2.1 回し蹴り3つのポイント; 3 空手の蹴りの中でも前蹴りの練習をしっかりとしよう; 4 空手の蹴り上達のためには下半身を集中的にトレーニングしよう. 会社の雰囲気に馴染めないと、なんだか居心地の悪い気分で仕事をしているあなた。『自分もしくは会社に... スーパーなどのレジ打ちの仕事を始めたばかりの人は、カゴ詰めの要領がイマイチわからないですよね。... 毎日一生懸命に仕事をしている従業員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。会社の利益向上と自分のお給料のため... 公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ... 女の職場あるある。たくさんありますが、一番多いのは『陰口』で盛り上がるというのではありませんか?... 「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか?... 働き方にはいろいろありますが、契約社員や派遣社員という働き方をしている人も多くいますよね。しかし... 警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ... 職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。... 保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交... 4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ... 退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解... サッカーをしている人であれば一度は蹴ってみたいのが無回転シュートです。世界で活躍するトップ選手たちは... 職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。では、職場のおばさん... 退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも... 新五輪競技にも選出された空手は、今や外国の方でも有段者となっている人気のスポーツです。, 空手では柔道のように相手と対戦する形式の試合『組手』と、決められた演舞を行い競い合う『型』と呼ばれるものがあります。, 組手は対戦することもあり競技人口も多いのですが、その中でも蹴りは競技の中で重要となってくる技術です。, ただ相手を蹴るだけでは相手を下すことは出来ません。効果的に体を使い威力のある一発を相手に与える必要があります。, 軸足がぶれてしまうとそこから力がにげてしまうため、蹴りに威力は出ません。さらにいくつかある蹴りの技の中で決定打となるのが、相手の頭付近を狙う上段回し蹴りです。, 蹴りは変則的な動きで相手を翻弄し、ガード↓側とは別から攻撃をするなどの使い方でより強くなれる手段のひとつです。, まずは練習を重ねることも必要ですが、軸足の力をつけるためにも体幹トレーニングを行うなどの対処も必要でしょう。, まず正確な回し蹴りを繰り出すためには体の柔軟性が重要となってきます。特に足で行う動きは股関節の動きを柔軟にしなくてはいけません。, 空手の教室に通っていたりすると本格的な練習を行う前に準備運動をする時間が長く取られていると思います。, 柔軟体操を中心にいつも行うメニューをこなしますが、そうしたメニューの中でも股割りなどの股関節の柔軟性を高める体操が役に立ちます。, 逆に体が柔らかい人でも毎日行っていないと、体が徐々に固くなってしまうのでそうした練習を怠らないようにすると柔軟性を手に入れることが出来るはずです。, 筋力やスピードも同じことで毎日繰り返し体になじませることでスピードを、鍛錬することで筋力をつけていけるはずです。, 回し蹴りを行う前に前蹴りを習得していないとなかなか蹴りをマスターするのは難しいです。, 前に足を出すだけ、といってもそれにもコツがあります。足を真っ直ぐ、自分の体からはみ出ないようにコントロールしないと前蹴りは成立しません。, 前蹴りを行う際の体のコントロールが出来ていないと、回し蹴りで的確に足を使うなんていう状態はまだまだ遠いです。, 前蹴りでのコントロールが出来るようになってきたら、回し蹴りも下段、中段、上段と出来るようになっていくのではないかと思います。, どちらの練習も並行して行えますし、蹴りを出来るようになるにはどちらも出来ている方が有利です。, なるべくいろいろな足技に触れて出来ないうちから見よう見まねでやってみるのが大事です。, 空手で蹴りを習得するには下半身の強化も必要になります。しっかりとした重心を保つことが出来ないと蹴りを強化するのは難しいです。, バランスボールなどを使ってバランス感覚を鍛えるとともに、バランスボールを背中と壁の間に挟んでスクワットをしましょう。, また、階段の上り下りなどをダッシュで行い足の筋力をつけるなど下半身を鍛えてみましょう。継続して行えば筋力もついてくる上、体力や持久力のアップにも繋がります。, 体全体を強くすることにも繋がりますので、いろいろなトレーニング方法を試して自分にあったメニューを日々こなしていくことがおすすめです。ウエイトトレーニングなどでも効果的に筋力をつけることが出来ます。, いろいろなトレーニング方法がありますので、師範や先輩に尋ねてみたりしてみましょう。, ただ、足を鍛えることに固執しすぎてもいけません。足を鍛えれば他の部分も弱点が見えてきます。体全体を鍛えるほうが空手にとっても有利になります。下半身を集中的に、体全体を鍛えていきましょう。, 上段回し蹴りは自分でやってみてもどこまで足が上がっているのかということが分かりづらい技です。, 自分が練習している風景を撮影したり、師範に見てもらうなどして改善点がどんなところにあるか探してみましょう。, 足が思ったよりも上がっていなかったりフォームがきれいではなかったりという改善点が見つかれば練習方法も自ずと見つかってきます。, さらに空手の技は蹴りに限らず、自分よりも上級の有段者や自分とは得意なことが違う選手が行っているのを見ているだけでもたくさん発見があります。, 蹴りのフォームやそのスピード感などを見ておくだけで、自分が行うときに気をつけることがわかってきます。, 同輩同士で練習するときはお互いを観察し合えばお互いを高め合うことが出来ますし、手本となる師範の動きを見つけられたら上達にも気合が入ります。, 手本のようになるべく考えて動いていれば、体の動かし方のくせに気がついたり、自分の状態に気づけるという利点もあります。, 自分の今の状態を見極めて、どうすれば自分の理想に近づけるのか考えながら、柔軟体操と日々の鍛錬を行って自分の空手道を極めてください。.