コメント (2), 昨日は博多で番組のロケだったそうだ。旅サラダらしい。「光の道」の神社での素晴らしい景観。決まったスケジュールの中、そうそう見られるものではない情景を見ることができたのは、晴れ男の面目躍如といったところか。「光の道」をリリースしてから、ゴローファンのツイッターなどでよく話題にはなっていたけれど。私にとって苦手な某グループ(笑)にとっても聖地であるらしく、正直言って特に関心は持てないでいた。でもこうしてゴローが訪ねたとなれば、いつか機会があれば行ってみたいような気にもなるのであった。, 2020年10月21日 (水) 野口五郎 | 固定リンク コメント (2), 金曜日に再放送される武田鉄矢さんの番組。2015年の放送ということは、ちょっと離れていたときで、たぶん見ていないと思うのでありがたい。ツイッターの情報によれば、筒美先生がいちばん多く曲を提供したのが、男性ではゴロー、女性は太田裕美さんだそうで、筒美先生の特集番組としては最もふさわしいゲストだったのだろう。ゴローブログには、編曲も含めて、100曲以上を書いていただいたと。その膨大な曲数だけでなく、海外録音など、どの歌手よりも深いところでつながっていたのではないかと思うにつけ、そのあたりの報道があまりにも少ないような気がして、残念でならない。まぁ、こういうのはゴローファンである以上、嫌というほど味わってきたことではあるが^^;。さて。シングルB面にもアルバムにも大好きな曲は山ほどあるけれど、とりあえずWikiでシングル盤A面だけ見てみると、改めて私の好きな曲は筒美先生作曲のことであることが多い。「青いリンゴ」からの3曲は言うに及ばず。特にクリスさんが「黄金期」だと言ってくださった、「むさし野詩人」(編曲のみ)、「沈黙」「季節風」「風の駅」。このところの再評価著しい「グッド・ラック」「真夏の夜の夢」「女になって出直せよ」。これまた外せない「19:00の街」。それに、「過ぎ去れば夢は優しい」(どうして売れなかったのかわからないくらい好き)も。これらの曲を確認しながら、思わず「ほら~、やっぱりねぇ」と声が出たのだった^^。, 2020年10月14日 (水) 野口五郎 | 固定リンク (ウェブ上には掲載しません). コメント (0), SWITCHインタビュー達人達。テキスタイルデザイナーの須藤玲子さんとの相互インタビュー。あの日に撮影があったことを知っていたものの、やっぱり自分が観たライブの映像がたくさん流れたのは嬉しかった。須藤さんはとっても素敵な女性だった。ゴローファンだったそうで、あの言い回しからすると、須藤さん側からのご指名(笑)だったのかな。長年の活動を経て、今もそれぞれ新しいことに挑戦し続けているふたりの話はとても聞きごたえがあったし、お互いに刺激し合うところがあったと思う。最後にプレゼントされたシャツ。シックでお洒落な感じが本当にゴローによく似合っていた。, 2020年10月25日 (日) 野口五郎 | 固定リンク

コメント (0), 「武田鉄矢の昭和は輝いていた」。筒美先生の特集。本放送は2015年。こういうちょっと前の映像を見るときにいつも、なんなら今のほうが若いんじゃないかと思うのがゴローの不思議(笑)。天才的な筒美先生の曲作り、メロディーやリズムなどについて、ゴローと太田裕美さんの話はとてもわかりやすくて面白かった。懐かし映像で流れた歌の数々はもちろん全部知っているし、思わず一緒に口ずさんでしまうところが昭和の歌の良さだなぁとしみじみ。(できればみなさんの、その当時の映像が見たかったけれど、テレ東にある映像だけでは限りがあるんだな)明日はこれまた見逃していたBSプレミアムの「女になって出直せよ」のカバーが見られるようだ。コットンの受付で「番組収録がある」と書かれていた対談、「SWITCHインタビュー達人達」の告知もあった。お相手はテキスタイルデザイナーの須藤玲子さん。どんなお話が聞けるのか、とても楽しみだ。, 2020年10月16日 (金) 野口五郎 | 固定リンク

コメント (0), 今日の「あさイチ」ゲストの山崎育三郎さん。「レ・ミゼラブル」に出演したのは21歳で、マリウス役としては当時の最年少だったそうだ。レミゼおたくで、オーディションでの曲は「カフェ・ソング」だったけれど、最初から最後まで、全ての曲を暗譜して歌えたという。初演のゴローはちょうどその20年前だから、残念ながら山崎さんが見ていたのはゴローのマリウスではないだろうけど^^;。そんな話を聞いていると、無性にゴローの「カフェ・ソング」が聴きたくなった。来年、オーチャードからまた新しいプログラムになるとしたら、もう歌わないのかな。出戻って、久しぶりに昔のライブ盤で「見果てぬ夢」を聴いたとき、こういう言い方はどうかわからないけど、これはただの歌謡曲歌手の歌じゃないなって思った。そもそもミュージカルナンバーだから、特にそう感じたのかもしれないけど、このずっと後にミュージカルの世界に入っていったのは当然の流れだったんだなって。ミュージカルへの挑戦を、ゴロー自身が先に考えたのか、誰かに勧められたのかは知らないけれど、まさに慧眼だったと思う。, 2020年10月30日 (金) 野口五郎 | 固定リンク 芸能人ブログ 人気ブログ.

コメント (0). #野口五郎に関するブログ新着記事です。|”にちにちこれこうじつ的選曲~野口五郎編~”|八王子オリンパスホール郷ひろみさんのコンサート♪|♪高校生の時初めてでたった一度だけのコンサート♪|にちにちこれこうじつ的選曲~野口五郎編~|今宵☆jazzyに!7

最新の記事. 2020年10月30日 (金) 野口五郎 | 固定リンク | コメント (4) 2020年10月29日 (木) 溜息. 野口五郎 2020年11月12日 (木) リクエスト. テーマ: ブログ. テーマ: ブログ. 和紙でくす玉を折ったり、水引で玉結びを作るのが好きです野口五郎さんのファンです . | フォロー.

お逢いしたかったです, 私三橋さんの星屑の町と 私もお会いしたくて、会場を見渡していましたが見つかりませんでした。 この記事へのトラックバック一覧です: 野口五郎還暦コンサートinオーチャードホール: ☆申し訳ありませんが、コメント、トラックバックは承認性にさせていただきます。(内容が記事にそぐわないものや、不快感を与えるようなものは削除させていただきます。). ほんとにいいコンサートだったのですよ~。何故?…ですが第9でオープニングそして♪愛の賛歌からスタート。十代の頃のヒット曲, わぁ~と若かりし頃、朝起きてから、夜寝るまで五郎漬けだったあのころの気持ちがよみがえるよう…何ででしょうね、あの頃の歌は2番、3番の歌詞全部覚えてます(昔のことは忘れないというあの現象かしら・・・?)この頃の歌は絶叫型?なので、えらく疲れると笑わせてくれました。そして自身が子供の頃大好きだった先輩歌手の方々の歌・・・(ごめんなさい!五郎さん。正直あの時少し眠かったです。美空ひばりさんはともかく、三橋美智也さん、水原ひろしさん…はさすがに・・・), 今回のテーマは『愛』なんでしょうね。そのための話題だとは思いますが・・・「抑えようとしても抑えきれない…それが本当の愛なのではないでしょうか」と芸能界のスキャンダルにちょいと触れ、今話題のBさんには「がんばれ!」そしてタイトル分からないけど愛の歌歌ったあとに・・・, アドロの歌の女性のような恋はしたことはないけれど、そんな恋にみんな一度は憧れて・・・そんな恋をしたような気持ちにさせられて・・・もう…五郎のアドロは最高です!それまでおとなしく聞いていた、50、60のおばちゃんたちがたまらず, いやいや、泣けてしまうくらい素晴らしかったのですよ。ねぇ・・(って、誰にいっているんじゃ), そして21世紀箱舟の帰還・・・これがまたすごかった!予想はしていたけれど最後おかにょは数えましたよ、, 60歳ですよ。信じられない・・・なぁ、ファンだからそう思うのかなとは思いますが、すごいなぁ・・・・, コンサート終わっていい子ですぐ帰ろうか…って言っていたのに、結局全員CDの予約と握手会に参加。いい子で並んで3秒くらい握手して帰ってきました。でもあの人数と握手するだけでも大変だよね~。, 最近は若い頃みたいには五郎熱ないけどね、コンサート行けばやっぱり好きだな~って思うのよ。そしてこれだけのコンサートできる人がなんでTVでは光らないのかなって。, TVでもそれなりに頑張っているけど、やっぱり歌で注目されて欲しい。勿体ないよ・・・。, 下種な奴が注目されて売れるなんて…間違ってるんじゃな~い!*もしかして…ですが検索で来てくれた五郎ファンの方へ・・・メモも取ってないので曲目も曲順もかなり怪しいです・・・ごめんチャイ。, おかにょちゃんお久しぶりでーすおかにょちゃんオーチャードいらしてたのね(^^) コメント (4), ちょっとばかりグチグチな日記^^;。昨日の名古屋でのコンサート、とても素晴らしかったようでなにより。とは言いながら、あ~やっぱり羨ましい。オーチャードとは変わったという歌は何だろうとか、筒美先生についての凄いお話ってどんなことだろうとか、気になることばっかり。ゴローはたぶん、そこにいない人も含めていつも「貴方に届け~!」って歌ってくれていて、その気持ちはとっても嬉しいけれど。やっぱり、そこにいなきゃわからない。「君に届かない歌」なんだよなぁと思ってしまう。こんなふうにネガティブになるのは、今年が全然思ったとおりになっていないからだ。仕事を辞めたら、日本全国どこのコンサートでも旅行を兼ねて行ってやる!と思っていたのに、仕事をしていた去年より行けてないってどういうこと。(コロナのせいばかりではなく、家庭の事情で)あ~~コンサートホールで思いっきりゴローの歌に浸りたい。そんなことを思いながら、うちの近くのホールのチラシを手に取ったら、来月またひろみのコンサートがあるらしい。はぁ^^;。, 2020年10月29日 (木) 野口五郎 | 固定リンク