元ムーバスで使用されていた日野・ポンチョが武蔵野営業所より移籍して、百01,高70,練21.22で使用されている。, 日産ディーゼル(現・UDトラックス)製の車両は、青梅街道営業所とともに近年では割合が大きく低下している。一時期日産ディーゼルの新車導入がされなかった時期もあったが、2005年から2010年にかけては数台導入された。 1 名74系統 名無し野車庫行 (9級) 2020/08/13(木) 15:46:06.37 ID:Rv6W9t7f0!extend::feature !extend::feature スレ立ての際に>>1の1行 … 関東バスの「中野保健所」バス停留所のバスのりばを地図上でご案内。乗りたい路線の「バスのりば」をわかりやすく!中野保健所バス停に停車するバス路線系統一覧をご覧いただけます。中野保健所のバス時刻表やバス路線図、周辺観光施設やコンビニも乗換案内nextのサービスでサポート充実! エアロミディMKが多いが関東バスで唯一のエアロミディS(D814)も配置されていたが、現在は五日市街道営業所に転属した。関東バス初導入となったMP38系(2400番台)も在籍している。 下田橋: 関東バスホームページ : 関東: 中野駅北口: 中27: 下田橋 ・慈生会病院.

毎度関東バスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。 都内、新型コロナウィルス感染者数拡大の状況を鑑み、例年実施しております冬休み期間(12月25日(金)~1月7日(木))の小児運賃割引(こども運賃50円)は 中止 とさせて頂きます。 関東バスの「中野駅」バス停留所のバスのりばを地図上でご案内。乗りたい路線の「バスのりば」をわかりやすく!中野駅バス停に停車するバス路線系統一覧をご覧いただけます。中野駅のバス時刻表やバス路線図、周辺観光施設やコンビニも乗換案内nextのサービスでサポート充実! 【爆走トロピカル】関東バス E45【中野駅】 200コメント ; 50KB; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ULA版★; このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています. 関東バス深夜急行バスの解説。エクスプレス関東アーカイブス . 中野駅〔関東バス〕:中36(吉祥寺駅北口方面)の情報を掲載しています。路線バス・高速バス・空港バス・深夜バスの時刻表を検索できます。平日・土曜・休日ダイヤを掲載。日付を指定して検索するこ … 関東バスの「路線バス(深夜バス含む)」についてのご案内です。路線バスの時刻表や路線図、運賃などが検索できます。ご利用駅ごとのバス検索も可能です。jr中央線沿線(杉並区、中野区、武蔵野市)の路線バスなら関東バスをご利用ください。 新井薬師駅・江原町中野通り・新江古田駅前: 関東バスホームページ : 関東: 中野駅北口: 中20: 丸山営業所. 2020年3月16日のダイヤ改正で、中28系統(中野駅 - 北野神社 - 下田橋 - 蓮華寺下 - 総合東京病院 - 江古田の森 - 新江古田駅 - 江古田駅)は運行休止となった。[1], 2013年9月20日のダイヤ改正で、中24が中野駅方向・平日2便まで減便、中野駅からの中村橋駅行きは全て廃止され、丸山営業所からの出庫便のみが中村橋駅へ向かうこととなった。この際に従来から運行されている中24-2の他に、中24(中村橋駅行き)の補完として南蔵院経由の出庫便が新設された。練馬区議会議員の陳情によって中25が新設、同時に運行路線名も中村橋線から「練馬線」へ変更された。新設された中25は中野 - 練馬の乗り通しではかなりの遠回りとなるが、京王バスの中92系統が練馬方向のみ停車の「新井小学校」「大下橋」「下田橋」「哲学堂下」の4停留所に練馬駅から行く場合は格段に便利になった。, 中25は、高円寺駅発着高10系統と西本村橋(豊玉南住宅) - 練馬駅間で類似したルートを通り、特に豊玉こうしん通り - 練馬駅間で重複する。高10がこうしん通りを直進するのに対し、中25は南蔵院経由の迂回ルートを進む。

関東バス丸山営業所(かんとうバスまるやまえいぎょうしょ)は、東京都中野区江古田に位置する関東バスの営業所である。, 敷地内に、関東バス整備センターを有する。過去には、「ケイビーバス丸山営業所」も併設され、ケイビーバスに関東バス丸山営業所の運営を委託していたが、2009年11月1日より丸山営業所管内の全路線が自社での運行となった。本項ではケイビーバス丸山営業所についても記述する。, 新宿駅西口から小滝橋を経て新青梅街道を西に進み丸山営業所まで向かう路線である。1990年代は大型車での運行だったが、2000年2月16日にケイビーバスへ移管されると、中型・小型車が専属で充当されていた。2009年11月1日の関東バス統合後は、大型車も混ざって運行される。, 路線名である椎名町は現在の南長崎1丁目〜6丁目及び目白4丁目・5丁目にあたり、1964年(昭和39年)11月に行われた豊島区の区画整理まで利用された地名である。その為、椎名町線と名乗ってはいるが、西武池袋線の椎名町駅には乗り入れを行っていない。, 2011年11月15日、新宿西口停留所が「新宿駅西口」に改称された。現在の新宿西口停留所とは異なる場所となる。, 2013年2月18日に宿01が新設された。以前運行されていた宿01と設定目的はほぼ同じで、利用が多い新宿駅西口-小滝橋間を補う役割を持つ。平日の朝と深夜のみ運行となり、深夜バスの運行もあった。深夜バスは宿02にも同日より設定されたが、宿02深夜バスは宿01深夜バスの後に運行されていた。なお、深夜バスは2015年3月20日の運行を以って終了したため、宿01は平日朝のみの運行となっている。, 2016年1月25日より宿01のうち1便が新宿中央通り上の三菱東京UFJ銀行前(70番のりば)まで延長となった。新設停留所は「新宿西口」となっている。, 中野駅と江古田駅を結ぶ路線で、丸山営業所経由と江原中野通り経由がある。西武新宿線の踏切と新井交差点の渋滞に阻まれるため、路線の中野側では通勤時間帯を中心に定時運行が困難である。線名の「茂呂」とは板橋区小茂根の旧町名で、1950年7月1日に開通した当初の運行区間が中野駅 - 茂呂郵便局前であったことに由来する。西武池袋線以北に達する路線は池袋線(後述)に次いで2線目で、開通によってエリアを板橋区の南部まで一気に拡大し、当時は江古田駅東側の踏切を渡って小竹町を経由する経路で運行していた。, 1960年に江古田駅以北が道路状況の良い環七経由に変更され、同時に城北高校に達していたが、長らく中野駅 - 丸山営業所 - 茂呂郵便局(現・小茂根)を軸に運行されてきた。経路を大幅に変えてまで江古田駅 - 小茂根の短区間を維持したのは、かつて練馬区と板橋区の境界に位置する小竹・小茂根・羽沢地区に鉄道がなく、1983年に営団地下鉄(現・東京地下鉄)有楽町線と西武有楽町線が開業して、小竹向原駅・新桜台駅が開設されるまで、最寄りであった江古田駅に接続するバス路線の利用頻度が高かったためである。, しかし、有楽町線開業後は乗客が鉄道へ流れてバスの利用者が減っていき、次第に小茂根行きは減便されて1997年9月15日に廃止された。その後は江古田駅までの系統だけが残り、「茂呂」は路線名のみが残ることとなった。中40のみが停車していた停留所(武蔵大学・豊玉北一丁目・北新井公園)は、中41の深夜バスを迂回運行させることで存続させている。中10は中12の出入庫路線で、以前は入出庫で多数運転されていたが、現在は中20を多く運転し、中野方向が朝1便、営業所方向が夜1便のみ運行される。, 2010年11月16日、中41の深夜バスのうち、中野方向を新井薬師駅を経由しない中43へ変更し、丸山営業所止まりの深夜バス(中45)を新設した。, 2011年9月16日、新井薬師前停留所が「新井薬師梅照院前」に、新井薬師駅停留所が「新井薬師前駅」に、新井薬師駅北口降車場停留所が「新井薬師前駅北口降車場」に、江古田地域センター停留所が「江古田区民活動センター」に改称された。, 2015年10月16日、中野駅と新井薬師前駅間の折り返し系統である中13が新設された。平日朝のみの運行で、中野駅 → 新井薬師前駅間は中12の経路、新井薬師前駅 → 中野駅間は中41の経路で運行し、循環系統扱いとなる。中野駅では2番のりばからの発車である。, 2020年3月16日のダイヤ改正で、中13系統(中野駅 → 中野五丁目 → 新井薬師前駅 → 北野神社 → 中野駅)は運行休止となった[1]。, 2020年9月16日のダイヤ改正より豊玉北経由の入庫便が通常便で設定された[2]。, 中野駅から中野通りを北上し、江古田の森(国立療養所中野病院跡地)や西武池袋線の各駅(練馬駅・江古田駅・中村橋駅)へ向かう。中野駅から新青梅街道へ北上する路線としては比較的新しい路線で、1950年代後半頃に開通しているが、当初は現行の中野通りが未開通だったため新井薬師駅を経由していた。2007年4月1日に江古田の森が開業したのに合わせ、中23(中野駅 - 下徳田橋)の代替として中27が新設された。その後、2012年5月16日に総合東京病院・江古田の森への江古田駅からのアクセス改善の為中28が新設された。中28は当初平日運行だったが、同年10月1日(実際は10月6日)より土曜・日祭日の運行も開始した。, しかし、実際は江古田の森~江古田駅までの利用率が著しく悪い為か、2018年4月9日のダイヤ改正で中28の平日ダイヤは朝8時台、9時台の計4本、土休日ダイヤではに10時台から18時台のみの運行と大幅に削減され、それ以外は中27に変更された。また、中25もこのダイヤ改正で減便され、中27の本数が大幅に増加した。 その後、山手線と西武新宿線のガード下を通過する際に車高の関係で日野・ポンチョの導入が見送られていたが通行できる事が分かった為現在はポンチョが専属になり、中型車は車両不足時に充てられる。, 2018年11月1日より宿08のみ阿佐谷営業所の共同運行となった。丸山担当は中野駅への出庫を中30、入庫を中20として池11と同じような形をとっている。宿02で出入庫する運用も存在する。