© 2020 役立ちログ All rights reserved. 0000180310 00000 n 0000014535 00000 n

コーヒーカップ1杯のお湯が1分足らずで沸く便利さから、電気ケトルと呼ばれる製品がブレイクした。, お茶の文化が普及している日本では、いつでもお茶が飲めるよう、ポットにお湯が沸いているのが普通だった。, しかし、お茶を入れる習慣がない家庭が増えている現在、必要なときに必要な量を沸かして飲むほうが確かに合理的だ。, 小容量の保温機能のないものを電気ケトルと呼び、保温機能のある比較的容量の大きい電気ポットとは区別する。, 例えば、ある機種(消費電力1450ワット)は、コーヒーカップ1杯分のお湯(140ミリリットル)なら約50秒(水温、室温ともに23度の水が100度に達するまでの時間)で沸くと喧伝(けんでん)する。, シーズヒーターとは、ニクロム線を絶縁体(ぜつえんたい)で包み、金属パイプの中に埋め込んだヒーターのこと。, 異なる金属の熱膨張(ねつぼうちょう)は異なるため、温度が高まるとバイメタルがたわみ、スイッチを切るのだ。, バイメタルによる温度調整は、電気こたつやトースターなど、さまざまな電熱器で利用されている。, しゃれたデザインの電気ケトルだが、その形が不安定ということで、子どものやけどの事例の報告もあるようだ。. 4 電気ケトルのしくみ 電気ケトルは電気で沸かすやかんのようなもので、水を入れた本体容器を、電源プレー トの上に置きスイッチを入れれば、やがて沸騰し、沸き上がると自動的に電源が切れる仕 組みに … テレビがE201・E202・E203で映らない原因と対処法【マンション・アパート】.

0000013364 00000 n 電気ケトルは、電気でお湯を沸かすヤカンのようなもの。 本体容器に水を入れ、電源プレートの上に置いてスイッチを入れるとすぐにお湯を沸かし、沸騰後は自動的に電源が切れる仕組みです。 0000002686 00000 n 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 電気ケトルは沸騰(ふっとう)すると自動的に電気が切れる。 これは、温度センサーが付いているためだ。 多くの電気ケトルにはサーモスタットというセンサーが付いている。 これは、2種類の金属を張り合わせたバイメタルと呼ばれる構造を持っている。 0000006439 00000 n 短時間でお湯を沸かせるため便利!と最近話題の「電気ケトル」。電気ケトルは電気ポットとはどのように異なるのでしょうか。短時間でお湯が沸かせる理由も気になりますね。こちらの記事では、電気ケトルの発熱の仕組みや構造、電気ケトルで人気の主なメーカーを3社ご紹介します。, 電気ポットと入れ替わるように主流になってきた電気ケトル。おしゃれなモデルも多く出て来て、最近さらに人気になって来ました。電気ケトルは、電気ポットよりもコンパクトな印象がありますが、具体的にはどのように異なるのでしょうか?, 電気ケトルは、電気で加熱するやかんです。電気ポットは、水を沸騰させたあとも長時間高温で保温できる構造ですが、電気ケトルは使う水を使う分だけ素早く沸かす構造になっています。, 容量も電気ポットよりも少なく、500ミリリットル以下のモデルから多くても1.5リットル程度までのモデルがほとんどです。そのため、一人暮らしや〜3人暮らしまでの少人数家族にはぴったりです。それでは、電気ケトルの構造や機能、主要メーカーを見ていきましょう。, 電気ケトルを扱う主なメーカー3社で比較を試みましたが、象印マホービンは電気ケトルの沸騰時間を表示しておらず、ティファールは電気ポットは扱っていないため、実際に比較できたのはタイガー魔法瓶のみでした。, タイガーの電気ポットの沸騰時間は、計算すると100mlで約1分ですので電気ポットとほぼ変わりません。しかし、電気ポットは一般的に容量一杯にお湯を沸かして保温しておくため3L分沸かす時は時間がかかってしまいます。, それに比べて電気ケトルは使う分だけ沸騰できるため、カップ1杯(140ml)を1分程度と非常に短時間で飲み物を用意できる便利さがあります。, 電気ケトルの発熱の仕組みはどのようになっているのでしょうか。沸騰時間が速い理由や出力量なども見てみましょう。, 電気ケトルは電気でお湯を沸かすやかんのようなアイテムと考えていいでしょう。電気ケトルの熱源は、ケトル本体の底にあります。電気ケトルは本体とは別に電源プレートと呼ばれるプレートがあります。, 電気ケトル本体を、電気でヒーターを発熱させる電源プレートの上に設置します。すると、水が加熱されて沸騰する仕組みになっています。また、ほとんどの電気ケトルは、沸騰すると自動でスイッチが切れる沸騰感知器がついています。, 電気ケトルは700W~1400Wくらいまでの消費電力で消費電力が高い傾向にあります。沸騰時間は電気ポットと比べると速い傾向にあるのも、高い消費電力のおかげです。, 消費電力が高いほど沸騰時間が速くなるため、700Wと1400Wの機種ではカップ1杯分の水を沸騰させるのにかかる時間は1分近く異なることもあります。電気ポットの消費電力は電気ケトルよりも低いこともありますが、保温時間の消費電力を考えると電気代は電気ケトルの方がお得です。, 短時間でお湯を沸かすため、忙しい朝でも素早く簡単に使える電気ケトル。電気ケトルには主にどのような機能が搭載されているのか見てみましょう。, 電気ケトル、一般的には電気ポットのように長時間保温できる機能はありません。通常は、保温機能がついていても沸騰後15分~60分までの短時間の保温になります。しかし、60分もあれば、お茶やコーヒーの2杯目も再沸騰させることなく飲めるため便利です。, また、数は少ないものの保温温度が設定できるモデルや電源プレートに置いたままならずっと保温できるモデルもあり、電気ポットのように使えるタイプもあります。, 蒸気レス機能は、電気ケトル本体から蒸気がでない構造になっている電気ケトルです。電気ポットや電気ケトル、また炊飯器などは熱い蒸気がでてしまいます。小さいお子さんなどは危険性がわからず触ってしまい、やけどする危険もあります。, 蒸気レス機能があると、蒸気が外にでないため火傷の心配がなくなります。また、蒸気が出ると設置場所や家具へのカビなどが心配な方もいると思いますが、蒸気レス機能があれば、設置場所にも困らずより快適に使えます。, 電気ケトルを扱う人気メーカー3社と、それぞれのメーカーが扱う電気ケトルの特徴を見てみましょう。, 電気ポットや炊飯器でも人気の「象印マホービン」。象印マホービンの電気ケトルの特徴は、安全機能が充実していることです。多くのモデルに転倒流水防止機能や空焚き防止機能が付いていて、蒸気レス構造のモデルを多く扱っています。, また、外側がプラスチックで内側がステンレスの本体二重構造で保温はしっかりとしながら、外側は熱くなりにくい優れた構造の電気ケトルも数多く作っています。, 沸騰後1時間は90度の温度で保温ができる保温機能も、象印マホービン商品の優れた点で、全体的に機能面はとても充実していると言えます。, タイガー魔法瓶の電気ケトルは「わく子さん」シリーズを扱っています。わく子さんシリーズは、象印と同じように機能面で優れています。転倒流水防止機能や、空焚き防止機能の他に蒸気レス機能や、本体が熱くならない本体二重構造を見ても、象印とあまり変わりません。, 価格の点では、象印の電気ポットは7千円~9千円の商品が多いところ、タイガーの商品は4千円台から扱っているため全体的にやや安い傾向にあります。, ティファールも電気ケトルで人気のメーカーです。ティファールの電気ケトルの特徴は、4タイプの電気ケトルを扱っていて種類が豊富な点です。また、デザインにもこだわっており、シンプルで飽きのこない商品が多くなっています。, 主に、コンパクトなタイプ・安全機能が充実したタイプ・デザイン性の高いタイプ・温度調節ができるタイプの4つに分かれています。そのため、数多くの商品の中から価格や機能・デザインを考慮して自分に合う商品を見つけやすいと言えます。, 電気ケトルは使いたい分だけ短時間に沸騰できるメリットがあります。保温機能が付いているモデルなら、2杯目のお茶やコーヒーも再沸騰させることなく使用できてとても便利です。忙しい朝に短時間で飲み物を用意したい方や、インスタントスープなどをよく飲む方におすすめです。.