Copyright (C) それプレミア硬貨じゃない? 知らない人は損をする記念硬貨買取GUIDE All Rights Reserved. 平成6年に発行された、関西国際空港開港記念硬貨(500円)の価値は今どれくらいか?市場価値・買取相場とあわせて、高価買取のコツも要チェック! 引用元:財務省(http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/list.htm), 関西空港記念500円白銅貨ともよばれ、銅750:ニッケル250の白銅製となっている。, デザインは、表に関西空港を俯瞰で見た図と飛ぶ飛行機、裏面に関西の地図と祝いのリボンが描かれており、関西国際空港開港と平成6年の文字が刻まれている。, 当時プルーフセットも10万セットほど販売されたが、現在はプレミアもつかずオークションなどでも価値が下がっている。.

関西国際空港の開港を記念して発行された「関西国際空港開港記念硬貨」の価値や買取相場についてリサーチしています。, 1994年に関西地域の拠点となるべく関西国際空港が開港した記念に発行された500円記念硬貨である。この空港はそのすべてが人工島上にできており、空港だけあって柄は飛行機を使ったものとなっている。, 素材が白銅貨のため地金としての価値も額面以下であり、発行枚数も比較的多い方なので程度に関わらず高価買取は難しい。プルーフセットも現在は価値が下がっている。まんいちミスプリントなどのイレギュラーが見つかればプレミアがつく可能性があるが、それ以外は通常の500円として使用するか、他の記念硬貨などと一緒に買取してもらう方が無難だろう。, 免責事項このサイトは、2018年8月時点の記念硬貨買取に関する情報をまとめている。最新の買取店情報や買取相場の問い合わせは、各店舗へ。.

(500円記念硬貨)。【記念硬貨】広島アジア競技大会記念 500円白銅貨a「走る」 平成6年(1994年)第12回アジア競技大会 【記念貨】