小窓モード: プレミアム: ログイン: 設定. 建築士さんが良く書いているような図面が家の戸棚から出てきました。これを英語で言いたいのですが、なんて言いますか?, 「図面」という言葉を英語で伝えると、「blueprint」と「drawing」または「plan」という言葉を使っても良いと考えました。複数形は「blueprints」と「drawings」と「plans」です。例えば、「It’s very important for construction workers to build according to the blueprints.」という文章を使っても良いと考えました。「Construction worker」は「建設労働者」という意味があって、「build」は「建てる」という意味があります。「According to ~」は「〜に従って」という意味があります。, 建築士がよく書くような図面は英語で 'technical drawing' あるいは 'plan' と言います。, 「図面」は英語で「drawing」と「blueprint」と言います。「blue」のは描いている方法は紙が青くなるので、絵が青い背景で写るので「blueprint」と言います。, Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman, 一度に全ての図面の修正はできないので計画を立ててやります。って英語でなんて言うの?. Copyright © Japan Patent office.

対応英語(参考) 6001 製図板 製図のときに,製図用紙を張る平らな板。 drawing board 6002 製図台 製図版を支える台。 drawing table 6003 製図機械 T定規・三角定規・分度器・スケールなどの機能をもった 機械の総称。 drafting machine 6004 トラック式製図機 械 Copyright (c) 1995-2020 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved. 投影面が水平で視点が投影面より上にある一点透視投影。 birdʼs eye perspective, 投影面が水平で視点が投影面より下にある一点透視投影。 frogʼs eye perspective, 正座標面に一致又は平行な一つ以上の投影面平上に,座標面に対して平行なその主要平面に直角に置いた対象物の正投影。これらの投影平面は,製図用紙上に都合のよいように回してあるので,対象物の投影図は互いに対称に置かれる。, 一つの対象物の主投影図のまわりに,その対象物のその他の五つの投影図のいくつか又はすべてを配置して描く正投影。主投影図を基準にして,その他の投影図は,次のように配置する。 − 上側からの投影図は,上側に置く。 − 下側からの投影図は,下側に置く。 − 左側からの投影図は,左側に置く。 − 右側からの投影図は,右側に置く。 − 裏側からの投影図は,右側又は左側に置く。, 一つの対象物の主投影図のまわりに,その対象物のその他の五つの投影図のいくつか又はすべてを配置して描く正投影。主投影図を基準にして,その他の投影図は,次のように配置する。 − 上側からの投影図は,下側に置く。 − 下側からの投影図は,上側に置く。 − 左側からの投影図は,右側に置く。 − 右側からの投影図は,左側に置く。 − 裏側からの投影図は,左側又は右側に置く。, 三つの座標軸上の尺度が同一であるように,対象物を単一の投影面上に平行投影した表現。, 等角投影によって対象物を描くとき,座標軸上の長さが実長になるような方法で描いた図。, 一般には,一つの投影面で表すすべての投影線が投影平面で90゜以外の同一角度でよぎる平行投影。, 投影図及び断面図が図面の中で自由に置ける表示方法。個々の投影図及び断面図は,主投影図に見る方向を示した矢印の付近に識別の大文字を繰り返して指示する。, 遠近手法による絵画的表現 (pictorial representation)。複雑な対象物を,あたかも部分的に透明であるかのように見せ,主要部分を明らかにした図。, 対象物の実際に見える形を技術的又は芸術的に表した二次元表示。製図の分野では,軸測投影及び透視投影が,透視投影及び分解立体図と同様に,絵画的表現であると考える。, 対象物の正面とした方向からの投影図(3258の図参照)。立面図ともいう(建築部門)。, 対象物を仮に切断し,その手前側を取り除いて描いた図。切り口に加えて,切断面の向こう側の外形を示す。, drawing of cross section, cross-sectional view,  lateral profile, 描いた図の投影面に垂直な切断面で描いた切り口を90゜回転して,その投影図に描いた図。, 一つの対象物を描いた図の中に,ボルト穴,管穴,はしごの踏み棒など同種同形のものが規則的に多数並んだ場合のこれらの図形。, 薄板の断面・側面,線材などを1本の太線で図示する方法。 single line delineation, reference point, reference line, reference plane, 図の中の個々の寸法に許容差を直接記入しないで,一括して指示する寸法許容差。主として機能上特別な精度が要求されていない寸法に適用する。, データムに関連なく幾何公差を決めることができる形体。例えば,真直度を問題にする軸線。, データムに関連して,幾何学的に正しい姿勢関係(例えば,平行)をもつべき形体の姿勢偏差に対する幾何公差。, データムに関連して,幾何学的に正しい位置関係(例えば,同軸)をもつべき形体の位置偏差に対する幾何公差。, データム軸直線を中心とする幾何学的に正しい回転面(データム軸直線に直角な円形平面を含む。)をもつべき形体の振れに対する幾何公差。, 一つの関連形体の基準とするために,個別に二つ以上のデータムを組み合わせて用いる場合のデータムのグループ。, 形体の姿勢公差・位置公差・振れ公差などを規制するために設定した理論的に正確な幾何学的基準。, データムを設定するために,加工,測定及び検査用の装置・器具などを接触させる対象物上の点,線又は限定した領域。, 形体の位置又は方向を幾何公差(輪郭度,位置度,輪郭度及び傾斜度の公差)を用いて指示するときに,その理論的輪郭,位置又は方向を決めるための基準とする正確な寸法。, 円筒面や平行二平面からなる単独形体の実体が,最大実体寸法をもつ完全形体の包絡面を超えてはならないという条件。, 形体の最大実体状態を定める寸法。すなわち,外側形体については,最大許容寸法,内側形体については,最小許容寸法。, 形体の最小実体状態を定める寸法。すなわち,外側形体については,最小許容寸法,内側形体については,最大許容寸法。, 対象としている形体の最大実体寸法と,その形体の姿勢公差又は位置公差との総合効果によって生じる完全な形状をもつ限界。, 形体の実効状態を定める寸法。すなわち,外側形体については,最大許容寸法に姿勢公差又は位置公差を加えた寸法。内側形体については,最小許容寸法から姿勢公差又は位置公差を減じた寸法。, 主として,機械部分,構造部材などの表面における表面粗さ,筋目方向,表面うねり,きず,圧こんなどの総称。, 製作工程の途中の状態又は一連の工程全体を表す製作図。 process drawing, 特定の製作工程で加工すべき部分,加工方法,加工寸法,使用工具などを示す工程図(付図3参照)。, 一つのアイテムの概観形状と,それに組み合わされる構造又は関連するアイテムに関係付けて据え付けるために必要な情報を示した図面(付図4参照)。, 構造物,構成材の一部分について,その形,構造又は組立・結合の詳細を示す図面。一般に大きい尺度で描く。, 敷地,構造,構成組立品,部材の形・材料・状態などが完成に至るまでの詳細を記録するための図面。, 構造物の平面図・立面図・断面図などによって,その形式・一般構造を表す図面(土木部門,建築部門)。, 梱包,輸送,据付け条件を決定する際に必要となる対象物の外観形状,全体寸法,質量を示す図面。, グリッド(格子)を記入して,関係位置・モジュール寸法などが読み取れるようにした図面。, 測定装置,制御装置などを工業装置,機械装置などに装備・接続した状態を示す系統線図(付図11参照)。, 組立部品の絵画的表現 (pictorial representation)。通常は,軸測投影又は透視投影をする。各部品は,同じ尺度で描かれ互いに正しい対向位置を占める。各部品は分離され,順序に従って共通軸上に配置される。, 部品を定義するうえで必要なすべての情報を含んだ,これ以上分解できない単一部品を示す図面。, 二つの部品の組立及び整合のための情報を示す図面。例えば,両者の寸法,形状限界,性能,予備試験の要求に関する情報を示す。, 場所,参照事項,規模を含めて,建造物の配置を示す図面。 general arrangement, 全体配置図の中のある限定された部分を描いたもので,通常は拡大された尺度で描かれ補足的な情報を与える図面。, 建物を建造する場所,進入方法及び敷地の全般的なレイアウトに関連する建設工事のための位置を示すもので,各種供給施設,道路及び造成に関する情報も含まれる図面。, 建物などで,既存の状態から取り壊して除去する部分が分かるように表した図面(建築部門)(付図16参照)。, a) 原図の登録,保管,出納,廃却。 b) 複写図の作成,編集,配布,回収,廃却。 c) 図面の変更の手続き。 d) 第二原図,マイクロフイルム。, 作成した図面を,図面管理部署が受け入れるときに,管理のための一手段として行う手続。, 図面を登録したことを記録する台帳。新しく登録する図面に与える番号は,この台帳から決まる。, 原図から複写によって作成した図面,若しくはデータからハードコピー又はソフトコピーによって作成した図面。, 序文 この附属書(参考)は,一般的な製図用機器及び製図用紙に関する用語とその定義とを示すもので, 1. 「製図」に関連した英語例文の一覧と使い方 - Weblio英語例文検索. 適用範囲 この附属書は,一般的な製図に用いる製図用機器及び製図用紙に関する用語とその定義と, 中心側と弧を描く側とを薄板などで連結できるようにして,大きな円又は円弧を描くときに用いる器具。, しん(芯)をチャックで保持するようになっている鉛筆。 pencil lead holder. All Rights Reserved. 小窓モード: プレミアム: ログイン: 設定. 適用範囲 この規格は,製図に関する製品技術文書情報に用いる用語の定義について規定する。, なお,ISO 10209-1及びISO 10209-2で規定する用語は,ゴシック体で示す。, ISO 10209-1 : 1992 Technical product documentation−Vocabulary−Part 1 : Terms relating to, technical drawings : general and types of drawings, ISO 10209-2 : 1993 Technical product documentation−Vocabulary−Part 2 : Terms relating to, なお,参考として対応英語を示すが,ISO 10209-1及びISO 10209-2で規定する用語はゴシック体で示す。, 2. 図面って英語でなんて言うの? ... 建築で設計図、製図を表す際は Drawing を使います。 ... 2019/02/25 21:44 . Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 製図用語の意味・解説 > 製図用語に関連した英語例文 例文検索の条件設定 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。

- Weblio英語基本例文集, the draftsman crosshatched the area - 日本語WordNet, a square used by draftsmen to draw parallel lines - 日本語WordNet, a drawing pen used for drawing lines with Chinese ink - EDR日英対訳辞書, a paper of superior quality and hard finish, suitable for a picture or drawing - EDR日英対訳辞書. Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved. 第5版の刊行に際して 単位と換算表 本書は,機械製図の基本について学ぶ入門書です.3 部構成で,まず,第1 部「機械製図法」で jis の機械製図とそれに関連する規格を解説し,つづく第2 部「図面」で具体的な多数の図面例を 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。(プレミアム会員限定), the science of drawing, called graphics - EDR日英対訳辞書, DRAFTING TOOL WITH TRIUNE UTILIZATION - 特許庁, MULTIFUNCTIONAL STORAGE CASE OF DRAWING IMPLEMENT AND DRAWING ARTICLES - 特許庁, slide rules and other mathematical instruments - 日本語WordNet, drafting instrument used for drawing circles - 日本語WordNet, a line that is created by a shadow - EDR日英対訳辞書, a drafting tool used for drawing, called drafting pen - EDR日英対訳辞書, a drawing instrument called proportional compass - EDR日英対訳辞書, a draftsman's outfit called {Eidograph} - EDR日英対訳辞書, a drafting instrument called a divider - EDR日英対訳辞書, a T-shaped ruler used for drawing lines - EDR日英対訳辞書, an instrument used to draw circles, called compass - EDR日英対訳辞書, a board on which drawing paper is placed - EDR日英対訳辞書, a drawing instrument called a beam compass - EDR日英対訳辞書, an instrument used for mechanical copying, called a pantograph - EDR日英対訳辞書, METHOD FOR DRAWING AXONOMETRIC PROJECTION PLAN - 特許庁, AUTOMATIC DRAWING MACHINE-CUM-COORDINATE READING DEVICE - 特許庁, FOLDING, AUXILIARY TABLE FOR DRAWING BOARD - 特許庁, DRAWING OPERATION METHOD OF ELECTRONIC DEVICE - 特許庁, METHOD AND SYSTEM FOR DESIGNING AND DRAWING PCa PLATE - 特許庁, DISPLAYING METHOD AND MANUFACTURING METHOD FOR LEARNING MATERIALS FOR DRAWING, AND LEARNING MATERIAL FOR DRAWING - 特許庁, This mechanical pencil is for drafting, so it uses thin lead. この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日, 本工業規格である。これによって,JIS Z 8114 : 1984は改正され,この規格に置き換えられる。, 今回の改正によって,この規格は1992年に第1版として発行されたISO 10209-1, Technical product, documentation−Vocabulary−Part 1 : Terms relating to technical drawings : general and types of drawings及び, 1993年に第1版として発行されたISO 10209-2, Technical product documentation−Vocabulary−Part 2 : Terms, relating to projection methodsに規定する製図用語に旧JISの製図用語を一部見直して,ISO 10209にない用, Technical product documentation−Terms relating to technical drawings, 序文 この規格は,1992年に第1版として発行されたISO 10209-1, Technical product documentation−, Vocabulary−Part 1 : Terms relating to technical drawings : general and types of drawings及び1993年に第1版と, して発行されたISO 10209-2, Technical product documentation−Vocabulary−Part 2 : Terms relating to, projection methodsを元に,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,従来,日本工, 業規格で規定されていた製図用語を一部見直し,ISO 10209にない用語を追加した。, 1. All Rights Reserved. Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved. 誤読のおそれのある用語については,用語欄に用語の読み方を括弧を付けて平仮名で示す。, 情報媒体,規則に従って図又は線図(4109参照)で表した,そして多くの場合には尺度に従って描いた技術情報。, 図面の内容を補足する事項を,図中の中に表の形で表したもの。例えば,加工,測定,検査などに必要な事項を示す(付図1参照)。, 対象物,対象物の部分又は組立の図による表現であり,通常は必要な情報を与えるために拡大される。, 一つの組立品(又は一つの部分組立品)を構成する部品の,又は一枚の図面上に示された詳細な部品の完全なリスト。, 図面の共通的な一定の形式。例えば,図面の輪郭,表題欄,マークなどの形,大きさ,配置。, 図面の管理上必要な事項,図面内容に関する定型的な事項などをまとめて記入するために,図面の一部に設ける欄。図面番号,図名,企業名などを記入する(2002の図参照)。, 図面をマイクロフィルムに撮影したり,複写するときの便宜のため,図面の各辺の中央に設ける印(2006の図参照)。, 図面に示す対象物又はその構成する部品(部材)の細目(部品の名称,材料,数量など)を記入するために,図面の一部に設ける欄。, 長及び極短(ダッシュ)2種類の長さの線の要素が,長・極短・極短の順に繰り返される線。, 短及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,短・極短・極短の順に繰り返される線。, 短及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,短・極短・極短・極短の順に繰り返される線。, 長及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,長・極短・極短の順に繰り返される線。, 長及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,長・極短・極短・極短の順に繰り返される線。, 短及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,短・短・極短の順に繰り返される線。, 短及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,短・短・極短・極短の順に繰り返される線。, 短及び極短(ドット)の2種類の長さの線の要素が,短・短・極短・極短・極短の順に繰り返される線。, 表面を表すために,地形投影において上又は下の基準水平面のあらかじめ決めた高さでの水平面の交点。, 対象物の寸法を記入するために,その長さ又は角度を測定する方向に並行に引く線(付図2参照)。, 三次元の対象物を二次元画像に変換するために用いる規則。投影中心法又は投影平面法を前提としている。, 空間にあるそれぞれの点の間の関係と三つの対応する座標を規定するための根拠。そして逆もまた同様である。, 座標方式で,各点の位置を明確に与える決められた数値(それらに対応する大きさの単位で)の組合せ。, 同じ点(原点)から始まる三つの互いに直角な軸(直角座標軸)の関係とそれらの大きさの単位による表し方を基にした座標方式。, 直角座標方式で,空間の点の与えられた条件での三つの直角座標の点から座標面までの距離。, 円筒座標方式での空間にある点の次の三つの座標をいう。半径(原点を通る垂直軸からの点までの距離),方位角(点と原点とを含む垂直面と水平軸とがなす角)及び高さ(原点を含む水平面から点までの距離)。, 極座標方式での空間にある点の次の三つの座標をいう。半径(点と極との距離)。方位角(点と原点を含む垂直面と極座標軸がなす角)。動角(極角)(点を含む水平面と点と原点と含む直線がなす角)。, 主投影線と投影面との交点。投影平面に直交するすべての直線(奥行き方向の線)の消点となる。, 投影中心からの視点と対象物上の点とを通って表示される直線。投影平面でのその交点は,対象物のその点の投影を示す。, 技術的な製図のある形式で描かれた情報の表現。一般に,いずれかが特定な投影図法又は図形に関係する。, 平行な直線が透視投影において,一点に集まる点。すべての平行な直線が,無限遠の距離で一点で集まる想像上の点。, どの投影線も,三つの座標軸と同じ角度を保ちながら,単一の投影面上に対象物を正投影すること。投影面は,座標軸と同じ角度で交わるので,三つの軸上の尺度はすべて同じである (monometric projection)。, 二つの座標軸上の尺度が同一で,第三の軸の尺度が異なるように,対象物を単一の投影面上に平行投影した表現。, 三つの座標軸上の尺度がすべて異なるように,対象物を単一の投影面上に平行投影した表現。, 表面を表すために,等しい水平な面の断面の交点の水平投影面上の正投影。個々の交点は,基準水平面に関して交点の標高を含む等高線で示す。, 単一の投影面 (projection plane) 上に斜投影 (oblique projection) する方法。, 投影面が,座標面の一つと平行になるように,単一の投影面上に斜投影する方法。投影面に平行な面上の対象物の寸法は,同じ尺度で示される。慣習上,第三の軸方向の投影尺度を1/2にとる。, 投影面が,座標面の一つと平行になるように,単一の投影面 (projection plane) 上に投影する方法。投影面に平行な面上の対象物の寸法は,同じ尺度で示される。慣習上,第三の軸方向の投影も同じ尺度にする (monometric projection)。, perspective projection,  central projection, 対象物の一つの面が,投影面に平行なときの,透視投影表現 (perspective representation)。, 投影面が鉛直で対象物の垂直の面が投影面に対し傾斜しており,水平の面が投影面に対し直角な透視投影。. 「44」に関連した英語例文の一覧と使い方 - Weblio英語例文検索. Copyright © National Institute of Information and Communications Technology.