拒人の小林誠司捕手、山口のポスティング移籍によって専用機枠を失う為、FA移籍を検討する, ひろゆきさん、Twitterのアカウント名を変更するもIDを衛門に奪われてしまう…, 【悲報】新一万円札、ダサすぎWWVVWWVVWWVVWWVVWWVVWWVVWWVVWWVVWWVV, 【超画像】NMB48の絶対的エース・白間美瑠さんのドスケベボディωωωωωωωωωωω. 学童服も他期と比べるとはっきりした青色ではなく、くすんだ色合いである(強いて言うなら薄い青緑色、納戸色)デジタル化後は深緑色になっていることもある。, お馴染みの先祖伝来の霊毛ちゃんちゃんことリモコン下駄がメイン武装。

設定上は3期と同じような剣にもなるが、この形態は作中には登場していない。 全体的な制作エピソードは、一見すると原作を忠実に再現しているように見えるが、その多くはアニメオリジナルと言っていいレベルに改変されている。 } このように原作や過去のシリーズへのオマージュ演出も多い。 -->, 4期は日本文化に例えるなら東山文化や寛永文化と言った質素で落ち着いた雰囲気がある。, 綺麗な自然描写、主人公炭次郎の優しい性格、和のイメージと言い4期と似ていると思った。, なんで四期だけ「髪の毛」「針」を「髪の」「毛針」って言うの? ミッチーの毛針発言とは時代違うはずだし。, 技名を叫ぶようになったのは4期からだから4期の毛針が正しいってことでいいんじゃね(鼻ほじ), http://member.toei-anim.co.jp/esp/cgi-bin/item.cgi?item_id=PCBE%2d52953, http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1162650722/, http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1182260221/, http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1185452249/, http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1188135289/, http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1191133643/, http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1199534585/, http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1208392541/, http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1246612521/.

前半では本作オリジナルの準レギュラーとして、村上祐子・鈴木翔太・谷本淳という小学生の人間側キャラクターが登場するが、後半はフェードアウトしてしまう。小学生三人組の中心である村上祐子は、地味ながら可愛い容姿で三人の中では最もストーリーに関り、その意味で3期の天童ユメコに近い部分もあったが、それでもユメコの様に鬼太郎たちの活動に直接関わることは少なかった。 第64話以降は仕上げの作業がデジタル化され、初期のデジタルアニメ特有の派手で明るい色彩となった。デジタル化によって現場での経費節減には貢献した一方、ファンからは4期当初の色彩感が失われてしまったという声は大きい。そんな中でも後期は大分手慣れてきたのか、徐々に落ち着いた色彩との折り合いを付けるよう考慮はされている。TVアニメーションシリーズの本格的なデジタル化としては、東映アニメーションに限らず日本初となった。 なおこのフレーズについて、後に6期で鬼太郎を担当することになった沢城みゆきが「このセリフが怖くて、洗髪中に思い出してしまい、思わず後ろを振り返っていた」と語っている。, 原作の特徴を踏まえながらも、現代のアニメに映えるようなスマートさを備えている。 他期に比べると、鬼太郎が猫娘より背が高い、ねずみ男の服の裾がズボン型、一反木綿がとても長く質感がヒラヒラしているといった特徴がある。 ねこ娘とは友達のような間柄。ねこ娘の方が精神的にも体格的にも鬼太郎よりやや幼いので、まるで兄妹のような関係にも見える。妖怪の攻撃から身を挺してねこ娘を庇うシーンが多いが、あくまでも大切な仲間といった様子でねこ娘を異性として特別視している描写は皆無に等しい。ねこ娘の前で全裸を晒しているのに顔色一つ変えていないシーンもいくつかある。一方ねこ娘は明らかに鬼太郎へ確かな好意を抱いているが、彼女も普段は仲の良い友達としての雰囲気の方が多く、恋愛感情が示唆されるシーンも他のシリーズよりは少なめである。 3期からは武器アイテムとして妖怪オカリナが続投したものの、それ以外は3期とは正に真逆の性質を行く作品であると言える。 ゲゲゲの鬼太郎のアニメで最恐のホラー回はどれだと思われますか。僕は4期の髪の毛妖怪ラクシャサに一票です。 二期38話「隠れ里の死神」もかなりのものが。全く救いのない、凄惨なラスト。 !五大鬼太郎』でも全シリーズの鬼太郎の中で一番背が高く描かれている)。 中には第107話や第112話のように妖怪側に全く救いがないエピソードも存在する。 1996年1月7日から1998年3月29日まで、全114話が放送された。テーマは「原点回帰」。 主人公・鬼太郎の性格は前作(3期)では活発な正義の少年だったが、今作では比較的原作寄りになり、1~2期のように正義感はあるが妖怪らしいドライさを合わせ持つ性格へと変更された。 原作、1期、2期寄りのエッ … 初期は作画によって3期鬼太郎とそっくりになることもあったが、これは3期のスタッフが制作に参加していたためである。, 好戦的で熱血だった3期から一転して、寛大で落ち着いた性格となっている。 また、あまり目立たないが本作は1期や2期と同じく基本的には1話完結方式である。前後作比較して、シリーズを通して前後の話の繋がりの意識が薄く、つまり5期や6期と違って全体の構成として一つの話にはなっていない傾向がある。このため、以前のエピソードを受けて製作されたエピソードは少ない(のっぺらぼう等の再登場、雁木小僧にさら小僧のCDを使うなど僅か)。他にも前後の設定との矛盾が見られ、設定があやふやになることもあった(例:ねずみ男の妖力の度合いの描写など)。裏を返せば元祖のようにその一つのエピソードに全力投球していたとも言える。 ol.addEventListener("click", 1期鬼太郎 2期鬼太郎 3期鬼太郎 5期鬼太郎 6期鬼太郎 劇伴は和田薫が担当し、原点回帰というテーマに沿って、全体的に和のテイスト溢れるおどろおどろしい雰囲気が漂っている。, 近代化に伴って妖怪の存在を無碍にするようなった人間が諸悪の根源というエピソードが多いものの、人間を守るために悪の妖怪を退治する要素も強く、鬼太郎はその間を取り持つニュートラルな立ち位置である。登場する人間には妖怪と仲良く共存している者もいれば、強欲の為に妖怪に危害を加える者もいる。前者は鬼太郎は優しく見守るが、後者は反省させる為に懲らしめたりする。尚、大半の悪い人間は反省して鬼太郎がそれを許す展開が多く見られた。

墓場鬼太郎 鬼太郎と目玉おやじは全話登場。ねずみ男は、第49話と第59話のみ例外的に未登場だった。, OP:「ゲゲゲの鬼太郎」憂歌団 「原点回帰」をテーマとした作品であると同時に最初の平成鬼太郎アニメでもある。, 声を担当した松岡も「大人しくて物静かだが、二面性を持っていた」と語るように、普段の性格と激しい感情をむき出しにしたときの落差が大きく、ファンの印象に強く残っている。特に第5話「ダイヤ妖怪・輪入道」で、猫娘をダイヤモンドに変えた輪入道に、, 鬼太郎の性格は多少の違いはあれど、2期や原作同様に同様にどこかドライな部分を持っている。, 演出面においても初期作品へのオマージュが見られ、飽くまで鬼太郎は妖怪であることを強調。, デジタルアニメ制作(但し4期は前半はセル画。デジタルとなったのは放送2年目から)。, クールがある程度進むとEDが新しい曲に切り変わる(1期の鬼太郎ナイナイ音頭や鬼太郎オリンピックは短期間限定の特殊EDなので除外)。, 公式文献ではないものの、水木御大公認のファンクラブである「水木伝説」発行の同人誌・『ゲゲゲの鬼太郎 フハッ 増刊 4 ゲゲゲの鬼太郎 アニメ版 4作目』にて当時のスタッフへのインタビューによると、4期も人気のマンネリによって、緩やかな形で打ち切りになった作品である。最終回となった第114話も「最終回らしくない内容」とよく言われるのはそのため(尤もこれは基本打ち切りとはされていない1期、2期も同様)だが、ラストシーンは一応最終回らしく演出されている、後の5期のような急な終了でないのは確か。, 本来妖怪王編の最後において、ぬらりひょんは死亡(=退場)するはずだったが、ゲスト脚本として参加した京極が、それを聞かされておらずに担当回でぬらりひょんを出してしまったがため、事態が急転して生存する方向になったという。実際、妖怪王編のラストにおいてぬらりひょんの生存を強調した描写はなく、敗北して身体が小さくなるぬらりひょんに、朱の盆が駆け寄っただけで終わっている。, 鬼太郎を演じた松岡洋子は、過去の鬼太郎作品と触れる機会がなく、名前と概要はなんとなく知っていたが、アニメも原作もあまり知らなかったという。そのためオーディション後はフラットな気持ちで作品に望んでいたが、後に先代のキャストが, 昭和期の鬼太郎は人間と妖怪が同じ世界に住んでいたので人間がゲゲゲの森に訪れる事が度々あった。しかし、平成に入ってからの4期以降は人間と妖怪は違う世界の住人であるのが強調され、人間がゲゲゲの森に訪れる事は一部例外を除いて無くなった。特に5期や6期は妖怪横丁やゲゲゲの森の違いがあれど人間が容易に入れない異空間に存在する設定になった。, 本作の最終回の放送日は3月29日であるが、本作以降の5期、6期も同じ3月29日に最終回を迎えている。.