Lord knows.とは。意味や和訳。((略式))神のみぞ知る[だれにもわからない] - 80万項目以上収録、例文・コロケーションが豊富な無料英和和英辞典。 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。(プレミアム会員限定), God knows; - Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』, Lord knows who [where] he is. また、インジール(福音書)に描写されたイーサー(イエス)は神性を有する存在ではなく、ムハンマドやモーセなどのように神の預言者の一人であるとみなされている。, ちなみに、イスラーム信徒に広く使われているアラビア語の中の、神を意味する単語で「アッラーフ」または「アラー」「アッラー」(アラビア語: الله‎ ラテン文字化: Allâh)がある。これは、普通名詞である場合と、固有名詞である場合がある。, キリスト教、ネストリウス派、イスラム教が教典とするヨハネによる福音書において、「言は神」である。, また、このことをトーラーに引くと、主は祭司族として書記を務めたレビ族の嗣業[34]であるゆえに、「主イエス・キリストは神であり、言であり、レビ族の嗣業」であることを意味する。, 多神教の例として、インドのヒンドゥー教・中国の道教・アジアに広く存在している仏教と日本の神道がある。どちらも、別の宗教の神を排斥するより、神々の一柱として受け入れ、他の民族や宗教を自らの中にある程度取り込んできた。日本でも明治の神仏分離令によって分離される以前は、神道と仏教はしばしば神仏や社寺を共有し混じりあっていた。, 多神教においても、原初の神や中心的存在の神が体系内に存在することがある。そうした一柱の神だけが重要視されることで一神教の一種、単一神教とされることもあり、その区別は曖昧である。, ヒンドゥー教の人間神は、自然神の生まれ変わりであったり、生前に偉大な仕事をなした人であったりする。 現在のヒンドゥー教は、次に挙げる三つの神を重要な中心的な神として扱っている。, シヴァは世界の終わりにやって来て世界を破壊して次の世界創造に備える役目をしている。, ヴィシュヌは、世界を三歩で歩くと言われる太陽神を起源としており、世界を維持する役目がある。多くのアヴァターラとして生まれ変わっており、数々の偉業をなした人々がヴィシュヌの生まれ変わりとしてヒンドゥー教の体系に組み込まれている。仏教の開祖ゴータマ・ブッダも、ヒンドゥー教の体系においてはヴィシュヌの生まれ変わりとされ、人々を惑わすために現われたとされる。, ブラフマー(梵天)は、世界の創造と、次の破壊の後の再創造を担当している。人間的な性格は弱く、宇宙の根本原理としての性格が強い。なお、自己の中心であるアートマンは、ブラフマーと同一(等価)であるとされる(梵我一如)。, 道教は漢民族の土着的・伝統的な宗教である。中心概念の道(タオ)とは宇宙と人生の根源的な不滅の真理を指す。道の字は「辶(しんにょう)」が「終わり」を、「首」が「始まり」を示し、道の字自体が太極にもある二元論的要素を表している。この道(タオ)と一体となる修行のために錬丹術を用いて、不老不死の霊薬、丹を錬り、仙人となることを究極の理想とする。それはひとつの道に成ろうとしている。, 道教では、道は学ぶことはできるが教えることはできないと言われる[35]。言葉で言い表すことのできる道は真の道ではないとされ、道士の書物や言葉は道を指し示すものに過ぎず、真の「恒常不変の道」は各自が自分自身で見出さなくてはならないとされている。, 神仙となって長命を得ることは道を得る機会が増えることであり、奨励される。真理としての宇宙観には多様性があり、中国では儒・仏・道の三教が各々補完し合って共存しているとするのが道教の思想である。食生活においても何かを食することを禁ずる律はなく、さまざまな食物を得ることで均衡が取れ、長生きするとされる。 神(かみ)は、信仰の対象として尊崇・畏怖されるもの。. ピクサーの代表作 Toy Story の最新作 Toy Story 4 がいよいよ公開されます。 と英訳できます。 ビーチボーイズが God only knows.

「神のみぞ知るだ」って言う言葉は日本語として成り立っていますか?神のみぞ知るの直後に入る言葉としてはなにが適切なのでしょうか?たとえば、 「神のみぞ知るのだろう」みたいに、「〜のだろう」の代わりに「だ」を入れたら成り立つ weh[12]のカタカナ読みとして「ヤハウェ」と明記している。しかし、ヘブライ語としての実際の発音は、子音で「ヘット(無声軟口蓋摩擦音)・ヴァヴ(軟口蓋接近音)・ヘー(無声声門摩擦音)」と綴るアダムの妻の名「חוה」(ハヴァー)に非常に近い[13]。カタカナでその発音を表記するのは非常に難しく、「ה」と「ו」と「ח」は、日本語で表記すると「ハ」のヴァリエーションにも聞こえる。なお、このアダムの妻の名は、キリスト教口語訳聖書や新共同訳聖書でエバと表記されているが、日本ではイヴと表記されることも多い。, キリスト教のうちほとんど(カトリック教会[14]・聖公会[15]・プロテスタント[16][17][18][19]・正教会[20]・東方諸教会[21]など)が、「父と子と聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。, 伝統的なキリスト教の多数派では、ナザレのイエスはキリストであり、三位一体(至聖三者)の第二位格たる子なる神であり、完全な神でありかつ完全な人であると理解されている[22][23][24][25][26][27][28]。, 三位一体論の定式の確認の多くは、古代の公会議(正教会で全地公会議と呼ばれる一連の公会議)においてなされた。, カトリック教会においてはかつては「天主」の訳語が用いられていた。プロテスタントには「真神」という用語もあった[29]。隠れキリシタンによるゴッドの訳には、「ゴクラク」「オタイセツ」などがあったという[30]。, 漢字である「神」が、ヘブライ語: "אלהים"‎、古代ギリシア語: "Θεός"、英語: "God"の訳語に当てられたのは、近代日本でのキリスト教宣教に先行していた清におけるキリスト教宣教の先駆者である、ロバート・モリソン(Robert Morrison)による漢文聖書においてであった。しかしながら訳語としての「神」の妥当性については、ロバート・モリソン死後の1840年代から1850年代にかけて、清における宣教団の間でも議論が割れていた。この論争は中国宣教史上、"Term question"(用語論争)と呼ばれる。この論争の発生には、アヘン戦争後、清国でのキリスト教宣教の機会が格段に増大し、多くの清国人のためにより良い漢文訳聖書が求められていた時代背景が存在していた[31]。, 用語論争において最大の問題であったのは、大きく分けて「上帝」を推す派と「神」を推す派とが存在したことである。前者はウォルター・メドハーストなど多数派イギリス人宣教師が支持し、後者をE.C.ブリッジマンをはじめとするアメリカ人宣教師たちが支持した[31]。, こんにちでも、その妥当性については様々な評価があるが、いずれにせよ、和訳聖書の最も重要な底本と推定される、モリソン訳の流れを汲むブリッジマン・カルバートソンによる漢文訳聖書は、「神」を採用していた。殆どの日本語訳聖書はこの流れを汲み[32]、「神」が適訳であるかどうかをほぼ問題とせずに[注釈 1]、今日に至るまで「神」を翻訳語として採用するものが圧倒的多数となっている。, 旧約聖書の創世記において、アブラハムの子であり異母兄弟であるイサクとイシュマエルがおり、このうちイサクがユダヤ一族の祖である旨の記述がある。イスラームの聖典であるアル=クルアーン(コーラン)にはイシュマエルがアラブ人の祖であるとの記述がある。なお、イシュマエルとはヘブライ語での読み方であり、アラビア語ではイスマーイールとなる。

中高6年間も英語を勉強したのに英語が聞き取れない・話せないのは、文法知識はあっても表現のバリエーションが圧倒的に不足しているからです。インプットとアウトプットを楽しみながら自然に増やせるコンテンツ(映画、マンガ、アニメ、小説、海外TVドラマ、ミュージカル、ニュースなどなど)や学習法を紹介します。. This applies worldwide. Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.

「神のみぞ知る」は God only knows. Toy Story 4、泣かせるいい映画として期待が盛り上がっていますが、予告編で流れるメランコリックな曲が印象的です。, この曲は1966年ビーチ・ボーイズが発表したGod Only Knows(神のみぞ知る)です。, I may not always love you いつも君のことを愛しているわけではないBut long as there are stars above you でも、君の頭上に星がある限り、You never need to doubt it 疑う必要はないI’ll make you so sure about it 君に信じさせてみせるGod only knows what I’d be without you 神のみぞ知っている、君なしで僕はどうしたらいいのか, there are stars above you: 君の頭上に星がある限り・・・日本語訳的には、「空に星が輝く限り」の方がしっくりきますね。, make you so sure: 君に信じさせる・・・make は使役動詞。あなたに確信させる、ということ。, God only knows: 神のみぞ知る・・・神のみぞ知る、つまり、誰にも分からない、ということですね。, what I’d be: 僕はどうしたらいいのか・・・what I am は「現在の私」、what I was は「昔の私」、what I will be は「将来の私」what I would be は「(仮定法で君がいなくなってしまった時)の私」。, If you should ever leave me もし君が去ってしまったとしても、though life would still go on 人生は続いていくんだとしても、believe me 信じてほしいThe world could show nothing to me 世界は何も教えてくれないGod only knows what I’d be without you 神のみぞ知る、君なしで僕はどうしたらいいのか, if you should: もし君が〜としても・・・ここでの should は仮定法のshould。, The world could show nothing to me: 世界は何も教えてくれない・・・世界は何も僕に示すことができない、世界は僕にとって何の意味も持たない、と訳してもいいかもしれません。, God only knows what I’d be without you 神のみぞ知る、君なしで僕はどうしたらいいのかIf you should ever leave me もし君が往ってしまったとしてもthough life would still go on 人生が続いていくんだとしてもbelieve me 信じてほしいThe world could show nothing to me 世界は何も教えてくれないSo what good would living do me だから、生きていることで、どんないいことがあるのだろうGod only know what I’d be without you 神のみぞ知る、君なしで僕はどうしたらいいのか, what good would living do me: 生きていることで、どんないいことがあるのだろう・・・what good で「どんないいこと」、living が主語で「生きていること」。生きていることは、どんないいことを僕にしてくれるのだろうか、ということ。, YouTube でBBC音楽番組のビデオがありました。The Beach Boysではなく、カバーですが、やっぱり素敵な曲です。, トイ・ストーリー3 MovieNEX【Blu-ray】 [ ティム・アレン ]価格:3110円(税込、送料無料) (2019/7/15時点), 管理人のウサカメです。 また、拳法を通じて「気」を整え精神の安定を図る、瞑想によって「無為を成す」ことも道への接近に有効であるという[35]。, 本居宣長は「尋常(よのつね)ならず人の及ばぬ徳(こと)のありて、畏(かしこ)きもの」と定義したが、神道においては、神の定義は一義的には定めにくい。教義と言えるようなものを持たず、歴史的経緯により、様々な異質な要素が混在した信仰であるからである。「八百万の神」と言われ「八百万(やおよろず)」は数が多いことの例えである。神道は古代律令国家によりその体系が整えられたが、道教中の陰陽道や仏教の影響を強く受け、明確な信仰体系を持たない時代が長く続いた。明治期に仏教の影響を排除する神仏分離が行われ、一神教を意識した体系として「国家神道」が再構成されている。これにより、神道における神は天照大神から「現人神」とされる天皇に至る流れを中心として位置づけられた。しかし、この改変は徹底したものではなく、土着的な要素も依然多く残った。第二次世界大戦後、神社神道は国家と分離され、それまで非宗教とされていた神道は宗教として位置づけなおされたが、現在もなお神仏習合・国家神道の名残はそれぞれ強く残り、依然として異質の要素が雑然と混在した信仰である。仏教の影響を受ける以前の神道を「古神道(原始神道)」と呼び区別する場合もある。しかし、明治以降の「国家神道」も、江戸時代に研究が進んだ「古神道」の考え方を多く取り入れて形成された側面がある。, 仏教は、本来は神のような信仰対象を持たない宗教であった。原始仏教は煩悩から解放された涅槃の境地に至るための実践の道であり、超越的な存在を信仰するものではなかった。現在は神と同じ様に崇拝されている開祖のゴータマ・シッダルタも、神を崇拝することを自分の宗教に含めず、また自身を神として崇拝することも許さなかった。, 時代が下るにつれ、ゴータマらの偉大な先人が、悟りを得たもの(仏)として尊敬を集め、崇拝されるようになり、仏教は多神教的な色彩を帯びていく。仏教にはヒンドゥー教の神が含まれ、中国の神も含まれ、日本に来ては神道と混ざりあった。仏教が様々な地域に浸透していく中で、現地の神々をあるいは仏の本地垂迹として、あるいは護法善神として取り込んだのである。したがって、仏教も一部の宗派では神を仏より下位にあって仏法を守護するものと位置づけ、ある面では仏自体も有神教の神とほぼ同じ機能を果たしている。, 日本の神社で弁財天として祭られている神も、そもそもは仏教の護法神(天部の仏)として取り込まれたヒンドゥー教の女神サラスヴァティーであり、仏教とともに日本に伝わったものである。これはやがて日本の市杵島姫神と習合した(神仏習合、本地垂迹説)。, 仏教を考える場合、釈迦の教えとそれを継承していった教団のレベルと、土着信仰を取り込んだ民衆レベルとを混同しないで、それぞれについて議論する必要がある。, 釈迦は、人間を超えた存在としての神に関しては不可知論の立場に立ち、ヴェーダーンタの宗教を否定・捨てた人であるという主張もある。一方で、釈迦は人間を超えた存在(非人格的)を認めており、ただ単にその理解の仕方がキリスト教やヒンドゥー教などの人格神とは異なるだけという意見もある。, 浄土真宗の親鸞は、和讃において「弥陀の浄土に 帰しぬればすなわち諸仏に 帰するなり」と説いており、阿弥陀如来に帰依すれば、あらゆる神仏に帰依するものとしている。, 同様に、現代日本では仏教はもっぱら霊魂の永遠不滅を前提とした葬式を扱う宗教と見られることが多いが、元々仏教では死後も残る魂(アートマン)のようなものを否定する立場であり、ここにおいても民衆の信仰の形とは大きな差異がある(釈迦は、自己の魂(アートマン)が死後も残るのかとの議論に対し、回答をしない(無記)という態度をとり、この態度は、アートマンが残り輪廻するというヴェーダーンタの宗教を拒否しているとも受け取れる)。, なお、「梵天の勧請」の神話には、釈迦が悟った後、「悟りは微妙であり、欲に縛られた俗人には理解できない。布教は無駄である。」として沈黙していたので、神(デーバ)の一人梵天(ブラフマン)が心配してやって来て「俗人にもいろいろな人がいるので、悟った真理を布教するよう」に勧めて要請し、釈尊がそれを受け入れたという物語などが残っている。, 一方、民衆レベルでは、仏もこの記事で扱うところの広い意味での「神」の一種であるといえる。日本では死亡を「成仏」と、死者を「仏」と呼称するに至る。この場合の仏とは、参拝し利益を祈願する対象であって、かつての原始仏教でそうであったような「教えを学び、悟る・覚醒する」という対象ではない。ただし、日本における仏は、キリスト教の訳語としての「神」が定着する以前からの存在であり、一般的な日本語において神と仏とは区別して用いられる(神像と仏像など)。, なお大乗仏典の華厳経には、人間がこの世で経験するどのようなことも全て神のみ業であるとの考え方は、良いことも悪いことも全て神によるのみとなって、人々に希望や努力がなくなり世の中の進歩や改良が無くなってしまうので正しくないと説かれているが、これは神の存否について議論したものというわけではない。, ヨーロッパ中世においては「神は二つの書物をお書きになった」、「神は、聖書という書物と、自然という書物をお書きになった」と考えられていた[36]。よって自然を解明することはそのような被造物を創造した神の意図を知ることになり神の偉大さを讃えることにもなると考えられた。ヨハネス・ケプラーやアイザック・ニュートンなど宗教的情熱、神の意図を知るために自然を知ろうとし、結果として自然科学の発達に大きく貢献した、ということは指摘されている。自然科学が発達した地域が、ほかでもなくイスラム世界やキリスト教世界であったのは、上述のような自然観と神への信仰が原動力となった、ということは指摘されている。それをリン・ホワイトは「近代的な西欧科学はキリスト教の母体のなかで鋳造された」と表現した(「宗教と科学#キリスト教と近代科学」も参照)。, 実際ヨーロッパでは神の存在について研究する神学は長きにわたって学問上の基礎科目であり、オックスフォード大学もケンブリッジ大学も、ハーバード大学も元は神学校である。 現代でも、科学者のおよそ半数が神や超越的な力を信じている、ということがアンケート調査で明らかになっている(「科学者#科学者と信仰」も参照)。, ヨーロッパの中世では広く神の存在が信じられ、神を疑う人は稀であった。神が、人々に人生の意味、生きる意味を与えてくれていた。だが、ルネ・デカルトは(当時としては非常に大胆なのだが)神を疑うような考え方を提示、代わりにego(エゴ)や(cogito)コギトを基礎に置くような思想を展開した(いわゆる「我思う、ゆえに我あり」と要約される思想。『方法序説』などで提示)、18世紀には哲学者・思想家によって唯物論など神を介しない哲学的な考え方も論じられるようになった。さらに19世紀に自然哲学が自然科学へと徐々に変化し大学で教えられる学問の体系が変化するにつれ、学問体系からは神や人生の意味とのつながりが次第に抜け落ちていった。そして、神を信ずる人の割合は中世などに比べじわじわと減ることになった。そうした一連の風潮を、19世紀にはニーチェが「神の死」という言葉で指摘した。「神の死」はニヒリズムをもたらしがちであるが、ニーチェは、神が思想から失われた時代になっても、神に代わって人々に生きる意味を与えてくれるような、ニヒリズムを乗り越えさせてくれるような思想を打ち立てようとした。20世紀前半、マックス・ウェーバーは、学問体系が「神」や「人生の意味」を失ってしまった状態でそれに取り組むことはどのようなことなのか、その厳しさ・残酷さを学生たちに理解させようとした(『職業としての学問』)。しかし神の定義は有神論、理神論、汎神論など様々あり曖昧である。, Christ Jesus.(Edited by: Erwin L. Lueker, Luther Poellot, Paul Jackson), The 1677/89 London Baptist Confession of Faith, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=神&oldid=80408123, 現実世界そのものとしての神。この世界のありようがそのまま神のありようであるとする。例えば.