エイムを上達させる. 【初心者~中級者向け】FPS上達法 エイム・立ち回りのコツ・練習法や設定など隅々を... 他の記事一覧はこちら 【PC・PS4・Switch・スマホ】全てのハード(ゲーム機)、全てのFPSやTPSゲームに言える内容を紹介しています。※メインはFPS どうも、きつね9(ナイン)です。今回の記事はFPSの上達法をまとめた記事で、本気でFPSが上手くなりたい人に向... 【初心者~中級者向け】FPS上達法 エイム・立ち回りのコツ・練習法や設定など隅々を解説, 【FPS上達法】①考え方編 FPSが上手い人の共通点/特徴「学習していく奴が強い」, FPSの命「トラッキングエイム(追いエイム)」と「フリックエイム」のコツと練習法のまとめ, エイム練習用ゲーム「KovaaK 2.0: The Meta FPS Aim Trainer」のおすすめマップと設定方法, 【無料~1010円】FPSのエイム練習に1番おすすめな「PC用ゲームソフト」6本比較!, 【FPS上達法】友達のPCゲーム環境を指摘しただけでキルレが0.8から1.5になった話. 【fps上達法】⑥環境と設定編 「fps上手くなるには環境を整えてから」 2019.09.22 FPS , デバイス , 上達法 , 中級者 , 入門者 , Apex Legendsがリリースされて早いもので1年が過ぎましたね!そこで今回は、「周りが猛者だらけで勝てない」「Apex Legendsやり始め」「FPS初心者」「AIM(エイム)が思うようにうまくいかない」という初心者向けに書いていこうと思います! "キャラコンの重要性" に。中指と薬指を固定してギプスをしていたのでsキーとしゃがみキー、シフトキーが全く押せず、壁際(バイオのlなど)の戦いの勝率がかなり下がりました。引くことができず、体が出すぎてしまったためです。 主に趣味に関することを書いていくつもりです。 とりあえず最初はプレイしていて疲れない感度を設定しておきましょう。最終的には自分がやりやすい感度が一番です。, 丁度良い感度を見つけたら次は「リコイルコントロール」を練習しましょう。リコイルコントロールとは「武器の反動を制御し敵に照準を合わせ続けること」です。, それぞれの武器には固有の反動パターンがあり、基本的にはどんなFPSでも火力の高い武器は反動が強く、火力の低い武器は反動が弱いです。 エイムを上達させることでキル能力が上がります。 キルがたくさん取れるようになると急にこのゲームが楽しくなるのでエイムは上達させましょう。 マウス感度を最適なものにする. ゲームの世界でも目的の方向にしっかり視点を向けて見ることを意識してください。, マウス感度を合わせ、リコイルコントロールの練習もしたら、最後にヘッドショットを狙えるようになれば「射撃」は完璧です。 正確に言えば、マウス感度とリコイルコントロールを習得できれば自然とヘッドショットが狙えるようになっているのです。, マウス感度が合っていれば敵の頭に照準を合わせられるようになっていますし、リコイルコントロールができれば狙った場所に着弾させることができるからです。 そういう意味ではヘッドショットを当てるコツなどはありません。, あとはゲームを何度もやって、敵にAIMを合わせる→リコイルコントロールしながら撃つという一連の流れを素早くできるようになるだけです。, ちなみに、ヘッドショットダメージはボディショットダメージの2倍です。当然ながらヘッドショットを狙えたほうが強いです。, 関連記事 FPS講師が教えるエイム上達講座 下手な人でも意識と考え方でエイムが上手くなる!, FPSではただ移動している時でも常に隠れやすい位置を歩いたり、敵の居そうな位置を警戒して索敵をしたりすることが重要です。, 上記の画像では赤い丸が敵が出てこないか特に警戒する位置、緑の丸は音で判断する位置です。この画像の視点のまま前進してしまうと急に飛び出してきた敵との撃ち合いで不利になってしまいます。緑の位置から出てくる敵は動作音を立てるので、音がして初めて意識すればOK。それまでは赤の位置が警戒対象なので、赤の位置を視点の中心に置きましょう。, 安物のイヤホンだと敵の動作音に気付けない場合があります。敵がいるのにその動作音がよく聞こえない、という方はゲーミングヘッドセットやゲーミングイヤホンを使ってみましょう。, 関連記事 FPSにおすすめなゲーミングヘッドセットまとめ 敵の足音を絶対に聞き逃したくない人必見, 例えば街を歩いてる時、絶対に敵が出てこない壁に照準を合わせるのではなく、敵が飛び出してくる「かもしれない」曲がり角に照準を合わせて歩きましょう。 瞬時に敵にAIMできる人なら複数の場所を同時に見るために中間の壁に照準を合わせておくこともありますが、まずは1つの場所に照準を合わせて警戒することをおすすめします。 この記事はFPSが苦手な人や初心者に向けて書いています。 『Apex Legends』を上手くなりたいけど練習方法がわからないという人は数多くいるでしょう。 『Apex Legends』は初心者でも楽しめるカジュアルなゲームですが、本気で上手くなりたいと思うと途端にハードコアなゲームと化します。 Twitter:@matarinxx

『Apex Legends』を上手くなりたいけど練習方法がわからないという人は数多くいるでしょう。, 『Apex Legends』は初心者でも楽しめるカジュアルなゲームですが、本気で上手くなりたいと思うと途端にハードコアなゲームと化します。アビリティの使い方、グレネードの使い方、AIM、移動するタイミング、索敵の方法……練習すべき要素が多すぎて初心者は何から練習すればいいのかわかりません。, この記事では多数のゲームタイトルでプロゲーミングチームに所属してきたkgbbb(@LX_once)が初心者向けに「どうしたら『Apex Legends』を上手くなれるのか」をテーマに基礎中の基礎から解説していきます。, この2つさえ抑えておけば初心者でもチャンピオンを取れます。 バトルロイヤルというルールは最後の2チームまで生き残り、自分たち以外の1チームを倒せばそれだけで勝ちです。 最後の2チームまで生き残るための「立ち回り」と、残る1チームを倒すための「AIM」を練習するのがチャンピオンへの近道、ということです。, PC版でプレイしている人は最低限のスペックが必要なので、ApexのゲーミングPC記事を参考にしてください。, 感度設定、リコイルコントロール、キャラクター操作について動画で解説しています。記事と併せて参考にしてください!, 敵に弾を当てるためにはマウスやコントローラーの感度を調整することが最重要です。 操作感度は高ければ高いほど有利と言われています。なぜ高感度が有利かというと、視点を操作する動作をコンパクトにすることができ、最小限の動きで多くの場所を見ることができるため低感度のプレイヤーよりも敵に反応しやすい、という理由です。 低い感度のプレイヤーがマウスを40cm動かして後ろを振り向くのに対し、高い感度のプレイヤーはマウスを5cm動かしただけで振り向ける、と言われると理解しやすいかもしれません。, ですが、素早く反応できても敵に照準を合わせることができなければ意味がありません。 たとえば壁と壁の隙間に見えている敵を撃ち抜こうと思ったら、振り向き40cm(低感度)設定なら5cm範囲の動きの中で敵にAIMを合わせればいいのに対し、振り向き5cm(高感度)設定だと1cm範囲の微妙な動きの中で敵にAIMを合わせなければなりません。つまり、高感度設定なほど精密な操作を要求されるということです。, ちなみにプロゲーマーでも「自分にはどの感度が合っているのか」の正解を探しながらプレイしている人は多いです。むしろ、やりこめばやりこむほど感度をいじりたくなるものです。, 練習で上手く操作できても試合では力んでしまい感覚が変わることもあるので、試合を通して自分に合った感度を探していきましょう。

ブログ:. 今回はFPSやTPSをするうえで絶対に欠かせないエイムを練習するゲームを紹介しています。, 理由は、CSGOのリコイル練習もでき、移動速度やマップもそのままで練習出来るので全面的に上達できます。それに、CSGOはエイム練習用のMAPをプレイできるので超おすすめ。, FortniteもApex LegendsもRainbow Six Siegeも同様で、自分が上達したいゲームで練習するのが一番です。, しかし、Rainbow Six Siegeは練習モードが無く、テロハントで敵を倒したり、壁撃ちをするしか練習方法がありません。そういった場合は練習内容が限られてくるのであまり練習にならなかったりします。そういったゲームではエイム練習用のゲームをするのをおすすめします。, 一言で分かりやすく言えば、Aim Heroの劣化版です。なので紹介は省略しますwww, ・Aim LabやKovaaK’s FPS Aim Trainerと比べるとモードがかなり少ない, ・最近のアップデートでハンドガン以外の弾がバラけるようになった、設定で変えることは不可(多分)(アップデートで武器のリコイルを設定できるようになり、弾がバラけるのを消すことも可能), Aim Heroは設定も触りやすくシンプルで使いやすいので気軽にやる時に使用しています。, KovaaK’s FPS Aim Trainerはとにかく超高難易度~超低難易度、種類も超シンプル~超特殊なもの、なんでも揃っている(なんなら自作も可能…), それに一回のプレイが終了する度に世界ランキングが表示されるので自分の成長が目に見て実感できるため、メインで使用しています。, 他の記事一覧はこちら   エイム(AIM)とは:照準を敵に合わせること   ADS(Aim Down Sight)とは:サイトを覗き込むこと[…], 他の記事一覧はこちら   【PC・PS4・Switch・スマホ】全てのハード(ゲーム機)、全てのFPSやTPSゲームに言える内容を紹介してい[…], 他の記事一覧はこちら   どうも、きつね9(ナイン)です。 今回は人によって大きく異なる、考え方、心得について話したいと思います。 心得/マ[…], 他の記事一覧はこちら   デバイスを良いものに変えれば当然有利になります。でも揃えるとなるとお金が結構かかってきます。 凄く高いものは買わな[…], 他の記事一覧はこちら 環境や設定というのはとても大事で、設定の内容は人それぞれです、良く、プロゲーマーの設定を真似してる人が多いですが、なぜその設定に[…], Apex Legends・R6S・Paladins・OW・COD MW・CS:GO・TF2. おはようございます。hysです。コラボ記事に早速反応いただき、ありがとうございました。 おかげで、新たなコラボ企画も思い付きそうなので、これは特別編ということで実現したいなと思います。お楽しみに。 コラボ 企画 さて本日は、成長記書いていくのですが、ついにランクマッチ編です。 【初心者必見】プロが教える『Apex Legends』上達講座 勝てない人はエイムと立ち回りを練習しよう, マウス感度とリコイルコントロールを習得できれば自然とヘッドショットが狙えるようになっている, 【2020年最新】『Apex Legends』おすすめゲーミングPC 「高画質60fps」「144fps」「240fps」で人気バトロワゲームを遊び尽くそう, FPSにおすすめなゲーミングヘッドセットまとめ 敵の足音を絶対に聞き逃したくない人必見, 【上級者への道】プロが教える『Apex Legends』必勝法 安定してチャンピオンになるために意識すべきこと, プロが教える『Apex Legends』キルムーブ講座 安定して2000ダメージ(ハンマー)を狙うために意識するべきこと, 『Apex Legends』で勝ちたい人にはゲーミングモニターをおすすめします【144hz / 240hz】, 【2020年最新】ネット回線弱者必見! FPSゲーマーにおすすめの光回線を徹底解説! 通信速度の目安も紹介.

反動が強い武器は撃っている間にAIMが上下左右にブレるので、AIMがブレる方向と逆方向にマウスやスティックを傾けて敵にAIMを合わせ続けなければなりません。, 全ての武器でリコイルコントロールの練習をする必要はありません。強い武器や、自分がよく使うお気に入りの武器を使って練習してみましょう。, 武器の反動には「縦ブレ」と「横ブレ」があります。文字通り銃がブレる方向のことです。「縦ブレ」は縦に跳ね上がる銃に対してマウスやスティックを下方向に引けば制御できますが、「横ブレ」は制御しにくいです。, 最初の練習は、縦ブレを抑えながら(銃口を下に下げながら)銃を撃って30発程度をまっすぐ飛ばせるくらいの感覚を掴むことです。 敵との距離が離れるほどリコイルコントロールが難しくなります。5発撃ったら反動を鎮めてまた5発撃ったり、1発ずつ弾を撃つなどして反動の制御を練習しましょう。, 制御しにくい横ブレはいきなり制御しようと考えるのではなく、まずは横ブレが気にならない距離感を覚えましょう。 横ブレがひどくて弾が当たらない遠距離では単発撃ち、または数発毎に区切るなどして感覚を掴みましょう。最終的にはブレやすいフルオート撃ちであっても横ブレしたらすぐに修正するという動作を入れながらそれなりに敵に当たるようになります。, キーボード操作だけでキャラクターを動かすのではなく、視点操作と合わせて動くことでよりスムーズに動くことができます。, 自分が現実世界で物を取ろうとする、曲がろうとする時など行動一つ一つにちゃんと目線を持っていくと思います。

Copyright © 2020 HARDMODE | ハードモードはPCゲーマーに特化したWEBメディア.

All Rights Reserved. 上記の画像のように視点を下げてしまうとAIMが難しくなるので、初心者の方は「とにかく前を向く」ことを意識しましょう。, 複数の場所を監視していると、敵が急に飛び出してきたときに今照準を合わせている場所から敵の位置まで一瞬で視点を動かしてAIMしなければなりません。 それができれば見栄えのするかっこいいキルを取れることでしょう。ですが、まずは基本をしっかり覚えましょう。基本は何もかもを楽にしてくれます。 急に敵が出てきてやられて「今のは仕方ない」となるのではなく、敵が顔を出す「かもしれない」場所に照準を合わせながら歩いて、撃ち勝てる可能性を少しでも上げましょう。, 索敵がうまいプレイヤーは、運良くたまたま敵を見つけているわけではありません。 安全地帯やマップの構造から他のプレイヤーの通り道を予想し、その通り道を重点的に警戒して索敵しているのです。, 索敵が正確にできるようになれば『ここにいたら挟まれてしまうかもしれない』『あそこのチームがこの道から来た敵とぶつかるからそこに奇襲を仕掛けよう』などと、勝率の高い動き方をいくつも導き出すことができます。, 例えば自分が画像のような高所にポジションを取っているとして、どこを見ればいいのか?というと、矢印で示している場所です。, 矢印の先は敵が移動する際の通り道となります。自分の画面内に敵が入ってくるとしたらすべて端っこからなのです。 慣れれば一人でこの量を見る事もできますが、慣れないうちはチームで分担して索敵することをオススメします。, このように移動時の立ち回りを意識できるようになったら、次は撃ち合いの最中での立ち回りを意識して一つ一つの勝負の勝率を上げましょう。 撃ち合いが始まっても、何も全員が真正面から撃ち合う必要はありません。 味方に正面戦闘を任せて、その隙に敵の横まで移動すると敵が隠れられるポジションが少なくなります。 自分が敵の横に移動して撃てば、敵はポジションを変える為に移動したり射線を切るためにずれたりします。 その間は他の味方が移動する敵を撃つチャンスが生じます。 敵がしびれを切らして真正面の味方に突撃したら横から一方的に敵を倒してあげましょう。 この立ち回りを理解するだけで2つのチーム同士の戦いまでは十分に安定して勝つことができるようになります。, この「立ち回り」についてより深く掘り下げた「応用編」はこちらです。基礎が理解できたらこちらもチェックしてみてください。, 大量にキルを取るための「上級編」はこちら。普通に勝てるようになったら読んで参考にしてください。, PC版でApexをプレイしている方が勝てるようになる・上達するためにはPCのスペックも重要です。, ハイスペックなPCで144hzもしくは240Hzのゲーミングモニターを使用してプレイしている人と普通のモニターでプレイしている人には圧倒的な差があります。 その差を埋めるためにも、なかなか勝てない人はゲーミングPCの買い替えやモニター交換を視野にいれてください。, 当サイトの記事にてApexにおすすめのゲーミングPCやモニターなどを解説しているのでぜひ参考にしてください。, 以下の記事ではApex向けに複数のゲーミングPCを紹介していますが、「初心者だけどスペックにはこだわりたい」「144fpsでプレイしたい」人には特に「ガレリア XA7C-R37」をおすすめします。, ゲーミングモニターは144hzがおすすめです。60hzの普通のモニターだと近距離戦闘でかなり不利になってしまいます。, Apexをプレイしていて「ラグい」と感じたことのある方は、設定を変更することでラグを解消できる可能性があります。 ラグの原因と対策は以下の記事で紹介しています。, ネット回線自体に問題があるとFPSの上達にも限界が生じます。FPSに適した回線を使っているかを確認しておきましょう。, 多数のタイトルでプロゲーミングチーム所属経験があり、現在は「講師・動画投稿・ライター」をやっています。, ゲーム買取サイトによっては「発売1ヶ月以内なら最大定価の40%保証 」などお得なキャンペーンもおこなわれています。, 「店舗だと安く買い叩かれるし、メルカリで1本ずつ売るのもダルい」という方は以下のリンクを参考にご検討ください!. その中で、こういう人がFPS上手くなれないんだろうなぁというのが分かってきたので、文章にしておこうと思います。, 1, 身に着けたい項目を1つ決める。2, プレイ中にそれをひたすら意識しながらプレイする。3, 最初は意識してもなかなかできない。4, だんだん意識すればできるようになる。5, 次第に無意識にできるようになる。6, 完全に無意識でできるようになると、脳の容量が空くのでまた1に戻る。, 1, 「撃ち切ったら障害物に隠れる」を身に着けたい。2, ひたすら「隠れる…隠れる…」と意識しながらプレイ。3, 最初はうまくいかない(障害物から離れすぎてしまうなど)。4, だんだんできるようになる。5, 徐々に考えなくてもできるようになる。6, 完全にできるようになったら、次の上達項目を見つける(マップを見て味方と位置を合わせる)など。, 何も考えずにゲームをプレイしていても、上達するのはエイムやキャラコンスピードなどの慣れ的な要素だけなので、立ち回りなどはほぼ上達しません(才能ある人は違うかもしれませんが)。, 「FPS全然上手くならないなー」と感じている方は、上で書いたような上達のサイクルを意識してやってみてください。, 最初の1000時間で全ルールウデマエX(ゲーム内最高のランク 上位2~3%ぐらい)に到達しました。, Xパワー2300以下:弱いXパワー2300~2500:まあまあXパワー2500~2800:結構強いXパワー2800~3000:プロレベル, さて、最初は私もXパワー2200ぐらいをうろうろしており、そこからさらに1000時間ほどプレイしました。, 2000時間やった今でもXパワー2200ぐらいが適正です。(2400まで行ったことはありますが、特定のルール・ブキ限定でした)。, もちろんスプラトゥーンでもこれを実践し、「敵の位置を考える」とか「射程管理する」とか意識しながらプレイしていました。, 「常に敵の位置考えよう…」とか試合前に考えても、その10秒後ぐらいには頭の中から消えてるんです。, 単純に頭が悪いんじゃないかとも思いましたが、今までこの方法でできるようになったこともあったので、よくわかりませんでした。, 「3, 意識してもなかなかできない」のではなく、「そもそも意識できない」という問題が発生しました。これじゃ絶対に上手くなるわけがありません。, そして、同じミスを無限に繰り返しているうちにだんだんストレスが溜まってきたので今は辞めて他のゲームで遊んでいます。, 結局そんな私は、スプラトゥーンにおける超必須テクニック「慣性キャンセル」ができるようになりませんでした。(APEXでいうところのバニーホップやウォールジャンプみたいなキャラコンテクニックです。こっちは操作が結構難しいですが、慣性キャンセルは操作自体は簡単です。), 普通の人は、「ボムが来たら慣性キャンセルで避ける…」とか意識して身に着けると思うのですが、私はそんな意識ができないので結局無理でした。, ゲームで同じミスを何度も繰り返してしまう人は、おそらく私と同じように意識できない現象が起きているのだと思います。, 多分私みたいに、上手くなろうとしているのに上手くなれない人はたくさんいるんじゃないかなと思います。, それでも続けられるならいいですが、ストレスが溜まるなら上手くなることをもうやめてみたり、別ゲーに逃げたりするのがいいです。, なんかよくわからないけど期間空けたら治りました。楽しくスプラトゥーンしております。, またりんです。

はじめまして。 私はfps・tpsゲームを累計5000~6000時間ほど遊んでいます。 その中で、こういう人がfps上手くなれないんだろうなぁというのが分かってきたので、文章にしておこうと思います。 私も上手くなれないタイプなので、別に馬鹿にするような記事ではありません。