腰痛、肩や首のこり、帯状疱疹、五十肩、膝痛、顔の痛み、間接痛、頭痛、自律神経失調症、花粉症等あらゆる痛みなら、奈良・学園前のかわたペインクリニックへ。

頭がくらくら、ふわふわするのが特徴ですが、このめまいは自律神経失調症が原因になっているので、他に不整脈・眼精疲労・頭痛・肩コリ・吐き気・脱力感などいくつかの自律神経失調症状を伴っています。ひどいと失神・転倒をして骨折などの大きなケガをしてしまうこともあります。また、同じように自律神経失調症のひとつになっている起立性低血圧症(起立性調節障害)と言われる症状で、急に立ち上がった時、めまいや立ちくらみがして目の前が真っ暗になったり、動悸・胸の圧迫感・息切れ・手足の冷えなどもあります。多くの場合、就寝中に作用する副交感神経から、起床後に作用する交感神経への切替がうまくいかないため、血液の循環が少なくなる低血圧症が原因となっています。朝起きるのがつらかったり、午前中は元気がない、やる気が起こらないといった特徴があり、思春期の子どもから大人まで首を痛めている人に多く見られるのです。特に、長身の女性は足裏の不安定を首が多く補うため、より起こりやすいです。 メニエール病の原因は、『内リンパ水腫』という状態が発病に深く関係している、と言われていますが、問題なのは『どうして内リンパ水腫が起こるのか』ということです。 首のこりが原因でフワフワするめまいが出ることはありますでしょうか。慢性的症状として出ます。午前中よりも午後顕著です。一応整形外科や脳神経内科にはかかりましたが、異常は見当たりませんでした。同じような症状お持ちの方いますか このように、『足と首と自律神経失調症状との関係』を極端な考えだと思いがちでありますが、これらの研究や裏付けをとった例が報告されていないため、一般の方々の認識が不足しているだけなのです。, 脊椎の最上部にある頚椎と頭蓋骨との接続部は人間の急所とも言うべく最も重要な部位とされています。というのも、自律神経をはじめ知覚神経、運動神経など生命を守る重要な神経がここを経由して全身に分布しているからです。 拒食症と過食症 甲状腺の機能亢進と機能低下 女性では加齢により、エストロゲンというホルモンの低下に伴い、これを補おうと卵胞刺激ホルモンを過剰に分泌することで身体の各器官や臓器を調整しようとします。男性でも加齢により、テストステロンというホルモンが低下し、これを補うために性刺激ホルモンを過剰に分泌し、同様に身体の機能を正常にしようと自動調整しますが、この調整を司る自律神経のギヤが誤作動し、過剰または不足(低下)のどちらかに片寄ってしまった場合、様々な症状が出てくるのです。 というのも、裸足で歩く国の人々には少なく、足裏が不安定になっている先進国に多く見られるからです。

首の痛みと自律神経失調症 足頚性(そっけいせい)自律神経失調症について 『1番凝るところはどこですか?』という質問に対し、『首』という答えが多くの女性から返ってきます。 首や肩に痛みを感じたり、肩から腕にかけて痺れや何とも言い難い痛だるさを感じ、病院で診てもらったら、頚椎症または頸椎ヘルニアという診断を受けた方もいるでしょう。, そういった頸椎症や頸椎ヘルニアの方の中には「頭痛・めまい・吐き気」などの症状を感じられる方は少なくありません。, ただそのことをお医者さんに話すと、流されたり、薬だけ出されたり、他の科の受診を勧められることが多いようです。, ですが本当に頸椎症・頸椎ヘルニアと頭痛・吐き気・めまいといった症状は無関係なのか?今回はそのあたりについてお伝えしていきますね。, 結論を先にいってしまうと、頸椎症や頸椎ヘルニアによって「めまい、頭痛、吐き気」といった症状が起こることがあります。, これは頚椎の変形や椎間板の変性によって、首周辺をはしる自律神経が圧迫されると、交感神経の緊張が起き首の血流が滞ってしまい、耳への血流も悪くなり、平衡感覚をつかさどる三半規管が正常に働かなくなるために、めまいや吐き気を引き起こすことがあると考えられるからです。, また自立神経が圧迫され、交感神経が緊張し首の血流が滞れば、頭痛を引き起こすことも考えられます。, また、頸椎症・頸椎ヘルニアと言うのは簡単に言ってしまえば、首に負担がかかりすぎたことにより、骨に変形が出たり、骨と骨の間隔が狭くなって椎間板が飛び出し発症しているわけですよね?, (これは例え加齢であっても、症状が出る人とそうでない人がいるのは、加齢だけの問題でなく、首に負担がかかるような生活をしていたか?によります。), つまり、首や肩周辺の筋肉にも頸椎症や頸椎ヘルニアを発症している方は負担がかかっているわけで、これによって頭痛、めまい、吐き気といった症状を発症することが多いんです。, このように頸椎症・頸椎ヘルニアと「めまい、頭痛、吐き気」といった症状の関係は非常に深いと言えます。, では、どうして首や肩周辺の筋肉に負担がかかると「めまい、吐き気、頭痛」といった症状が出るのかお伝えしていきます。, 人間には頭へ血液を運ぶ血管が2つ存在し、その中の椎骨動脈と言われる血管は首の骨のすぐ近くを走っているので肩や首のコリに影響を受けます。, そして椎骨動脈は脳内の脳底動脈へとつながっており、椎骨動脈と脳底動脈を合わせて「椎骨脳底動脈」と言うんですが、これは平衡感覚を司る場所の血液供給を担っています。, なので椎骨脳底動脈の血液の循環に筋肉の緊張によって異常が発生すると、めまいや吐き気を発生することがあります。, 嘔吐は、脳と脊髄のつなぎ目にある脳幹というところにある「延髄」という部分でコントロールされています。, そしてこの延髄の中にあ嘔吐中枢が刺激されたときに吐き気を催したり、嘔吐してしまう仕組みになっています。, この嘔吐中枢のある延髄は、頭と首の境あたりの首の付け根に存在しているため、首筋の筋肉の緊張し硬くなりこりが強くなると、自律神経にも過緊張が起きて延髄の嘔吐中枢が刺激され、気持ち悪くなり吐き気を催すことがあるんです。, これは耳にしたこともあると思いますが、首や肩周辺の筋肉が固くなることで首から脳へと続く血管を圧迫すると、それによって頭痛が発生します。, 後頭神経と呼ばれる神経は首の後ろの脊柱から出てきて、頭蓋骨全体に枝分かれしていきます。, そのため、首の筋肉が硬く緊張し神経の根っこのところに圧力などがかかることで神経痛が発生し、頭痛が起こってしまいます。, この筋肉周辺には多くのリンパ節があり、この筋肉が固くなることでリンパの巡りを妨げ自律神経を乱し、頭痛うが発生するとも言われています。, このように頸椎症・頸椎ヘルニアの原因ともなる、首や肩周辺の筋肉の緊張によって「頭痛、めまい、吐き気」が発生するんです。, なので頸椎症・頸椎ヘルニアを持たれている方の中には頭痛や吐き気、めまいを一緒に発症させることが少なくないんです。, 簡単にまとめると、頚椎症や頚椎ヘルニアの人で頭痛や吐き気、めまいなどを発生している人の場合、その原因は首や肩周辺の筋肉の緊張することで発生している可能性が高いんです。, ここでは、首周辺の筋肉の中でも特に「頭痛、吐き気、めまい」に関係の深い筋肉のストレッチをお伝えしますので参考にしてください。, 反対の手で後頭部をつまむようにもって、顎にかけた手を斜め後ろに押し込みながら顎を引き込んでいきます。, その状態で首を鎖骨を手で押さえている反対の斜め後ろに傾けていきます。

「交感神経」は活動時に優位に働き、「副交感神経」は安静にしている時に働き、それぞれの伝達ホルモン物質を瞬時に調整しているのです。健康な状態にある時は、この2つの神経はバランスよく保たれています。, 自律神経は頚椎と頭蓋骨の接続部に集中していて、圧迫されると伝達不良に陥ったり、交感神経と副交感神経の伝達ホルモン物質がどちらかに片寄りが起こったりします。 この他、天井や自分自身がグルグル回るめまいがあります。変形した頚椎が、働きによって周りの神経を刺激した時に起こる症状で、横になったり、寝返りをしたり、ふいに上を向いた時など、頭を動かすと起こり、頭を動かさないで静かにしていると治まるものです。 All rights reserved. 人間の身体もその土台の部分に免震機能の低下があると、歩く度に過剰な衝撃波やねじれ波を頚椎に繰り返し伝え、時間経過と共に頚椎が変形し、その変形具合によってメニエール病を起こしているということなのです。 不眠症と過眠症 治療法としては、まず医師による診断でその他の病気が隠れていないかとの鑑別と、人用に応じた早めの治療が重要です。これとは別に、最も多いとされるライフスタイル、つまり悪い足による悪い歩き方が原因となっている場合は、自然治癒力を高めて方法を併用すべきです。, 『ジージー』とセミが鳴くような音に例えられるものから、『ブウーン、ブウーン』『ゴオーゴオー』などと不快な雑音がしたり、『キーン』というような金属音に悩まされるものもあります。たいていは片側に起こりますが、両方なのかどちらなのか分からない人もいます。耳鳴りの時間帯として、疲れた時に音が大きくなるという人や夜になり周りが静かになると音がきこえたり、また中には一日中鳴りっぱなしという人もいます。, 耳鳴りの80%は、足と首の異常から起こっているのです。というのも、本サイトで紹介している『足裏から全身のバランスを整える』施術法で80%の人に効果があり、完全に治る人も多いという事実があるからです。耳鳴りを訴える人をよく観察すると、『足と首が悪い』という共通点があるのです。, これらの人は、耳鳴りの他にもいくつかの自律神経失調症を伴っています。首を痛めた結果のひとつとして、耳鳴りが起こっているのです。それを裏付けるように、足裏から全身のバランスを整え、首にコルセットを3ヶ月位するだけでほとんどの人が改善します。程度に差はありますが、いずれにしても80%の人に効果があります。これは耳鳴りが起こって1年以内の場合ですので、早めの治療が何より必要だと言えるでしょう。, 一般的な治療法は3の生活改善だけが強調されていますが、1・2のことが重要であることを知って頂きたいと思います。