夏になると増えるのが、蚊! 虫除けをしていても刺されることがあります。無意識にかいてしまい、跡が残ってしまったり.....なんてことのないように、おうちにあるものでサッとケアしたいもの。ナチュラルなものなら、肌に合わない成分でかぶれるなど アロマクラフトでは蜜蝋も蜂蜜も使います。どちらも蜂が関わっているのですが、個体と液体である以外にも違いがあります。今回はアロマクラフトで正しく蜜蝋と蜂蜜を使い分けていただくために、2つの違いについてお話させていただきます。, アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。, アロマテラピーを始めたばかりの頃、どこのメーカーの精油(エッセンシャルオイル)を購入すればいいのかとても悩みました。せっかくなら品質のいいものが使いたい、でも値段が高すぎると手が出せない…。きっと同じように悩まれている方は多いかと思いますので、アロマテラピーでよく使用されている信頼できる精油メーカーをまとめました!, こ精油は天然成分でできているから安全」という謳い文句を見かけますが、これは間違い。原液では使用できないですし、日中の使用を避けるべき光毒性の成分を含む精油もあります。中には皮膚への刺激が強いものも。, 精油(エッセンシャルオイル)を使ったアロマ虫除けスプレーの作り方をご紹介します!最近流行りのアロマ虫除けスプレーを作ってみたい方、市販の虫除けスプレーの匂いが好きじゃない方、市販の虫除けスプレーは咳き込んでしまうから苦手…という方! ぜひチェックしてみてくださいね。. こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。虫刺されにオススメなアロマ軟膏の作り方をご紹介します!こんな方にぴったり! 虫刺されによるかゆみをなんとかしたい! 虫刺されの跡を残したくない! 虫刺されをアロマでケアしたい! 環境の変化などもあってか、花粉皮膚炎やアトピー性皮膚炎など、皮膚炎に悩む方が増えています。皮膚科を受診して処方してもらうのがベストですが、とりあえず市販薬で症状を抑えたいという時もありますよね。しかし、一体どれを選べばいいのか、わかりにくいということはありませんか?... 活力と自信を与え、パワー回復を助けてくれる「精力剤」。無理が利かない、体力の回復が遅い、男性機能を思い通りに発揮できない…そんな男性の強い味方です。ドラッグストアやコンビニには、有名なユンケルや話題のマカ配合ドリンクなどがずらり。サプリタイプの精力剤も注目されています。しかし、一体どれに... 香水の持ち運びに便利な香水アトマイザー。瓶より軽く、万が一割れてしまっても少量のロスで済むため、外出先での付け足しや旅行中に重宝します。とはいえスプレー・ロールオンなど付け方のタイプや入れ替えのしやすさなど、その特徴は商品によってさまざま。迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。. ・ヒドロコルチゾン酪酸エステル ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。, 虫にさされてすぐのかゆみはもちろん、さされて炎症を起こした肌を修復してくれる医薬品です。デキサメタゾン酢酸エステル・ジフェンヒドラミン塩酸塩をかゆみ止め成分として、肌の修復を促進するパンテノールなどを配合。しつこいかゆみやはれ・赤みの原因になる炎症を抑えます。, ステロイド剤を配合しておらず、ツンとするにおいの元も抑えた、お子さんに使いやすいかゆみ止め。ℓ-メントールとdl-カンフルによる清涼感で、かゆみを和らげます。, キャラクターのイラストと黄色いキャップが目立つので、バッグやリュックサックに入れておいてもすぐに見つけられそうですね。, かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩に加えて、かゆみの伝達を止めるリドカインが作用する商品です。, メントールの清涼感が熱を持った患部をひんやりとさせ、かゆみがスーッとひいていきますよ。ムラなく塗れて手を汚さないスポンジタイプです。, クリームや軟膏を嫌がったり掻きむしったりしがちなお子さんには、パッチタイプがおすすめ。キャラクターの絵柄がついた、貼るタイプのかゆみ止めです。抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンが主なかゆみ止め成分で、清涼感の効果でかゆみを鎮めるℓ-メントールも配合されていています。, 子ども向けの商品ですが、もちろん大人も使用可能です。患部を覆うことで薬成分の吸収が高まって効果も続きますよ。, ダニ・毛虫・ムカデといった虫によるかゆみや炎症には、こちらがおすすめ。かゆみ止め成分に加えて抗炎症効果のあるステロイドのPVAを配合し、ダブルの効果でかゆみと炎症を鎮めます。, 蚊によるかゆみにも効果がありますが、ステロイド剤を含むため、2週間以上続けて同じ場所に塗らないように注意しましょう。生後6ヶ月から使用可能です。, 虫さされによるかゆみを抑え、炎症をしずめるかゆみ止めです。炎症を鎮める成分にPVA・グリチルリチン酸二カリウム・サリチル酸グリコール、局所麻酔作用のリドカインなどを配合。, Amazon限定ブランドならではの、手頃な値段と購入のしやすさもメリットです。コスパの良さで考える方におすすめ。, ℓ-メントール、dl-カンフルの効果で、使い心地はスーッと爽やか。掻いた後に塗るとしみやすいので、虫にさされたら早めに塗るのがおすすめです。殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールも配合されています。, 蚊による虫さされを始め、あせも・かぶれ・じんましんのかゆみを抑えるクリームタイプの塗り薬です。局所麻酔作用でかゆみを鎮めるリドカインのほか、殺菌成分としてイソプロピルメチルフェノール、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)をかゆみ止め成分として配合しています。, またこちらは、商品に同梱されている薬剤師の名刺に記載のQRコードから薬剤師のLINE相談ページにアクセスできるようになっているのが特徴!使用上の不安をいつでも相談できるのは心強いですね。, 清涼感のあるクリームタイプで、ダニ・ノミから毛虫やクラゲまで、さまざまな虫さされを想定したかゆみ止め。2種類のかゆみ止め成分のほか、アンテドラッグステロイド型の抗炎症成分PVAや、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールなどを配合しています。, 清涼感を与える成分も2種類配合し、べたつきがちな夏場でも塗った後にスーッとした気持ちよさが期待できますね。ちなみに、ムヒアルファEXには液体タイプもありますが、どちらも効き目は同じ。ただ、クリームタイプの方が使用感がおだやかです。, 虫に刺されたらかゆみ止めが欠かせませんが、できれば虫には刺されたくないですよね。庭仕事やキャンプなど、前もって虫に刺されそうな場所に行くときは、虫よけスプレーが便利です。また、蜂やアブなど毒性の強い虫に刺されてしまった!という時は、毒を体から吸引できるポイズンリムーバーで応急処置ができますよ。ただし、応急処置後はできるだけ早く医師の診察を受けてくださいね。, なおご参考までに、虫さされ用かゆみ止めのAmazon・Yahoo!ショピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, 虫刺されのかゆみを鎮めてくれる「かゆみ止め」。掻き壊す前に塗ることで、とびひや炎症も防いでくれます。しかし、ムヒアルファEX・ウナクール・ムヒパッチなどたくさん人気商品があり、効果・効能はさまざま。どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。, まずは、虫さされのかゆみ止めの選び方をご紹介します。症状によって相応しい成分は異なりますので、選び方を参考にピッタリなかゆみ止めを見つけてください。, 虫さされ用のかゆみ止めは、大きく抗ヒスタミン剤とステロイド剤の2種類に分けることができます。それぞれ特徴があり、かゆみや腫れなどの症状によって使い分けましょう。, 虫さされのかゆみが我慢できず掻きむしってしまい、傷ができてしまった、なんてことありませんか?皮膚に傷が付いてしまうと、傷付いた部分から細菌が入り化膿してしまうことも。特に小さなお子さまの場合は伝染性膿痂疹、いわゆる「とびひ」の原因となってしまうため、, お子さんや免疫力の弱い方は、皮膚が傷つくと、とびひの原因になってしまいます。しかし、かゆみ止めを塗っても虫さされ部分が気になってしまい、掻いてしまうのを我慢させるのは難しいですよね。そんなときには, キャンプや釣りなどのアウトドア中に虫にさされてしまうと、かゆみを我慢しなければなりません。虫さされのかゆみ止めには, それでは、虫さされのかゆみ止めのおすすめ商品をご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月24日時点)をもとにして順位付けしました。, おすすめの虫さされのかゆみ止めについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。症状がかゆみだけなのか、炎症を伴っているかで相応しいかゆみ止めは異なります。抗ヒスタミン剤・ステロイド剤の特徴を知っておき、最適なかゆみ止めを使用してください。.