砲丸投げのコツをつかんで遠くへ飛ばす. 年内最後の練習は一味違った練習で走り納めをしてみよう

早いもので今年も残りわずか。日々部活や練習に... 今回は陸上競技で最大のパフォーマンスができるのは起きてから何時間後なの?という疑問について質問をいた... 陸上競技の種目の選び方や練習メニューを詳しく解説

世界とのレベル差が多きい投てき競技ですが、その中でも特に世界のレベルの壁が高い砲丸投げ。, 練習法・コツの前にまずは基礎をしっかりと抑えなければフォームが安定しなかったり飛距離が伸びなかったりするので、まずは持ち方、構え方をしっかりと意識しながら繰り返し練習していきましょう。, 砲丸は主に人差し指と中指、薬指で押し出すような形になるので、手のひらに乗せるのではなく人差し指から薬指の付け根で砲丸を固定します。, 砲丸は投げる直前まで首に接しておくことがルールとして定められているため、手首とひじをまげてしっかりとボールが動かないように固定しましょう。, 砲丸投げは中学~一般まで重さがそれぞれ違い、重さに見合ったトレーニングが必要です。, 投てき競技と呼ばれるだけによく力を入れて遠くに投げようとすることが多いかと思いますが、投げるのではなく、投げる時に肘と砲丸の向きを一直線に押し出していくイメージをもって見ると飛距離アップやフォームの改善につながります。, 無理に力を入れて肩や腰の腕の力だけで遠くに飛ばそうとすると一般男子の重さが7キロを超えているのでケガや故障の原因になってしまうこともあります。, 初心者にありがちなのが力を入れる時に上半身の力だけで遠くまで投げようとすることがあります。しかしそれだけでは中々飛距離アップにはつながりにくいです。, 投げる時には腰をしっかりと入れて投げる瞬間に足をまげて体全身で砲丸を押し出します。その方が効率よく砲丸に力が加わり、より遠くまで飛ばすことが出来ます。, ドリル練習とは基礎となる技術を繰り返し行いながら定着させ、練度をあげていく事です。

今回は初心者の方やまだ自分の種目が定まっていない... 陸上走り幅跳びのコツとトレーニング方法

... 陸上競技の1500mのトレーニング法や走り方、コツなどについてご紹介しています。練習メニューなどの例も上げていますので練習法の参考にしていただければと思います。. ! 砲丸投げで遠くに飛ばすコツや練習法今回は砲丸投げのコツや練習方法について解説させていただこうと思います。砲丸投げといえば中学、高校、大学・一般と年を重ねるごとに投げる砲丸の重さがだんだんと重くなっていきます。100mなどであれば中学生でも大 ���� Adobe d� �� C 今回は走り幅跳びのコツや筋トレ方法について解説していこうと... 今回は陸上競技をやっている人ならほとんどの人があまり好まない雨について解説させていただきたいと思いま... 400mHの走り方やトレーニング法をご紹介しています。始めたばかりの初心者の方や高校生にもわかりやすく説明していますので練習方法など参考にしながら取り組んでいただけたらと思います。.

陸上短距離選手がシーズンインに向けてするべき練習 規定上、砲丸が両肩を結ぶ線より後方になってはならないため、砲丸をあご若しくは首の付近で固定し、片手で押し出すように投げるものです。, いわゆる野球のピッチャー投げ、または投擲の手を伸ばし円盤投げの手法で投擲しますのは、ファウルとなります。, グライド投法(オブライエン投法)は、パリー・オブライエン(アメリカ)によって考案された投法で、投擲方向に背を向ける形で構える独創的なもので、助走と上体の捻転から生まれる力をより長い時間砲丸に加えることで、それまでの投法よりも飛距離を稼ぐことができます。, 現在、日本ではグライド投法(オブライエン投法)が主流であるが、海外の強豪選手は、回転投法の選手が主流になりつつあります。, これまで国内のグライド動作の技術は,投てき方向に対する重心移動および水平速度を高めることに着目されてきました。, しかし,グライド投法の運動特性を考えると,グライド動作は投てき方向に背を向けた状態から動作を開始しますことから,砲丸を直接加速させる突き出し動作では,「身体を水平回転させる」動作を行わなければなりません。, したがって,この動作をグライド動作後(R-on)から突き出し動作までの短時間で行うには,あらかじめ身体を水平回転させることを想定したグライド動作を行なっておく必要があります。, そこで,右股関節の水平内転,内旋,屈曲を伴った右足の引き込み動作を行い,R-on で骨盤が左回旋位の状態でR-on を迎えることをねらいとしたグライド動作(骨盤の水平回転を伴うグライド動作)します。, その結果,記録を更新し,骨盤の水平回転を伴うグライド動作はパフォーマンスを向上させる有効な新しい視点として示すことができます。, ・グライドしてきて、パワーポジションに入る際に、しっかり地面からの反発をもらいます。, →腕立てのときに手を「ハ」の字にしますのと、「逆ハ」の字でやって比べてみるとわかります。, ・リリースする瞬間は重心(腰の上に)頭があるように、上半身が突っ込まないことです。, 鍛える筋肉の部位は、腹筋、側筋(クロス腹筋)、三角筋&胸筋(ベンチプレス)、大腿四頭筋(スクワット)、首です。, 体重を重くして、グライドのスピード(右足の引き込み)を早くして、リラックスして投げ、左手のリード&ブロックを強化すれば記録は飛躍的に伸びます。, 砲丸投げの初心者は特に、体力を徐々につけながら、パワー増強してください。筋肉質にすれば必ず上達します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 主に日本では グライド投法 という方法を用いられていることが多いのですが今回はそのグライド投法のコツや遠くに飛ばすためにはどのように気を付けていけばいいのかを解説していこうと思います。.

砲丸投: グライド投法: バネスロー1(その場/良い例) 別ウィンドウで開く: バネスロー1(その場/悪い例) 別ウィンドウで開く: バネスロー2

砲丸投げといえば中学、高校、大学・一般と年を重ねるごとに投げる砲丸の重さがだんだんと重くなっていきます。, 100mなどであれば中学生でも大人でも一定の距離を走るという事に変わりないので同じ目線で練習やトレーニングを考えることができます。, しかし砲丸投げは重さが変わっていくのでその点も踏まえてトレーニング方法などを変えていくという事も考えていかなければなりません。, フィールド競技の1つであり、直径2.135mの円の中からいかに遠くへ砲丸を投げることができるのかという競技になります。, その理由はおそらく他の投てき種目よりも特別な練習なく試合に出場ができると言うところから来ているのではないでしょうか。, 確かに指導する側としてもまずは砲丸投げから取り組ませてそこから円盤投げ、やり投げなどに移行もさせやすいかと思います。, 短距離であればまず100mから始め、その後400mやハードルなどといったすこし違う種目を取り組むのではないでしょうか。, そして砲丸投げについてコツや練習法など初心者でもわかりやすくまとめて見ましたので興味のある方は是非ご覧ください。, 主に日本ではグライド投法という方法を用いられていることが多いのですが今回はそのグライド投法のコツや遠くに飛ばすためにはどのように気を付けていけばいいのかを解説していこうと思います。, 大まかに砲丸投げではどのようなことをポイントとして意識すればいいのかと言うところをいくつかまとめて見ましたので参考にしていただければと思います。, 砲丸投げはどちらかというと投げるではなくて押すと言うイメージをもってみるのがコツと思っても良いでしょう。, あれだけの重さのものを思いっきり投げると肩を痛めてしまったり、腰に負担がかかってしまったりしますからね。, やはりどうしても砲丸投げを始めたばかりの頃は上半身だけでどうにかしようと考えがちです。, しかし良い記録を出すためにはしっかりと腰を入れて脚も使って投げると言うことがコツです。, 練習方法と言っても主には先程重要なポイントとして述べさせていただいた箇所に重点を置いて実践形式で多くの数を投げてみて修正箇所などを正しいように直していきます。, 実際に動作を繰り返す事で安定もしてきますし、なにより砲丸投げになれると言うことができるので初めのうちは実戦練習にポイントを置いて見ましょう。, 砲丸投げでの上位に入賞している選手を見れば一目瞭然なのですが、みんなものすごい体格をしています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 陸上サーチでは陸上競技に関する練習方法をはじめ種目ごとの走り方やコツなど経験を元にご紹介させていただいております。陸上を始めたばかりの人から熟練者まで多くの人に見ていただければと思います。. 1 0 obj << /Creator /CreationDate (D:20030116134134) /Title /Author /Producer (Acrobat PDFWriter 4.0 Windows NT) /ModDate (D:20030116143600+09'00') >> endobj 3 0 obj << /Pages 219 0 R /Type /Catalog >> endobj 4 0 obj << /Type /Page /Parent 5 0 R /Resources << /Font << /F5 18 0 R /F3 14 0 R /F4 16 0 R /F6 20 0 R /F14 372 0 R /F15 220 0 R /F16 283 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] >> /Contents 497 0 R >> endobj 5 0 obj << /Kids [ 4 0 R 23 0 R 40 0 R 59 0 R 74 0 R 87 0 R ] /Count 6 /Type /Pages /Parent 219 0 R >> endobj 14 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F3 /BaseFont /CGEDGC+Imperial /FirstChar 32 /LastChar 255 /Widths [ 273 300 330 765 546 794 763 170 329 329 498 830 273 331 273 271 546 546 546 546 546 546 546 546 546 546 300 300 830 830 830 438 982 659 711 711 766 656 604 765 874 438 438 765 656 930 820 820 604 820 710 548 725 820 764 983 764 710 599 326 271 326 996 498 498 492 546 437 605 494 321 549 604 275 275 548 274 878 606 548 606 552 435 380 326 605 495 714 546 495 439 498 498 498 996 670 670 670 248 546 445 995 498 498 498 1174 548 277 1042 670 670 670 670 247 247 445 445 588 498 996 498 818 380 277 825 670 670 710 273 300 546 546 604 622 498 498 498 818 369 430 830 331 818 498 327 830 361 361 498 545 498 273 498 361 411 430 855 855 854 438 659 659 659 659 659 659 856 711 656 656 656 656 438 438 438 438 768 820 820 820 820 820 820 830 820 820 820 820 820 710 604 563 492 492 492 492 492 492 713 437 494 494 494 494 275 275 275 275 548 606 548 548 548 548 548 830 548 605 605 605 605 495 604 495 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 15 0 R >> endobj 15 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /CGEDGC+Imperial /Flags 34 /FontBBox [ -250 -290 1408 1000 ] /MissingWidth 326 /StemV 81 /StemH 81 /ItalicAngle 0 /CapHeight 951 /XHeight 476 /Ascent 951 /Descent -290 /Leading 241 /MaxWidth 1173 /AvgWidth 445 /FontFile2 196 0 R >> endobj 16 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F4 /BaseFont /DGEDGC+CenturyOldst,Bold /FirstChar 32 /LastChar 255 /Widths [ 277 277 339 769 556 889 832 175 369 369 500 832 277 332 277 277 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 332 332 832 832 832 500 985 722 733 685 781 722 667 777 832 406 459 777 667 926 777 777 667 777 737 610 667 759 703 980 722 667 610 369 278 369 1000 500 500 536 544 500 556 536 332 536 586 299 296 610 296 889 586 535 566 556 443 463 389 586 556 832 556 556 500 500 500 500 833 600 600 600 278 556 519 1000 500 500 500 1315 611 333 1113 600 611 600 600 277 277 519 519 590 500 1000 500 822 463 333 870 600 500 667 556 278 556 556 606 667 500 500 500 822 403 500 833 832 822 500 329 833 367 367 500 578 500 277 500 367 402 500 867 867 868 500 722 722 722 722 722 722 1056 685 722 722 722 722 407 407 407 407 787 778 778 778 778 778 778 833 778 759 759 759 759 667 667 593 537 537 537 537 537 537 833 500 537 537 537 537 299 299 299 299 537 586 536 536 536 536 536 833 536 586 586 586 586 556 542 556 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 17 0 R >> endobj 17 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /DGEDGC+CenturyOldst,Bold /Flags 16418 /FontBBox [ -250 -244 1577 1074 ] /MissingWidth 369 /StemV 149 /StemH 149 /ItalicAngle 0 /CapHeight 1074 /XHeight 537 /Ascent 1074 /Descent -244 /Leading 318 /MaxWidth 1314 /AvgWidth 466 /FontFile2 201 0 R >> endobj 18 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F5 /BaseFont /EGEDGC+CenturyGothic,Bold /FirstChar 32 /LastChar 255 /Widths [ 280 280 360 600 560 860 680 220 380 380 440 600 280 420 280 460 560 560 560 560 560 560 560 560 560 560 280 280 600 600 600 560 740 740 580 780 700 520 480 840 680 280 480 620 440 900 740 840 560 840 580 520 420 640 700 900 680 620 500 320 640 320 600 500 420 660 660 640 660 640 280 660 600 240 260 580 240 940 600 640 660 660 320 440 300 600 560 800 560 580 460 340 600 340 600 750 560 750 280 560 480 1000 560 560 540 1280 520 240 1060 750 500 750 750 280 280 480 480 600 500 1000 480 1000 440 240 1080 750 460 620 280 280 560 560 600 560 600 560 500 740 360 460 600 420 740 500 400 549 336 336 420 576 600 280 340 336 360 460 840 840 840 560 740 740 740 740 740 740 900 780 520 520 520 520 280 280 280 280 742 740 840 840 840 840 840 600 840 640 640 640 640 620 560 600 660 660 660 660 660 660 1080 640 640 640 640 640 240 240 240 240 640 600 640 640 640 640 640 549 660 600 600 600 600 580 660 580 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 19 0 R >> endobj 19 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /EGEDGC+CenturyGothic,Bold /Flags 16416 /FontBBox [ -250 -220 1540 1000 ] /MissingWidth 321 /StemV 154 /StemH 154 /ItalicAngle 0 /CapHeight 992 /XHeight 496 /Ascent 992 /Descent -220 /Leading 212 /MaxWidth 1283 /AvgWidth 485 /FontFile2 206 0 R >> endobj 20 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /Name /F6 /BaseFont /FGEDGC+Imperial,Italic /FirstChar 32 /LastChar 255 /Widths [ 273 300 330 765 544 858 874 170 329 329 498 830 272 327 272 272 544 544 544 544 544 544 544 544 544 544 300 292 830 830 830 489 982 653 655 652 715 662 599 710 819 381 441 711 600 927 763 710 655 710 710 546 652 767 653 927 652 540 597 327 272 328 996 498 498 491 438 383 496 382 329 489 492 272 272 438 272 707 546 436 491 436 381 328 272 546 489 655 433 383 383 498 498 498 996 670 670 670 248 544 429 996 498 498 498 1236 546 277 1043 670 670 670 670 231 214 432 428 588 498 996 498 818 328 277 653 670 670 540 273 300 544 544 604 567 498 498 498 818 369 413 830 327 818 498 327 830 359 359 498 545 498 272 498 359 327 413 852 852 852 489 653 653 653 653 653 653 892 652 662 662 662 662 381 381 381 381 717 763 710 710 710 710 710 830 710 767 767 767 767 540 613 456 491 491 491 491 491 491 594 383 382 382 382 382 272 272 272 272 408 546 436 436 436 436 436 830 436 546 546 546 546 383 491 383 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /FontDescriptor 21 0 R >> endobj 21 0 obj << /Type /FontDescriptor /FontName /FGEDGC+Imperial,Italic /Flags 98 /FontBBox [ -250 -281 1484 1000 ] /MissingWidth 328 /StemV 71 /StemH 71 /ItalicAngle -11 /CapHeight 939 /XHeight 470 /Ascent 939 /Descent -281 /Leading 220 /MaxWidth 1237 /AvgWidth 391 /FontFile2 211 0 R >> endobj 23 0 obj << /Type /Page /Parent 5 0 R /Resources << /XObject << /im1 28 0 R /im3 34 0 R /im2 30 0 R >> /Font << /F14 372 0 R /F15 220 0 R /F20 503 0 R /F16 283 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC ] >> /Contents 746 0 R >> endobj 28 0 obj << /Type /XObject /Subtype /Image /Name /im1 /Filter /DCTDecode /Width 554 /Height 338 /BitsPerComponent 8 /ColorSpace /DeviceRGB /Length 29 0 R >> stream