最近悩みに悩んでブログを始めてみました。

モットーは、#俺たちのサッカー印象論 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サッカーについての記事、スポーツ理学療法や、徒手療法、その他いろいろな自分の勉強したことや、自己管理をしていくための方法など色々な情報を投稿をしていこうと思っています。. ©Copyright2020 サッカー好きな理学療法士が紹介する自己管理方法と雑記ブログ.All Rights Reserved.

©Copyright2020 週末世界のFootbool.All Rights Reserved. チームやカテゴリーに偏りのない、そんなサイト構築を目指して執筆活動に勤しんでおります。 湘南から移籍してきた、左サイドのスペシャリスト。 仙台から移籍してきた永戸とのハイレベルなサイドバック争いが待っているが、その結果がどうなるのか? ... 2018シーズンj1・j2期待の若手選手.

今回紹介した中から将来の日本代表選手もいるかもしれないので是非チェックしてみてください。, J1リーグ注目の若手2019年度版〜活躍を期待されるJ1チーム所属の新人・若手選手〜, J2リーグ注目の若手2019年度版〜活躍を期待されるJ2チーム所属の新人・若手選手〜.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 守備的な中盤とセンターバックが出来る選手で、3バックシステムのコンサドーレでは、かなり重宝されそう。, 対人の守備はもちろん、足元の技術もしっかりしており、ポリバレントな能力も持っていることから、しっかり持ち味を出せれば、開幕スタメンの可能性もありそうな選手。, 昨シーズンは出場機会を多くつかめなかったが、オリンピック出場の為にはまずはチームで結果を残したい。, 仙台から移籍してきた永戸とのハイレベルなサイドバック争いが待っているが、その結果がどうなるのか?, 高さとスピードがあり、足元の技術もしっかりしていると評価されており、レイソルのサッカーに順応し、試合出場を続けられれば、東京オリンピックへの道も見えてくるかもしれません。, 技術は一級品で、ゴール前に飛び込んでいく嗅覚のようなものもこの一年でぐっと伸びており、上手くはまれば、開幕から出場もあるかも?, オリンピックアジア予選では、世界で戦う上での経験不足を露呈してしまったが、その悔しさを糧に、今シーズンは更に飛躍する年にしたいところ。, 身長は大きくないですが、フィジカルを活かしたドリブルとシュート力が魅力の選手です。, オリンピック代表争いでは、ポジション的にかなり激戦のポジションになるので、まずは川崎でのポジション獲得を目指さないといけません。, 家長や成長著しい長谷川、斉藤学などアタッカーが豊富な川崎においてポジションを掴むのは容易ではないと思いますが、持ち味を出せれば十分に可能性はあると思うので、注目してみてください。, 現在横浜には、パクイルギュが正GKとして君臨し、昨シーズンは優勝の立役者となった。, 現在横浜のゴールキーパーは機動力が重視されやすい気がしますが、身長の優位性を示し、横浜のサッカーに順応できれば、ポテンシャルは高いので、チャンスは出てくる可能性はあります。, オリンピック代表になるには大迫の牙城を崩さないといけないので、まずはチームでのレギュラーを獲得することが重要になってくると思います。, 札幌では出場機会をあまり掴めなかったので、東京五輪にむけて、是が非でも出場機会を増やしたいところ。, スピードもあり、走り切ることが出来る選手なので、湘南のサッカーには適応すると思います。, 湘南ではシャドーで出場する機会が増えると思うので、ゴールという目に見えた結果に期待したい。, 2019シーズンは、特別指定選手ながら21試合に出場し、6ゴール5アシストを記録。, 1月のアジアでの戦いでは悔しい思いをした分、オリンピックに出場するためには何が足りないか感じ取ったはず。, 中谷、丸山の牙城を崩して、名古屋生え抜きの選手として、チームの中心選手になっていけるのか注目です。, 2019シーズンは17試合に出場し1ゴールを記録、背番号も34番から14番に変わり期待値の高さが伺えます。, ガンバにはお手本になるプレーヤーが多くいますので、たくさん吸収してガンバの主力をはってほしいですね。, 五輪代表でもポリバレント性は重要になるところなので、試合に出ればその辺が評価され、招集されることもあるかもしれませんね。, 神奈川桐光学園から新加入の選手で、2024年のパリ五輪の資格をもつ選手の一人。もちろん東京五輪も飛び級で狙っている選手。, 特徴は、スピードを活かしたドリブルですが、攻撃的なポジションなら、どこでもプレーすることが出来ます。, 将来の日本を背負うであろう選手の一人であることは間違いないので、注目してみてください。, 昨シーズンは途中から京都へ育成型期限付き移籍していたが、今シーズンは復帰となりました。, プレーは天才肌のプレーヤーと言われており、ドリブルやパスも相手の意表を突くプレーも見せます。, 同じポジションのポドルスキが退団したので、アピールに成功すればチャンスが回ってくるかもしれません。, 生活面の悪さを指摘されていることも多いので、生活面をしっかりさせて是非活躍してほしいです。, 2019年シーズンは高校3年生ながら23試合に出場し、レギュラーとして活躍しました。, 今シーズンは高校も卒業し、プロ生活に集中できる環境なので、更なる飛躍も期待できます。, 大分トリニータ生え抜きの選手で、J3からステップアップしていったチームと共に評価を高めていった選手です。, 昨シーズンはコパアメリカの日本代表にも選出され、オリンピック代表候補としても期待されています。, 守備的なポジションであればどこでもこなせるポリバレントな能力を持っており、大分では3バックの一角を務めていますが、毎年アシストを記録しているという異色な存在です。, 守備の能力が高く、攻撃のスイッチにもなれる存在なので、かなり重宝される存在ですね。, 大分の躍進にはこの選手の活躍が必要不可欠だと思いますので、試合を見る際は是非チェックしてみてください。, 今回紹介した選手の中で何人の選手が東京五輪代表に選ばれるかわかりませんが、まずはチームでの結果が必要不可欠なので、それぞれ頑張ってほしいですね。. 趣味はスポーツ観戦(サッカーばっかりですが) 特に、左サイドバックは昔から言われていることで、左利きのサイドバックがいないことが長年の課題となっていますよね?, 長友佑都が台頭し、長年、サッカー日本代表の左サイドバックを務めてきましたが、年齢を考えると次世代の選手が台頭してきてほしい。, そこで、今回は、サッカー日本代表のサイドバック事情について書いていきたいと思います。, 長友佑都と酒井宏樹が「スコアラーWB」になれるか。3-4-2-1採用時の日本代表が得点力を上げる鍵は?, https://t.co/t0cWNRZfhR#森保ジャパン #キリンチャレンジカップ2019 pic.twitter.com/zy3EWDb3cd, 現在のサッカー日本代表は右サイドバックは酒井宏樹、左サイドバックは長友佑都が君臨していますね。, 室屋成がいるので安心だと思いますが、室屋成も年齢的に中堅どころなので、一つ下の年齢層で出てきてほしいという気持ちがあります。, ※菅原由勢が出てきたので安心はしています。伸びしろが大きい選手なので、AZでの活躍に期待です。, 左右両方できるので、どちらで起用されても大丈夫!親善試合では、左ウイングバックで起用されました。, 右利きの右サイドバックは多く出てくる可能性があるので、期待はできるでしょう!(たぶん), 問題なのが、左サイドバック。現在のサッカー日本代表の左サイドバックは長友佑都がいますが、純粋な左利きではありません。, 努力をしてきた結果、あれだけの選手になったのですが、サッカー日本代表だけでなく、Jリーグのクラブを見ても左利きのサイドバックは少ない。, 聞き足の問題だけでなく、守備面で不安がある選手なので、守備面を強化していかないと厳しいかもしれません。, 佐々木翔も起用されていますが、右利きの選手でありますし、サッカー日本代表の試合を見ていると攻撃面では望めないのかなと思われます。, 森保監督が好むフォーメーションで、今後もオプションの1つとして使ってくるでしょう。, ※3バックの場合は、サイドバックではなく、ウイングバックというポジションになります。, 右のウイングバックは、伊東純也がおり、持ち前のスピードと精度が上がったクロスでチャンスを作り出してくれます。, ベルギーに渡ってから、プレーの幅が広がり、サッカー日本代表でも違いを作り出してくれる選手。, 守備面では問題がないのですが、利き足が右なので、攻撃時にはカットインをする傾向に。, 悪いことではないのですが、原口元気がカットインをすることで中央に固まってしまう恐れがあります。, 親善試合カメルーン戦で散々やられていたので、ポジショニングと守備力が向上しないと弱点として狙われるでしょう。, 4バック、3バック時のサッカー日本代表のサイドバック、ウイングバック事情を書いてみました。, 誰かいないのか?と思い、私見ではありますが、サッカー日本代表の左サイドバック、ウイングバックに推したい選手を書いてみます。, やはり、左利きの選手が私は良いと思いますので、左利きの選手を紹介したいと思います。, パンチ力のあるミドルシュートもあり、サッカー日本代表の攻撃のオプションを増やしてくれると思われます。, 杉岡大暉は、コパ・アメリカも経験しましたし、サッカー日本代表の左サイドバックのポジションに名乗り出てくることでしょう。, 応援ありがとうございました! 浦和での初ゴール⚽️ 自分らしいゴールだったと思います! 連戦が続くのでいい準備を #LEFT #LEFTISMINE #初ゴール #次は埼スタで #浦和レッズ #urawareds, 山中 亮輔(@yamanaka_ryosuke24)がシェアした投稿 – 2020年 9月月24日午前1時55分PDT, ただ、サッカー日本代表にはないプレースタイルの持ち主なので、周囲の理解がないと使いづらいかもしれません・・・。, 攻撃力は魅力的ですが、山中亮輔を左サイドバックに入れると、左サイドが大きな弱点になりかねない。, 今日も沢山の応援ありがとうございました! 皆さんを準決勝、決勝という舞台に連れて行けず申し訳ありませんでした。 この悔しさは一生忘れることは無いと思います! 土曜日にはすぐリーグ戦があるので、それまでに気持ちを切り替えて応援してくれている皆さんに勝利を届けれるよう100%の力を出していきたいと思いますので、引き続き熱い応援よろしくお願いします!, 福森晃斗/AKITO FUKUMORI(@akito.f)がシェアした投稿 – 2020年 9月月2日午前7時14分PDT, 何より、左利きであることと高精度のキックが魅力的。DFながら、FK、CKも蹴られるという異色の存在。, サッカー日本代表のセットプレーからの得点数が減っているので、福森晃斗が入れば、セットプレーからの得点が増えるはず。, 引用:https://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00173633/, 永戸勝也のクロスはスピードがあるため、相手選手が対応しづらく、こぼれたとしてもチャンスになります。, 一覧を見てみると、左利きの左サイドバックが出てくることは難しいので、コンバートするしかないのかもしれません。, 人材難と言われている左サイドは深刻です。候補はいますが、長友佑都の後継者と呼べるレベルでないことが痛い。, 下の年代で、スキルが高い選手は多いので、素晴らしいサイドバック、ウイングバックが出てきそうな気はします。, 長友佑都、酒井宏樹だけでなく、その後ろに控える選手を脅かす人が出てきてほしいものです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.