そんな中、時代は大きく変わり始めていました。日本映画界が斜陽化し、テレビ全盛の時代へと突入していったのです。すると、田宮さんにある仕事が舞い込みました。「クイズ・タイムショック」の司会者です。田宮さんは、最高視聴率29%を記録した、この番組の初代司会者を約9年間務めました。 そう、彼は撮影所に限らず、名前を売るためさまざまな場所に電話をかけまくっていました。付いたあだ名が「テレフォン吾郎」。 「やっぱり役者ばかだったですよ。うん。もう役者以外のことは何も考えないで、もう何かにつけて物事があれば全部、それは芝居にあるいは演技に結び付けていきましたからね。」 小林俊一さん 「俳優としてはねえ、まあやっぱりあの『白い巨塔』が極め付けでね。まぁ、失礼な言い方だけど、語弊があるかもしれませんけど、その後何度かいろんな方で「白い巨塔」も再演されましたでしょ、リメイクされたけれども、比べ物にならないですよね。」 黒のシリーズに見る 田宮二郎の魅力 こんばんは。今年も残すところあと一日。 どんな年末をお過ごしですか?? クリスマスを過ぎてバタバタ。。。パソコンに久…

鬼沢慶一さん







そのきっかけとなった作品が「不信のとき」。若尾文子さん、加賀まりこさん、岸田今日子さんといった女優陣が並ぶ中、出演者の配列で田宮さんの名前は5番手でした。これを不服とした田宮さんは、大映社長・永田雅一さんに猛抗議。だが、これが永田さんの逆鱗に触れ、ついには専属契約を破棄され、フリーの身に。さらに大映映画を追放されただけでなく、当時の有力な映画会社が結んでいた、いわゆる「五社協定」によって、映画俳優の仕事を一切封じ込まれてしまったのです。 「ビックリしちゃった。(死の数ヵ月前)急に電話かかってきた。真夜中の一時ごろに。 財前五郎が絶命するクライマックスシーンでは、事前に病院へ赴き、臨終する患者を観察。さらに体重を落とし、ベッドに寝た時に頬がこけて見える様に苦心したといいます。 山崎豊子原作『白い巨塔』が、岡田准一さんの主演による、テレビ朝日開局60周年記念として5夜連続で放送されています。, 『白い巨塔』に関しては、これまでにも唐沢寿明さんの主演でもドラマ化され、高視聴率を得てきましたが、個人的には『白い巨塔』の財前五郎は, 原作『白い巨塔』は、とにかく話が面白い・・読みだしたら止まらなくなり、登場人物がイメージしやすいので、どっぷりハマったことを憶えています。, 読み終えた後はドラマが見たくなり、この頃は唐沢版はまだ放送されていない時代だったので、WOWOWのフジチャンネルに入り、田宮二郎版の『白い巨塔』を視聴しました・・, 『白い巨塔』のドラマを通じて、知ることになる田宮二郎という俳優の存在は、それまでの俳優に対する僕の固定観念が破壊されました, まず冒頭でも書きましたが、魅力の理由には、原作の『白い巨塔』が面白いことは前提にあります。, 登場人物の造形が単純明快で、善人は徹底的に善良で誠実であり、悪い人は徹底的に悪い・・「良い人VS悪い人」の対立と葛藤という、ストーリー軸がハッキリしていて分かりやすいのも良いのでしょう, さらには、医学会のリアルな世界が、小説『白い巨塔』の中で繰り広げられ、医局間の政治的な構図や争い、誤診による対応などは、実際の社会問題にもなり, 後の医学部に端を発する東大紛争にまで大きな影響を与えるほどの、言わば問題作でもあるのです。, だからなのか・・『白い巨塔』主人公の財前五郎は普通の俳優では不可能・・となりました。, 実は、財前教授を演じた田宮二郎は、ドラマの『白い巨塔』最終まで2話の放送を残して、自ら命を絶っています・・・自殺です。, 猟銃自殺でした、自身の心臓を撃ち抜いたのです・・・自殺の原因はうつ病などの精神的なものと語られていますが、真相は田宮自身にしかわからないのではないでしょうか。, ガンの権威でありながら、自らが手術不能のガンにより死亡・・・布をかぶせてストレッチャーに乗せられていく最終回はエキストラでいいはずなのに、自身が演じたと記録されています。, 田宮さんは顔を覆っていた布を取って周りを見渡し、大物俳優からチョイ役の人まで、みんなが自分に涙してくれているのを見て「役者冥利に尽きる」と言ったんだ。逆算したら、田宮さんは、あれで自身の最期を見届けたんだよ。     引用元asageiplsu・・金井助教授役の清水章吾より, 最終回は、断食により頬もこけて、脱水状態のような表情で死を迎える人間を表現していました・・・俳優「田宮二郎」の魅力のすべてが詰まった作品が『白い巨塔』なのです。, 『白い巨塔』により、「人生観を変えられた・・・」とタイトルにも書きましたが、その理由としては、このドラマのテーマが「愛」だったからです。, 財前五郎は野心そのままに、時には卑怯な手を使い、のし上がっていくのですが、悪い人になっていく彼を変わらぬ無償の愛で、包み込む人たちが物語に登場します・・・, その人たちとは、故郷に残している母親、財前の娼婦花森ケイコ、そして医局の同期、里見脩二です。, 出世のために自分を見失う財前ですが、死に直面することで、医師として人としての本当に大切なものは何か?に気づきます・・・, 『白い巨塔』田宮二郎版、31話の最終章を何度も何度も見返して、人生について考え直したのを今でもぼえています・・少しずつ私の人生観が変わっていったのです。, 強欲なカネと名誉の亡者で、自分の勲章を増やすために財前を庇護し続ける義父の又一には曾我廼家明蝶, プライドが高く保守的な形式主義者で財前の上司であり第一外科の主任教授の東貞蔵は中村伸郎、学内政治の権力主義者で浪速大学のドン鵜飼雅一は小沢栄太郎, その他にも、佐分利信、加藤嘉、金子信雄、北村和夫などなど、これだけ名優揃いでは、さすがの田宮二郎も若造といった感じですw。, そしてその中でも、財前の娼婦花森ケイコ役の太地喜和子と親友の里見脩二役の山本學が、このドラマのシンメトリーになります。, 太地喜和子が演じる花森ケイ子は、頭がよく妖艶な女性でありながら、童女のように笑い、財前五郎の野心を応援するも、時には皮肉を言ったりしながらその母性で財前を包み込みます。, 最後は、現在も活躍中の俳優山本學さんです!最近では「下町ロケット」の殿村の親父さんでも熱演していましたね。, 『白い巨塔』は若手時代の山本學さんですが、今と変わらず熱い演技が素晴らしいですよ!, — 輪るドラマ アカドラ ム (@losin5tranquilo) 2019年1月2日, 最終回の二人のシーンは、役ではなく本当の親友のようです・・・僕も里見のような親友に出会えるように、心を磨こうと思います・・・最終回はこちらです。全話は下記よりご覧ください。, キャスト動画一覧はこちらhttps://t.co/trsdWSvWlU pic.twitter.com/PrC6m68uWh, 2019年、岡田准一さん財前五郎の『白い巨塔』が放送されています・・・花森ケイコ役には、沢尻エリカさんが素晴らしいみたいですね。, 個人的には、どちらも大好きな俳優です♪現在の岡田准一さんはアイドルではなく、日本を代表する俳優ですし、沢尻さんも私の理想の女性であり、強い女性のイメージがあります。, 時代背景的にも、東大紛争の頃に話題になった原作ですから、戦後の焼け野原から這い上がってきた俳優たちで構成されて、初めて成り立つ社会派ドラマなのかもしれません!, だから『白い巨塔』をリメイクすると必ず薄くなるので、岡田さんや沢尻さんの責任ではないと思います。, まぁ、それでも岡田准一の『白い巨塔』を観てみようかな、沢尻エリカの花森ケイコ役、美しさでは本家に負けていないので興味がありますw。, 『白い巨塔』のテーマは「愛」、そして僕の人生観は変わりました・・あとは個人的なことですが、花森ケイコのような女性と出会い、幸せな結婚をすることだけですね。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 「瀬戸康史「関西弁より英語のほうがずっと簡単」→ヘンゼルはそのまま続けて欲しい。」, 「潮田玲子、澤穂希さんとの合同誕生会を報告→なんか澤さん、小さくなった感じがする。」, 「白い巨塔」の演技は勿論、素晴らしかったですが、私は、「高原へいらっしゃい」の田宮さんが好きです。舞台となったホテルにも行きました。, その当時の田宮さんと、今、同じ年代に自身がなり、あの田宮さん…というか面川マネージャーのような人でいたいと思っています。, 確か、自宅が神社か墓地を見下ろす場所に建っていて、この自殺は祟りって当時言われてたのを覚えてる。次男だって47歳の若死にだし。, 田宮二郎さんの「白い巨塔」、私は再放送を録画して十数回観ました。命懸けとも思える鬼気迫る名演技、脇を固める充実した顔ぶれ。, 特に真逆の人物設定がお互い憑依したかのような山本學さんとの対決図式、その中にある互いへの強い尊敬と信頼、愛情と友情。すべてが圧巻でした。何度観ても引き込まれてしまう。原作者の山崎豊子さんも納得のドラマ化だったのではないでしょうか。, 唐沢寿明さんと江口洋介さんは実力のある大好きな俳優さん、井上由美子さんも好きな脚本家ですが、あれは「ネオ白い巨塔」、別の作品として楽しみました。, 今度岡田准一さんが現代版をやるそうでそれも楽しみですが、やはり題材だけ同じにした別物と思って観ることにします。, 田宮財前は、今観たらいかにも昭和の古くさいドラマかもしれない…それでも、再放送が観たい。田宮二郎さんの「白い巨塔」、日本のドラマ界における唯一無二の財産だと思っています。, これは買って読みたいな。日本の場合は俳優の自伝とか伝記とかあまり出てないので残念でならない。, 白い巨塔の財前教授は田宮さん以外にできない役だと今でも思う。野望に満ち傲慢さを持つが良心に苛まれたり気弱なところもあり、, 結構複雑な人間性を演じないといけないし、華がないといけないし、知性も必要。すべて持ち合わせているのは田宮二郎くらいだと思う。, 40年前の事を知ってるコメントが多くてビックリ。ヤフコメ民て年寄りばっかなんだな。, 悪名のキザなチンピラ、財前五郎のダークヒーローっぷり、タイムショックのクールなのに人懐っこい司会ぶり 素晴らしい個性のいい役者でした, 死人に口無しぢゃき何を言ってもエエんぢゃw今更小銭でも欲しいんかいのってか田宮痔漏なんて 若者ゎ知らんのぢゃきwww, 「真相」を本にして、金に換えなくたって…。途端に安っぽくなるんだよね。田宮二郎は、あの当時の日本人としては(今でも、かな)奇跡みたいなルックスの良い俳優だったし、押し出しも満点だった。早死にして、残念だった。, 映画人が、スターだった時代の一翼を担う俳優だった。凄惨な自殺だったね。二枚目のまま死にたいのかと思っていたが、結局金だったのですね。, 田宮二郎は妄想の中の初恋の男性でした。学校で、ちょっと似てる先生がいてその先生の授業のときは下敷きに貼った田宮二郎の写真と見比べて心臓がバクンバクンでした。, だから、猟銃自殺したときは、驚くと言うよりあまりにも稀有な人だったのでこれで良かったのかもしれないと思ったほどでした。, それだけ彼は何か普通でない雰囲気の人でしたからね。どうしてあんな魅力的な人間が当時いたのかも不思議ですね。, 8時だよ全員集合にゲスト出演して当時の子供としては驚いたけど今にしてみればお金に困って出演していたのかな?と思う。, 映画のクレジットの順番ですよね。主役級なのに女優さん達の次はおかしいとか、もめたんですよね。海外でも右か左に名前が出る場合揉めることがあるらしいので、, 少し田宮さんが可哀想に思います。映画を干された後に仕方なくテレビのタイムショックの司会とかされてましたけど、, 役者をしたかった田宮さんには同情しますが、素晴らしい司会ぶりでした。インテリでもあったんで、ある時期はプライドがズタズタだった時期もあっただろうと思うと心が痛みます。今は天国で次男と酒でも交わしていたらいいなと思います。, 足の指で散弾銃の引き金を引いてというのを子供ながらに強烈な印象として残っています。, 田宮さんの奥さん、ご主人も息子さんも若いうちに亡くなられて辛い思いをされたでしょうね。, あの事件は衝撃的だった、不謹慎だけど 猟銃口に咥えて引き金ひいての自殺は劇的、、流石役者と感服した 最後まで、役者だった 合掌, 山本陽子との「白いシリーズ」は鮮明に覚えている。シリーズ全ていいドラマだった。遺書は山本陽子にもあったと当時は報道されたけど、彼女は一切沈黙を貫いた。今さら奥さんが真相を語ってイメージを壊してほしくないね。, 個性が売り物の俳優の中でも田宮次郎という人は子供ながらにも別格の人だった気がする。クラス担任の先生や私の叔母もファンだったのでよくおぼえている。, 柴田幸子さんは息子さんの田宮五郎さんにも先立たれている訳ですね。お辛い人生だとは思いますが、良いことも多くあってほしいと思います。, 当時は信じられず・・・訃報を聞いてショック死因を聞いて再びショックすごくすごっくショックでしたあれから40年・・・自分も歳とったって事か・・・, 田宮二郎は、本当に立派な人物を演じきった。それに疲れきってしまったのかもしれない。, やっぱり田宮二郎といったら「クイズタイムショック」。エンディングの「じゃあ」はよく真似したな。, ついでながら、「イエロードッグ」と「3000キロの罠」のBlu-rayを発売して下さい!, 死神に取り憑かれてしまったんですね。残された遺族はさぞかし大変だったと思います。でも、今さら真相だなんだと言われても興味あります?, 結局本当の事は分からないだろうし、きっと亡くなったご本人にも分からないだろうと思いますけどね。ま、未亡人の老後生活の足しになるほど本が売れれば良いけれど…, この記事にコメントしてる人達って何歳ぐらいなんだろう?ちなみに私は30代田宮二郎、全く知りません。笑, 白いシリーズ観て兵隊やくざ観たら、落差が激しく驚きました。背が高くスラーっとしてカッコ良かったのを覚えてます。兵隊やくざ勝新とのコンビ良かった。笑える。, 【高校野球】星稜・奥川にスカウト驚嘆「全てが高校生離れ」→及川はコントロールが悪すぎる, 日本人は「ちっこい」=ブラジル大統領、侮蔑的に言及→素行に問題ある人のようですね。, 大津市 家族に会いに車で…2台衝突、小4死亡4人けが→深夜の移動はスピードが出る場合も多い。, タクシー運転手殺害、逮捕された日本人は23歳の元自衛官→こいつらは日本の汚点です。, 百戦錬磨の綾野剛が「ヤバイ!」を連発→人に優しくなろうって思える素敵なドラマだね。, 真剣に話し合って、妊活あきらめた。LiLiCo、50歳→幸せの在り方って本当に多種多様, ペルー新大統領が辞任 就任から5日、デモ激化→このまま政情不安に突入するのだろうか, 「選挙人」実質廃止の動き 得票総数で勝敗を→日本も比例区をやめて中選挙区に戻すべき。.