中学生・高校生は、胸に必要な栄養をたっぷり摂らないといけない時期なのです。, それなのに食べる量を減らしたり、栄養がかたよってしまうと、これ以上胸が大きくならない可能性があります。, だから、さっき紹介したような「タンパク質」をしっかり食べて、胸を育てていきましょう。, 「胸を大きくする栄養が必要なら、バストアップサプリを飲めば良いのでは?」と思いますよね。 違反報告. できるだけ栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。, つまり「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が、胸を大きくするために大切な栄養となります。

ミニスカートやショートパンツは、寒い日には着ないようにしましょう。, また、めんどくさいからシャワーだけでお風呂を終わらせる人は、しっかりと湯船に入ることが大切。, ぬるめのお風呂に、15分くらい入るのがベスト。お風呂の中でバストアップマッサージをすれば、さらに効果アップですよ。, 学校や家で、いろいろとストレスがたまると思いますが、ストレスが増えると女性ホルモンの分泌が減ります。, 今は、女性ホルモンがどんどん増えている状態なので、それをストップさせないためにも、楽しい生活を心がけましょう。, 可愛いものをたくさん見ると、気持ちが女の子らしくなり、女性ホルモンの分泌が増えますよ。, 中学生・高校生の胸を大きくする方法の次は、バストアップに悪影響をあたえるNGなことをご紹介します。, これらはバストアップだけでなく、健康や将来の妊娠などにも影響があるので、今から気をつけておくようにしましょう。, 今は、小学生でもダイエットをしている女の子がいると聞きますが、絶対にやってはいけません。 なんとか胸を大きくする方法はないでしょうか??高校に行ってからも貧乳だったら とおもうとなんか不安です(・・;) 共感した 2. 今は、初潮が早い人で小学校高学年、中学生ぐらいになると多くの女の子に生理が始まります。, 生理が始まる頃には胸が大きくなりだすのですが、20歳くらいまでが成長期だと言われています。, 大人の女性になってからバストアップを目指すより、高校生の時期に様々な胸を大きくする方法を試してみてください。, ただし、様々な理由で通常よりも女性ホルモンや成長ホルモンが少なく分泌されている場合もあります。, 女性ホルモンや成長ホルモンがたくさん分泌される事で胸を大きくする事ができるので、分泌を増すとバストアップに効果的だと言われているのです。, 女性ホルモンは、月経などと深く関係していますが、月経は健康的な生活により正常に訪れます。, 高校生だとほとんどの方が初潮を迎えていますが、健康的な生活を送っていると、毎月一定時期に月経が始まるでしょう。, 野菜を中心とした健康的な食生活や適度な運動、ぐっすり眠る事は女性ホルモンを増やす要素になるでしょう。, ストレスを溜めないようにストレス発散することやチャレンジ精神で新しい事をどんどん行うと女性ホルモンを促すドーパミンなどの成分が出やすくなります。, しっかりと夜眠らないと成長ホルモンが分泌されませんので、夜遅くまで起きていないようにしましょう。, 午後11時くらいから午前2時の間、成長ホルモンが出やすい時間帯だと言われています。, 寝る前にスマホやパソコンをするとブルーライトの影響でぐっすり眠れませんので注意しましょう。, また、寝る前に軽くストレッチすると、よく眠れるだけではなく、バストアップにも効果的でダイエットにも最適です。, 片方の手でバストを持ち上げ、もう片方の手でバストの上部を時計回りにマッサージします。, バスト下からバストの方向へ持ち上げるようにマッサージする事により、バストの形が良くなりバストアップします。, マッサージを行うときには、バストアップクリームを使用するとさらに効果が期待でします。バストアップクリームには主に以下のような成分が配合されています。, 脂っこいお肉は血液をドロドロにしてバストの成長を妨げてしまうこともありますが、とりのささみ肉は、良質のたんぱく質で脂肪分も少ないので、太りませんし胸を大きくするにはピッタリです。, 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするので、胸を大きくしたい高校生にはおすすめです。, カロリーも低く、美容にもとても良いので、大豆製品をできるだけ食べるようにしましょう。, 胸を大きくする方法として、良質のたんぱく質食材を食べると良いですが、高校生が大好きなチーズやヨーグルト、卵も良質のたんぱく質の部類に入ります。, しっかり朝もご飯を食べると脳が目覚めて女性ホルモンや成長ホルモンが出やすくなります。, ナイトブラは、今や女性の3割が実践している美乳方法で、バストを美しく保つだけではなく、育乳効果が期待できると言われています。, ナイトブラといっても様々な種類のものが販売されていて、どれか迷うという人も多いです。, 高校生が胸を大きくする方法としてナイトブラを使用するなら、必ずノンワイヤーのものを選んでください。, このような商品の中には、ワイヤーやボーンが入っているものがあり、夜、寝る際に使うと、締め付け過ぎたり、痛かったりして眠れないこともあります。, ナイトブラは、夜、寝る時に使うブラですが、育乳効果が高いナイトブラなら、成長ホルモンが出る午後11時から午前2時の間に胸を大きくするのを助けてくれるでしょう。, 普通のナイトブラより育乳効果が高い方がバストアップしやすいという口コミも多いです。, サプリメントや薬の様な副作用もありませんし、寝る時にナイトブラを付けるだけで、胸を大きくする事ができるかもしれません。, 高校生が胸を大きくするには色々な方法がありますが、どれもすぐに実践する事ができるものばかりです。, ちょっと食事や睡眠、普段の生活や身に付けるものに気を付けるだけで、胸が小さいと悩まなくて済むかもしれないのです。, まだ、高校生なら今がチャンスなので、今のうちに理想的なバストサイズになるまで色々な胸を大きくする方法を試してみてください。, そんなあなたに、「ニパ子のナイトブラ向上委員会」では後悔しないナイトブラ選びのお手伝いをします。, 65種類以上のたくさんの人気ナイトブラの中から、その効果を着用比較し、とっておきの10枚を厳選しランキングで紹介しています。, 機能性、デザイン、着心地などを考慮した、あなたにぴったりフィットするナイトブラが見つかりますよ。, ※口コミの内容は個人の意見・感想です。効果・効能には個人差があり保証するものではありません, 寝る前に軽くストレッチすると、よく眠れるだけではなく、バストアップにも効果的でダイエットにも最適.

In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! その中でも、とくに大切なのが「タンパク質」。, 中学生・高校生は、大人よりもタンパク質を多く必要としているので、しっかり食べましょう。, 中学生・高校生のうちに、これらのタンパク質をしっかり食べておくと、胸が大きくなりやすいです。, SNSに夢中になって、つい夜更かしすると、胸が小さくなってしまいます。もし、受験勉強を頑張っているなら、深夜ではなく、朝にやりましょう。, 早寝して、ぐっすり安眠すると、寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されます。 形がキレイな美乳をつくるには、昼のブラと夜のブラを分けて使うのがオススメです。, お母さんに、「まだ、そんなブラジャーつけなくても大丈夫」と言われるかもしれませんが、今じゃないと胸が大きくなりませんよ。, 中学生・高校生に、いちばん大切な3つの方法はわかったけど、「もっと胸を大きくする方法が知りたい!」という人もいると思います。 最近、体が段々と女性らしく変わってきて、ひと際自分のスタイルが気になってはいませんか?, けれど、思春期真っ盛りの女の子達にとって「胸の大きさ」はとてもデリケートな話題なので、悩んでいてもなかなか周りに相談しづらいんですよね…, 「みんなより大きくて目立つこの胸がコンプレックスなんだけど…これ以上胸が大きくならない方法なんてあるの?」, 10歳~20歳までは特に女性ホルモンの分泌が盛んな時期なのですが、これによって胸が膨らんできたりお尻が丸くなったりと体が女性らしい体付きへと段々変化していくんです。, 基本的に胸の大きさは遺伝による要素が30%、その他は殆どが女性ホルモンの分泌量で決まって来るそうです。, 中学生&高校生の成長期に、しっかり睡眠を摂りバランスの良い食生活をしていると、それだけ女性ホルモンも正常に分泌されるようになります。, 女性ホルモンが正常に分泌されれば胸もしっかり成長します(だからと言って女性みんなが巨乳になるわけではありません), 逆に、この時期に偏食で栄養不足気味だったり、十分な睡眠がとれていなかったりするとホルモンの分泌量が少なくなって胸も十分に成長しなくなるんです。, ならホルモンバランスを少なくして胸の成長を止めることが、大きくならない唯一の方法なんじゃ?と思う人がいるかもしれませんが、, ホルモンは見た目だけではなく、体の中身も将来健康的に子供が産める体にする重要な役目を担っています。, そのため、安易に不健康な生活をして胸の成長を止めようとするのは今の自分にも将来の自分にも大きな負担をかけてしまうことになるんです(>_<), 成長とは別に、中学生&高校生の生活の中には胸が大きくなるのに拍車をかけてしまう行動もあります。(火に油を注いでしまうような行動といえば分かりやすいですかね?), しかしそれを逆手に取れば、その行動を抑えることで胸が大きくなりすぎないようにコントロールすることも十分に可能なんです。, これを聞いて、「食べ過ぎれば太って胸にも脂肪が付いちゃうなんてこと、私にも分かってるよ!」と思うかもしれませんが、, 中学生&高校生の時期に食べ過ぎると、ただ太るだけではなく胸が大きくなりやすくなる理由があるんです。, 先ほどもチラッとお話ししましたが、女性ホルモンには私達の体が女性らしくなるように胸やお尻などを丸くする=脂肪を付けさせようとする作用があります。, つまり、女性ホルモンの分泌が活発になっている中学生&高校生の時期は一段と胸に脂肪が付きやすい(胸が大きくなりやすい)ということ。, 全体的に脂肪が付いて太るのは当然のことながら、特に胸やお尻周りが爆発的にボリュームアップしてしまうんです\(◎o◎)/, 多少たくさん食べても問題なかった体が、中学生になっていきなり太りだすのはこれが原因なんです!, つまり、中学生&高校生が胸が大きくならない方法というのは、『太らない健康的な食生活』をして胸に無駄な脂肪が付くのを防ぐということなんですね♪, でもでも、具体的に太らない健康的な食生活って?と疑問に思う女の子も多いと思います。, しかし!『食べ過ぎると胸に脂肪が付いて大きくなる』という話を常に頭に置いて、食生活は適度に管理するようにしてくださいね♪(油断大敵), 毎日3食以上食べているとか、間食が多いとか、絶対に夜食を食べている…というのは明らかなカロリーオーバーです。, とりあえず、1日の食事を3回に収めるようにしましょう(だからと言って一度の食事量が増えたら意味ありませんからね!), そして食事の内容ですが、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素がしっかり摂れるものを意識しましょう。家庭科の教科書に栄養表が絶対に載っているんで参考にしてみてね♪, 特にビタミンやミネラルは、摂取した脂質や糖質がエネルギーに変換されるのをサポートする役割があるため、太り気味の人には絶対に欠かすことなく摂ってほしい栄養素になります!, 逆に太る食事の典型が、炭水化物に偏っていることなのでご飯やパン・麵類の食べ過ぎには注意してください。, 中学生&高校生のダイエットの基本は、『食べない』ことではなく、必要な量を栄養を意識しながら食べることです。, そのため野菜しか食べなかったり、単品ダイエットのような明らかに体にも心にも悪いようなダイエットは絶対にしないようにしてください!, 納豆や豆腐、味噌や豆乳など…昔から日本の食卓には大豆食品が並ぶことが多いと思いますが, 実はこの大豆の中に含まれる大豆イソフラボンという成分が女性ホルモンと似た働きをすると言われているんです。, 女性ホルモンと似た働きをするということは事実なので、絶対に影響がないとは言い切れません。, そのため、「絶対に胸が大きくなりたくない!」という子は大豆製品を過剰に摂取するのは避けた方がいいかもしれません。, ※適度な量であれば、大豆食品はむしろ健康にいい食品ですよ!低カロリーですしダイエットにも最適です♪, ここで「痩せ~標準体型の人が有酸素運動してはダメなの?」と疑問に思う人がいると思うのですが、, 有酸素運動は脂肪を燃焼させるのに適した方法であるため、体に余分な脂肪がない人にとってはあまり必要がありません。, その点筋トレは、筋肉をつけることで代謝が良くなったり糖が脂肪になりにくくなったりと、体を太りにくい体質へと変えてくれます。, 一方で太り気味の人は、既に体にも胸にも余分な脂肪が付いてしまっているので、まずはそれを落とすところから始めなければいけません。, そのため、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をして脂肪を落とし、その後に筋トレをして脂肪が付きにくい体に変えていくようにしましょう!, ※激しすぎる運動は成長期の体に大きな負担を与えるので良くありません。あくまで『適度に』ということを意識してくださいね!, 中学生&高校生は部活や体育の授業などで定期的に運動する機会があると思うので、日頃からちゃんと運動してるよ~!という人なら無理に運動する時間を増やす必要はありませんが、, 「私は運動不足かな…」とか「運動してても食べる量の方が遥かに多いから意味ないかも…」という子達は、, 家で筋トレしてみたり、食べる量を意識的に減らしたりと自分達の生活スタイルを見直すようにしてみてくださいね!, いかがでしたでしょうか?今回は中学生&高校生の胸が大きくならない方法について詳しくお話ししてきました♪, 10代って、体がどんどん変化してくる時期なので自分の体がこれからどんな風になってしまうのか予想出来ずに不安になってしまうことも多いですよね(>_<), 私も当時は自分の体重が一体どこまで増えるのか不安で仕方ありませんでした←中三の時に12キロ一気に増えた女はここです。, もっと背が伸びるのか、伸びないのかというのと同じように、女の子にとっては胸の成長も不安要素の1つになります。, そして「もう、これ以上大きくならないでほしい…」と1人で誰にも相談できずに悩んでいる子もきっといるはず!.