言葉やひらがな・カタカナを覚え始めた子供(幼児)向けの文字・言葉カードやポスター、簡単クロスワードパズルなどです。ひらがなカード、カタカナカード、言葉の練習カード、幼児用クロスワードなどを無料ダウンロード・印刷できます。 ・つよい⇔よわい まずは3枚の写真から、連想される1つの言葉を考えよう! 2. 文字を入力して合っていればステージクリア!次のステージへ進もう! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、四字熟語を使った漢字穴埋め問題をご紹介します。 高齢者にとって穴埋めクイズは脳トレに最適! 今回は四字熟語+穴埋めです。 穴埋めというのは面白いもので、知っている言葉であっても一つでも文字が抜けているだけで、脳はそれが何なのかわからなくなってしまいます。 例えば、『いか〇』 これ... ▼連想クイズを動画で解いてみよう! 施設やデイサービスでおこなうレクリエーションのひとつに連想ゲームがあります。   この連想ゲームには計算問題や漢字問題などの脳トレと同様に「脳の活性化」という目的があります。   そのなかでも連想ゲームでは問題集などとは違い、「発想力」「想像力」も鍛えることが... (※好評につき、2018.12.30 15問→25問に変更しました。最後までお楽しみください♪) 皆さんは、連想クイズはお好きですか? 連想クイズはとっても楽しいゲームです!! 例えば・・・ ①硬くて形はさまざま ②どの家にもないと困るもの ③外出した時はカバンに入れる ④玄関やロッカーに... みなさんいかがお過ごしでそうか? 今回の連想クイズは超難問をご用意いたしました! 例えば・・・ ①たこやき ②通天閣 答え、大阪 という感じで解いていって下さいね!(^^)!

めくったカードに書かれた”ようすことば”から思いつくモノを順番に言っていき、たくさん言えたほうが勝ち、というルールです。

!4つのお題から答えを考えろ!【後半10問】 4 連想クイズ! 白紙カードに、どんどん書いていきましょう。, ”ようすことば”といってもたくさんあるので、何を書けばよいのか迷ってしまいますが・・・

ドライブ中の車内での暇つぶし、会話に困った時などに便利な言葉遊びゲーム。簡単で子供から大人まで楽しめるので、盛り上がる事間違いなしです。大人数で楽しめるゲーム、2人でも、いや2人だからこそ盛り上がる言葉遊び、クイズを使った言葉遊びゲームなど、たくさん紹介しますよ。 ある言葉から連想される言葉を知りたいとき 検索フォームや索引から言葉を指定すると、その言葉の類語、同義語、連想語が表示されます。 表示された言葉のリンクをたどることで、「類語の類語」も簡単に検索に検索できます。 ・ひろい⇔せまい !4つのお題から答えを考えろ!【前半の答え】 3 連想クイズ!

ほほ言語や文章の表現力を高めるためには、”もののなまえ”(名詞)や”うごきことば”(動詞)と合わせて、たくさんの”ようすことば”(形容詞)を獲得していくことが必要になります。, 教室のレッスンでは、まず2~3歳児さんで、反対の意味の「ようすことば」をセットにした「はんたいことば」に触れる機会をつくります。 !4つのお題から答えを考えろ!【前半15問】 2 連想クイズ!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 2012年に幼児教室を開校、現在も2歳児さん~小学校低学年を対象にレッスンを行う現役講師です。, こちらのブログでは、幼児さん向けのおうち知育のヒントやオススメの知育玩具・教材などをご紹介しています。, ひらがなの読みができるお子さんにオススメのことば遊び~ひらがな積み木(ひらがなカード)を使って, 右脳教育で評判の七田チャイルドアカデミー元講師の私が、 口コミではわからないレッスンの実情をお伝えします。, ベビーパークをやめてウチに来た人に聞いた。ベビーパークをやめた理由から考える、おすすめする人・しない人, 『ルートファインダー』は、“考える時は手を動かす”を地で行くデジタル×アナログの脳トレパズル!, 『マルボティック(marbotic)』は、2歳から学べるデジタル×アナログの知育教材。, 幼児教室の体験レッスンではここをチェックしておこう。見落としがちなポイントをお伝えします。, 『天神』幼児版の学習内容をご紹介。5分野・59ジャンル、10,000問以上が学び放題!. さらに年少さん~年中さんクラスで、「ようすことば」を“知っている”だけでなく、“実際に使える”言葉として表現力につなげていくことを目指しています。, そのための取り組みの一つが「ようすことば」の連想ゲーム。

・おもい⇔かるい

・たつ⇔すわる・ねる⇔おきる・はく⇔ぬぐ・あける⇔しめる・はいる⇔でる・いく⇔かえる・まげる⇔のばす・のる⇔おりる・あがる⇔さがる・うごく⇔とまる 言葉やひらがな・カタカナを覚え始めた子供(幼児)向けの文字・言葉カードやポスター、簡単クロスワードパズルなどです。ひらがなカード、カタカナカード、言葉の練習カード、幼児用クロスワードなどを無料ダウンロード・印刷できます。 子どもの表現力を高める遊び~「ようすことば」の連想ゲーム. 【高齢者向けクイズ】漢字で脳トレ!四字熟語の穴埋め問題30問2018.2.7 今回は、四字熟語を使った漢字穴埋め問題をご紹介します。 高齢者にとって穴埋めクイズは脳トレに最適! 今回は四字熟語+穴埋めです。 穴埋めというのは面白いもので、知っている言葉であっても一つでも文字が抜けているだけで、脳はそれが何なのかわからなくなってしまいます。 例えば、『いか〇』 これ... ここから昔話や歌を出している俳優、女優さんが出てきたときに皆さんでその方の歌を歌われるのもいいですね。, 紙とペンを用意して数人2チームに分かれた高齢者に、順番に絵だけを描いて次の方に伝えていくゲームです。, このゲームのお題は誰もが知っていて、簡単に描けるものを選びます。例えば動物や食べ物などがよいでしょう。, 職員がはじめに1つの単語を出して、その単語に関連する単語を連想していただくゲームです。, 上述したゲームのレベルの高いゲームで、初めの言葉と終わりの言葉をあらかじめ決めて、終わりの言葉につながるように単語を順番に連想して頂くゲームです。, チームに分かれて、はじめの言葉と終わりの言葉の間にたくさんの言葉をしりとりで言えたチームが勝ちです。, お絵かき伝言ゲームで紙とペンを使用しないもので、高齢者の背中に文字を書いて最後の人が何を書いたかを当てるゲームです。, Aチームは春に関係する言葉、Bチームは夏に関係する言葉…と、より多くの言葉を可が得たチームが勝ちです。, 何人か(4人までがいいかと思います)一組になり、職員の「せーの!」でお題に関係する言葉を一斉に言っていただくゲームです。, 「この人は声が大きくて聞き取りやすい」「いつも挨拶が気持ちいい」「歩き方が上手」など、いくつになっても他人から褒められると嬉しくなるゲームです。, マス目にはお題(例:赤いものといえばなんでしょう?)に関連のあるものを埋めていただきます。, それを周りの方がヒントを出しあって、お題をかぶった高齢者に頭の上に書かれた言葉を当てていただくゲームです。, 少し難しいかもしれませんが、普通の連想ゲームでは物足りない場合に試してみてもいいでしょう。, 「動物」「植物」など、特定のテーマを指定し、そこに当てはまる英単語を答えていただきましょう。, ㉑にも言えることですが、口頭で言えれば問題ないのでスペルが分からなくても読める単語、知っている単語で答えていただけば大丈夫です。, 意外な外来語もありますが、「ガラス」や「ズボン」のようなカタカナ表記することの多い言葉程度に考えて気軽に取り組んでみましょう。, 高齢者のみなさんは時代劇や大河ドラマなどで、歴史上の人物が登場する作品に触れる機会も多いかと思いますので、思いつく人物が何人かいるか、たくさん挙げていただきましょう。, どの時代の人物を多く思い浮かべられるかで、その方が好きな時代が分かるかもしれませんね。, 例、【玉ねぎ・牛肉・ナス・かぼちゃ・卵・牛乳】が並べられている場合、【玉ねぎと牛肉】を使って牛丼を作る!など, やや難易度が高いかもしれませんので、俳句や川柳に関する人物の名前、季語など範囲を追加してみるのもいいでしょう。, 普段の生活の中で口に出すことはあまりないかと思いますが、誰もが知っていることわざが複数ありますよね。, 今回はそれらを挙げていただきます。途中でつまってしまうようであれば、ことわざ辞典などを見ながらヒントを出すのもいいでしょう。, 各音を1回のみ使って単語をつくり、全ての音を使用することができるかに挑戦するというルールです。, 例えば、「えんぴつ」この場合は「え」「ん」「ひ」「つ」の4音がこの後は使えません。, 濁点(ばびぶべぼ などの音)や半濁点(ぱぴぷぺぽ)の使用もOKですが、濁点や半濁点がついていない状態の文字を使ったものとしてカウントします。, 観光地や名産品など、その県に当てはまるものを何でもいいので答えてみましょう。その県出身の芸能人でもいいですし、市町村名、名産品でもいいです。, お題としての枠組みが大きいため、どんな答えが出てくるか予想がつきにくい分自由度が高めで面白いゲームになると思います。, このゲームで自分たちの出身県にどんなイメージを持っているのか、何となくわかるかもしれませんね。, デイサービス(著)の脳トレ本。最近話題の1冊です。マンネリしがちな介護レク・個人脳トレにおすすめです!. ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 分からなければ、もう1枚の写真を開こう! 3. ドライブ中の車内での暇つぶし、会話に困った時などに便利な言葉遊びゲーム。簡単で子供から大人まで楽しめるので、盛り上がる事間違いなしです。大人数で楽しめるゲーム、2人でも、いや2人だからこそ盛り上がる言葉遊び、クイズを使った言葉遊びゲームなど、たくさん紹介しますよ。是非ご覧くださいね。, 言葉遊びとは、言葉を使ったゲームのことです。代表的なものに「しりとり」「連想ゲーム」などがありますね。道具がいらず、言葉を理解する年齢になれば誰でも遊べることから、昔も今も、廃れることなく遊び続けられています。待ち時間やドライブ中などにぴったりのゲームです。, 言葉遊びゲームのよい所は、いつでも誰とでも楽しめるという点です。体力も、道具も、決まった場所も必要ありません。言葉を理解したての小さな子供も、若者も、年配の方も、皆が共に楽しめて、会話も弾む手軽なゲーム、それが言葉遊びゲームです。, 言葉遊びゲームは楽しいだけでなく、子供の知育としてとても有効な遊びです。「マンモスってなあに?」「マンモスって言うのは昔に生きていた動物でね...」などのように子供が新しい言葉を覚え、知識を深めるきっかけになってくれます。, また言葉を取捨選択したり、ゲームのルールを覚えてそれに則って遊ぶ、などの訓練にもなりますね。子供とのコミュニケーションにもなりますし、子供が退屈になるドライブ中の車内や様々な待ち時間の暇つびしにもぴったりの、最高の遊びです。, 子供と盛り上がる簡単言葉遊びゲーム1番目は、しりとりです。しりとりはとても有名な言葉遊びですね。簡単なので小さな子供でも楽しめます。「リンゴ」「ごりら」「ラッパ」「パイナップル」のように、単語の最後の文字から始まる言葉をどんどん言っていく遊びです。, 最後に「ん」がつく言葉を言ってしまったり、一度出た言葉を言ってしまうと負けになります。制限時間を設けたり、「4文字の単語のみでしりとり」など制約をつけると、一気に難しくなり盛り上がりますよ。, 子供と盛り上がる簡単言葉遊びゲーム2番目は、私は誰でしょうゲームです。1人が親になり、頭の中で一つ単語を決めます。残りの人が質問をし、答えを聞いて、親が思い浮かべた単語を当てるというゲームです。, 例えば、親が頭の中で「ゾウ」と決めます。親以外の人たちが「それは生きていますか?」「大きいですか?」「どこに住んでいますか?」「飛べますか?」などと質問し、最終的に「ゾウ」を導き出せたら勝ちというゲームですね。, 質問を考え、答えを聞いて総合しまとめる力が必要なので、少し大きな子供向けでしょうか。頭を使い、子供との会話も盛り上がる、楽しいゲームですよ。, 子供と盛り上がる簡単言葉遊びゲーム3番目は、鼻歌当てゲームです。親が鼻歌を歌い、それが何の歌かを残りの人が当てるゲームです。とても簡単なので、小さな子供から年配の方まで幅広く遊べますよ。, 鼻歌を口ずさんだり、ハミングしたりすると、心にも良いことが起こるようです。鼻歌の効果が詳しく書いてある記事を見つけました。ゲームをしながら心も癒される、鼻歌は素晴らしいです。是非合わせてご覧くださいね。, 子供と盛り上がる簡単言葉遊びゲーム4番目は、連想ゲームです。「赤いと言ったらリンゴ」「リンゴと言ったら丸い」などのように、単語から連想される言葉をどんどん繋げていくゲームです。簡単で盛り上がるので、ドライブ中などの暇つぶしにぴったりですね。, 子供と盛り上がる簡単言葉遊びゲーム5番目は、逆さま言葉ゲームです。例えば「さ・ん・ま」というお題を出されたら、「ま・ん・さ」と下から言うだけの単純なゲームです。字で見ると反対から読むだけなので簡単ですが、これを頭の中だけで処理して素早く反対から言うのは割と難しいんですよ。, 大人でも難しいので、子供はかなり考えて答えます。考えている時間はとっても静かにしてくれるので、病院での待ち時間や、レストランで食事が来るまでの時間など、暇つぶしにおすすめの言葉遊びゲームです。, 大人向け大人数で会話が盛り上がる言葉遊びゲーム1番目は、たぬきゲームです。「た」を抜くのでたぬきゲームと言います。会話中に「た」を言ったらアウト、というシンプルなゲームですが、盛り上がるんですよ~。, 誰かに「た」を言わせてやろうと画策し、しゃべりまくっているとつい自分が「た」を連発してしまったりして、思った以上にキャーキャー楽しんでしまうゲームです。簡単で盛り上がること間違いなしで、ゲームの最中も、ゲームが終わった後も会話が弾みます。是非一度お試しくださいね。, 大人向け大人数で会話が盛り上がる言葉遊びゲーム2番目は、写真で一言です。バラエティー番組の大喜利などでよく使わるゲームですね。写真を見る行為が必要なためドライブ中の車内には不向きな言葉遊びゲームとなっております。, 昔はこのゲーム、お手軽ものではありませんでしたが、現代にはスマートフォンという強い味方がいますので、写真で一言もいつでもどこでも出来る、簡単お手軽なゲームとなりました。センスが問われる難易度の高いゲームですが、暇つぶしには最高です。みんなでわいわい楽しんでみてくださいね。, 大人向け大人数で会話が盛り上がる言葉遊びゲーム3番目は、英語禁止ゲームです。会話の最中に英語を話してはいけない、というシンプルなルールの言葉遊びゲームです。英語を話さないなんて簡単、と思いがちですが、やってみるとこれがどうして、日常会話にこんなにも横文字を使っていたのかとびっくりするほどです。, 人数を選ばず皆が楽しめ、簡単で会話も盛り上がる、最高の言葉遊びゲームですよ。道具も一切いらないので、ドライブ中の車内でも、待ち時間でも、ちょっとした暇つぶしにもバッチリ使えます。是非お試しくださいね。, 大人向け大人数で会話が盛り上がる言葉遊びゲーム4番目は、濁音半濁音禁止ゲームです。「が」や「ぱ」などの濁音や半濁音を会話の中で使わないという簡単なルールのゲームです。これがとっても難しいんですよ。濁音や半濁音を使わないように会話するのは至難の業なんです。, 皆が一様にロボットのような喋り方になり、あっという間にドカンと盛り上がる最高の言葉遊びゲームです。しかし長時間行うと疲れ果て、皆が殆ど口をきかなくなって行くのでお気を付けくださいね。, 大人向け大人数で会話が盛り上がる言葉遊びゲーム5番目は、早口言葉です。誰もが一度は口にしたことがありますよね。子供の頃は友達とよくやる早口言葉遊びですが、大人になるとあまりやらなくなります。, 子供の遊びでしょ?と敬遠せず、久しぶりに是非やってみてください。誰が一番上手に早口言葉を言えるか競い合ったり、対戦方式で勝ち負けを決めたりすると、思ったより盛り上がるのです。簡単で、懐かしくもあり、盛り上がる、おすすめの言葉遊びゲームですよ。, 2人でも盛り上がる言葉遊びゲーム1番目は、古今東西ゲームです。出されたお題に沿った答えを言っていくゲームですね。「古今東西黄色い食べ物」「バナナ」「卵焼き」などのようにどんどん答えていきます。, テンポよくリズムを崩さずに言おうとすると、突然単語が出てこなくなったりして慌てるんですよね。それがまた楽しい古今東西ゲームです。多人数で行うのも楽しいですが、2人であれば共通の趣味などにお題を絞ると、知識を高めあえて楽しいものです。, 2人でも盛り上がる言葉遊びゲーム2番目は、物語作成ゲームです。「ある日○○は冒険に出かけました」「伝説の竜を倒し、故郷の村を守る冒険です」「しかし○○は家に伝説の剣を忘れてきました」などのように、一文ずつ交代で作成し、物語を進めていく遊びです。, 2人の共通の知り合いを多数登場させたり、2人しか知らない場所で物語を繰り広げることによって、より盛り上がるゲームになりますよ。うまく物語を作るというよりは、こっそり内緒話をするような感覚にさせてくれる、会話が弾むゲームです。ドライブ中の車内での暇つぶしに持って来いのゲームですね。, 2人でも盛り上がる言葉遊びゲーム3番目は、クイズ出し合いゲームです。お互いにクイズやなぞなぞを出し合うという簡単で暇つぶしに持って来いなゲームです。, クイズやなぞなぞが思いつかなくても大丈夫。2人ならば、超個人的な事をクイズにしても割とゲームが成り立ってしまいます。「うちのお母さんの名前は?」「私の名前の由来は何でしょう?」等のような問題でも、2人であれば盛り上がる事が出来ます。是非お試しくださいね。, なぞなぞ、クイズの難問答え付き18選という記事を見つけました。クイズのネタをお探し中の方、難しい問題を出して相手をうならせたい方、必見です。是非合わせてご覧くださいね。, 2人でも盛り上がる言葉遊びゲーム4番目は、答えを合わせようゲームです。「好きな寿司のネタは?」などのお題を出し、2人の答えが合えば成功となります。自分を貫くもよし、相手に合わせるもよし、お互いの出方を伺いつつのゲームとなりますので、会話が盛り上がりますよ。, 2人でも盛り上がる言葉遊びゲーム5番目は、愛してるよゲームです。ルールは簡単。どちらか一方が「愛してるよ」と言い、もう一方は「もう一回言って」と相手の言葉を促すだけです。照れたほうが負けとなります。, 結構ドキドキするゲームですので、特に異性と行う場合は、ドライブ中の車内などは絶対に避けてくださいね!事故が起きてしまったら大変です。盛り上がること必須な、簡単なゲームです。是非お試しください。, 脳のトレーニングになる言葉遊びゲーム1番目は、回文作成ゲームです。回文とは上から読んでも下から読んでも同じになる言葉の事で、「しんぶんし」や「たけやぶやけた」などが有名ですね。, その回文を自分で作成するのが、回文作成ゲームです。回文を作るのは思った以上に大変です。色々なアプローチから言葉を精査して、頭の中で何度もチェックを行いつつ作成するため、脳のトレーニングにとても役立ちます。退屈しのぎとしては難しすぎるゲームですが、是非一度お試しくださいね。, 脳のトレーニングになる言葉遊びゲーム2番目は、漢字しりとりです。「漢字」「字数」「数量」などのように、単語の最後の読みではなく、最後の漢字でつなげて行くしりとりです。, 言葉で聞いた語句を頭の中で漢字に変換し、次の語句を選択しますので、普通のしりとりよりも、たくさん頭を使います。脳のトレーニングに持って来いの言葉遊びゲームです。, 読みで最後に「ん」がついても終わりませんので、どこまでも続けることが出来ます。頭を使いすぎるのでドライブ中の車内には不向きですよ。じっくりと静かに楽しむ大人な言葉遊びゲームですね。, 様々な言葉遊びゲームを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?明日から使えそうなゲームはありましたか?言葉遊びゲームは、子供も大人も楽しめる、暇つぶしに持って来いのゲームですね。, 特に退屈しがちなドライブ中の車内では、言葉遊びゲームが救世主となってくれます!子供の知育にもなる言葉遊びゲーム、是非皆さん遊んでみてくださいね。. スポンサーリンク 教材として販売されている「反対ことばカード」には、子どもにもわかりやすく、かつ使用頻度が高いことばが選ばれているため、そういったものを参考にしても良いですね。, ちなみに、くもんの『反対ことばカード』には、以下のような”ようすことば”が記載されています。, ・おおきい⇔ちいさい data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

・あたらしい⇔ふるい 1 連想クイズ!

・とおい⇔ちかい ・あかるい⇔くらい, これらに「まるい」「しかくい」などの”かたち”をあらわす言葉や、「あかい」「きいろい」などの”色”をあらわす言葉を加えてもいいですね。, ※なお、くもんの『反対ことばカード』には、上記以外に ・ふとい⇔ほそい (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず、1枚に1つ「ようすことば」を書いたカードをたくさん用意します。 ・・・といった、”うごきことば”(動作をあらわすことば)の反対語も掲載されています。, ようすことばを書いたカードを重ね、伏せて置き、上から1枚ずつめくります。 連想クイズ答えの所には、『答えにまつわるエピソードや歴史』も載せています(かなり詳しく書きました)のでそちらも是... プライミング効果をうまく活用することで脳内への刺激を与え、情報を関連付けていくことができれば、. https://twitter.com/nanchou_akachan, ブログ村のランキングに参加しています。読んだよ、とぽちっと押して頂けると嬉しいです。  連想ゲームはひとつの言葉をもとに連想した言葉を順番にこたえていただく形式のものと、正解を導き出すために何個かヒントを伝えてから答えていただくものなど様々あります。 今回は3個ヒントを出し、答えを連想する問題 を紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); var a8='a17052822458_2ZPPYY_G9UK1E_249K_BUB81';var rankParam='-kzXKlfSv87rFOnyKlzJVB7LiBQaf1ZyjGz5KVfrHBnKHOVaLw3Hp5e_q5VPfnfrjGPyMkzG9BnRjB0cyB3vL49aRwVno41xx';var trackingParam='LwACDyZN84QwCIvfDW9fDIQI8UPR6rn5YseKerJxx';var bannerType='1';var bannerKind='item.variable.kind2';var vertical='5';var horizontal='1';var alignment='0';var frame='1';var ranking='1';var category='おもちゃ'; 難聴と診断されたけれど、療育って何をしたらいいのか分からない、どんな関りをしたらいいのか分からない、発語が増えないのはどうして。難聴児の療育、発達の悩みはつきません。, 1歳半で人工内耳手術を受けて家庭で言葉育てをしてきました。装用して半年間、いっこうに発語が増えません。言葉が伝わっている感触もあまり感じられません。, どうしてだろうと考えた時、それは自分自身にありました。聞こえない子と思って話しかけていたことに気づいたのです。, それからは家庭では聞こえる子と思って話しかけをするようにしました。自分を変えることで声かけが豊かに、そして何より楽しくなり、息子の発語が着実に増えてきました。一緒に見て聞いて感じたことが言葉になりました。. ☆テレビのクイズ番組でおなじみ!脳トレアプリの決定版!☆ ルールは簡単! 1.

しりとり、連想ゲーム、はじめはみんなできません。 続かなくて当然です。 ある日急にできるようになるものでもありません。 子どもは、お母さんの言葉を聞いて、生活体験や家庭の中で言葉を聞き貯めていきます。 まずは、丁寧に。