technology. Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. Copyright © 古東整形外科・リウマチ科 All Rights Reserved. ボウリングのボールは回転数により曲がり方が強くなりますが、最近では高い回転数での投げ方として「ローダウン投法」と呼ばれるものが人気が高いものとなっています。どんなものなのでしょうか?, ボウリングの投げ方には、「ストレート」、「カーブ」、「フック」、「バックアップ」と4種類の投球方法があり、それぞれピンへ向かうまでの軌道が違います。特にストライクをとる確率をあげるためには、カーブ(弧を大きく描きながらピンに向かって曲がる)やフック(途中までは直線でピンの手前で曲がる)といった曲がる投法が、必要となってきます。, ボウリングは、ボールの回転数が強い程、強く曲がりますが、最近さらに回転数を高める投げ方「ローダウン投法」と呼ばれる投げ方が、日本でも人気が出てきています。, ローダウン投法?聞いたことがない方も多いと思いますので、今回はこの「ローダウン投法」について調べてみました。, ローダウン投法とは、アメリカのプロボウラーや世界の大会に上位に進出しているような選手の多くが採用している投げ方で、高速回転のボールを投げるためのリリース技術です。リリースするときのポーズが、フリスビーを投げるときのポーズにいていることから、このような呼び名になったとも言われていますが、ローダウンという言葉は、アメリカから来たわけではなく、和製英語だそうです。, 手首を柔軟に使うことで、驚異的な回転数を出すことが出来ますが、ボールを抱え込むため、相当の手首の力が必要となりますので、怪我や故障のないよう、無理な投法はしないように気を付けましょう。また、リスタイ(手首の固定具)をつけていると、投げることができないので、十分気を付けながら素手で投げるようにしましょう。, また、ローダウン投法は、かなり難易度の高い投げ方なので、ボウリング初心者の方は避けた方がいいとされています。, 普通の投げ方では、肘や手首は曲げないのが鉄則ですが、ローダウンの場合は、リリースの前まで肘や手首を内側に折り曲げて、ボールを抱え込みます。そして、ボールが体の真横に来た瞬間に、肘を伸ばし、手首を外側に折ることで、親指が真下を向き、強制的に親指を抜きます。ボールを下へこぼすような感覚です。, 手首の動きとしては、フリスビーを投げるときを意識してもらうとわかりやすいかと思います。親指が抜けた後は、中指と薬指ひっかかる感覚を持ちながら、前へ押します。その後、手首を返した反動でスナップを利かせて、ハンドスピードをあげるのが、ローダウンの投げ方です。, 実践する上で、おさえておきたいポイントとして、プッシュアウェィからリリースまで、力まず余計な力は入れないようにしましょう。また、回転数を上げるためには通常の投げ方とは違い、ボールの表面をより長くなでるような投げ方を意識し、リリース時は、ボールを前、そして下へ放るようなイメージで投げるのがポイントです。, メリットとしては、ピンに対する入射角が大きくなり、また回転数も高く勢いがあるので、ピンアクションが大きくなりストライクの確立が高くなりますし、オイリーなレーンでもオイルに負けにくいです。また、リリース時からの姿勢やボールの勢いなど、見た目的にも派手さがあり、観客を圧巻させるものです。ですが、コントロールが難しく、回転を意識しすぎて、リリースするタイミングがばらつきやすかったり、手首にかなり負担がかかるため、怪我や故障といった危険性も高いのがデメリットといえます。, 難しいとされているローダウン投法は、やはりかなりの練習量が必要になります。が、がむしゃらに練習をしても意味がありません。まず初めにやることは、ローダウン投法の投げ方の動画を見て勉強することです。文字や写真を見るだけでは、イメージがつきにくいですし、独学でやろうとしたら、変な癖がついたり手首を痛めてしまう可能性があるので、実際に投げている上達者の投げ方を見ることが大切です。身近にローダウンを投げられる人がいるなら、その人に教えてもらってもいいと思います。, ボウリングのボールではなく、ハンドボールなどを使って手のひらを使う感覚を覚えるのも効果的です。どのタイミングで手首を折って指を抜くのか、拳でなでる感覚を意識しながら、前後に振ってみましょう。実際にボールを投げてみて、どれくらい回転させられるかやってみてもいいと思います。, 実際にボールを使って、ボールを抱え込み、そこから肘を伸ばして手首を外側に折って回転をかけるという一連の動きを練習をするのもいいと思います。その練習は、マイボールがある方は、家で下に布団やクッションを敷いてやってみてもいいかもしれません。, 初めから、助走もあわせてすべての工程を一度に練習しようとすると、返って感覚がつかめにくくなってしまうので、まずは手の動きだけを練習した方がいいでしょう。まずは、左手でボールを支えながら、リリースまでの一連の流れを練習し、次に左手の支えをなくし、徐々に実践での投球に近づけていくことをおすすめします。, ローダウン投法は、投げるのが難しいとされていますが、修得すればメリットもかなり大きいです。無理をせず、練習を重ね、ローダウン投法を習得したあかつきには、会場を「わぁっ!」と驚かせましょう!. 机に肘をついたときに痛くなったことはありませんか? 肘が腫れて、気がつけば瘤ができたかのようになって、 どんな疾患なのかと不安になったりしたことはありませんか? 肘先でも、骨と皮膚の間の部分で刺激が続くと、 滑液包が炎症をおこし腫れることがあります。 肘が腫れて、気がつけば瘤ができたかのようになって、どんな疾患なのかと不安になったりしたことはありませんか?, 肘先でも、骨と皮膚の間の部分で刺激が続くと、滑液包が炎症をおこし腫れることがあります。, 赤矢印の先にあるように、肘の先に瘤ができていることに、2日前に気が付かれたそうです。, さほど腫れていなかったうえに、痛みもなかったので2日前まで様子を見ておられました。, エコーを撮ってみると、赤矢印の先で示した部分に黒く写る水がたまったような所見が確認できました。, 肘頭(肘の先)の部分と皮膚との間にまたがって広い範囲で水腫があることがわかったので、滑液包炎と診断しました。, このように、生活習慣さえ改善していただけば、この疾患は特別な処置を必要としません。, 滑液包炎の治療はだいたいの場合、生活習慣を見直していただき、痛くなった原因を取り除くことで治ります。, 肘を打ったそうで、それからこんなに腫れてしまったので、骨折しているのではないかと心配になって来院されました。, でも、よく見ると、肘の関節全体が腫れているのではなくて、肘の先から皮膚が膨れ上がるように腫れていたので、滑液包炎が疑われました。, 痛みはほとんどないのですが、 肘をつくと違和感があるので、患者さんからの要望で、肘にたまった液を抜くことになりました。, そうすると、褐色の液が確認できて、打ったことによって、そこで少々血も混じっていたのではないかと思われました。, 腫れは少ないのですが、肘の先を少しつくだけで痛みがあるということで、来院されました。, お話を伺うと、数日前に肘の先を打ったということですが、その時は痛みもなく、腫れもなかったので様子を見ておられたそうです。, こういった場合には肘をつかないように指導するとともに、肘先をくりぬいたパッドをリハビリスタッフが手作りしてお出しします。, 肘の部分での滑液包炎は上の例で見てきたように、腫れが大きくて一見心配ですが、肘さえつかなければ、軽快するものがほとんどです。, 肘の痛みや腫れが気になるときには、一度整形外科を受診され、どういった生活習慣が原因でこの疾患になったのかということを分析し、その生活習慣を改善してください。, 06-6392-5266受付時間 9:30-16:30 [月~金] 9:30-12:00 [土]. 右打者における右腕は意識して使う必要があります。ポイントは「右肘の抜き」ですが、右手をアンコックすれば簡単にできるのです!この記事では、そのやり方を解説しています。 ボウリングのボールは回転数により曲がり方が強くなりますが、最近では高い回転数での投げ方として「ローダウン投法」と呼ばれるものが人気が高いものとなっています。どんなものなのでしょうか? ブラッシングはウインドミル投法で非常に大切な基礎となります。この記事ではブラッシングを習得するにあたり気をつけるポイントやどのような練習をすれば良いか具体的な方法をお伝えしていきます。 プロ野球史上に残る名物投法と言えば、野茂英雄投手の『トルネード投法』を挙げる人も多いでしょう。竜巻のごとく身体を捻りながら打者へ投げ込んでいくその姿を指して『トルネード(竜巻)』と呼ばれました。メジャーリーグに野茂投手のような投球フォームの投手はおらず、現地の実況でも『tornado(トルネード)』という言葉が使われていました。メジャーでは新人王、2回の最多奪三振を獲得するなど通算123勝。日米の野球 … ソフトボールにはどのような怪我が多いのでしょうか。今回は、ソフトボールで起こりやすい怪我について、小学校、中学校、高校の各学校期別に見てみたいと思います。 ボウリングのローダウン投法は、最近プロの選手の間で主流となってきている投球方法です。, 手首を柔軟に使って投球したボールに回転を与えるので、自由自在にボールを曲げることができますが、この投げ方を上達させるのは大変に難しいことです。, 特にまだボウリングを始めたばかりの初心者が単に見た目の派手さやかっこよさだけを求めてこの投げ方でいきなり練習すると、手首やひじなどの故障を招く可能性が高くなりますので、注意が必要です。, * ボールをリリースする直前まで、手首と肘を内側に曲げてボールを抱え込むようにします。, * ボールが体の真横に来たタイミングで、肘を伸ばし、手首を後ろ方向に向けボールをリリースします。, ボールをリリースする時はボールを落とすような感じでリリースします。リリースと同時に中指と薬指でボールを前に押し出すようする感じです。, このスナップをきかせてボールに強い回転を与える時に、手首に大きな負担がかかります。, 手首の筋力を鍛えておかないと、必ず手首を痛めますので、日頃から筋力トレーニングを行っておくことが必要です。, 下半身がふらつくようですと安定してボールを投げることはできませんし、腕の力だけで投げてしまうと故障の原因となってしまうので、上達するためには下半身の筋力トレーニングも必要です。, ローダウン投法を習得するのであれば、まずは重いボウリングのボールではなく、ハンドボールのような軽いボールを使って手のひらの感覚を覚えていく練習をまずは行うようにしましょう。, 手首を曲げてボールから指を抜いていくタイミングやリリースのタイミングの感覚をつかむことが可能ですし、徐々にボールを重くしていくことにより、手首を痛めないで練習ができます。, 最初から助走はつけずに、最後の一歩だけで一連の動作を行い、手の動きを中心に投げていくといいでしょう。, 手の動きがうまくできるようになってきたところで、徐々に実際の投球に近づけていくことが、故障をせずにローダウン投法を習得するための近道といえます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. それに対しアーム投げは、図3のように肩と肘、ボールを握っている手が一本のアームのように投げる投法です。 投手の肩が開くと同時に手が出てきますので、全く溜めのない投げ方であり威力のあるボールを投げることが難しくなります。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D35DB7R%2B6TW1MA%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a19041710167_35DB7R_6TW1MA_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816"; この記事ではバントが上手くなるコツを解説しています。ポイントは「バットの握り方」「バントの構え方」「バットの当て方」です。[…], バッティングは手首の使い方によって打球の強さが変わります。どんな手首の使い方をすればホームランを打てるのか?をテーマに記事にまとめました。[…], 右打者が左腕(左打者の右腕)を意識して使っても打てるようになりません。本当に大切なことは「意識して使うな!自然に使えるようになれ!」です。この記事では[…], レイトヒッティングとはバットのヘッドを後ろにタメて打つことをいいますが、この技術が打てる打者と打てない打者を分けるといっても過言ではありません。この記[…], この記事ではバックスイングでの軸足の使い方について詳しく説明しています。やるべきことはたった1つで誰でも簡単にでき、さらにいくつもの悪いスイングを防止[…], この記事では、室内(家の中)で素振りをやる方法やそのメリットについて解説しています。外で素振りをやる場所がなくて困っている人は必見です![…], ドアスイングは悪いスイングの代表格です。この記事では、ドアスイングを掘り下げて説明した上で、ドアスイングを矯正するためのインサイドアウトスイングのやり[…], この記事では最も簡単で安定するトップの作り方をご紹介しています。ここで紹介するトップの作り方は、昔から多くのメジャー(MLB)選手が導入している合理性[…], バッティングにおいて”トップ”は重要な動作の一つです。しかし多くの人は”トップの位置”ばかり気にして、最も重要な「トップの作り方」を深く考えません。こ[…], インパクトの衝撃は非常に大きな力ですが、その衝撃に打ち勝つバッティングができれば、力強い打球が打てるようになります。この記事では、インパクトの衝撃に負[…], インパクトの衝撃は非常に大きな力ですが、その衝撃に打ち勝つバッティングができれば、力強い打球が打てるようになります。この記事では、インパクトの衝撃に負けない手首の使い方を図を用いて詳しく解説しています。, これまでの野球人生で成功したこと、失敗したこと、そして学んだこと・感じたことなどをお伝えし、多くの人が楽しい野球ライフを送るきっかけになって欲しいと思い、記事を書いています。, バントが上手くなる「握り方」「構え方」「当て方」を徹底解説!下手な人ほどやってしまう「やり方」とは?, バッティングでホームランが打てる手首の使い方!手首を返す?返さない?「リストが強い」って何だ?, バッティングでタメて打つ技術「レイトヒッティング」のやり方を解説!タメを作るコツとは?, 誰でも簡単にできる「バッティングにおける軸足の使い方」を解説。やるべき唯一のこととは?, 【野球】素振りを室内(家の中)でやる方法!狭い場所でもできるおすすめグッズも紹介します!, 最も簡単で安定するトップの作り方!メジャー流トップでバッティング力アップを目指そう!, 【野球】素振りの目的は3つある!意味のある素振りでバッティング上達の効果を上げる方法!, バットの握り方で飛距離が変わる?フィンガーグリップがパームグリップより優れている2つの理由!. 膝の水は抜くべきものでしょうか?健康なひざには必ず水が存在します。膝の関節に栄養をおくり、潤滑油の働きもあるので必要なものなのです。 水がたまるのは膝の炎症があるかぎり水がたまり続けます。炎症が起きる原因は、 ・膝関節のねじれ ・外 ソフトボールのピッチャーにおけるポピュラーな投法は3つ、ウィンドミル、スリングショット、エイトフィギュアです。これらの投げ方は野球とは全く異なり、かなり特殊です。今回は、最もポピュラーな腕を一回転させるウィンドミル投法をベースに解説したいと思います。 ボウリングのローダウン投法は、最近プロの選手の間で主流となってきている投球方法です。 手首を柔軟に使って投球したボールに回転を与えるので、自由自在にボールを曲げることができますが、この投げ方を上達させるのは大変に難しいこ … 我の寄抜に対し、攻者が妨害せんと、掴んでいた手を我の胸元に捻り押し込んできたときの抜き方。押し込みをいなしながら体を捻り、肘を相手側に向けて抜く。このとき腕を内側に巻き込み、内腕刀を相手の拇指第一関節に乗せるようにするとよい。 以前の記事で『右打者の左腕は自然に使うこと!』を解説しました。それに対して右腕はどうでしょうか?, 右打者にとって右腕は、フォワードスイングをさらに加速させる役割があります。フォワードスイングを加速させられば、強い打球が打てることになります。, この記事では、右打者がやるべき右腕の使い方、左打者がやるべき左腕の使い方について詳しく解説します。, 右肘の抜きとは、フォワードスイングの際に右肘が体を横切ることを言います。右肘の抜きができていないと、手でバットを振り出していることになりますから、手打ちになってしまいます。, 右肘の抜き方ですが、バットのヘッドを残しつつ、右肘を先行させるように抜くことがコツになります。, 右肘をバットのヘッドより先に抜くということは、ヘッドが後ろに残っている=溜められていることになります。, すなわち右肘を先に抜くことによりヘッドが溜められて、フォワードスイングをさらに加速させることができるのです。, 右打者が右肘を抜く動作を難しいと感じる方も多いと思いますが、コツを覚えれば難しくありませんから安心して下さい。, 『コック』とはゴルフでは、よく使われる単語であり、コックの反対語に『アンコック』があります(図1参照)。, ヘッドを残した状態で右肘を抜くことは、バットを体に巻きつける動作です。体にバットを巻きつけるには、バットに角度をつける必要がありますが、右手をコックしておけば簡単に実現します。, 右手をコックしたまま右肘を突き出すように動かせば、ヘッドを残したまま右肘を抜くことができるのです。, その後はヘッドを加速させるために、畳んである右腕を伸ばすように動かし、最後に右手のコックを解除すれば良いのです。, 右手をアンコックさせると、インパクトの衝撃を手首で受けてしまい、強い打球が打てなくなります。この詳しい解説は以下の記事にかいてありますので、どうぞご参考に。, インパクトでは右腕を伸ばすことができる余裕が必要で、両腕が伸びきるのはフォロースルーのときなんです。, この説明は、上記のリンク記事 インパクトの衝撃に打ち勝つ手首の使い方!簡単にマスターできるコツを徹底図解! で詳しく解説していますが、少しだけ触れておこうと思います。, インパクトの瞬間に両腕を伸ばしてしまうと、右手が『アンコック』してしまい、その結果『インパクトの衝撃に負けやすい打ち方』になるのです。, 右手がアンコックしてしまうと手首が支点になってしまい、インパクトの衝撃を手首で受けてしまうことが原因です。, バッティングの三角形とは、フォワードスイングで作られる両腕と胸を辺とした三角形のことです。, 『インパクトの瞬間にこの三角形が出来上がることが理想だ!』と言う人がいますが、全然間違っていますからね!, 本来、三角形はフォロースルーのときに出来るものであって、インパクトの瞬間にできるものではないんです。, こういった間違った考え方を信じてしまうと、インパクトの瞬間に左腕が伸びるようにしますから、左脇が空いてしまいます。, さらに、その左腕が先に進んでいるため、右腕もそれに合わせるため伸ばし、三角形が完成します。, ところが、このインパクトで右手がアンコックせず打てるポイントなんて、ほとんどありません。, ちょっとタイミングをずらされたら、右手首をアンコックしてボールとバットの距離を縮めようとするんです。, このように、インパクトの瞬間にバッティングの三角形を作ろうとすると、必然的に右手をアンコックして打つ機会が増えてしまいます。, バッティング議論になると、『右打者にとって大切なのは左腕だ!』とか、反対に『右腕だ!』のような論調になることが多いです。, 実際はどちらが大切ということではなく、どちらも役割があり、それぞれ使い方が違うのです。. 肘が高く上げる癖を治すために野茂投手の『トルネード投法』に挑戦していましたが、コントロールを修正するために『ufo投法』が誕生しました。入団1年目の1995年には14勝を挙げ、新人王を獲得しました。 他にも存在する名物投法