良い点と悪い点の両方があること。 公共の利益よりも個人的な利益を優先する身勝手な態度のことをいう言葉 「我利」は自分の利益だけを考えるということで、重ねて意味を強調した言葉。, 自分自身の個人的な利益だけを追い求めること。 鉛でできた切れ味の悪い刀でも、一度はものを断ち切ることができることから。, 様々な方法で人を従わせること。 商売の一つの方法で、利益を薄くして数を多く売ること。, たくさんの人々を同じように愛して、利益を公平に分かち合うこと。 「学知」は学んで知ること。 「利害」は利益と損害、「得失」は得することと損すること。

または、その場を愉快にするためにいう冗談。

易経の占いの結果で、積極的に徳を積み、正しい操を守れば、全てのことは上手くいくという意味。 「利口」は冗談を言うこと。, 二者が争っている間に、無関係な者が苦労することなく利益を得ること。

「百世」は世代が百代もの長い期間という意味から、非常に長い年月、後世まで長く続くという意味。, 非常に賢く、理解力や判断力にすぐれていること。 「名」は名高い評判、名声。 「利博」は利益が広い範囲に及ぶこと。 「利口」は喋りが上手い人。

「私欲」は自分だけの利益を得ようとすること。 「利禄」は給料を受けること。または、利益のこと。, ほんの少しだけの利益のこと。 「利」を含む四字熟語の一覧です。以身殉利・一利一害・一割之利・威迫利誘・学知利行・我利我利・我利私欲・我利我慾・急功近利・求名求利・興言利口・魚塩之利・漁夫之利・漁父之利・兼愛交利・堅甲利兵・元亨利貞・現世利益・功名利禄・功名利禄、などがあります。

墨子が儒教の「仁愛」を差別愛と批判して唱えた思想。 「私欲」は私的な欲望を持つこと。 脅迫したり、誘惑したりするという意味から。 政治の秘訣を説いた言葉。. 「功」は功績や成功のこと。

「貞」は実を結ぶこと。 「表」を含む4字熟語、言葉や名詞など 日本の漢字の書き順を覚え正しい書き方で美文字・綺麗な手書き文字、ボールペン字を書く為の漢字学習フリーサイト。 洋エネルギー資源利用推進機構, 主要都市の高度利用地地価動向報告, 青少年インターネット利用環境整備法, 初心者FX(為替)テクニカル分析入門, Japanese kanji[how to write/stroke order], iPhone・xperia・アンドロイド携帯・スマホ情報, ガソリン(軽油/ハイオク/レギュラー)価格情報, 芸能人・タレント・有名人無料動画検索. 「興言」はその場に合わせて言う巧みな言葉。

「山雀(やまがら)」はシジュウカラ科の鳥、「利根」は生まれたときから賢いこと。

「利行」は正しいと認めて実行すること。 天の四つの徳として春夏秋冬、仁礼儀智に配したもの。 中国の戦国時代、荘子が墨子の思想について述べた言葉から。 「嗇夫」は地位の低い役人のこと。 「兼愛」は全ての人を愛するという意味。 「毫末」は髪の毛の先という意味から、少ないことのたとえ。, 少しの利益を得ようとして、大きな利益を逃すこと。 「元」は全てのものが生まれる根源。 「巧を絶ち利を棄つ」とも読む。, 名誉と利益を得るために争うこと。 新たな利益を求めるよりも、今みられる害悪を取り除く方がよいという教え。, 凡人でも、たまには役に立つこと。 「身を以て利に殉ず」とも訓読する。, 利益がある一方で害もあること。 「棄利」は人の力で便利に作られた道具を捨てること。 または、少しの利益を得ようとして、大損すること。, 喋りは達者だが、身分の低い人のこと。

「殉利」は利益や欲望に身を捧げるという意味。 「功名」は名誉、名声。 「富貴」は多くの財産と高い地位。

「我利我慾」とも書く。, 慌てて成功しようとして、目先の利益に勢いよくすがりつくこと。

「元いに亨る、貞しきに利ろし」とも読む。, 仏教の信仰や修行をすることによって、この世で受けることができる仏や菩薩の恩恵のこと。 「利」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(遺利:い-り,一利:いち-り,営利:えい-り..)掲載語句件数:1220件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。

「漁父之利」とも書く。, 全ての人を愛して、互いに利益を与え合うこと。 「漁夫」は漁師のこと。 「厚生」は国民の全ての生活を豊かなで健康なものにすること。

「利」は利益、「略」は計略、策略のこと。, 物の値段を下げて、そのかわりに数を多く売ることで利益を増やすこと。

「名を争い利を争う」とも読む。, 自身が所属する党派や集団の利益とそのための策略。 「利」は利益、得。 「氾愛」は全ての人々を平等に愛すること。 「義」は人としての道徳、仁義。 「威もて迫り利もて誘う」とも読む。, 人としての道を学んで理解し、学んだことの正しさを考えて実際に行うこと。 「利他」は他人の利益。, 徳の高い人物の言葉や行動は、多くの人々に利益があるということ。 「私利」は私的な利益を得ること。

「仁言利博し」とも読む。, 人が守るべき道徳を一番に考えて、利益を二の次に考えること。

「伶」と「利」はどちらも賢いという意味。 「利」は開花すること。 「利」は利益のこと。

「現世」は「げんせ」とも、「げんせい」とも読む。, 名誉と利益。 両者が争っているすきに、第三者が骨を折らずにその利益を横取りするたとえ。▽「漁夫」は漁師。「夫」は「父」とも書く。, 人を区別なく広く愛し、互いに利益を与え合うこと。中国戦国時代の墨子の思想。▽「兼愛」は区別なく愛すること。博愛。孔子など儒家じゅかの説く仁愛を、差別愛として対抗的に唱えられたもの。「交利」は「交こもごも利りす」と訓読し、互いに利益を与え合うこと。, 道義を優先させ、利益を後回しにすること。▽「義」は人として当然あるべき道の意。「利」は利益のこと。「義ぎを先さきにして利りを後あとにす」と訓読する。, 巧みに作られた機械や道具など便利なものを捨てて、自然の生活に戻ること。▽「絶巧」は人の力で巧みに作られたものを絶つこと。「棄利」は便利に作られたものを捨てること。「巧こうを絶たち利りを棄すつ」と訓読する。, 人を区別なく広く愛し、互いに利益を与え合うこと。中国戦国時代の墨子ぼくしの思想。▽「氾愛」は広くすみずみまで愛情を及ぼす意。博愛。汎愛。「兼利」は利益を共にして、広く分け合う意。「兼」は自他の区別をせず、広く…すること。ともに。, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 検索ランキング 「利」で終わる四字熟語(1ページ目)。漁夫之利(ぎょふのり),兼愛交利(けんあいこうり),毫末之利(ごうまつのり),先義後利(せんぎこうり),絶巧棄利(ぜっこうきり),争名争利(そうめいそうり),氾愛兼利(はんあいけんり)

「争名」は名誉を求めて争うこと。 「以身」は自ら、自分自身という意味。 三省堂「新明解四字熟語辞典」、学研「四字熟語辞典」、小学館「大辞泉」に収録された約3400項目の四字熟語がまとめて検索できます。四字熟語の意味や使い方に加え、類語や対義語、故事が分かります。 「上辺だけの言葉」に共通する四字熟語一覧 . 「争利」は利益を得るために争うこと。 「利」は利益。 「名を求め利を求む」とも読む。, その場に合わせて巧みな言葉。 古代中国の趙が燕を攻めようとしたときに、燕の遊説家の蘇代が趙の恵文王の元に出向いて「鷸(シギ)と蚌(ハマグリ)が争っている間にどちらも漁師に捕まえられてしまった」というたとえ話をした後に「趙と燕が争えば、弱ったところを秦に狙われて両国とも取られてしまうだろう」と言って恵文王を説得したという故事から。 (11/15更新). 「片利」は一方だけが利益を得ること。 その喋りに感心した文帝は、口のうまい下級の役人を長官にしようとしたが、家臣に口がうまいだけの男を昇進させると天下の混乱に繋がると諫められ、昇進を取りやめたという故事から。, 自分の利益と欲求のことだけを考えて行動すること。 または、自身は修行して悟りを求め、他の人には仏法による救いを施すこと。 「名聞」は世間の評判、「利養」は身を削り財欲を満たすこと。, 新しいことを知ろうとせずに、今の知識にこだわること。

「交利」はお互いに利益を与え合うこと。, 易経で乾の卦のもつ四つの徳のこと。

「百伶百俐」とも書く。, 多くの財産を得て、高い地位や官職に就くこと。 「我利」は個人的な利益のこと。

「自利」は自身の利益。

「片利共棲」とも書く。, 名声と財産を得ようとする欲のこと。 「仁言」は徳のある人の言葉。 人の上に立つ人の心構えをいう言葉。

「絶巧」は人の力で技巧を凝らした道具を捨てること。 「義を先にして利を後にす」とも読む。, 人によって作られた便利な機械を捨てて、自然の生活に戻ること。 「利達」は利益を得て、高い地位や官職に就くこと。, 一緒に生活していて、片方だけが利益を得ているが、片方は利益も損害も受けないこと。 中国の前漢の文帝が、上林苑の動物園に行ったときに、動物園の帳簿について尋ねても誰も答えることが出来なかったが、口のうまい下級の役人だけが答えることができた。 「氾く愛し兼ねて利す」とも読む。, 永遠に利益を得続けること。 「功を急ぎ利に近づく」とも読む。, 名声と利益だけを欲しがること。

人としての道を学んで実践するための三つの過程の二番目のこと。, 自身の利益だけを考えること。