盲導犬クイールの一生 - 石黒謙吾/文 秋元良平/写真 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。 『盲導犬クイールの一生』(もうどうけんクイールのいっしょう)は、秋元良平(写真)・石黒謙吾(文)による写真集である。, ラブラドール・レトリーバーの盲導犬、クイール(1986年6月25日 - 1998年7月20日、英語でquill「鳥の羽根」)の生涯を描く。, NHK総合テレビの月曜ドラマシリーズで2003年6月16日から7月28日まで全7話が放送された。視覚障害者と盲導犬を取り上げた作品であり、解説放送(副音声。当時はNTSCのみ)が行われた。, ラブラドール・レトリーバーの子犬が生ませの親である水戸レンの願いから盲導犬になるために訓練士・多和田に預けられる。おなかに鳥が羽根を広げたようなブチがあることから、パピー(子犬)ウォーカーの仁井夫妻によって“クイール”と名づけられ、1年間、夫妻のもとで愛情一杯に育てられる。盲導犬訓練センターでの本格的な訓練が始まり、のんびり屋でマイペースなクイールはヴェテラン訓練士の多和田でさえ手を焼く。やがてクイールは立派な盲導犬へと成長し、視覚障害者の渡辺とめぐり会う。初めこそ息の合わなかった渡辺とクイールであるが、ハーネスを介して伝わってくる「クーちゃん」の思いやりに、渡辺は次第に心を開くようになり、互いにかけがえのない存在になっていく。しかし、クイールとの生活が2年を過ぎた頃、渡辺は重度の糖尿病の合併症で入院。クイールは小学校などでのデモンストレーション犬として使われる。3年後、渡辺と3度目の別れを経験する。その後、クイールは盲導犬として働くこともなく、仁井夫妻のもとでのんびりと余生を送り、8年後、12歳と25日の生涯を静かに閉じる。, 月曜ドラマシリーズ 盲導犬クイールの一生 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, 製作統括:諏訪部彰夫(NHKエンタープライズ21)・浅野加寿子(NHKドラマ番組部), 盲導犬クイール:チビチビクー(幼犬)、ビート(3ヶ月時)、チビクー(7ヶ月時)、ラフィー(成犬)、ユマ(老犬), 『盲導犬クイールの一生』 石黒謙吾・秋元良平 文藝春秋 ISBN 4163572600, 『クイールへの手紙』 石黒謙吾・秋元良平 文藝春秋 ISBN 4163650407, 『盲導犬になったクイール』 秋元良平 あすなろ書房 ISBN 4751517937, 『クイールを育てた訓練士』 多和田悟・矢貫隆 文藝春秋 ISBN 4163597301, 『クイールはもうどう犬になった』 こわせたまみ・秋元良平 ひさかたチャイルド ISBN 4893255800, 『クイール―写真絵本映画「クイール」』〈ぴあMOOK〉 ぴあ ISBN 4835606280.

盲導犬クイールの一生 - 秋元良平/写真 石黒謙吾/文 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。 Amazonで石黒 謙吾, 良平, 秋元の盲導犬クイールの一生。アマゾンならポイント還元本が多数。石黒 謙吾, 良平, 秋元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また盲導犬クイールの一生もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 『盲導犬クイールの一生』(もうどうけんクイールのいっしょう)は、秋元良平(写真)・石黒謙吾(文)による写真集である。 ラブラドール・レトリーバー の 盲導犬 、 クイール ( 1986年 6月25日 - 1998年 7月20日 、英語でquill「鳥の羽根」)の生涯を描く。 『盲導犬クイールの一生』(もうどうけんクイールのいっしょう)は、秋元良平(写真)・石黒謙吾(文)による写真集である。 ラブラドール・レトリーバーの盲導犬、クイール(1986年 6月25日 - 1998年 7月20日、英語でquill「鳥の羽根」)の生涯を描く。 『盲導犬クイールの一生』(もうどうけんクイールのいっしょう)は、秋元良平(写真)・石黒謙吾(文)による写真集である。, ラブラドール・レトリーバーの盲導犬、クイール(1986年6月25日 - 1998年7月20日、英語でquill「鳥の羽根」)の生涯を描く。, NHK総合テレビの月曜ドラマシリーズで2003年6月16日から7月28日まで全7話が放送された。視覚障害者と盲導犬を取り上げた作品であり、解説放送(副音声。当時はNTSCのみ)が行われた。, ラブラドール・レトリーバーの子犬が生ませの親である水戸レンの願いから盲導犬になるために訓練士・多和田に預けられる。おなかに鳥が羽根を広げたようなブチがあることから、パピー(子犬)ウォーカーの仁井夫妻によって“クイール”と名づけられ、1年間、夫妻のもとで愛情一杯に育てられる。盲導犬訓練センターでの本格的な訓練が始まり、のんびり屋でマイペースなクイールはヴェテラン訓練士の多和田でさえ手を焼く。やがてクイールは立派な盲導犬へと成長し、視覚障害者の渡辺とめぐり会う。初めこそ息の合わなかった渡辺とクイールであるが、ハーネスを介して伝わってくる「クーちゃん」の思いやりに、渡辺は次第に心を開くようになり、互いにかけがえのない存在になっていく。しかし、クイールとの生活が2年を過ぎた頃、渡辺は重度の糖尿病の合併症で入院。クイールは小学校などでのデモンストレーション犬として使われる。3年後、渡辺と3度目の別れを経験する。その後、クイールは盲導犬として働くこともなく、仁井夫妻のもとでのんびりと余生を送り、8年後、12歳と25日の生涯を静かに閉じる。, 月曜ドラマシリーズ 盲導犬クイールの一生 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=盲導犬クイールの一生&oldid=79483826, 製作統括:諏訪部彰夫(NHKエンタープライズ21)・浅野加寿子(NHKドラマ番組部), 盲導犬クイール:チビチビクー(幼犬)、ビート(3ヶ月時)、チビクー(7ヶ月時)、ラフィー(成犬)、ユマ(老犬).