どこで、どんな総合診療医を わたしはぜんぜん書いていないんです!! 何に困惑し、どこを不安に思っているかです。皆さんが求めているのはテクニカルスキルではなく、 発想や気づきだと考えました。そこで、テーマを、「救急・急変対応のエッセンス」、「急変事例の紹介と 共通点」、「病院など組織としての取り組み」にしました。 講師には現在、水戸協同 そしてわたしの周りはインフルエンザが大流行しています... こんにちは。 そこで、自暴自棄になり・・〇気帯び運転で逮捕!, きっかけは逮捕された時の、弁護士先生が、決まりきったことしか言わなかったから、此れなら自分でもできると思ったらしいのですが・・・, ってか・その決まりきったことを話すには、資格が必要で、それなりの・・・相当な勉強をしないと、弁護士にはなれないわけですから。, すごいです。 ってびっくりしました。 アディーレ法律事務所は2017年現在まで 47都道府県すべてに事務所を設けています。 そんな法律事務所は日本にもそれほど無いのでは? 『サザエさん』は日本人なら誰もが一度は見たことがあ... 皆さん、こんにちは♪ office lifeには「石丸幸人」に関する記事が1件掲載されております。いま話題の「石丸幸人」に関する記事はoffice lifeでお楽しみいただけます みなさんは書道は経験がありますか? スポンサーリンク ここでは、総合診療医として活躍する医師経験14年目までの 10年後にあなたは どこで、どんな総合診療医を していますか? ... また、医師経験15年以上のベテランの医師からは、 これまでどんなキャリアを積んできたのかをお聞きしました。 若手・中堅総合診療医. 2001年司法試験合格(29歳), 北海道の生まれの方です。 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 事務所のウェブサイト上では、1カ月間の期間限定と表示。, しかもこの指摘は、「消費者庁」が2016年2月に、処置命令を出したというから、事は公ですね。, となったようです。 それで、自分の事務所設立ですから、ある意味IT業界の起業のようにも感じます。, と、所属弁護士数では、日本では5大弁護士事務所に次ぐ、6位となっています。 アディーレ法律事務所は2004年に石丸幸人氏によって設立しました。 2005年弁護士法人化します。 2017年現在従業員1000人以上。 所属弁護士さんは180人以上になります。 そんな事務所あるんだ! 1972年生まれ。2004年にアディーレ法律事務所の前身を設立。現在は代表を離れ、北里大学医学部に在学中。同事務所は積極的なテレビ広告で知られ、売り上げの半分は債務整理や過払い金返還請求の業務で得ている。 summary.

わたしは小さい頃は習っていました。 または開業したりといった道もあるでしょう。 みなさん最近字を書いていますか? これは才能以外の何物でもないかと・・, 名前:石丸幸人 多分、石丸弁護士個人が考えることは、単なる個人の医師ではないと思いますよ~~, 入学するのも大変なのに、現実その年齢で意思を目指すなんて、すごいことだと思います。, 絶対といういい方は変ですが、その先のビジネスの展望を描いているような、そんな気がします。, しかし、今回のアディーレ法律事務所の、処分ですが事務所自体でも、気が付かなかったのかな~~, 処分を下すのは、日本弁護士連合会(日弁連)という組織なんだそうな。 法律の専門家が、法律で処分されるなんて・・・ホンマかいな??, 石丸幸人弁護士は現在、事務所代表を兼ねながら、北里大学の医学部に通っているようです。, アディーレ法律事務所のように、自身が前面に立たなくとも、会社の経営自体はまわっていきますから。, 色々できることは膨らんでいきます。 8月にこの記事を書いています。 みなさんは何かペットは飼っていますか? わたしはネコが好きなんですが、 たま~に書くと自分の字... こんにちは。 大学は経営学部。 最近は寒い日が続いてますね。そして、 2017/10/15 石丸 幸人さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、石丸 幸人さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。 とても暑いです。 なんか変な、ような気がするな~~ 生年月日:1972年8月26日 アディーレ法律事務所代表の「石丸幸人弁護士」は、事務所の業務停止や、自身の業務停止処分で、今話題になってます。一番は、顧客の方に迷惑が一番だと思いますが、今回はこのアディーレ法律事務所代表の「石丸幸人弁護士」について経歴や学歴など・・なんか北里大学の医学部? 病院、診療所、在宅専門で活躍できることはもちろん、 これまでどんなキャリアを積んできたのかをお聞きしました。, 熊本大学大学院生命科学研究部公衆衛生学分野/熊本大学医学部附属病院地域医療・総合診療実践学寄附講座(医師経験3年), 生活習慣病の問題の解決には、地域の現状と課題にあわせた社会学的手法での介入施策が必要となってきます。私は公衆衛生学の立場から生活習慣病予防や生活衛生、保健介護福祉などの研究・分析を行い、地域特性にあわせた介入施策を考え、「病気の上流」にアプローチできる総合診療医を目指したいです。, 2014年熊本大学卒.同年同大学柴三郎プラグラムを利用し大学院(生命科学研究部)博士課程へ入学,同年同大学病院初期研修医, 2016年より現職。, 東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 博士課程/佐久総合病院付属小海診療所非常勤(医師経験10年), 病院や診療所での研修で健康格差の存在に問題意識を持ち大学院に進学。ここで日常診療に活かすことができる知見を蓄え、逆に日常診療で感じる疑問の解消や患者さんやスタッフとの交流による癒しが研究に向かうモチベーションになっています。将来は家庭生活・研究・臨床・教育のどれも手を抜かず過ごしていきたいと思っています。, 2007年北海道大学卒、同年手稲渓仁会病院総合内科系コースにて初期研修開始。2010年佐久総合病院地域医療部にて後期研修開始。2014年より現職、佐久総合病院付属小海診療所にて非常勤。, 父親が外科医で当時は開業医は外科医と言っても内科・小児科・整形外科・救急・在宅など求められればなんでも診ていたと思います。そんな父親の影響から、「目の前の困っている患者さんを断らない医者になりたい」と考えるように。目標は家庭医療クリニックを開業すること。そして地域の健康寿命を改善していきたいです。, 2005年埼玉医科大学卒。埼玉医科大学総合医療センター初期研修、東京医科大学総合診療科家庭医療後期研修を経て、2011年日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医取得。2011年4月〜2016年3月 川崎セツルメント診療所 所長。2015年4月東京医科大学大学院 医学研究科博士課程 総合診療医学分野 入学。2016年4月より埼玉医科大学総合医療センター 救急科(ER)勤務。, 安房地域医療センター総合診療科(亀田ファミリークリニック館山 家庭医診療科より出向)(医師経験11年), 剣道のチームドクターやトライアスロンの大会救護を今も続けています。スポーツ医学は家庭医療と親和性が高く、かつ日本では未開拓の部分が多い領域。筋骨格系のみならずメンタルも含めた様々な関りが有用です。家庭医としてスポーツ医学を実践しながら様々な年代の人たちへの関わりを続けていきたいと考えています。, 2006年京都大学卒。同年国保旭中央病院初期研修医、2008年同内科専修医。2010年より亀田ファミリークリニック館山家庭医療後期研修プログラム、2013年同Faculty Developmentフェロー、2014年同スタッフ。2015年森の里病院内科に出向し、2016年より現職。家庭医療専門医、在宅専門医、日体協公認スポーツドクター。, 医師4年で離島診療所に赴任しました。そこでは幅広い診療能力も必要でしたが予防医療など地域の中で実践する力も求められました。実際に地域に出でてみると専門職としての知識や技術だけでは不十分で、時には住民と共に考え協力しながら活動する力も必要でした。離島で学んだ「地域と関わりつづける医療」の実践を目指しています。, 2005年久留米大学医学部卒。国立病院機構 長崎医療センター 初期研修医。初期研修終了後は同院 総合診療科レジデント。「地域を丸ごと診たい」と思い、2008年から五島列島の離島診療所である小値賀町国民健康保険診療所に勤務。3000人の島で地域医療に従事。2011年 長崎医療センター 腎臓内科レジデントとして再研修。腎疾患管理と透析管理を経験。2012年 家庭医療専門医。2013年より同院 総合診療科 指導医。長崎県離島へき地支援センター 専任医として離島診療所の診療支援、長崎県の医師受給調査事業などにも関わる。2015年より 実家である 今立内科クリニックに勤務。, 天理よろづ相談所病院 地域医療連携室、在宅世話どりセンター/天理医療大学 医療教育・研究センター(医師経験13年), 急性期病院で判断能力のない高齢患者に高度医療が日常的に行われていることに疑問を感じました。この問題の解決には心の通った継続ケアの提供体制、地域医療ネットワークが重要だと考え、現在、その実現に向けて診療のかたわら、大学院において地域医療ネットワーク構築に向けたマネジメント業務、研究、教育に取り組んでいます。, 2004年佐賀医科大学卒業。天理よろづ相談所病院ジュニアレジデント。2006年内科系シニアレジデント(内科ローテート)。2008年チーフレジデント。2010年京都大学大学院社会健康医学系専攻臨床研究者養成コース修了 (M.P.H)。2010年 天理よろづ相談所病院総合診療教育部(2013年まで)、在宅世話どりセンター医員。2011年地域医療連携室医員(兼任)。2016年米国南カリフォルニア大学大学院(ビジネススクール)医療マネジメント修士過程修了(M.M.M)。2016年天理医療大学医療教育・研究センター特任講師(兼任)。 女性は大... こんにちは。トミーです。 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ テレビ、新聞などの各... 皆さん、こんにちは♪ 若手・中堅医師に10年後の姿をイメージしてもらいました。 2017/10/12 皆さんはジャズに関してどんなイメージを持っていますが? 一龍斎春水(麻上洋子)の本名や夫について!経歴や介護についてと中村久子伝についても. 公衆衛生や医学教育での博士課程への進学、海外への留学、 出身高校:伊達緑丘高校 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。 これだけの、規模の弁護士事務所にした、功績は大ですね。, 特徴は、上記の5代事務所が扱ってるのは、主に大手企業などの、法律顧問や係争が主なのに対して、アディーレ弁護士事務所が扱うのは, ということで、経験年数が、まだ若いキャリアの弁護士の方が、多数在籍しているのが、特徴のようです。, 常時着手金を全額返還するキャンペーンを行っていた・・・・がしかし 私の世代だと書道は学校でもやっていた... 皆さん、こんにちは♪

ちょっと歩くと汗がすごくてすぐに熱中症になりそう。... こんにちは。とみーです。

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); Copyright ©  田舎で考える楽しいことって? All rights reserved. 出身地:北海道室蘭市 石丸幸人氏. その地方組織は, この弁護士会は、監督官庁から、独立した権限を与えられていて、実際の処分を下すのは、この日弁連の組織。, 弁護士というのは、事務所開設地の弁護士会に、所属することが義務付けられてるそうです。, そうしないと、営業はできないことに。 またフェローシップとして特定テーマを深めたり、 2018年2月9日に開幕する平昌冬季オリンピックまで、もう間もなくになりました。 現在台風7号の影響で日本のいろいろな場所で大雨による川の氾濫や事... こんにちは。トミーです。 アディーレ法律事務所代表の「石丸幸人弁護士」は、事務所の業務停止や、自身の業務停止処分で、今話題になってます。, 元々記憶力には、自信があったそうです。 都市部、へき地など場所を限定せず働けることも特徴です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 東京の大学に入ったのは、一重に東京に行きたかったからなんだそうです。, なのですが、なんと・・帯広勤務で、東京希望がなんと、また北海道に戻ってきてしまった!, 此れには本人がっかりで、落ち込んだそうです。 また、医師経験15年以上のベテランの医師からは、 出身大学:横浜国立大学第二経営学部卒 私ははジャズなんてあまり真剣に聞いたことがありませ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください。, 大学卒業後,株式会社セガ,株式会社パソナソフトバンクなどの株式公開企業やITベンチャー企業に勤務しながら,26歳のときに弁護士を目指し,2回目の挑戦で司法試験に合格。. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!.

過払い金返還請求に関する広告が有利誤認表示に該当し、業務停止の懲戒処分を受けた。処分を下した東京弁護士会は「極めて悪質な行為」として断罪し、顧客10万人に影響が出た。業務は再開したが、50人の所属弁護士が離脱するなど、法人としての今後はまだ見通せていない。, 1972年生まれ。2004年にアディーレ法律事務所の前身を設立。現在は代表を離れ、北里大学医学部に在学中。同事務所は積極的なテレビ広告で知られ、売り上げの半分は債務整理や過払い金返還請求の業務で得ている。, アディーレ法律事務所と石丸幸人氏は2017年10月、過払い金返還請求の広告において、「弁護士法人として品位を失うべき非行」を行ったとして、東京弁護士会から業務停止2カ月、同3カ月の懲戒処分を受けた。期間限定の着手金値引きが、実際は恒常的だったことが景品表示法違反に該当すると、消費者庁から指摘を受けたことがきっかけだった。, 過払い金返還請求の広告に対して、2017年10月11日に所属する東京弁護士会から業務停止という懲戒処分を受けました。アディーレ法律事務所は業務停止2カ月、元代表社員の私は3カ月でした。その間、弁護士業務を手掛けることができず、債務整理や過払い金返還請求などで依頼を受けていた10万人の顧客の弁護を続けることができなくなりました。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。, 何とかめどが立ち、事務所の業務停止期間が終わった12月11日から業務を再開しています。しかし業務停止処分の影響は大きく、これまで所属弁護士も186人おりましたが、すでに8人が退所し、さらに近く50人ほどが退所する予定です。元から86カ所ある本支店は78カ所しか再開できていません。各支店には最低1名の弁護士がいないといけませんが、辞める弁護士が多く維持できなくなったためです。再開後まもないのですが、現状は以前ほど問い合わせや相談予約がきていません。, どうして業務停止の処分を東京弁護士会から受けるに至ったのか。そのきっかけは10年から打ち出していた過払い金返還請求の広告でした。, この広告はホームページ上でのキャンペーンの告知で、1カ月ほどの期間中は着手金を無料にするという内容でした。このキャンペーンを繰り返し実施していたことが、有利誤認表示に当たり、16年2月に消費者庁から景品表示法違反に該当すると広告禁止の措置命令を受けました。, 私も法律の専門家ですので、ずっと続く閉店セールのような広告が違反になることは理解していました。最初は1カ月ごとに反響をみて、そのつど内容を変えたり、延長の判断をしたりしていました。しかし代表社員の業務も忙しく、だんだんその判断が形式的に、いいかげんになってしまった。そこが違反につながった原因です。, 法律の専門家が社内に多くいて気づかなかったのかとの指摘もありますが、全員が気づいていませんでした。広告の内容そのものには問題がなく、広告単体を見ても違反に該当するかどうか分からないためです。さらに経年で広告の内容をチェックしているのは私だけだったため、他の弁護士がどこまで続いたら違反かもしれないと判断することはできませんでした。, 日経新聞も営業で「事業承継M&A弁護士50選」などという広告を募集し掲載しています。広告を見る人は、「選」と表示するならば、ちゃんと選定基準があるのだろう、日経新聞が選んだからすごい、と思うのでしょうが「要は、お金、広告料を支払えば掲載してくれる」ことのようです。ある意味錯覚を利用した広告募集です。弁護士会は、このような広告を放置し、処分しないのでしょうか。そのような意味では、アディーレがかわいそうな気もします。, 所属弁護士が186人で、10万人の顧客がいるという時点でおかしいと思わないのだろうか?支店が86あると言うことだと、ほとんどの支店は、弁護士が1人しかいない。その弁護士は、年中無休で対応していたのだろうか?10万を186で割ると536。一人の弁護士が536件を同時に抱えて、何の仕事ができたんだろう。, 10万人の契約を解除したらどうなるか弁護士会も想像できなかった。依頼者はもとより債権者,裁判所,従業員と誰もが苦しんだ。東京弁護士会の会長が誰だかしらないけど(宇都宮しかしらない),おそらくまともな感性をもたない感情で動くひとだ。この事務所がやったこととして一番罪は依頼者に迷惑をかけたこと。10万人の被害を与えた東京弁護士会に罰を与えるべき。課徴金とかもっと別の方法で裁けなかったかのか。儲けることが悪と思っている人は負け組が多い。ひがみ。一生サラリーマンなのだろうな。, クズの言い訳を堂々と載せている日経さんもどうかと思うが、これもまた貴重な記録なんでしょうね, 石丸氏は反省しているようには見えない。他のコメントに詳細は譲るが、しおらしく言っているように聞こえるが全て言い訳にしか聞こえない。また、ここで働く従業員はこれを読んだらどう思うだろう。そもそもトップがこれでついてこようと思うだろうか?加えて、石丸氏は従業員一人ひとりのことを考えているのか?弁護士だけのことを指しているのではない。従業員のことだ。子供や年老いた親を扶養しているような従業員もいるはずで、従業員を雇うということが単に給料を払うこと以上に、その従業員の人生に大きくコミットしていくことを理解しているのか?それを考えると、事務所の先行きが不安という氏のコメントには、そうしたのは自身の行為の結果ではないのか、トップがそう言ったら従業員のほうがもっと不安になってしまうのではないのか?と言わざるを得ない。氏はもはや破天荒でも風雲児でもなんでもない。もう少し事態を深刻に受け止めなければならない。, 私の感覚では重いとは思いません。どうも石丸氏は弁護士の業務を個人のものとして考えているように感じます。個人で行っている業務に対する処分としては重いと感じるのかもしれません。しかし、事業としておこなっているのであり、全国に86か所も支店がある企業としての責任を考えれば、2ヵ月の業務停止は、問題を起こした企業の公的機関の入札停止などでも2,3か月くらいになることが多いという印象ですので、そんなものだと思います。△ただ記事を読んで感じたのは、普通の事業とちがい、業務停止がなんの罪もない顧客に迷惑をかけていることが分かります。東京弁護士会は顧客のことを考えたらもう少し別の処分の方法はなかったのかと思います。このあたりも、弁護士の方々が企業経営における責任という面に疎いか、無関心か、そのあたり、個人事業者としての感覚で判断しているのではないかと感じます。, 重い処分だと感じるのは、他の弁護士への処分が軽すぎるからではないか。弁護士という立場からして、世間一般的には妥当だと思うが。, アディーレ法律事務所の経営手法に違和感を感じています。専門的な事はわかりませんが、過去の契約に遡って過払金を請求すると言う判決、その判決に便乗して儲ける弁護士集団。品位を落としているように感じられてなりません。個人的な事ですが、民事的トラブルで相手方が立ててきた弁護士がアディーレでした。わたしと相手方は共に神奈川県在住ですが、なぜか担当の弁護士は1000キロ以上離れた地方の支店の方でした。過払金請求ならばいざ知らず、民事トラブルで遠方の担当を割り当てるとは、依頼者を軽視しているように見えました。依頼をしなくてよかったと心底思っています。, 他人は平気で裁くくせに自分には甘いっていうのが笑えました。NBに記事を掲載するくらい営業熱心ならすぐに業績も回復するでしょう。判事・弁護士はAIに置きかえるべき筆頭候補です。ほとんどの時間を机の前で過ごした一個人の浅い人生経験で人を裁くのは受け入れがたい。, 法律家なので、違法か合法か分からなかった・知らなかった、は有り得ない訳で、そうすると確信犯で、しかも長期間に亘る。そうやって人を欺いたり唆して自身・自社の利益追求に走っておいて、その慚愧の念が全く感じられない内容でした。迷惑をかけた消費者ではなく、経営者としての立場の発言に終始しているところに嫌悪感を覚えました。「口は弁護士、心は詐欺師」と言う有名な言葉がありますが、心が人を助ける状態になければ、今回の騒動はやり過ごせても、また同じことを別の形で繰り返してしまうものではないのでしょうか?罰則が重すぎると文句を言う前に、そのくらい信用を失墜させたんだと言う事実を真摯に受け止め、騙し、唆し、欺き、惑わして集客した事を反省して欲しいものだと思いました。, 過払い訴訟の次は残業代の不払い請求訴訟です。アディーレ/ベリーベストが既にシフトチェンジ済み。法律に無知な若い元社員と経営側を戦わせることを儲けの種にする事が、弁護士の本望なのか?弱者救済という名の下に利益第一主義の弁護士事務所は社会悪そのものです。, 医師会に属さなくても医者として活動できる医者の業界。他方,弁護士会に属さなければ弁護士として活動できない弁護士の業界。 そういうことをいいことに,どう考えても濫用気味の自治制度となっているのは明白で,この際,弁護士の強制加入制度は廃止すべきしょう。, そう言えば、札幌の酔っ払い暴力弁護士(タクシー暴行)は、その後どうなった?札幌弁護士会は、どんな処分を下したのか、報道が無いので分からんな。, 前からおかしい宣伝だなあ~と思っていたけど。最後の70億とか40億とか、単純に人のためと言った金儲けをしてただけじゃないの?しかも、弁護士が自分のしたことに重いとか軽いとか?弁護士ならその判断が下ったら、それを真摯受け止めるべきではないのか。, ★過大広告・広告露出量・極端なセールス...ほかにも同手法の弁護士はあるものの、アディーレが群を抜いていた。本記事によれば、反省の色も見えず、計画的である様子。これは石丸氏がNG。★儲けネタを見つけて上手く稼ぎまわっている石丸氏への、他の弁護士からのやっかみ。これは、どの世界でもあるので、石丸氏vs弁護士会の引き分け。★ず~っと以前から一般消費者として疑問だったのが、①先進国としては異例の高金利を課すサラ金を認可する日本の制度(米国もダメです)②この悪制度に対して何のアクションも取らない弁護士連③是正低減金利が適用されるなら公的無料でサポートできないのかでした。余談:石丸氏の次のターゲットは医療訴訟の専門弁護士でしょう。, もっと罪が軽いものと思ってたから、多忙を理由に、理解はしてたにも関わらず放置ということですか?忙しくて気づいてませんでした。そんな人に弁護士も医者もやる資格ない。, 私は「重すぎ」どころか「軽すぎる」と思ったクチです。私自身、法学部を出ただけの身ですが、入学して間が無い頃の講義で「君たちは、一般人より法律に詳しい人とされるので、同じ犯罪を犯しても罪が重くなる」と教授から言われたことを思い出します。出ただけでいわゆる士業業界に就職しませんでしたので、教授の台詞について真偽すら知りません。ですが、真実だと仮定することで、自身への戒め機能を果たしています。ましてや現職弁護士が長期にわたって不実告知を続けたのでは、素人感覚では詐欺でしょう。弁護士資格剥奪でも良かったと思っています。, 石丸氏は東弁の会長選挙に出たとか・・・弁護士会に貢献もせずに、いわばカネの力で会長を取ろうというのは、弁護士に限らずどこの世界でも嫌われますよね。そう考えると、こうなるのもある意味必然であると思います。彼の誤算は、弁護士会が懲戒処分権限も持っているということです。これが医者と同じように役所(国)しか懲戒権限を持たないのであれば、ここまで厳しくならなかったでしょう(それと同時に会長になど、なろうとは思わなかったでしょうが)医者は医者で、国に完全に首根っこ掴まれているって言うことも問題ではあるんですけどね。, 医療訴訟の分野に進出を目論んでいるのは明白。ただ、医療訴訟の分野は老舗と言うか、ちゃんとしている弁護士の先生が既に大挙しております。その中には病院側もいれば患者側もいますし、そうそう甘くはないと思いますけどね。そうはいっても、医療従事者の労働争議に首を突っ込めばいくらでもカモれますが、それは誰も触れない、と言う不文律もあるので。, >石丸氏がサラ金を食い物にしてボロ儲けしているけしからん弁護士>弁護士は清廉潔白であるべき利潤追求に走るなんてとんでもない>「過払い訴訟でボロ儲けしている若手弁護士」に対するやっかみどれも真っ当な反応かと。そもそも過払い金の返還を認めた判決が遡及効を禁じている近代法の概念を根底から否定するトンデモ判決です。法の遣い手たる弁護士が率先してその解釈に乗っかるのは如何なものかと思います。また、弁護士業界が利潤追求に走ると何が起こるかは、超高額訴訟の濫訴で却って余計な社会的コストが嵩んでいる米国社会を見れば明らかです。「取り易いところから」訴訟に持ち込んだ結果、日本の小児科・産婦人科医療が崩壊寸前になるという重大な社会問題が生じても、当の弁護士業界が責任を取ってくれるわけでは無し、今回の懲罰的措置も止むを得ないものと思います。米国の懲罰的巨額賠償金(実損とは別)のようなものと考えればいかが?と石丸氏に言ってみたい。, 重すぎると当人が思うのなら、処分取消訴訟でもしたらいい。それが弁護士の矜持だろう。, >私も法律の専門家ですので、ずっと続く閉店セールのような広告が違反になることは理解していました。最初は1カ月ごとに反響をみて、そのつど内容を変えたり、延長の判断をしたりしていました。違反してることを理解してるのに継続した責任は重大, 実際の被害者は誰なんでしょうか?あるインタネット記事に今回アディーレの懲戒請求を行ったのは「弁護士自治を考える会」という任意団体でした。会のコメントとして「ほか地域の弁護士会は大半が門前払いだったし、もともと戒告が出れば上出来だと思っていたのに、東京弁護士会が突然重い処分を下したのでびっくりした」というなんとも不可思議な発言をされていた。「出る杭は打たれる」東京弁護士会でも異端児だった石丸氏を潰すための格好の材料として処罰したのでしょうね。今は石丸氏が何を語っても言い訳としか受け取ってくれないでしょから。この問題は闇が深そうです。, 弁護士会もしくは弁護士会の力を持っている誰かが心良く思っていなかったことが起因していると思うので揚げ足をとろうと思えば何でもできるのでは?大局的に考えれば、弁護士会の名をもって自分たち業界の首をしめていることになると思う。弁護士さんの業界には元々あまりいいイメージがない。, 今回の違反で誰がどれくらい被害をこうむったんでしょうね。法律で決められていることだから守らないとダメなのは仕方ないが、恣意的な力を感じる処分のように思えますし、他の方のコメントにも表れているようです。違反した本人では語ることができない解説記事を読みたい。, アディーレもそうだが、そもそも過払金が発生することに何の責任感を感じることが無い弁護士そのものに私は違和感を覚えます。 そもそも過払い金が発生したのは以下の点によるものである。(1)過去において金利が2重であった(2)十年前休に低いほうの金利のみが正しく、しかもそれを過去の支払いに向けても請求した。まず金利が2重であったことを過去の法曹界は何の問題意識も持たなかったのだろうか?その適用を過去に向かって適用することに何の問題意識もなかったのだろうか?これでは自分たちが手数料を設けるために問題を生み出したといわれても仕方が無いとすら言える。ましてや法律を犯してまで儲けを得ようとするアディーレの姿勢は論外といえる。過払い金というものが生まれたのは普通に考えれば法曹界の恥部であり、ゆえに厳しい処分になるのは当然のことと考える。, 実際に着手金は無料になっていたのでしょうか?そうでなければ論外ですが、広告通りに実施されていたのなら消費者側には不利益が無かったことになると思いますが・・・。一般消費者を相手にする私企業ながら経営努力を怠っていた、または意図的にしなかった既存企業連合による新興勢力の「出る杭打ち」のような印象を受けてしまうのですが・・・。, 忙しくてチェックが行き届かなかった等は、言い訳になりません。内部管理体制を整えないままに、野放図に事業を拡大してきたということです。「今だけ着手料無料キャンペーン」をそのまま継続していたというのは、結果として利用者をだまし続けていたということです。元代表だけでなく、他の弁護士が気がつかなかったなどというのは、景表法の初歩的な知識さえ持っていないということでしょう。弁護士会が厳しい処分をしたのは当たり前です。軽い処分で済ませてよいはずがありません。, アディーレ法律事務所が善だとは思わないが、この件に関しては東京弁護士会がアディーレを潰しにきた様にしか見えない。着服したり明白な法令違反者との処分と整合性が取れておらず、今後の逮捕案件な懲戒処分はどうする気なのか。弁護士会が一部理事の私物化されているのではないか。, 弁護士とは言ってみれば、社会の中で唯一 武装している人たちだ。しかもその武力を行使して「半ヤクザ」から過払い金を巻き上げることを実際に生業としている。それほどの武力は一般庶民にとっては脅威でしかない。その武力を持つ者としては、あまりに品格に欠け、杜撰で酷い行い、そして心構えとしか言いようがない。見苦しい言い訳は、ますますその品性に欠けた心構え、我が身勝手に見える。自分たちだけが「抜き身の刀」をぶら下げて歩いているんだと自覚して欲しい。, 弁護士が違反を犯したことを認識しておりながら、数年間も違反状態を放置してた事は責任重大だと思います。忙しかったと言う事はビジネスの世界で言う言い訳ではありません。つまらない言い訳をして制裁が重過ぎると言う事は、やはり金儲け優先の貧困ビジネスと言われかねないです。全く反省が見られないと思います。, 計画的で悪質だったことが図らずもよく出ています。「消費者庁からの措置命令を享けないようにするために...」とか「そうした事態を予想して、契約時には事務所と共に弁護士個人とも契約する仕組み」とか、ただ計画通りでなく想定外だったのが東京弁護士会の処分の重さだった。ということでしょう。さらに、「全員が気付いていませんんでした」などと、食えない若手弁護士に、もの言えないように、有形無形のパワハラがあったであろうことは想像に難くない。現在北里大学医学部に在学中とは、今度は算術医になるつもりであろうか。, 私も当時から違反内容に比べ処分が重すぎると感じていました。TVやネットも批判一色でしたが、どちらかといえば事件の内容よりも代表の石丸氏がサラ金を食い物にしてボロ儲けしているけしからん弁護士、とか、弁護士は清廉潔白であるべき利潤追求に走るなんてとんでもない、といった無茶苦茶な論評が主で、批判の根底には「過払い訴訟でボロ儲けしている若手弁護士」に対するやっかみが透けて見えるのに大きな違和感を感じました。, 社会に弁護士は必要とされているのかという疑問は一般人に多く、どうしようもない状態にならなければ弁護士事務所には行きません。高いし役に立たないからです。ローコスト・ロー・ファームは定型的な裁判や交渉をマニュアル化し書類形式を整えて事務員が多くの業務をこなす労働生産性革命でした。高額な役立たずの弁護士を排除するビジネスモデルでしたから排除されたのであり、非弁行為とか誤認という言いがかりは社会的には根拠のないものです。こういった異物を排除する社会には未来がありません, 関西圏の民放では、関心がない私の様な人間でも、社名が頭にこびりつくほどCMを流してた。目立ちすぎたので、業界内重鎮の怒りを買って、「見せしめ」的に処分されたのではないかと勘繰りたくなる。, 部外者の誰がみても実に単純明快な業界内の利権争いというのが実態。本勝負はわきが甘かったアディーレの負け。いつの時代、どこの世界にもあるもめ事。, 読んでいて不快になりました。このような釈明が受け入れられる筈が無いと思います。正に法律の専門家が法を犯して商売気丸出しで全国展開。TV広告の多さにも辟易していました。処分は重いと言うけれど一般市民は資格剥奪じゃなきゃ軽いのではと思っていますよ。お仲間の弁護士会もこれは酷いと考えたのです。因みに医学部在学中との事ですが、過払金から医療訴訟の分野に進出でしょうか。資格は正しく使いましょう。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。.