前庭症状には旋回運動の他にも、一方向に首が傾いてしまう「斜頚」や「捻転斜頚」、眼球が一定のリズムで揺れてしまう「眼振」と言われる症状が見られます。 その悩みの解決に「イヌバーシティ~いぬ大学~」が役に立ってくれるかもしれませんよ! この病気になってしまったパグは他の犬種に比べ症状が重かったり非常に早く進行することから、「パグ脳炎」と呼ばれることがあります。 痙攣様の症状の軽減にもなります。 犬の腎不全!皮下点滴の効果や必要性、頻度や期間など! ただし、心不全、腹水、胸水などが ある場合や貧血の数値によっては、 積極的な点滴治療は行えない場合もあります。 <犬の慢性腎不全末期の余命について> 昔は憑き物のしわざとされていたほど、体が異常な動きをします。, 犬のてんかん発作は、発作が起こる原因や、異常をおこした脳細胞の範囲などによって、いろいろな種類に分かれます。, 検査をしても原因がわからないてんかん発作です。

B“s“à‚Ì“®•¨•a‰@‚ɂﬓ®•¨—Տ°‚ɏ]Ž–‚µ‚½‚Ì‚¿Œ»EB‘@×‚ȃRƒ~ƒ…ƒjƒP[ƒVƒ‡ƒ“—͂𐶂©‚µA¬“®•¨ˆã—Â̌»ê‚Å–ˆ“úŠñ‚¹‚ç‚ê‚Ä‚¢‚é—lX‚È‘Š’k‚ɉž‚¶‚Ä‚¢‚éB, ƒLƒƒƒoƒŠƒAEƒLƒ“ƒOEƒ`ƒƒ[ƒ‹ƒYEƒXƒpƒjƒGƒ‹, ƒAƒNƒTƒ_ƒCƒŒƒNƒg‚̃yƒbƒg•ÛŒ¯ŒöŽ®ƒEƒFƒuƒTƒCƒg. どんなトラブル …, こんな飼い主さんの疑問を、獣医歴14年で300本くらい乳歯を抜いてきたゆべしが解決します。 大切な家族である愛犬。 でも、そんな愛犬の困った問題行動に頭を抱えていませんか? 老犬の脱水症状と原因!治療方法とで注意すべき3つのポイント! 全身が硬 … 動画を交えて詳しく解説していきたいと思います。, 犬は時折、自分の意志でぐるぐる回り出すことがあります。 そのため、脳が異常をおこした部分に対応する、体の一部が異常をおこします。, たとえば、目に関する脳細胞が異常をおこすと目が見えなかったり、足に関する脳細胞なら右の前足だけがケイレンするといった具合ですね。, 歩き回る、ヨダレをたらす、落ち着かないなどの前触れから、突然倒れて足をピンと伸ばし、ガクガクとケイレンし始めます。 壊死性脳炎は、パグやチワワ、ヨークシャーテリア、マルチーズ、ポメラニアン、フレンチブルドッグ、シーズー、ペキニーズという犬種に限定されて報告されており、1〜3歳程度という若い犬での発症が多いという特徴があります。 また肉芽腫性髄膜脳脊髄炎は、4〜8歳程度の中齢の小型犬に多く、特にテリア系の避妊雌に多く認められることが知られています。 犬が痙攣を起こしてしまうことには様々な原因があります。痙攣といっても症状も様々で、大きな病気なのか、それとも心配のないものなのか悩む飼い主さんも多いでしょう。今回はそんな疑問の多い犬の痙攣の原因・症状・対処方法についてご紹介します。

トイプードルにおすすめのドッグフードの紹介です。実際に試したレビューもたっぷりとお届け! アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラーの佐藤です。発症時に飼い主の気が動転してしまう犬の病気のひとつに「てんかん発作」があります。これから数回にわたり「てんかんを抱える愛犬との暮らしの工夫やケア」についてお話します。 脳萎縮はどの犬種にも起こりますが、柴犬などの日本犬では特に多い印象があります。, 特発性前庭疾患とは高齢犬によく見られる病気で、何の前触れもなく突然前庭症状が引き起こされます。 以下のケースは、健康な若い頃から日常的に見られている習性や癖のようなものなので心配の必要はありません。, 犬がクッションやベッドなどいつも寝ている場所に行き、しばらくぐるぐる回ってから寝る、という行動を見たことはありませんか? 同じ「ぐるぐる回る」行動ですが、前者の場合はよくある犬の習性で、後者の場合は病気のサインである可能性があります。 この病気になると先ほどの前庭症状の他にも、発熱や食欲不振、耳を触ると痛がる、耳を掻いている、頭を振っている、鼻水やくしゃみが出ているといった症状も合わせて見られることがあります。 愛犬が突然意識を失って、痙攣を始めたらどう対処すべきなのでしょうか?初めての経験なら飼い主さんもびっくりして、強い不安に襲われることと思います。しかし、年を取った犬が痙攣を起こすことはわりと多く、その原因も様々なので、落ち着いて対応することが必要です。ここでは老犬が痙攣を起こす原因と対策について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。, 痙攣発作は何かしらの原因で無意識に筋肉が勝手に収縮している状態です。激しく震える、硬直したようにつっぱるなど、症状の現れ方はさまざまですが、全身症状が現れているときは意識が朦朧としていることが多く、犬は周囲のことをはっきりと認識できる状況にありません。, 愛犬が苦しむ姿に動揺して抱きかかえたり、大きな声で呼びかけたりする飼い主さんもいらっしゃると思いますが、まずは愛犬の身に起きている痙攣が、緊急事態なのか様子を見るべきものなのか、きちんと判断をして適切に対処しましょう。, 痙攣発作といっても、原因によって症状が少しずつ変わってくることがあります。体の一部だけが震えたり、全身が激しく震えたり、硬直したりすることもありますので、その後の治療のためにも犬の様子をしっかり観察することが重要です。痙攣の症状には、以下のようなものがあります。, 全身が痙攣して意識が朦朧としている状態のときは、よだれを流したり失禁してしまったりするケースもあります。尚、痙攣が起きる時間帯は夜中や明け方、寝ているときに起こることが多いと言われています。, 突然、愛犬が痙攣を起こしてしまったら、飼い主さんはびっくりして慌ててしまうものです。しかし、適切な治療をするためには、飼い主さんが愛犬の状況をしっかり把握する必要があります。ここでは犬が痙攣発作を起こしたときに、飼い主さんがとるべき対応をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。, 今まで一度も愛犬が痙攣発作を起こしたことがないのなら、突然のことに動揺してしまっても無理はありません。しかしできるだけ落ち着いて、愛犬のためにできることをしてあげましょう。まず、犬が痙攣発作を起こしたときにやってはいけないことを把握しておく必要があります。, 痙攣発作を起こしている犬は意識が朦朧としていることがほとんどです。そのため、抱っこしたり、さわったりすると噛みつくことがあります。しかも無意識の行動のため、噛む力を加減することができず、非常に危険です。痙攣中の犬に触れるときは十分注意してください。, 顔や体の一部が痙攣しているケースでは、犬の意識がはっきりしていることもあります。ただ、この場合も意思とは無関係に起きていることなので犬自身が強い不安を感じ、混乱している状態にあります。むやみに口の前に手を出したり、犬を刺激したりしないようにしましょう。, 痙攣発作を起こしたときは、愛犬がどこかにぶつかって怪我をしないように周りのものを片付けてあげましょう。また、段差のある場所や階段付近で痙攣発作を起こしたときは、落ちないように注意して見守ります。, 犬の痙攣発作には緊急処置が必要なものと、少し様子を見ていても大丈夫なものがあります。例えば夜間に痙攣発作が起きたとき、すぐに救急病院へ連れて行くべきか、朝まで待ってかかりつけの動物病院へ連れて行くべきか、飼い主さんは判断しなければなりません。とはいえ、目の前で愛犬が痙攣を起こしていたら、冷静に判断することは難しいと思いますので、迷ったときは救急病院に電話をして獣医師の指示に従いましょう。, ここでは緊急レベルの高いケースとそうでないケースをご紹介しますので、参考にして頂けたらと思います。, もし緊急処置が必要となった場合、事前に連絡をしておいた方が動物病院側も準備することができるので、到着後速やかに処置を始めることができます。, 痙攣発作の原因を特定するためには、痙攣が起きたときの様子を獣医師に詳しく説明する必要があります。そこで、愛犬が痙攣発作を起こした時は、動画でその様子を撮影するといいでしょう。飼い主さんが口頭で説明するよりも、より正確な情報を獣医師に伝えることができます。, また可能であれば、痙攣の時間も合わせて記録しておきます。愛犬が元気な時から下記のようなチェックリストをつくっておくと、より多くの情報を獣医師に伝えられるので大変おすすめです。, 痙攣発作を起こした犬が口から泡を吹くことはよくあります。泡を吹く時は意識がなく、瞳孔が開き、失禁や脱糞、嘔吐することも多いです。激しい症状に飼い主さんは強い不安を感じることと思いますが、基本的な対処法は変わりません。まずは落ち着いて、愛犬の様子を見守ってあげてください。, 痙攣発作を起こした犬が鳴き叫ぶように吠えることがあります。意識がないまま声が出ることもありますし、意識がある状態で違和感を感じて鳴くこともあります。愛犬の鳴き声を聞くと飼い主さんも心苦しいと思いますが、この場合も対処法は変わりません。, 尚、認知症や体の痛み、体調不良などが原因で、震えながら吠えることがあります。これは痙攣発作とは異なるものの、適切な治療が必要となります。痙攣発作なのか、震えなのか自分で判断できない場合は、一度かかりつけの動物病院に相談してみるとよいでしょう。, 痙攣発作を起こした犬は、発作の直後にウロウロと歩き回ることがあります。脳の興奮が完全に収まっておらず、朦朧としながら徘徊することもありますし、意識はハッキリしているものの、犬自身が混乱している状態を自分で落ち着かせようとして歩き回ることもあります。, このようなときは歩き回るのを無理に止めようとせず、落ち着くまで様子を見守ってあげてください。下手に触れると、そのことが刺激になって再び発作を誘発させてしまう可能性があります。ただ、犬の方から助けを求めて近寄ってくるようであれば、声をかけて落ち着かせてあげるとよいでしょう。普段から抱っこをされると落ち着くような子の場合は、抱っこしてあげても構いません。, 痙攣発作は様々な原因が考えられるため、特定するには色々な検査をする必要があります。何かしらの病気が原因で痙攣が起きているときは、食欲の低下や体重の減少、元気の喪失などの症状も一緒に現れることもあります。ここではシニア犬によく見られる痙攣発作について取り上げます。, 脳が異常な興奮状態に陥ることによって痙攣発作を起こすことがあります。いわゆる「てんかん」によるもので、激しい全身発作が現れることが多く、痙攣しながら口から泡を吹いたり、お漏らしすることもあります。, ①の特発性てんかんは遺伝的な要素が関連していると考えられており、若い犬(1歳前後)で発症することが多いです。一方、高齢犬の場合は②の症候性てんかんの可能性が高いと考えられます。, てんかんによる痙攣は、他の痙攣と違って前触れなく現れることが多く、通常2分くらいでおさまります。痙攣がおさまった後ケロリとしている、痙攣がおさまった後しばらく朦朧とした状態が続き、だんだん普通の状態に戻っているのであれば、てんかんが原因となっている可能性が高いでしょう。, てんかん発作を初めて見る飼い主さんは非常に動揺してしまうと思いますが、痙攣がおさまったら緊急処置をする必要はないので、夜間に発作が起きたときは翌朝かかりつけの動物病院へ連れて行っても大丈夫です。ただし、痙攣が長く続いたり1日に何度も起きたりする場合は危険です。痙攣が10分以上止まらないとき、1日に2回以上痙攣が起きたときは、すぐに動物病院へ連れていきましょう。, 腎臓病を患っている犬が痙攣発作を起こしたときは注意が必要です。本来、尿として体外に排出されるはずの毒素が体にたまって、痙攣を引き起こしている可能性があります。この場合、早急な治療が必要になりますので、夜間であってもすぐに動物病院へ連れていきましょう。痙攣以外の症状としては、元気の喪失、嘔吐や下痢が見られます。, 心臓病を患っている犬が痙攣発作を起こしたときも早急な治療が必要です。心臓がうまく機能せず、酸素を取り込めていない可能性があります。非常に危険な状態で、一刻も早く治療をする必要がありますので、愛犬の異変に気づいたら早急に動物病院へ連れていきましょう。移動中、動物病院に連絡をしておくと、到着後速やかに処置をしてもらうことができるはずです。連絡をする際は心臓病を患っていること、痙攣を起こしていることをきちんと伝えましょう。, 糖尿病を患っている犬が痙攣発作を起こした時も注意が必要です。自宅でインスリンを投与する際、量を間違えて過剰に与えてしまうと、低血糖症に陥って痙攣発作を起こすことがあります。, 低血糖症の場合、てんかんのような激しい痙攣ではなく、前足だけが突っ張ったり、意識がないのに歯を食いしばったりするような症状が見られるのが特徴です。こちらも緊急処置が必要なので、夜間であっても動物病院へ連絡を入れましょう。低血糖症が原因の場合、自宅で緊急処置を指示される場合もあります。動物病院へ連れて行く前に、電話を入れて獣医師の指示を仰ぎましょう。, 人間用の薬や、犬が食べると危険な食べ物など、毒物を摂取した場合も痙攣発作を起こすことがあります。痙攣以外にもぐったりしていたり、意識を失う、口から泡を吹くなどの症状が現れることもあります。中毒症状は早急な処置が必要なので、すぐに動物病院に連れていくようにしましょう。, 犬は年をとると体温調節が苦手になり、熱中症にかかりやすくなります。前日より気温が急に上がった日や猛暑日に痙攣発作が起きたら熱中症の可能性があります。熱中症にかかると痙攣発作以外にも、ふらふら歩く、ぐったりしている、息苦しそうにハァハァと呼吸をする、大量によだれを垂らすなどの症状も見られます。早急な対応が必要となりますので、気付いたらすぐに動物病院へ連絡して獣医師の指示を仰ぎましょう。, 犬は年をとると様々な体調不良が現れるようになります。痙攣発作もその一つ。いざというときに適切な対応ができるよう、普段から情報を仕入れる、チェックリストを作るなどして備えておきましょう。, 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業。日本獣医動物行動研究会所属。獣医行動診療科認定医。, 特発性てんかん:脳に目で見てわかるような原因がないのに、てんかん発作が周期的に起きるもの。, 症候性てんかん:脳の外傷や脳腫瘍、脳炎、水頭症などが原因で、てんかん発作を繰り返すもの。. 意識はなく、泡を吹いたり失禁したり、脱糞するケースもあります。, 多くの飼い主さんが「死んでしまうかと思った」と話すほど、ショッキングな発作がこの強直性間代性けいれんの特徴ですね。, 強直性間代性けいれんのてんかん発作は、だいたい30秒~3分ほどで収まりますよ。 痙攣発作といっても、原因によって症状が少しずつ変わってくることがあります。体の一部だけが震えたり、全身が激しく震えたり、硬直したりすることもありますので、その後の治療のためにも犬の様子をしっかり観察することが重要です。痙攣の症状には、以下のようなものがあります。 1. この平衡感覚を失ってしまう病気を「前庭疾患」と言い、原因が耳にある場合を「末梢性前庭疾患」、原因が脳にある場合を「中枢性前庭疾患」と言います。, 前庭が障害されると共通して見られる症状があり、それらを総称して「前庭症状」と言います。 気になるカテゴリーの画像をクリックしてくださいませ(*^^)v, トイプードルの知っておきたい習性について。もちろん他の犬種にも共通する話題がいっぱいです。, トイプードルに必要な栄養や食べていいもの・食べさせてはいけないものなど食事に関するあれこれ。.

犬のてんかんとは、 脳細胞が異常に興奮して意識障害やケイレンを起こす病気 です。 昔は憑き物のしわざとされていたほど、体が異常な動きをします。 慢性的な病気ですので、 1度起こると繰り返し起こる厄介な病気 です。 犬のてんかん発作の原因 飼い主が呼んでも気付かない、ご飯が出てもなかなか気付かない、異常な鳴き声を挙げるなどが見られているなら、この病気の可能性が高いです。, 犬がいつもとは異なるようなぐるぐる回る行動を取り始めたら、前庭症状の可能性がありますので、目の動きや首の傾きに注目して見てみるようにしましょう。, -未分類 代表的なものとして、壊死性脳炎、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎が挙げられます。 どちらの脳炎も、発症している脳の場所や進行具合によって症状は変わりますが、前庭症状の他にも、痙攣発作、目が見えなくなる、ふらつき、起立困難などが見られます。, 犬も高齢になると脳が萎縮してしまい、人間と同様に痴呆症状が出ることがあります。 愛犬が突然ケイレンして意識をなくすので、初めて遭遇する飼い主さんには、かなりショックな病気ですよね。, この記事では、これまで50頭以上の症例を見てきたゆべしが、犬のてんかん発作の症状や対処法について解説していきます。, 読んでいただけると、命に関わるケースやその対処法も知ることができるので、いざというときには愛犬の命を救うことができるようになりますよ。, 犬のてんかんとは、脳細胞が異常に興奮して意識障害やケイレンを起こす病気です。 ※ちなみに「特発性」は原因不明を意味する言葉で、突然起こる「突発性」と混同しやすいのでご注意下さい。 この動画のワンちゃんの場合すぐにこの行動を終えているので心配ありませんが、異常な程執拗に行われる場合は、狭いケージに長時間閉じ込められているなどの「慢性ストレス」が原因で引き起こされている行動の可能性がありますので、注意して下さいね。, 先ほどの習性によるものではなく、病気が原因で犬がぐるぐる回ってしまうことがあります。 といぷ博士ですぞ! 2016年12月 我が家のミニチュアダックスが17歳と1ヶ月という生涯を終えました。我が家の娘たちとともに過ごした17年は何ものにも代えがたい大切な思い出になりました。17歳の高齢犬が旅立つ前に見せた様子をここに記録します。 この記事の内容

前庭障害になると世界がぐるぐる回っているような感覚に陥るため、激しいめまいやふらつきが引き起こされ、起立困難になったり、嘔吐や食欲が低下したりします。, 鼓膜の内側の中耳や内耳に炎症が起きる病気で、犬の場合外耳炎や鼻炎などから細菌が耳の奥に広がって引き起こされることが多いです。 すぐに何事もなかったように戻る子もいれば、ぼーっとした状態が長引いたり、そのまま眠ってしまう子もいます。, 上記で述べたとおり、てんかん発作の原因は脳細胞にあり、血液検査では脳の状態を確認することはできません。, 症状からてんかん発作以外の病気(腎臓病・肝臓病など)も疑う場合、どっちなのか判断する場合に役立ちます。, 犬の脳内を画像で見ることによって、脳炎や脳腫瘍、脳の外傷などがないかを確認することができます。, ただし、大学病院や大きな民間動物病院にしか検査機器がないこと、費用が高い(10万円~)こと、麻酔が必要になるデメリットもあります。, たとえ検査で異常が見つかったとしても、脳外科手術を行える動物病院が限られているという問題が立ちふさがることも。, ただし、てんかん発作以外の神経症状(ぐるぐる歩き回る、常にふらつく、目の焦点があわないなど)がある場合、脳内の他の病気を疑う必要があります。, 確かにてんかん発作は病気ですが、てんかんの薬を始めると一生飲み続けなければなりません。, 犬のてんかん発作の治療といっても、治すことはできません。 お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事. 一体、犬はどんな病気になるとぐるぐる回り出すようになるのでしょうか? 左右に大きく揺れていて眼振を起こしています。

頭も左側に重度に、首まで左に引っ張られるように傾いているので、斜頚の中でも「捻転斜頚」と判断されます。, パグちゃんは目が大きいので目の動きが分かり易いです。 犬の最期の様子や症状は吠えるのか?呼吸や痙攣等はおこるのか? 猫の最期の様子は痙攣が起る!呼吸は苦しそうにするのか? 老犬の脱水症の症状は下痢と嘔吐?治療法と対策について! また、中には後遺症として若干の斜頚が残ってしまうことがあります。, 旋回運動や斜頚、眼振といった前庭症状を詳しく知っておきたい、病気のサインを見逃したくないという方のために、動画で解説していきたいと思います。 放っておくと脳まで細菌が広がってしまい、髄膜炎や脳炎を引き起こすことがあります。, 人間同様犬にも頭蓋内に腫瘍ができることがあり、最も発生頻度の高いのは脳の周りにある髄膜から発生する「髄膜腫」と言われる腫瘍です。 例えば、散歩に早くいきたい、早くご飯が欲しい、大好きな飼い主が帰宅して嬉しいとき、ケージに入れられてしまい出して欲しいときなどに見られます。, ポメラニアンちゃんが、興奮した面持ちで吠えながらぐるぐる回っています。 先日1日に3回発作痙攣を起こしたので、その日中に病院に行き血液検査を行ったところ慢性腎不全とてんかん気質があると説明を受けました。腎不全のステージは2〜3とのこと。ご飯もよく食べるし、肉つきもしっかりしてるので、ステージ3までいってる割には… 中にはぐるぐる回る行動の前後に前足で掘るような行動をとることもありますが、これは犬が寝やすいように寝床を快適に整えているだけなので、心配はいりません。, パピヨンやポメラニアンなどの小型犬でよく見られる習性なのですが、喜んで興奮した時や、早くして○○して欲しいなどの欲求からぐるぐる回る行動をすることがあります。 「目が回らずによくこれだけ回転できるな」と、つい感心してしまう程に激しく回っていますが、病気が原因ではありませんのでご安心下さい。, 子犬など若い犬でよく見られる行動ですが、自分の尻尾が気になってぐるぐる回ったり、おもちゃやぬいぐるみなどを口でくわえてぐるぐる回ることがあります。, まだ成犬ではないパピヨンちゃんが、ハッと自分の尻尾に気付き、くるくると回り出しています。 ですが、飼い主さんにとっては10分にも20分にも感じられることが多いですね。, その後ゆっくりと元に戻るのですが、回復の早さは犬次第。 脳腫瘍の発生している位置によって症状は変わりますが、前庭症状の他、けいれん発作、元気食欲の低下、ふらつき、徘徊するような痴呆症状、攻撃性が強くなったなどの性格の変化、嘔吐などが見られます。, 犬に見られる脳炎では、ジステンパーウイルスや狂犬病ウイルスなどの感染症による脳炎よりも、自己免疫が関連している脳炎の発生頻度が最も多く見られます。 愛犬の体が急に硬直したり、痙攣したら、それは「てんかん」の発作かもしれません。犬がてんかんになる原因やてんかん発作中の対処方法、治療方法について獣医師の三宅先生にうかがいました。 オゾン療法という言葉を聞いた時の感想は、「うわぁ、う …, DogHuggy(ドッグハギー)代表の長塚さんにZoom取材して実際のお話を聞いてみた, DogHuggy(ドッグハギー)とは?ペットホテルよりも安心な犬の預かりサービス!. ちょっと聞き慣れない専門的な単語が出てきますが、できるだけ簡単に解説したいと思います。, 本人の意志とは関係なく、ぐるぐる回ってしまう行動を医学的には「旋回運動」と言い、平衡感覚を失い体のバランスを上手く保つことができなくなることによって引き起こされる異常な行動とされています。, 体のバランスを保つのに必要な平衡感覚は、内耳の「前庭」という器官で頭の回転や傾きを把握し、神経によってその情報が脳に送られてその感覚が生じます。 snsなどを見ていると、てんかんのある犬は結構多いことがわかります。私の愛犬もこの病気を持っています。一度でも発作を見たことのある飼い主さんならわかると思いますが、その姿は決して見慣れることもなく、無力感と不安でいっぱいになります。 犬の乳歯が抜けずに残ってしまうことは、よく …, こんな飼い主さんの疑問に、オゾン療法を実際に行った獣医師のゆべしがお答えします。 愛犬が定期的に痙攣をおこしたり、突然徘徊したりといったことはありませんかな? もしかしたら、それ「てんかん」の症状かもしれませんぞ。, 人間のてんかんは、脳に障がいや傷があることが原因で起こる発作と、脳に異常はないのに何らかの原因で起こる原因不明の発作があります。, てんかん発作を起こしやすいと犬種や、遺伝などの要因も考えられますが、根本的な原因は分かっていません。, 様子としては、落ち着きがなくそわそわする、物陰に隠れる、よだれを垂らす、鼻を鳴らすなどがあります。 こんな前兆が見られた時には、その後に発作が起こること思ってください。, バタバタと四肢を痙攣させる他、顎を噛みしめたり、よだれを多く垂らすなどの症状が見られます。 てんかん発作はそう長くは続かず、ほとんどの場合3分以内には収束します。, また、症状が軽く、あくびを繰り返す程度であれば飼い主さんがてんかん発作に気がつかないこともあるでしょう。, 参考:https://www.kariya-ah.co.jp/case/case17.html, てんかん発作を起こした後の犬は、いったい何が起こったのか分からないままうろうろと歩き回ったり、よだれを垂らしたままだったり、飼い主さんの呼びかけに反応しないことがあるでしょう。, てんかん発作が起こると、飼い主さんはとてもビックリして慌ててしまうでしょう。 大切な愛犬がどうにかなってしまうのではないか・・・と不安になるのは当然のことです。, 名前を呼ぶ声や、身体をさする振動が刺激になり、また次の発作を誘発してしまう可能性があります。 不安な気持ちは分かりますが、できる限り冷静になり犬には触れずに見守りましょう。, 10分以上発作が治まらない場合や、1日に何度も発作を起こす場合はすぐにかかりつけの動物病院へ連れて行くか獣医師へ相談しましょう。, はじめに述べたように、てんかん発作の原因は未だに原因が分からないことが多いのです。, しかし、しっかりと診察を受け、てんかん発作を抑える薬を服用することで、てんかん発作の頻度を軽減することが可能です。, 薬の種類もいくつかあるので、身体に合う薬を見つけながら症状を軽減していきましょう。 一度てんかんになると、てんかんとの付き合いは一生です。, もちろん、薬も一生手放せませんが、発症から数年で発作の頻度や傾向が分かってくることが多いでしょう。大切なのは、愛犬と飼い主さんの二人三脚で、焦らず上手に付き合っていくことです。, しかし、症状を緩和させたり、発作を抑えたりといったことができる犬用のサプリがいくつか発売されています。, 中でも一度試す価値がありといえるのが、【犬の認知症・てんかん対策サプリ「カームワン」】です。メインで配合されているDHA(ドコサヘキサエン酸)を摂取するとてんかんの症状が緩和されるということが知られています。, 加えて、神経伝達物質として働く「GABA」を始め、リラックス効果で知られる「テアニン」、免疫向上にも働きかける「プロポリス」、薬の常時使用による肝臓ケアのための「カキエキス」など凝縮といった原材料でできています。, 食いつきのよいチキン風味でふりかけタイプなので、普段あげているドッグフードに混ぜてあげるだけです。, 今まさに愛犬のてんかんに悩まれている方、てんかんを予防したいと思われている方は一度試してみると良いかもしれませんね。, てんかんの発作は、見ていてとても辛いですし慌ててしまいがちですが、冷静になることが何より大切です。, 「てんかんはこの子の個性」と思い、飼い主さんがどっしりと構えて上手に付き合っていくことが大切ですな。.