接時に重要なのは第一印象ですから工夫次第で低めの身長もカバーすることもは可能です。, 私が知る155cm程度のCAは、中型機や大型機では担当区分の荷物棚に手が届かず座席の下のフットステップを使ったり、フットステップがない機材ではお客様に断って靴をぬいて座席に上がらせてもらっていたりしました。, それでも、いつも高めのヒールを履いていて姿勢を正して堂々と乗務する姿は155cmには見えませんでした。, もちろん、周りのCAと並ぶと身長の差がはっきりと見えてしまいますが、高身長でも姿勢や全体のバランスが悪い人よりも、少し身長が低めでもそれをカバーするだけの情熱を持ち、堂々と乗務を行える心持ちも大切だと思います。, また、エアラインスクールCAコンシェルジュの卒業生にも153cmと154cmで内定をもらった受講生もいます。, https://ca-concierge.net/results/interview30, https://ca-concierge.net/results/interview08, 身長が低めの人も諦めずに、身長の低さをカバーできる強みを持ってCA受験に臨んでくださいね。, ●身長以外の「条件」をより詳しく知りたい方はこちらの記事も参考になります♪ キャビンアテンダントになるための条件は? 〜気になる身長や外見・英語力など〜, JAL(日本航空)のCA&グランドスタッフ一次選考質問集(最新版)をLINE登録者に無料プレゼント!, ↑こちらをクリックしてLINE登録後、「JAL面接質問集」をお送りさせていただきます♪, 海外の大学へ留学後、旅行やビジネスコミュニケーションの仕事を経験し、日系航空会社のキャビンアテンダントへ。アジア・中東・欧州での生活経験あり。. ※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。, 各社のデータより、キャビンアテンダントの年収は400〜650万円の間となる実態が見えてきます。, 一方で、時給制の契約社員の場合は待遇面で良いとは言えない場合があり、正社員と比べると年収も低めになる傾向があることが分かります。, 各社の統計データをもとに算出すると、キャビンアテンダントの平均年収は460万円前後です。, 厚生労働省の統計調査によると、ボーナスが年間でおよそ3ヶ月とであることから、月額総支給額は31万円、ボーナスは年間90万円ほど支給されていると考えられます。, 東京都で勤務するキャビンアテンダントで、独身の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は25〜26万円ほどが見込まれます。, 現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は高めです。, 近年、キャビンアテンダントの待遇は改善傾向にあることが、こうした実態から垣間見えているといえるでしょう。, 初任給に関しては、ANA(新卒)の場合は188,221円、試用期間中は157,402円(別途諸手当あり)。※2018年度, LCC(格安航空会社)など契約社員として採用する航空会社では、初年度の年収が200万円台の人もいるようです。, キャビンアテンダントの年収は年齢とともに上がっていきます。20代のうちは年収300万円ほどですが、40代後半では800万円ほどです。, ただし、40代以降の年収がそれ以下と比較してかなり高いのは、過去の給与体系の名残りとも考えられるため、今後も同様に給与額が伸びていくとは限りません。, キャビンアテンダントの年収は、勤務先の企業の規模が大きいとやや高くなる傾向にあります。, 100人〜999人規模の事業所に勤務するキャビンアテンダントの平均年収は388万円、1000人以上規模は597万円、10人以上規模平均は496万円です。, ※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。, 女性が中心の職場であることから、女性が働きやすい制度を整えることが重視される傾向があります。, 代わって、国内線中心のフライトに変更するなど、働きやすさを考慮した制度も導入されています。, たしかに、平成30年の平均年収は614万円程度。平成13年には679万円だったことを考えると、かなりダウンしていることになります。, 正社員になっても各航空会社の経営状況が厳しいのは変わらず、この先も急激に年収が増えることを期待するのは難しいといえるでしょう。, しかし、近年ではJALの業績が回復し、ボーナスが復活するなど明るいニュースも聞かれます。, また、国際線であれば、仕事でさまざまな国に行くことができるなど、給与以外の面でキャビンアテンダントならではの恩恵を受けることもできます。, キャビンアテンダントの雇用形態については、新卒から数年間は契約社員となることが前提だった時代があるため、現在もなお「新卒採用後、数年間は契約社員」といった情報を見かけることがあります。, しかし、2014年にANAが新卒の正社員採用を開始したことを皮切りに、JALやスターフライヤーといった航空会社が相次いで正社員化に踏み切りました。, 現在でも、LCCなど一部の航空会社では契約社員からスタートの場合がありますが、「キャビンアテンダントは契約社員からキャリアをスタート」というかつての業界の常識は崩れつつあるといえるでしょう。, 国際線は国内線と比べてフライトが長時間にわたる傾向があるため、勤務時間が長くなりやすいのが特徴です。, そのため、乗務手当が支給される時間が国内線よりも長くなりがちなことから、その分が給料に反映されるケースはあります。, こうした勤務のあとには最短でも2日以上の連休を取得する制度があるなど、国際線ならではの労働条件が整備されています。, 正社員前提でのキャビンアテンダント新卒採用を業界に先駆けてスタートさせるなど、女性の働きやすさに配慮する航空会社として知られています。, JALやANAと比べると小規模ですが、独自のサービスによる高い顧客満足度で知られ、新卒採用においても人気企業のひとつとなっています。, キャビンアテンダントは、かつては採用条件として身長が一定以上の高さであることなどの要件が入っていた時代もありましたが、現在では能力を公平に評価する仕組みが整えられています。, キャビンアテンダントが収入を上げるためには、大きくわけて「キャリアアップ」と「転職」の2通りの方法があります。, 社内での勤務経験を積むことで、国内線乗務から国際線乗務、さらにファーストクラスの担当を目指します。, また、「リードキャビンアテンダント」「チーフキャビンアテンダント」といったキャリアを経て、将来的に管理職を目指す方法もあります。役職に就けば役職手当がつきますので、年収アップに着実につながるルートといえます。, 近年、各航空会社は発着回数を増やすことで顧客の利便性を高めるなどの試みをしていることから、キャビンアテンダントは人手不足の傾向があります。, キャビンアテンダントの平均年収は460万円前後ですが、勤める企業の規模や国際線か国内線か、また、役職の有無などによって大きく変わります。, 収入を延ばしたい場合は、経験を重ねて将来的に管理職を目指したり、よりよい待遇の航空会社への転職を検討するとよいでしょう。, 搭乗手続きから乗客の案内まで空港での接客業務を行い、安全・安心なフライトを実現する。.