犬の皮膚がんは、いぼや皮膚の盛り上がりのように比較的発見しやすいものと、皮膚炎に似た見た目で潰瘍や湿疹と思われがちなものとに分けることができます。腫瘍の治療は様子を見ずに小さいうちに切除し、病理検査に出し腫瘍の種類を特定することが重要です。 犬の骨肉腫はとても生存率の低い「骨のガン」で、体重の重い大型犬種に多く発症するガンとしてもよく知られています。犬の骨肉腫とはどういう病気なのか?その特徴を理解しておきましょう。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 骨肉腫というのは人間でも発症することのあるガンの一種で、人間以外の動物でも発症します。もちろん、犬も同様で、特に大型犬種で発症の多い病気としても知られています。, ガンというのは、細胞がガン化することで発症しますが、骨肉腫は主に骨の細胞がガン化してしまう病気のことで、獣医によっては飼い主に分かりやすいように「骨のガン」と説明することもあります。, 基本的に、骨に腫瘍ができるすべてが悪性というわけではありません。中には、骨の腫瘍であっても、良性である場合もあります。しかし、良性であるケースはどちらかというと稀で、骨にできる腫瘍の80~90%は悪性だと言われています。, 人間でもそうですが、ガン治療で大事なのは早期発見です。それは犬の骨肉腫でも同じことが言えます。飼い主と犬との間に良好な関係が築かれていれば、早期発見も難しくありません。, 日頃から愛犬をマッサージするなどして、いち早く異変を察知することができます。しこりなど不自然な部位に気付いてすぐに病院へ連れて行ったことが幸いして大事に至らずに済んだという例もたくさんあります。ただし後述しますが、犬の骨肉腫はとても難しい病気のため、異変に気付いたらとにかく迅速な対応が必要です。, 犬の骨肉腫の発症率は大型犬や超大型犬など体重の重い犬種が目立って多いため、小型犬なら大丈夫だろうと気を抜いてしまうのもいけません。大型犬種よりは少ないものの、小型犬や中型犬でも発症するケースがあります。, 犬の骨肉腫の明確な原因というのはハッキリと分かっていないと言われています。ただし、骨折による固定のための金属プレートが原因になるケースがあるという説も唱えられています。金属の腐食によるものが原因と言われていますが、それもハッキリとした根拠が突き止められているわけではありません。少なくとも、骨折で犬の骨肉腫を発症するリスクが高まる可能性もあるということは知っておいて損はないかもしれません。, 犬の骨肉腫の治療も、他のガン治療と大きな違いはありません。手術によってガン部分を取り除くという方法が一般的です。犬の骨肉腫の場合、そのほとんどが四肢にできることが多いため、断脚するという方法を取らなければなりません。, また、犬の骨肉腫は肺への転移率の高い病気としても知られているので、とにかく早期に発見できるかどうかがポイントとなってきます。肺に転移していない状態であれば薬物や化学療法などで治療を進めていきます。, 犬の骨肉腫の痛みは想像を絶します。もちろん、治療の段階で鎮痛剤や鎮静剤なども用いられますが、そのどれも効果がないほどの痛みが犬を襲います。断脚することは、痛みの元を取り除くという意味でもポイントとなります。脚が3本になっても器用に歩くこともできますし、そもそも痛みが無くなるので、日常生活にも安静が訪れます。, 犬の骨肉腫は、転移速度がとてつもなく早く、手術を行っても1年以上生きられるのは1割ほどだと言われています。発見時にはほぼ手遅れ状態となっているケースも多く、診断と同時に余命宣告されることも珍しくない病気です。, もしも愛犬が骨肉腫と診断された場合、飼い主としてだけでなく、犬にとってもどのような選択肢が望ましいか判断しなければなりません。, 愛犬の苦痛を取り除くために安楽死という選択肢もありますし、最期まで可能性を信じて延命治療を行うという選択肢もあります。とても辛い選択肢となりますから、犬にとっての最善の方法を、家族や獣医ともしっかり話し合いながら決める必要があります。, 犬の骨肉腫の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, レトリバー系の犬を飼っている友人が何人かいますが、やっぱりレトリバーは骨肉腫が出やすいというのを心配していますね。実際足の骨肉腫からはじまって転移があって亡くなってしまった子もいるので、やっぱり怖いですね。痛みが強いというのも犬はもちろんですが飼い主も見ていてつらいですよね。友人は痛みを和らげるために最終的にはモルヒネを使い、安楽死に近い形をとっていましたがその選択を間違っているとも思わないし、せいいっぱい愛犬のために考えた選択とはいえ友人もつらかっただろうなと思います。こういう苦痛の大きな病気になってしまった時、自分はどんな選択をするべきか、今考えても仕方ないんですがやはりすごく考えさせられますね。, 犬の骨肉種、発症は主に大型犬と言われていたので、きっと大きな体を支える足や関節に負担がかかるからだろうと解釈していたので、うちの小型犬は大丈夫だと思っていましたが、小型犬にも発症することはあるのですね。ただ、大型犬の骨肉種の場合、四肢に発症することが殆どですが、小型犬の場合は四肢ではなく体の軸になる部分の骨に発症する確率が高いそうです。骨肉種が悪性である確率も大型犬が80%近くになるのに対し、小型犬は50%以下と少ないことから体の大きさによる違いもあるのではないかと言われています。, 愛犬が骨肉腫で天国に旅立って逝きました。4日前の事です。バーニーズマウンテンドッグ6歳10カ月でした。, 愛犬が純血種の場合は、その犬種に多い遺伝的な病気などは勉強しておいた方がよいですね。事前に知っておくと、異変にすぐ気が付いて対応できるようになりますし、何かあった際には獣医さんとの話の理解も早いはずです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 骨肉腫は通常、大型犬、超大型犬に発生します。雌よりも雄での発生がわずかに多いと報告されています。 骨肉腫の約75%は四肢に発生します。特に、前肢は後肢の2倍の発生率です。残りは顎、頭蓋骨、肋骨などの体軸骨格由来です(表1)。 末期の血管肉腫だった愛犬が『紫イペ』で見事に回復! 飼い主の勘で早期受診させたらガンの宣告! 長女が1歳のとき、うちにやってきたゴールデンレトリバーのルル(犬)は、姉妹のように一緒に成長しま … 犬の骨肉腫とは、骨に含まれる組織がガン化した状態のことです。ガンの元となる組織としては、骨の中空部分である「骨髄」や骨の外側を形成する「皮質骨」、および骨を外側から包み込んでいる「骨膜」などが挙げられます。 犬が血管肉腫と診断されても悲観なさらないでください。 免疫の取り組みを行う事で体調が改善したりQOL(生活の質)を維持し元気食欲を回復させる事はできると考えています。 実際コルディで免疫対策をすることで犬の癌をコントロールできた例は多数 ただし、 小型犬や若い犬にも 骨肉腫はみられるので注意が必要です。 さて、原因がわかったところで次は症状をみていきましょう。 犬の骨肉腫の症状は? スポンサードリンク . 犬の骨肉腫はとても生存率の低い「骨のガン」で、体重の重い大型犬種に多く発症するガンとしてもよく知られています。犬の骨肉腫とはどういう病気なのか?その特徴を理解しておきましょう。 骨肉腫の8割近くが四肢にできるといわれています。 犬の血管肉腫の原因、症状、治療法 森のいぬねこ病院グループ院長 日本獣医学会、動物臨床医学会、獣医がん学会所属 西原 克明(にしはら かつあき)先生 犬の血管肉腫ってどんな病気ですか?