財務省が10日発表した2020年度上半期(4〜9月)の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引や投資収益の状況を総合的に示す「経常収支」は前年同期比36・2%減の6兆6901億円の黒字だった。

財務省が10日発表した2020年度上半期(4〜9月)の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引や投資収益の状況を総合的に示す「経常収支」は前年同期比36・2%減の6兆6901億円の黒字だった。 東京「金融拠点化」は夢物語? Copyright(C) 2020 読売新聞社 記事の無断転用を禁止します。, 朝日新聞ベテラン校閲記者に聞く「恥をかかない」文章の書き方 侮るなかれ!「読点」一つで文意が変わる. 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 い意思を感じる猫, 猫の伸びきった寝姿に驚きの声, 上野動物園でゾウの赤ちゃん誕生, 「暖房まだ?」ウサギが無言の圧, 猫によるベッドの間違った使い方, 掃除機は絶対許さない会の姉妹猫.

校閲記者に聞く「読点」の打ち方 財務省が10日発表した2020年度上半期(4〜9月)の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引や投資収益の状況を総合的に示す「経常収支」は前年同期比36・2%減の6兆6901億円の黒字だった。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日外国人による日本での消費が激減し、サービス収支の赤字幅が拡大したことが影響した。, サービス収支は2兆2660億円の赤字で、赤字幅が約2兆円拡大した。このうち、訪日客の消費から日本人の海外旅行での消費を引いた「旅行収支」が1298億円の黒字と、黒字幅が1兆円以上減ったことが大きかった。, モノの輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は95億円の黒字だった。自動車などの輸出が大幅に減った一方、原油などエネルギー価格の値下がりで輸入額も減少した。輸出額は19・2%減の30兆2967億円、輸入額は19・5%減の30兆2872億円だった。, 9月単月の経常収支は、前年同月比4・2%増の1兆6602億円だった。黒字幅の拡大は7か月ぶりだ。, 読者のための新デジタルサービス「読売新聞オンライン」誕生。最新ニュースはもちろん、Web限定のコラムや連載小説、動画など多彩なコンテンツを楽しめます。レジャー施設で使えるクーポンや、限定チケットの購入、ポイントが貯まるサービスも。, 読売新聞オンライン トップページ / お出かけクーポン / よみぽランド(ポイントサービス). ところが貿易黒字や経常収支による移動は永遠に継続するので、結局は黒字国の通貨が高くなります。 ではいつ円高になるのかですが、戦後1972年に変動相場制になって以来、10年か20年ごとに「超円高」は起きています。 new!

new!