7:40 電子カルテチェック後、回診 Copyright © Takatsuki General Hospital & YOUS Co.,Ltd. ・出身大学に関係なく、個々人にあわせて、きめ細やかに研修コースを配慮。 ・女性医師も継続して働けるように、労働環境を十分配慮。 ・経験ではなく、論理的に臨床力を向上させるノウハウ 1.高槻病院産婦人科研修プログラムについて 17:00 書類やサマリーを書く

© 2010new Date().getFullYear()>2010&&document.write("-"+new Date().getFullYear()); LinkStaff Co.,Ltd.

しましょう。お待ちしています!, 色々な疾患を経験、学習できます。まずは気軽に見学に来てください!, 外来がメインなので、上の先生の外来見学で得られる皮フ科の知識は多いと思いますよ♪, 血管内治療から開頭術、小児脳神経外科まであり、小児もみたい人に是非お勧めです。. 高槻病院(たかつきびょういん、大阪府 高槻市古曽部町1-3-13)(英名:Takatsuki General Hospital)は、477床(註:2010年1月1日現在)を持つ民間の病院。 産婦人科を中心として、内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、放射線科、麻酔科 リハビリテーション科等の診療科を持つ民間病院。

高槻病院(たかつきびょういん、大阪府 高槻市古曽部町1-3-13)(英名:Takatsuki General Hospital)は、477床(註:2010年1月1日現在)を持つ民間の病院。 産婦人科を中心として、内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、放射線科、麻酔科 リハビリテーション科等の診療科を持つ民間病院。 9:00 上部内視鏡

25:00 就寝.

12:00 昼食 出身大学: 宮崎大学: 研修病院: 高槻病院 : 趣味: ジム通い、カフェ巡り、カラオケ: スポーツ歴: 陸上: 一言: すばらしい環境で働けて幸せです。これからも誠心誠意励みます! アーカイブ. 22:00 夕食 10:00 小児科の回診

室, (3) 選考日   :8月1日~31日で複数試験日を設定。いずれも午後から夕方です。. 21:00 治療方針を組む 高槻病院では、将来の医療を支える医師の育成に、積極的に取り組んでいます。 12:00 昼食 24:00 病院を出る 14:00 外来、病棟業務 24:00 就寝, 7:00 起床 医学生・初期研修医向けの臨床研修病院情報のeレジデント。全国病院からメッセージ・求める研修医、プログラム・募集要項、ジュニア・シニア・指導医・院長インタビュー掲載。年3回病院合同説明会eレジフェア開催東京,大阪,福岡,他

高槻病院は、ベッド数477床の急性期病院であり、開設以来40年間、高槻市の市民病院的役割を果たし、また大阪北摂地域の中核病院として地域の多様な医療ニーズに応えています。また、臨床研修指定病院として平成9年から認可されており、豊富な指導経験があります。 All rights reserved. 13:00 カンファレンス

12:30 検査結果チェック

22:30 勉強、書類、サマリーなど 小さい頃からボーイスカウトで活動しており、上の人に教わったことを下の人に伝えるという経験をしてきたので、子どもと接することが多かったんです。それで子どもと接する仕事を職業にしたいと思い、学校の先生、保育士、小児科医を考えていました。その中で小児科医に決めたのは、小さい頃に交通事故に遭って入院したときに優しく接してくれて、遊び相手にもなってくれた整形外科の先生との思い出があったからです。, 父が小児科医をしており、患者さんやそのご家族から感謝されている姿を子どもの頃から見てきました。自分がした仕事が他の人から感謝される仕事は魅力的なものだと子どもながら思っていたんですね。社会に出て、自分が何を提供できるのかと考えたときに、やはり小さな頃から描いていた理想を実現しようと思いました。, アルバイトで塾の講師をしたことですね。小学校から高校生までの生徒がいたのですが、子どもへの接し方、話の仕方などを教えて頂いて、勉強になりました。特に思春期の女の子への接し方など、今の仕事に通じる経験ができました。, 単科大学でしたので、大学の中には医師の卵しかいないわけです。しかし実際に働き始めたら医師以外の職業の人たちが患者さんであり、そこで私はいろんな価値観を持った人たちとの付き合いの場を広げることを目指し、一般企業に就職希望の学生が作っている就職活動サークルに参加したりもしました。また中学、高校と普通の公立高校に行きましたので、中卒、高卒で働いている同級生も多いんですね。そういう同級生とも積極的に関わって、「医療に対してどう思うかな?」などと質問したりしました。, 小児科を専攻したいと思っていたので、神戸大学系列のいろんな病院に見学に行ったのですが、一般的な病気が多いこと、NICUが充実していること、指導医が多いことといった理由でこちらに決めました。大学病院は特殊な症例が多いですから、私としてはあまり惹かれませんでした。, 大学の友人が多い大学病院ではその環境に甘えてしまいかねない自分を感じました。他の大学の出身者が多いところで研修すれば視野も広がりますし、市中病院がいいと思っていました。私はポリクリ以来、胃カメラを勉強したくて、消化器内科を専攻しようと考えていました。高槻病院に見学に来たときに、様々なことを実際に経験させていただける印象を持ったこと、また明るい職場の雰囲気が印象的でした。, まずは、プライマリケアを身に着けたいと思い高槻病院を選びました。 Copyright © Takatsuki General Hospital & YOUS Co.,Ltd. 一年目のはじめのうちは病気の事は勿論ですが、仕事のやりかた、カルテの事や薬の事、治療の流れなどわからない事だらけで苦労しました。指導医の先生方がとても優しく教えてくれたのでとてもよかったと思います。, 1年目の5月から主治医をさせて頂き、よい経験になりました。また指導医の先生の当直に張り付いて、救急を見学させて頂いたあとで、その患者さんの主治医となり、慢性期から退院まで診ることができたのもよかったですね。その患者さんの一番悪い状態から一番良い状態までを診られたわけですから。内科以外に回った科で勉強したことも全て内科で役に立つと思います。, 私たちの同期は16人ですので、多い方でしょうか。1年目専用の研修医ルームもあって、皆でそこで休憩できます。同期は仲が良く、1年目が終わるときに全員で摂津峡の温泉に行き、盛り上がりました(笑)。, 研修医ルームは「ひな鳥の巣」なんですよ。そこから皆で医局に飛び立つんです(笑)。指導医の先生方もよく訪ねてくださり、いろんなお話をしてくださいます。, 先ほど申し上げたように同期が16人で、1つ下の学年も12人と多いので、理想の順番でローテートできないことがあるんですね。私の場合、麻酔科や救急が後回しになってしまったし、そのあたりは改善を望みたいところです。, 香田が言ったように、救急を回っていないと後々対処に困ることがあります。後方サポートはしっかりしているのですが、やはり早めに回った方がいいでしょう。麻酔科では挿管の手技やショック時の動脈ラインなど大切なことを教わるので、ここも早めに回っていきたい科ですね。, 内科は業務が多いので、辛いと感じたことはあります。研修医の数に左右されるのですが、一緒に回っている研修医が少ないと受け持ちの患者さんが増えますので大変でした。, ターミナルの患者さんが多いんです。急変して、良い結果が出せないと割り切れない思いが残り辛いですね。, 小児科を離れるときに、子どもたちが手紙や似顔絵をくれたことでしょうか。お母さん方から励ましの言葉も頂きました。子どもたちからの手紙や似顔絵は今もデスクマットに挟んで大切にしています。, 循環器科で担当していた患者さんに電車でばったり会って、感謝の気持ちをお話し頂いたことがあります。本当に嬉しかったですね。その患者さんは循環器科から産婦人科に移られたのですが、私も産婦人科にローテートしたので再会できました。今も毎日回診させて頂いています。ターミナルの患者さんなのですが、毎日貴重なお話をしてくださり、救われる思いで一杯になります。, 院内PHSで同期に電話したつもりが間違って、上の先生にかけてしまいました(笑)。ひたすら謝ったのですが、本当に優しく対応してくださって、申し訳なかったです。, 皆さん、よく教えてくださいますよ。小児科の先生方はもともと優しい方が多いですしね。小児科には3人の指導医の先生がいらっしゃり、毎日交代で回診されます。それぞれの先生に特徴があり、お母さんとの話し方など勉強になります。病院全体に明るく、陽気な先生が多いんです。楽しそうに仕事をされている様子は本当にいいなあと思います。よく飲みにも連れていってくださいますよ(笑)。, プライマリケアは大事で、これを学べる副直システムはありがたいですね。自分の指導医の先生に一晩つくのもダイレクトに対応が学べます。, 内科、外科、小児科、産婦人科、ICUの5人当直体制です。研修医は1年目の9月から自分が希望する科の副直に入ります。また1年目は外科系、内科系という成人系の副直に入ることもできます。自由系の中で耳鼻科、泌尿器科であれば外科系、婦人科は内科系、外科系どちらでも、小児科は内科に入ることもできます。2年目の4月からは1人で入らなければいけません。科によって違いますが、指導医はオンコール体制でついてくれます。回数は1年目が月に2、3回、2年目が月に4回ぐらいです。, 皆さん、親切で、教育的な指導もしてくださいます。特に看護師さんの子どもへの処置は大変参考になります。プリパレーションなど、話の仕方や手技も毎日教えて頂いています。, 全部を自分ではできません。コメディカルの方々の力は大きいです。日々の挨拶は大切と考えます。また、余裕があれば院外でのフットサルサークルや飲み会での談話もいいですね。コメディカルの方々のキャラクターを知るということが大切だと思います。, 小児外科にいるときにちょうど小児科コースの人たちが入ってきたので、私自身が分からなかったことを教えていました。たとえば電子カルテの使い方やオーダーの仕方といったことなどですね。, 内科では3年目以降の下に1年目がつきます。私も1年目のときはいろんなことをやってみたかったので、今の1年目も危険でない限り採血、血ガス、ルートキープを行うことはいいことだと思います。特に看護師さんが忙しいときは医師が採血することも必要になるので、練習すべきことだと思っています。, 小児科は穏やかな雰囲気ですね。月曜はNICU、水曜は小児病棟のカンファレンスです。また金曜は電子カルテを使いながらの症例発表です。いろんな視点から指摘を受けて、勉強になることばかりです。, 内科は内視鏡室で行います。50インチの画面に電子カルテをつないで症例発表を行います。研修医は指導医がつく形での発表で、担当患者さんについてのプレゼンをします。大画面を皆で見ますので、病変など確認しやすいです。, 来年からはこちらで引き続き後期研修を行います。小児科について幅広く勉強させて頂いたうえで、専門にしたいことを見つけられたらと思っています。, 私もこちらに残って後期研修を行います。内科というベースの上に消化器を学んでいきたいと考えています。, 私は良い制度だと思います。ストレートでしたら、卒業してすぐに子どもとばかり接するわけで高齢者と話す機会がないですから。高齢の患者さんから深い話、人生の話を伺えたことは貴重な経験でした。また地域医療では保健所に行き、母子保健など子どもに関することを学べたのも良かったです。, 他の科で得られた知識は内科でも役立ちます。たとえば精神疾患のある内科の患者さんには精神科の知識、女性の急性腹症では婦人科で習ったことが生かされます。その意味では良い制度ですね。回る期間に制限があるので、もう少し勉強したいと思った時にローテートが終ってしまいます。ですから、専門的なところまで突っ込んで学ぶには期間が短いことがあります。ジェネラリティとスペシャリティとで一長一短があるのではないでしょうか。, たくさんの臨床研修病院があり、それぞれ行っている医療が違います。自分がやっていきたいことを得意にしている病院を選びましょう。ただし良いと言われている病院が自分に合っているかどうかは分かりません。臨床研修は自分の頑張り次第なんです。, 見学も1回では分からないので、何回も行った方がいいですね。上の先生や最新機器だけ見るのではなく、研修医の姿を見て、何をさせてもらっているのか見てみましょう。それから後期研修に残る研修医が多いというのも良い病院の指標の一つではないでしょうか。, 飲みに行ったり、食事に行ったりですね。高槻は美味しい店が多いので、外食は楽しみです。, 最近は全く時間が取れないのですが、丸1日フリーなら釣りに行きます。天橋立などに一人で行って、釣りをして泊まることもあります。遠くは九州にも行っていましたよ。最近では軽くドライブする程度です。, 7:00 起床