金のなる木の花言葉へ, 生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 白雪姫が11月~1月です。, 花期になると、多数分枝した茎の頂部に花序を出し、小さな花を咲かせます。 ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト、白雪姫は、トウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)の多年草です。 トウダイグサ属(ユーフォルビア属)は、世界に2000種以上が分布する巨大な植物群ですが、ユニークな草姿の種が数多くあり、観賞用として広く栽培されています。 ポインセチアの花言葉へ, 日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... カーネーションの育て方へ 芽が出る節を2~3節残して、草丈の1/2~1/3程度の位置で切り戻して下さい。, 茎を先端から2~3節の長さに切り取って挿し穂にします。 Copyright© GreenSnap, Inc. All Rights Reserved. 栽培されるのは上述の種から作出された園芸品種、または交雑種で、「ダイヤモンドフロスト」や「ダイヤモンドフィズ」、「白雪姫」などの名前で流通しています。, 花期は品種によって異なります。 白雪ミセバヤは日本ではミセバヤとして流通している多肉植物です。秋になると葉の先端が紅葉して、いい香りを漂わせます。そんな白雪ミセバヤについてご紹介していきます。, 白雪ミセバヤは、半日陰で管理するようにしてください。日光も好みますが真夏の直射日光は避けましょう。直射日光に当たると葉っぱが焼けて傷みます。, 半日陰が用意できないときは、ビニールハウスをつくったり、遮光するようにしてください。遮光には遮光ネットや遮光カーテンの側、よしずなどありますので調整してみてください。, 冬場は日光の当たる場所に移動させておきましょう。夏と冬では育てる環境が違うということがポイントです。, 雨に当たらないように気を付け、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。風通しの悪い場所で育てていると、腐ってしまう原因となりますので注意してください。, 梅雨の時期や夏の暑さには気を付けましょう。その反面冬の寒さには強いので、冬越しも問題なくできるでしょう。マイナス3度よりも下回る地域であれば、室内などに取り込みます。, 夏は白雪ミセバヤが雨に当たらないように気を付け、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。風通しの悪い場所で育てていると、腐ってしまう原因となりますので注意してください。, 冬場は生育が鈍っており、休眠期に相当する時期です。夏と同じで、水やりを控えるようにしてください。土の表面が乾燥していることを確認してから、数日待って水を与えます。基本は乾燥しているのが良いです。, ただ、古い株になってくると栄養が不足して、肥料が必要になる時期がきます。このときは、鉢植えで育てているのであれば春・秋に、1か月に2度、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)の三要素が均等に混ぜ込まれている液肥を与えましょう。, 白雪ミセバヤを地植えしているのでしたら、無理して与える必要はないので用意していなくても問題はありません。白雪ミセバヤの植え替えを行う際に、元肥として肥料を施すとよく育ちます。, 白雪ミセバヤは、多肉植物用の培養土や山野草の土で育てることができます。また、赤玉土と軽石を同じ量に入れてつくるのも良いでしょう。とにかく、水はけの良い土にしましょう。, 白雪ミセバヤを鉢植えで育てているなら、鉢の底を見てみて、根が出てきていたら植え替えを行ってあげましょう。, そこから根が出てきているということは、鉢一杯に根が広がって、根詰まりを起こしている可能性があります。そのままにしていると腐ってしまうので、すぐに植え替えます。, 植え替えから育てている株を取り出して、古くなった土を取り除きます。根が古くなっているものは、切り落としてしまいましょう。新しい鉢に多肉植物やサボテン用の土を入れて、株を植えたら終わりです。, 植え付けも同じやり方で、3月〜4月か、休眠期に差し掛かる10月の前までが適期です。, 白雪ミセバヤの挿し木は、ランナーを伸ばしてくるので茎を切り取って挿すだけで増殖できます。ランナーを切り取るようにして、下葉を2〜3枚取り除いていきましょう。, そして、倒れさせないように保管して切り口を乾燥させましょう。管理する場所は風のよく通る日陰です。日が経つと茎の部分から根が生えてきます。, 発根を確認できたら、各自育てたい鉢や容器に土を入れて植え付けていきます。それをきれいに整えたら終わりです。, 株分けは植え替えのときに同時に行います。小さくならないように株を分けて、根を多めにつけることが必須です。, 切り口が乾燥するまで、日陰で管理しておきます。その後、鉢などに植え替えれば完了です。1週間ぐらい経ってから、水をあげるようにしてください。増やす時期も植え替えと同じですので、4月あたりに行うと良いでしょう。, 白雪ミセバヤにつくメジャーな害虫、カイガラムシやアブラムシが付いていることがあります。殺虫剤を散布するなどして対策してください。, また、手作業でも取り除くとができますので、薬剤を使いたくない方はピンセットやブラシで取り除きましょう。風通しを良くすることで、元気で丈夫な株へと育ちます。, 白雪ミセバヤの花はどんどん咲きますが、子株を生やすためにも、どんどん切っていきましょう。切った部分から子株がどんどん伸びていきます。長く伸びていて気になるようでしたら根本から切ってしまいましょう。, 白雪ミセバヤは暑さに若干弱いため、日本の気候には合わないようです。高温と多湿に弱いので十分注意して育ててください。その分寒さには耐えやすくマイナス3℃まで持ちこたえてくれます。, 白雪ミセバヤはベンケイソウ科で、元々はマンネングサ属の分類されている多肉植物です。つまりセダム属ということです。「ミセバヤ」と属が異なりますので勘違いしないようにしてください。, 原種であるスパッティフォリウムの、園芸種の一つとして流通しています。日本でも輸入されています。原産地は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州から南米のコロンビアという地域ぐらいまでです。, 白雪ミセバヤは、耐暑性がない高山植物に分類され、非耐暑性宿根草に区分されています。露地植えするのであれば、北海道や東北地方などの寒い地域であれば出来なくはないです。, 葉っぱはロゼット状に広がり、葉の表面には青白っぽく粉が散らばったようになっているのが特徴です。一つの葉っぱを見ると、スペードのような形をしていて、大きさも2cm程しかありません。葉っぱが紫色に紅葉し、いい香りがします。紅葉の時期は春ごろです。, 白雪ミセバヤはセダム属に分類される植物で、「厄払い」や「運を上昇してくれる」効果があると言われています。, 白雪ミセバヤの花言葉には、「静穏」や「憧れ」といったものがあります。寝室に置くことで何事もなくぐっすり眠れて朝には運気が上昇していることでしょう。, 白雪ミセバヤという名前は実にややこしい名前で、ミセバヤという多肉植物とは異なるグループに分けられています。, 両者ともベンケイソウ科ではあるのですが、ミセバヤは「ムラサキベンケイソウ属」で白雪ミセバヤはセダム属(マンネングサ属)となります。学名にはSedum apathulifolium ssp.pruinosumと付けられています。, 「セダム・スパスリフォリウム・ケープブランコ」と言われ、これが正式名称となっています。そのほかの名前にも、キャバブランコやキャバブランカという名前もあります。, 一般的なセダム属とは違って、冬でも元気で居てくれますが、暑い季節は夏バテしてしまうようです。春には黄色い花が咲いて、キレイです。葉っぱには白い粉がかかっているようで、美しいです。, 園芸名にもあるように、白雪という名前が似合う多肉植物ですね。環境面に注意していれば、栽培難易度はそう高くもないので、是非日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。, 小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カーネーションの花言葉へ, 年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 追肥は、4月下旬~10月上旬の生育期に、緩効性化成肥料を定期的に施すか、液体肥料を施します。, 庭植えにした場合も同様で、春から秋の生育期は緩効性化成肥料を定期的に施して下さい。, 鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。, 庭植えの場合は、用土に腐葉土をしっかりと混ぜ込んでおき、元肥として緩効性化成肥料を施しておきます。, 冬越しを終え、戸外に出す際に植え替えを行います。 ダイヤモンド・フロストとダイヤモンド・フィズが4月~11月。 セダムの花言葉へ, 日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... 【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!. ヒペリキフォリア種は南米のアルゼンチンから北米のメキシコ、アメリカに分布するユーフォルビアで、道ばたや畑、河川敷などに自生しています。 シバザクラの育て方へ 宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。, ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト、白雪姫は、トウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)の多年草です。 苞葉は長さ1.5~2㎝程度の小さなものですが、白い小花が株全体に咲いているようで美しいものです。, 葉は長楕円形で、茎は多数分枝し、花を咲かせながら草丈30~50㎝程度に成長します。, 耐寒性は低く、冬越しには最低でも5℃以上の気温が必要になります。

Copyright© GreenSnap, Inc. All Rights Reserved.

多くは熱帯の乾燥地域に分布しており、多肉植物として栽培される種を除くと1000~1500種の種が分類されています。, 観賞用として栽培されているトウダイグサ属の代表的な植物(多肉植物以外)には以下のようなものがあります。, 日当たりが良く、水はけ、水持ちが良い場所が適しています。 シクラメンの育て方へ 冬越しをさせる場合は、室内の日の当たる場所で管理して下さい。, ※茎や葉が傷つくと、白い乳液が出ます。

その場合は秋になったら鉢上げをするか、挿し木苗を作って冬越しの準備をして下さい。, ※白雪姫は短日性の強い品種です。 その間は明るい日陰で水を切らさないように管理します。, 当サイトで使用している画像はフリー画像ではありません。Webサイト等への転載はしないで下さい。 詳しくはこちらを参照下さい。, 学名…ダイヤモンドフロスト:Euphorbia hypericifolia ‘Inneuphe’, ※ダイヤモンドフロストなど一部の植物をニシキソウ属に分離することもありますが、最近ではトウダイグサ属に含めるのが主流となっています。, ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト(Euphorbia hypericifolia ‘Inneuphe’ (別名 ‘Inneuphdia’)), ユーフォルビア・白雪姫(Euphorbia leucocephala ‘Shirayukihime’), ユーフォルビア・ダイヤモンドフィズ(Euphorbia hybrid Diamond Delight). ユーフォルビア属の白雪姫は、南米原産の、ポインセチアや花キリンと同種の植物です。白い花と緑の葉っぱのコントラストが美しいと、人気があります。, 白雪姫は暑さには強いですが、10℃以下の寒さには弱い品種です。そのため、年中日当たりが良い場所に置き、10月ごろから冬にかけては室内へ入れましょう。, 5℃以下になると、1日で紅葉して葉が落ちてしまうので、寒い時期は窓際などの日当たりが良い室内が適しています。冬の寒さに弱いので、地植えの場合は鉢上げをして室内に入れます。挿し木をして、当たらしい苗をつくってもいいでしょう。, 注意する点として、白雪姫は短日植物のため日が短いと花芽がつきますが、室内で夜も明るくしていると花芽がつきません。9月ごろから花芽がつくまでは戸外に置きます。, 白雪姫へは、基本的に表土が乾燥していたら水を与えます。5月~9月の時期は、成長期なので水をたっぷりとやり、それ以外の時期は水やりを少なめにします。, 水やりで受け皿に水がたまると、根腐れの原因になるので適宜捨てましょう。地植えの場合は、雨水のみで大丈夫です。ただし、夏場の日照りが続く日は水やりしてください。, 白雪姫の植え付けのときは、土に元肥として緩効性肥料を混ぜていれば、その年は追肥はいりません。ただし、白雪姫の生育が悪いなら、株元に緩効性肥料を与えます。, 次の年から、白雪姫の成長期に当たる4月下旬~9月頃に、緩効性肥料を2か月に1度ほど置肥するか、2週間に1度ほど液体肥料を与えます。, 白雪姫を育てるときは、小粒の赤玉土6割と腐葉土4割を混ぜた土を使います。市販の草花用の培養土でも構いません。, 寒さが弱まる4月下旬以降に植え付けをします。プランターや鉢に、元肥をいれた培養土を半分ほど入れて苗を置き、周りに土を入れます。苗が倒れるようなら、棒などの支柱で支えます。日当たりがいい暖かい場所において、鉢から水が出るほどたっぷりと水をやります。, 5月ごろに根鉢を少し崩して、切り戻しで形を整えてから、植え付けと同様に植え替えます。切り戻しは、芽が出る節を2~3cmほど残し、半分から1/3の高さにカットします。, 白雪姫の増やし方は、挿し芽が一般的です。5~6月の温かくなった時期に行いましょう。, 先端から数節目の茎をカットし、上の方の葉を3~4枚残して下の方はとって挿し穂にします。葉から蒸散するため、半分にカットします。カットした茎から出る白い汁は洗っておきましょう(このとき、白い汁に直接触れたり、目に入った場合はすぐに洗い流してください)。, 挿し穂を水あげをしてから新しい用土に挿します。その土には元肥は必要ありません。明るめの半日陰に置いて根付くまで20日ほどかかるので、それまでは葉に霧吹きなどでこまめに水やりをします。, 白雪姫の切り戻しは、植え替えのときや4~5月に行います。花がらを取り除く必要はありませんが、花が咲いた後、そのままにしておくと株の上から花芽が出ます。草姿をよくするために、株の半分から1/3程度に切り戻すと株元から新芽が出ます。, 白雪姫には、風通しが悪いとアブラムシやカイガラムシ、オンシツコナジラミなどの害虫が発生します。, アブラムシは新芽について食い尽くします。カイガラムシは葉の付け根や茎に発生するので、見るとついていることが分かります。葉の裏に白いものがついていたらオンシツコナジラミです。小さくてわかりにくいので見つけたら薬剤ですぐに駆除しましょう。, 白雪姫の花はダイヤモンドフロストとよく似ていますが、もう少し苞(ほう)が大きく、つやがあります。苞は白い葉のように見える部分のことで、白雪姫のような白いかわいい姿をしています。, 白雪姫とダイヤモンドフロストは、花の開花時期も異なり、白雪姫は110月下旬~1月下旬ごろ、ダイヤモンドフロストは4~11月頃となっています。, 白雪姫は白い苞が大きく、いくつも付くと白い花火をちりばめたようにきれいな草姿です。暖かい南米では自生して2mにものびる木ですが、日本の冬の寒さには弱いので、寒い時期は室内の日当たりがいい場所で育てます。鉢植えに適し、花がない冬に室内で美しい白雪姫を鑑賞しませんか。, 冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...