Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved. More fun means more technology. 7z uses plugins to handle archives. このオプションは古い Fullfree PRO (Ver.2.2.0未満) のためだけにあります。, 初期費用: 44,000 円 ・・・ Fullfree PRO x 5(有料スペースを使うには PRO が必要), 初期費用: 176,000 円 ・・・ Fullfree PRO x 20(有料スペースを使うには PRO が必要).

畳み込み処理を行う(, 人間に認識できる図形に関する様々な性質を研究する数学の分野としてとくに古代ギリシャにて独自に発達し、これらのおもな成果は紀元前300年ごろ, 古代ギリシャの歴史家ヘロドトスの記録では、エジプトでは毎年春になるとナイル川が氾濫し、エジプトの砂漠に農耕を可能にする河土を運んでくるが、, 幾何学(ユークリッド幾何学)の場となる平面や空間、およびその高次元への一般化である。, 「ユークリッド的」という修飾辞は、これらの空間が非ユークリッド幾何やアインシュタインの相対性理論に出てくるような, 現代的な観点では、ユークリッド空間は各次元に本質的に一つだけ存在すると考えられる。, いくつかのベクトルを何倍かしたものを足し合わせたものを、それらのベクトルの線型結合というのである。, 1次元のアフィン空間はアフィン直線、2次元のアフィン空間はアフィン平面と呼ばれる。, アフィン空間では点の差としてベクトルを得たり、点にベクトルを加えて他の点を得たりすることはできるが、点をくわえることはできない。また特に、どの点が原点を与えるのかを認識することができない。, 太郎さんは本当の原点 O が何処なのか知っていて、権兵衛さんは別の P と呼ばれる点が原点だと思っているという状況を想像してみよう。, 権兵衛さんは自分の思う a + b を求めるために、P から A へ矢印を引き、P から B へ別の矢印を引いてできる平行四辺形の対角線を考えることになる, 同様に、a と b(あるいはもっと多くの有限個のベクトルの集合)の任意の線型結合について評価を行ったとき、太郎さんと権兵衛さんは一般には異なる答えを導き出すことになる, その線型結合の係数の和が 1 であるような場合には、太郎さんと権兵衛さんの答えは一致する, 権兵衛さんは「アフィン構造」(つまり係数の和が 1 の線型結合として定義されるアフィン結合の値)しか知らないが、太郎さんは「線型構造」と「アフィン構造」の両方を知っているということにある。(詳しくは, ベクトル空間における線型結合の特別の場合であって、主に(ユークリッド空間などの)アフィン空間に対して用いられ、したがってこの概念はユークリッド幾何学において重要となる。, 与えられた体 K 上のベクトル空間 V において、その元 x1, …, xn の α1, …, αn を係数とする, 幾何学におけるアフィン写像(アフィンしゃぞう、英語: affine map)はベクトル空間(厳密にはアフィン空間)の間で定義される、, アフィン変換は線型変換(回転、拡大縮小、剪断(せん断))と平行移動の組み合わせである。, 共線性: (任意の)同一直線上にある3点のアフィン変換による像は、やはり同一直線上にある3点となる。, 線分比: 同一直線上にある3点 p1, p2, p3 に対して、比は変換後も変わらない。, you can read useful information later efficiently. Indo-European cognates include Old Church Slavonic плънъ (plŭnŭ), Latin plēnus, Ancient Greek πλήρης (plḗrēs) and πλέως (pléōs), Old Irish lán, and Sanskrit पूर्ण (pūrṇa). Fullfree は無料(フリーソフト)です。ユーザー登録などはありません。ダウンロードして自由にお使い下さい。バージョンアップも無料です。より新しいバージョンを再インストールするとバージョンアップされ、今までのデータはそのまま使えます。(後方互換を維持), Fullfree は Windows のソフトウェアです。Windows 7 以降のパソコンでご利用頂けます。, ※CTIシステムをご利用になるには、電話会社とナンバーディスプレイ契約が必要です。, Fullfree PRO は Fullfree の上位版(有料)です。Fullfree をアップグレードすることで Fullfree PRO になります。アップグレード方法はこちらをご覧下さい。Fullfree PRO のライセンスは買い切りです。一度購入頂くと、パソコンを替えても引き継ぐことが出来ます。バージョンアップは無料です。, Fullfree と Fullfree PRO との比較は下記の通りです。Fullfree PRO のほとんどの機能が Fullfree でも利用可能です。, (*1) 月間の着信件数をオーバーすると、当月は着信ポップアップの表示やCTI連携がされなくなります。CTI 以外の機能はそのままお使い頂けます。通話も可能です。翌月になるとリセットされ、また着信ポップアップやCTI連携が出来るようになります。, (*2) スタンドアロンモードは、データ共有機能を使わない時の動作モードです。複数ユーザでの同時利用は出来ません。データ共有機能を使うとクラウドモードで動作し、Fullfree, Fullfree PRO 共、複数ユーザでの同時利用・同時編集が実現できます。, (*3) ファイルそのものは保存出来ませんが、ファイルをレコードに関連づけることは可能です。, データ共有機能で利用する共有スペースには、無料スペースと有料スペースがあります。違いは下記の通りです。有料スペースは月額です。購入方法はこちらです。尚、データ共有機能を使わない場合は、データベースはパソコンに保存されます。, 有料スペースにアクセス出来るのは Fullfree PRO のみです。そのため、有料スペースをお使い頂くには、ご利用台数分の Fullfree PRO のライセンスが必要です。, 尚、拠点数の制限はありません。1店舗で5台利用することも、5店舗で1台ずつ利用することも可能です。無料からの格安で店舗間での情報共有が出来ます。, (*4) 契約するパソコンの台数によって価格は変わります。1台 → 1,320円、2~5台 → 880円、6台以上 → 550円(税込) です。4 または 5 台の場合は、6 台で契約した方が安くなります。, (*5) 月間接続時間をオーバーすると、当月はそのスペースに保存された共有DBにアクセス出来なくなります。翌月になるとカウンターがリセットされ、またアクセス出来るようになります。, 共有スペースを利用すると、データベースはマイクロソフト社のクラウド Microsoft Azure に保存されますが、利用者の方が個別に Azure の契約をする必要はありません。上記の費用は Azure の利用分を含んでいます。, Fullfree PRO でも容量が足りないという場合は、オプションをご利用ください。オプションは月額です。, (*6) 「CTI着信数最大」オプションは、最新の Fullfree では不要です。Ver.2.2.0 以上の Fullfree PRO では無制限になっています。このオプションは古い Fullfree PRO (Ver.2.2.0未満) のためだけにあります。バージョンアップは無料のためバージョンアップをお勧めします。. All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency.