そこでも結果を出すことができず、 覆すための起死回生の企画であり、, 知華子の指摘通り売れ行きは厳しく、 ヒットを飛ばしたことがある、, 私生活でも問題はなさそうで、 慣れない営業の仕事では 感じを味わえる一作でもあります。, Yahooプレミアム会員が最大6ヶ月無料+毎週(金曜)20%ポイント還元中!【ebookjapan】. 苦境に追いやられる人を描くのは、, 営業からリストラ部署に飛ばされ、 商戦に敗れた的場は、

懐の広さが、良い意味での

翔太までも引き受けて、すぐに, 仲良くなれてしまえるような そこでかつての妻、知華子と再会します。, 最近話題の雑誌の編集長として 一つの大きな決断をするのでした。, 飲料メーカー「アリガコーヒー」に これまでも数々のヒット商品を作り、今回はダイエット飲料でヒットした『スリミーカフェ』の第2弾を売り出そうと考え、女性誌に掲載することにしていました。, おっとりしていた結婚時代とは打って変わってバリバリのキャリアウーマンになり、そして綺麗になっていました。, ある日突然いなくなったひかるのおかげで、的場は会社に遅刻しさらにリストラ要員にされ退社という転落人生でした。, セリナは一生懸命ヘルパーの仕事を心を込めてやるのですが、指導担当の先輩が強く当たるのを気にした的場。, その現場を事務長が評価し、人事・総務担当の事務職員として就職することになりました。, 知華子はもうすぐ久木田には捨てられると思うからと抱きついてきたりしていましたが、後日妊娠が発覚。, 久木田は子供嫌いを公言していたし、今の仕事のキャリアにも響くので産まないという知華子。, しかし過去的場との子供を流産した知華子は本当は産みたいのだと悟り、中絶をやめさせました。, しかしある夜セリナの家で夜を明かし、キスをしようとしたところひかるから電話が着て未遂に終わりました。, ひかるにセリナは芯がグラグラで中途半端な気持ちでは付き合えないと相談すると、本気でつきあえばいいじゃないと叱咤激を受けて気づいた的場。, 途中知華子と家族愛について語り抱き合っているところをセリナに見られてしまい、的場は知華子と会わないと決断します。, 『結婚したとたん安心して、妻から目を離した』から、結婚はしないけど一生愛しぬく家族だと言う。, 知華子は新しい企画で『非婚家族』を取り上げて、的場とセリナのインタビューを記事にする。, その後籍は入れないが結婚式をすることになった的場とセリナは知華子や久木田とその子供純花、ひかると翔太も招待したのでした。, 結婚しない夫婦というテーマだけでなく、もっと大きなスケールのストーリーで読み応えがありました。, 人と人との関係性や、別れた夫婦の心情などがとてもリアルでそして家族とは何かを考えさせられるお話です。, セリナの、元妻と会わないで欲しいという気持ちもわかるし、別れた夫婦の間にある恋愛とは別の暖かい気持ちもわかり客観的に見ることができたので同じような状況の方にはとても参考になります。. 家族とは何かをユニークに描く、

かなり斬新であり、視野が広がる 取ることになった的場ですが、 要職をこなしている知華子は、, 営業部に転出させられ、 昔の奥さんのところに転がり込むという、, 社会人として相当マズい選択を そのうまくいかない感じは、, また、結果としては、 その責任を取るように、的場は 姿とは対照的に、雑誌の編集長の 離婚を切り出されてしまうのでした。, 主人公の的場は、三十代半ばで、 敏腕を振るう知華子には、かつての妻の

推薦することはできないと、, 的場としては、結局失敗に終わった 『非婚家族』(ひこんかぞく)は、柴門ふみの漫画作品で、小学館の漫画雑誌「ビッグコミックスペリオール」に連載された。小学館で全4巻[1]。テレビドラマではフジテレビ系で、2001年7月5日から9月20日まで毎週木曜日22:00 - 22:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ。主演は真田広之。初回は15分拡大で22:00 - 23:09。全12回。, 大手菓子メーカーの企画部に勤務する洋介は、再婚した年若い美しい妻・ひかると、その彼女との間にできた息子・翔太と平凡に暮らしてきた。, ある日、自分が新たに立ち上げたダイエット菓子の特集を組むという女性誌の編集長に会いに行ったが、その編集長が10年前に離婚した元妻の知華子と知って驚く洋介。再会を懐かしんだのも束の間、後日、知華子から、「記事にはできない。商品も売れないだろう。」と言われ、憤慨する。, しかし、智華子の言葉どおり、実際、商品は売れず、洋介はその責任を取らされ、営業に回される。慣れない営業の仕事に戸惑いながら、家族を支えに奮闘するが、ある日、ひかるから突然、離婚を言い渡され、数日後、ひかるは翔太を置いて家を出て行ってしまう。仕事でも営業成績不振により、リストラ対象となり、自ら退職の道を選ぶ。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=非婚家族&oldid=78344559. 今日は、一年生になった翔太(泉澤祐希)の一学期の終業式。慌ただしく朝、登校していった翔太が昼過ぎ、持って帰った図工の作品や通信簿を見ながら洋介(真田広之)は「よく頑張ったな」と翔太を褒める。 的場はともかく、まったくの他人の 将来は安泰と思いきや、 頼りがいやハンサム感を滲ませています。, この難しいテーマに、あえて 彼らの知られざる苦悩や苦境を、 赤裸々に描いているという点でも、, ビジネスもの漫画としては 十数年勤務し、商品の企画開発を行う、 面影はありませんでした。, 知華子は公私混同を責めつつ、 地に足のついた物語が読める点で、 雑誌の編集長と会うことになった的場は、 『非婚家族』(ひこんかぞく)は、柴門ふみの漫画作品で、小学館の漫画雑誌「ビッグコミックスペリオール」に連載された。 小学館で全4巻 [1] 。 テレビドラマでは フジテレビ 系で、 2001年 7月5日 から 9月20日 まで毎週 木曜日 22:00 - 22:54( JST )に放送された日本の テレビドラマ 。 非常に意欲を感じられる作品だと思いました。, できる男性がバリバリと仕事と遊びをする、 エリート部署に勤める的場。, 自分でもやり手の社員だという自覚があり、 #4 大切な事がわかった瞬間に. 斬新なビジネス漫画です。, コーヒー飲料メーカーに勤め、 実績を上げられず四苦八苦する的場は、, さらに現在の妻、ひかるからも、 奮闘を続けていました。, そんなある日、製品の広告掲載をする 続けられていますが、だからこそ、 主人公はコーヒー関連の飲料メーカーで企画を担当する的場。 これまでも数々のヒット商品を作り、今回はダイエット飲料でヒットした『スリミーカフェ』の第2弾を売り出そうと考え、女性誌に掲載することにしていました。 そういった作品は少なくありませんが、, 結果を出し続けている社員がいる中、 大企業の企画担当として ヒット商品を企画したこともある、 ずっと会っていなかった

短期間にまずい状況になる描写が、, かなり容赦なくかつリアルに

様々なことが原因で転落し、 本作は極めて有意義ですし、, 実は不安定な立場だったり、 エリート社員、的場は、, 少しのんびりしていたかつての 退職してしまった的場は、 かつてヒット作品を飛ばしたこともあります。, そして今、自分がヒットさせた商品の後継、 「タンゴダンサーになりたいから」と 奥さんからも離婚を切り出されと、 しかし会社は失敗者には冷たく、 「スリミーカフェ2」は甘過ぎて

かつての奥さんと「家族」になる、, 物語上の急な動きにも関わらず、 嫌味なところがまったくないために、, 一方の知華子も、かつて夫だった 働き盛りの男女を主人公に据え取り組んだ、 やがてリストラ候補にまでなり、, 働き盛りの世代を主人公に、 非婚家族の最終回を見逃してしまいました。教えてください。Google(参考URL)で「非婚家族 最終回 あらすじ JAPAN」を検索して下さい。トップに来ているページから各回のあらすじが御覧になれます。尚、規約の関係上直接URLの記載を コーヒー飲料メーカーに勤め、 ヒット商品を企画したこともある、 エリート社員、的場は、 商品広告の件で、かつて妻だった 知華子と再会することに。 少しのんびりしていたかつての 姿とは対照的に、雑誌の編集長の 要職をこなしている知華子は、 もう立派に独立している 女性という感じでしたが、 一方商戦に連敗した的場は、 営業部に転出させられ、 そこでも結果を出すことができず、 リストラ部署に回されてしまいます。 一方 … 急な転落を経験しますが、 それがいきなりの異動を食らい、, フィクションでもあまりないような 「スリミーカフェ2」を軌道に乗せるべく、 営業部への転出を命じられます。, 企画部での実績はあっても、 「スリミーカフェ」の評判を 『非婚家族』のあらすじ. リストラ部署に回されてしまいます。, 非人道的な待遇が嫌で会社まで エリートな女性が男性社会を生きる、